「ベッドフレーム」の記事一覧

管理人管理人

ベッドって意外と種類があるので、どれを選べば良いか迷いますよね。ここではベッドの選び方についてご紹介します。

これさえ押さえればOK ≪ベッドの種類≫

1、すのこベッド

icon

清潔に保ちたい人に

すのこベッドは床板がすのこの形状をしていて、ベッド下に何もないため、通気性が特に良いベッドです。

⇒ すのこベッドの詳細を見る

 

2、フロアベッド

フロアベッド

部屋を広く見せたい人に

高さが低いベッドなので、上の空間に余裕ができ、解放感が生まれます。低重心なため、モダンな雰囲気も強く、かっこいい部屋にしたい人にもおすすめです。

⇒ フロアベッドの詳細を見る

 

3、マットレスベッド

脚付きマットレスベッド

シンプルで手軽なベッドを探している人に

マットレスに脚が付いたベッドで、無印良品でもおなじみのカタチです。非常に安価な商品もあり、手軽にベッドを買いたい人にも手が届きやすく、見た目もクセがないため、あまりベッドの存在感を出したくない人にもおすすです。

⇒ マットレスベッドの詳細を見る

 

4、収納ベッド

収納ベッド

荷物を収納したい人におすすめ

引き出し付いているベッド。ベッドは部屋の面積を多くとるので、ちょっとした収納棚としても活用できることがメリットです。色々な収納タイプがあるので、自分にぴったりあったベッドを選んでみてください。

⇒ 収納ベッドの詳細を見る

 

5、チェストベッド(大型収納)

荷物が多く、部屋が狭い人はコレ

床板下に5~6杯の大容量の引き出し収納スペースがあり、引き出し以外のスペースも合わせると押入れ1個分は収納できる大容量収納ベッドです。高さが高い為、圧迫感を感じやすいのでカラーはホワイトがおすすめです。

⇒ チェストベッドの詳細を見る

 

6、跳ね上げベッド(大型収納)

跳ね上げベッド

床板下に広大な収納スペース

床板をガス圧の力で跳ね上げる仕様のため「跳ね上げベッド」もしくは「跳ね上げ式ベッド」と呼ばれています。ラグなどの長物や、レジャー・季節用品などをしまうのにもおすすめ。収納スペースに仕切りがないので、大きい収納物も収納できます。

⇒ 跳ね上げベッドの詳細を見る

 

7、ショート丈ベッド


小柄な人、小さいベッドを探している人

ベッド(マットレス)の通常の長さは195cmほどですが、ショート丈は約180cmと15cm程短いです。

小柄な人にとっては必要十分なサイズなので、よりベッドの圧迫感を押さえたい人にはおすすめです。

⇒ ショート丈ベッドの詳細を見る

 

8、連結ベッド(ファミリーベッド)

連結ベッド

家族で長くベッドを使いたい

複数のマットレスを連結して広大なベッドとして使うタイプのベッドで、子どもがいる家族におすすめです。子どもが小さい時には川の字で一緒に寝て、大きくなって来たら分割して子ども用のベッドとして切り離すこともでき、長いライフステージ上で使えるエコなベッドタイプです。

⇒ 連結ベッドの詳細を見る

 

↓詳しい選び方は下記参考

ページの先頭へ