ローベッド

CCmart7 のイチオシベッドをご紹介!

CCmart7は格安のインテリア通販サイトです。

インテリア総合を取り扱っていますが、ベッドの種類がとても豊富です。

おしゃれでコストパフォーマンスが良い商品が多いことが特徴ですが、種類が豊富すぎて何を選んでいいかわからない人もいると思います。

この記事では元家具メーカーに勤めていた筆者が厳選するCCmart7おすすめのベッドを特集します。

この記事はこんな人におすすめ✔ 何を選んでいいかわからない

✔ おすすめのベッドを知りたい

✔ ベッド選びに失敗したくない

何を基準に選べばいいか

何を選べばいいかわからない

ベッドは様々な種類があります。

まず、ベッドを選ぶ際は収納付きか収納なしかを考えるとある程度絞れます。

収納が必要かどうか

荷物が多い人は収納ベッドがおすすめです。特にはじめての一人暮らしは部屋が狭く、収納スペースが足りないことが多いです。

見た目にこだわりたい人は収納がついていないベッドがおすすめです。

ベッドに引き出しなどの収納があるとどうしても生活感が出てしまうからです。

【厳選】CCmart7 おすすめベッド

収納ベッド編

スタンダード収納ベッド おすすめNo.1「モデラス」


機能性抜群のスマート収納ベッド

機能性抜群のスマート収納ベッド

ヘッドボードにモダンライトと棚・コンセント、そして雑誌などが入る収納スペースがあり、数あるベッドフレームの中でも最も機能性が高い仕様です。

引き出し収納部分は開け閉めがスムーズなスライドレール付き。しかも組み立てが簡単で耐久性が高いBOX構造というフルスペックの収納ベッド。

値段は格安というわけではありませんが、ベッドは安定感が大切です。少しだけ予算を高めてこのくらいのベッドを買うことが長い目で見ておすすめです。

カラーはブラック・ホワイト・ブラウンありますが、別の商品として販売しています。

ブラックはこちら

ホワイトはこちら

ブラウンはこちら

 

チェストベッド おすすめNo.1「ステディ」



安心の国産、大容量収納ベッド

チェストベッドのチェストとは日本語に訳すと「たんす」という意味。引き出しがたくさんついていてまさにたんすとベッドをくっつけたような大容量な収納力が魅力です。

しかも引き出しの逆側も収納スペースになっていて、ラグなどの長いものを収納できます。引き出しには日常的に使うもの、逆側のスペースには出し入れが頻繁ではないラグや布団などの季節ものを収納することができ、用途・目的に応じて収納スペースを活用できることが便利です。

大容量の収納スペースがある分、ベッド自体の高さがあり、圧迫感を感じやすいことがデメリット。このベッドはヘッドボードを薄く設計してあるので、圧迫感が和らぎます。

群馬県の工場で製造を行っている安心の日本品質。引き出しは耐久性が高く組み立てが簡単なBOX構造です。細々した荷物がたくさんある人に特におすすめのベッドです。

このベッドを見てみる

 

跳ね上げベッド おすすめNo.1「グランド・エル」


跳ね上げベッド

くりぬき型のヘッドボードがおしゃれ

跳ね上げベッドは床板の下が広大な収納スペースになっているベッドです。このベッドの跳ね上げ構造はガス圧ダンパーを使っているので女性でもラクラクに開け閉めができます。

引き出し収納に比べて出し入れが面倒ではあるので、普段使わない大きい荷物を収納することがおすすめです。冬用の布団やラグ、スーツケースなどを収納することに適しています。

仕切りがないため、整理整頓がしづらいですが、この画像のように収納ボックスを使うと上手に収納ができます。

また、引き出しタイプに比べて、引き出すスペースがないため狭い部屋にも起きやすいです。そのため二台ならべて使う人も多いようで、夫婦の寝室にもおすすめです。

二台ならべて使いたい場合はヘッドボードのデザインをよく考えたほうが良いです。ベッドボードのサイド面に機能があるベッドは二台くっつけて使うことに向いていません。このベッドはくりぬき型シンプルなヘッドボードをしているので、二台ならべても見た目がすっきりしておしゃれな雰囲気になります。

