BOXタイプ

「BOX構造」はメリットがいっぱい

収納ベッドを買うとき、少し気にしてほしいのが引き出し構造の違いです。

収納ベッドの引き出し構造の違いは大きく「組立構造」「BOX構造(完成品)」に分かれます。

結論からいうと、「BOX構造」のベッドの方が使用感としてはおすすめです。

少し値段が高くなる傾向がありますが、毎日使うベッドなら多少お金を奮発させても良いでしょう。

この記事ではBOX構造の特徴やメリット・デメリット、おすすめ商品をご紹介します。

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

BOX構造とは?

BOX構造とは、主に収納ベッドの引き出し部分の構造のことで、引き出し部分が完成品になっていることが特徴です。

収納ベッドの中でもやや高価格帯の商品に採用されている傾向があります。

一方、安価な収納ベッドはBOX構造ではなく、引き出しは組立構造(完全組立)になっている傾向があります。

BOX構造のメリット

組立が簡単

引き出し部分がほとんど完成品のため、組立がとても簡単です。

商品によってはネジ8本くらいで組み立てられるベッドもあります。

耐久性が高い

組立工数が少ないベッドは、耐久性が高くなる傾向があります。(ネジやダボ、接続部分が少ないため)

また、構造的にも安定感が高まるので、きしみやぐらつきの不安が少ないです。

二人で寝るのにもおすすめです。

収納容量が多い

同じ高さでも、組立品の収納ベッドに比べて、引き出しが深くできるため、収納力が優れています。

さらに、BOX構造の収納ベッドは引出しと反対側に広い収納スペースがあり、長物や大量の荷物を収納できます。

長物収納スペース
長物収納スペース

BOX構造のデメリット

重たい

しっかり作られている分、重量は重たいです。また、一つ一つのパーツが大きい傾向があります。組立は二人で行った方が安全です。

梱包が大きい&価格が高い

完全組立品の収納ベッドは運送費や保管費をできるだけ抑えるために、小さな梱包に細かいパーツをギュウギュウにつめているため、コンパクトです。

逆にBOX構造の収納ベッドは完成品のため梱包が大きく、搬入がやや大変な傾向があります。また、梱包が大きいと運送費・保管費がかかるため、価格は高めです。

【厳選】BOX構造の収納ベッド おすすめ4選

1. 引出し収納ベッド「Lester」

ホワイトカラー収納ベッド「Lester」

コスパで選ぶならコレ

LED照明・棚・コンセント付きの充実したヘッドボードが特長の収納ベッド。ダブルサイズはヘッドボードにコンセントが2つ付きます。BOX構造なのに3万円台から買えるコストパフォーマンスが抜群の逸品。

このベッドを見てみる

2. おしゃれなヘッドモード&引き出し収納付きベッド「Cher」

Cher

機能性が高い収納ベッド

ホワイトカラーがモダンな印象を醸し出す収納ベッド。ウレタン塗装で光沢があり高級感があります。ヘッドボードのもすごく機能的なので便利です。

このベッドを見てみる

3. 薄型ヘッドボードの国産チェストベッド「STE」

STE

荷物が多い人におすすめ

国産のチェストベッドで品質面も安心です。シンプルな見た目なのでどんな部屋にも合わせやすい。薄型のヘッドボードを採用していて狭い部屋でも置きやすいです。チェストベッドは特にBOX構造がおすすめ。

このベッドを見てみる

4. キングサイズも選べる収納ベッド「FNR」

FNR

大きいサイズを探しているならコレ

ダブルサイズ、クイーンサイズ、キングサイズがある収納ベッド。引き出し部分もフルスライドレールを採用。木材もウォールナットの突板を使用していてフルスペックなベッドです。部屋に置いただけでホテルのような雰囲気になります。カップルや夫婦におすすめ。

このベッドを見てみる

最後に

最近のベッドのトレンドは安価になればなるほど梱包がフラットパック化(パーツを細かくバラバラにして、隙間なくギュウギュウに梱包)し、完全な組立商品となる傾向があります。

なぜかというとフラットパックの方が送料も保管費用も安く済むからです。

北欧インテリアショップの「IKEA」はこの戦略で低価格を実現しています。

ですが、BOX構造の方が耐久性が優れています。

特に二人で寝る人や体重が重い人は、できるだけベッドフレームも耐久性が高いものを選んだほうが良いので、ちょっと高価でもBOX構造の収納ベッドがおすすめです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。