跳ね上げる方向が縦開きか横開きかを選べるので、部屋のレイアウトに合わせて選べます。ちなみに縦開きは開閉時のテンションが少ないため、楽に開け閉めができることがメリットです。横開きは縦開きに比べて開け閉めに力が必要ですが、奥の収納物が取りやすいことがメリットです。

縦開きはこちら

横開きはこちら

 

収納なしベッド編

ローベッド おすすめNo.1「ダブルコア」


ローベッド

ウォールナット柄がカッコいい

ローベッドとは高さの低いベッドのことです。床に直接すのこ敷くタイプなので、フレーム自体はそこまで寝心地に影響しません。こんなに高級感がある見ためなのにフレームのみで1万円台から買うことができます。

しかし、いくら安く済ませたい人でもマットレスにはこだわりましょう。このベッドならプレミアムポケットコイルマットレス付きでも3万円台で買うことができます。

注意すべきは組み立てです。格安のベッドのほとんどは完全組立品です。完全組立品は組立難易度が高く、大人でも半日くらいかかるかもしれません。

また、完全組立品は移動にも弱いので、引っ越しには耐えられないでしょう(IKEAさんのベッドも同様です)。短期間の使用でコストパフォーマンス良くベッドとマットレスを揃えたい人におすすめです。

このベッドを見てみる

 

すのこベッド おすすめNo.1「ハーゲン」


すのこベッド

ダブルサイズまである北欧ヴィンテージ風

すのこベッドとは床板が格子状の木材(すのこ)で作られているベッドのこと。通気性が高く衛生的なことがメリットです。

格安のすのこベッドは大きくてもセミダブルサイズまでしかないことが多いですが、このベッドはダブルサイズまであります。二人いっしょに眠りたい人にもおすすめです。

このベッドはなんといっても雰囲気が良いですね。おしゃれです。木目も豊かなウォールナット柄で北欧風にもヴィンテージ風のテイストにも合います。ユニセックスで使えます。ナチュラルカラーも選べます。

このベッドを見てみる

 

シーン別の厳選ベッド

ラグジュアリーな部屋にしたい人に「フォルトゥナ」


ラグジュアリーベッド

高級レザーの美しい流線形フォルム

まるでスポーツカーのようで、上品な曲線がバランスよくデザインされたラグジュアリーベッド。非日常感を演出したいなら間違いなくおすすめの逸品です。ほかのショップでもこういったラグジュアリーテイストのベッドは見ますが、特にこの商品は頭ひとつ抜き出た美しさ・高級感があると思います。

このベッドを見てみる

 

身長が低めの女性のためのベッド「ヴンダーバール」


ショート丈ベッド

長さ180cmのショート丈ベッド

通常のベッドの長さは縦幅197cm程ですが、このベッド180cmと短めです。丈が短いベッドを「ショート丈ベッド」といいます。部屋が狭く、身長が低めの人におすすめです。

睡眠時に必要な縦幅は「(身長×5%)+15cm」と言われているので、ショート丈は身長160cm以下の人なら問題なく快適に眠れる大きさです。

このベッドはヘッドボードが薄く、棚・コンセント付き。さらに収納スペースが豊富なチェストベッドタイプなので、狭い部屋に住んでいて荷物が多い人に特におすすめのデザインです。

このベッドを見てみる

 

家族いっしょに寝たいなら「ラトゥース」


連結ベッド

最大幅280cm、親子4人くらいまで寝れる「連結ベッド」

家族いっしょに寝たいなど、とにかく大きいベッドを探しているなら「連結ベッド」がおすすめ。連結ベッドとは2台のベッドを連結しただけのベッドですが、連結したときに固定できるようなパーツがついていたりなどの工夫があります。

分割して1台のベッドとしても使えるので、例えば将来、子供が部屋を持つようになった後などでも臨機応変に使い続けることができます。

連結ベッドは高さが低いローベッドがおすすめ。特に小さい子どもと一緒に寝ようとしている人は、高さが高い普通のベッドだと子どもが落下してけがをしてしまう危険があります。

また、将来に渡り長く使い続けたい場合、組立が複雑な収納ベッドタイプだと移動に弱いので、動かしたりすることができません。このローベッドなら床に直接すのこを置く仕様なので、フレームと寝心地は直接関係ありません。つまり、長く同じ寝心地を保ちやすいと言えます。

ヘッドボードはシンプルな直線のデザインなので部屋のテイストを選ばず、且つ、連結したときのデザインが美しいです。

このベッドを見てみる

 

CCmart7でベッドを買うコツ

選ぶコツ

マットレスセットがお得!

CCmart7はベッドフレーム単体でも買うことはできますが、おすすめはマットレスセットです。セット価格は圧倒的にお得です。

しかも選べるマットレスのスペックが良いです。安価なボンネルコイルから高密度タイプのポケットコイルマットレス、フランスベッド製の高い耐久性を誇る高密度連続スプリングコイルマットレスなど幅広いラインナップから選べます。

セットできるマットレス一覧

マットレス種類コイル数(個)追加料金
スタンダードボンネルコイル352+5,700円
スタンダードポケットコイル465+11,500円
プレミアムボンネルコイル412+14,900円
プレミアムポケットコイル(おすすめ)903+20,700円
国産カバーポケットコイル465+32,200円
フランスベッド マルチラススーパースプリング(おすすめ)810+37,900円

※シングルサイズの場合

※商品によって条件は多少異なります

 

プレミアムポケットコイルマットレスがおすすめ

プレミアムポケットコイルマットレス
参照:CCmart7

CCmart7でベッドを買うとしたら「プレミアムコイルマットレス」がおすすめです。

ポケットコイルとはコイルひとつひとつが独立した構造で、振動に強く二人で寝るのに適しています。逆にボンネルコイルの場合、コイル同士が連結しているため振動に弱いです。安価な商品の場合、バネ当たりを感じることがあり寝心地はよくありません。

また日本人はポケットコイルマットレスの寝心地が好きな傾向が強く、そのため大手マットレスブランドのサータは日本市場向けにはポケットコイルを主軸に展開しているほどです。

ポケットコイルマットレスを選ぶうえで一つの基準はコイルの数です。コイルの数が多い(=高密度な)ほうが体圧分散性に優れ、体にフィットしやすい傾向があります。

CCmart7は「プレミアムポケットコイルマットレス」はコイル数が903個(シングルサイズ)です。参考までに楽天で売れ筋のポケットコイルマットレスのコイル数は400個くらいの商品が多いです。

+20,700円でこのグレードの商品が手に入るのはとてもコストパフォーマンスが高いです。※商品によって条件は変わることがあります

ちなみにポケットコイルマットレスで有名な日本ベッドの「シルキーポケット」はコイル数が1,300個ですが、価格は15万円を超えます。

もちろんマットレスの良し悪しはコイルの数だけで決まるわけではありませんが、CCmart7のプレミアムポケットコイルマットレスは優秀なスペックと言えるでしょう。

寝心地としてはソフトなため、どちらかというと女性のほうが合いやすいと思います。男性に比べて体のラインがはっきりしている女性は柔らかいマットレスが合いやすいです。

硬めな寝心地が好きならフランスベッド製

フランスベッド製マットレス
参照:CCmart7

体が平たんで筋肉質な男性は硬めな寝心地のマットレスのほうが合う傾向があります。

特に体格が良い男性に圧倒的な支持を得ているのがフランスベッドの高密度連続スプリングマットレス。

CCmart7ではフランスベッドのマルチラススーパースプリングという高密度連続スプリングマットレスを選べます。

日本人は硬めな寝心地のほうが合いやすいとも言われますし、もし硬すぎても後からマットレストッパーや敷きパッドで柔らかく調整できるので、迷ったら硬めのマットレスを選ぶことがおすすめです。

CCmart7の販売ページでは通常のマットレスセットとフランスベッド製のマットレスセットで別ページになっているケースも多いので、気になったベッドの中でフランスベッドを選べない場合は、ひとつ前のページに戻って探してみてください。

CCmart7(公式)でベッドを探す