収納ベッド

収納ベッドを徹底解説!

筆者はベッドメーカーで商品の企画に約7年携わり、本当にたくさんの収納ベッドを見てきました。

その経験をもとに収納ベッドの種類やメリット・デメリット、おすすめの商品などをご紹介させていただきます。

前半では収納ベッドの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめ収納ベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 漠然と収納ベッドを探している
収納ベッドの種類が知りたい
ベッド選びに失敗したくない

収納ベッドって何?

BOX構造

収納ベッドとは「収納機能が付いたベッドフレーム」のことです。

荷物が多めの人は収納ベッドがおすすめです。

ベッドは大きい家具なので、部屋に置くと広いスペースを占領します。そんな時、ベッドが収納スペースになったら部屋を有効活用できますよね。そうした希望に応えるのが「収納ベッド」です。

収納ベッドの種類を知ろう!

収納ベッドは大きく3つの種類に分かれます。この3つ種類を特徴を覚えると選びやすくなります。

それでは3つの種類の特徴を見ていきましょう。

1、スタンダード収納ベッド

スタンダード収納ベッド
スタンダード収納ベッド

見た目が良く、機能性は普通

2~3杯の引き出しが付いた収納ベッド。
大型収納タイプに比べてすっきりとしたデザインです。

見た目も機能もこだわりたい人におすすめ。
収納ベッドの中では最もスタンダードで品数が豊富なので色々なデザインから選べます。

良いところ

シンプルなかたち
豊富な種類から選べる

イマイチなところ

大量の荷物は収納できない
完全組立品は耐久性が▲

選ぶポイント「完全組立品に要注意」

完全組立品には注意

格安の収納ベッドは完全組立品が多いです。引き出しのひとつひとつまで完全に組立てが必要なため、組立難易度が高く、大人ひとりでも半日くらいかかることもあります。

また、組立工程が多いベッドは移動など横の動きに弱いことが多く(縦の動きには問題ない)、引越しには耐えられないと考えた方が良いです。

完全組立品の格安収納ベッドは短期間の用途で使うことを念頭に考えた方が無難です。

2、チェストベッド(大型収納)

チェストベッド(大型収納)
チェストベッド

最大級の収納力

引き出しが4~6杯ほど付いた大型の収納ベッド。
床板下にも収納スペースがあるタイプが多く、ベッド1台で押入れ1個分の収納スペースが確保できます。

引き出しが多いので荷物を区分けし収納できるので整理整頓しやすいです。

良いところ

大量に荷物が収納できる
細かく整理整頓できる

イマイチなところ

圧迫感を感じやすい
商品によっては組立が大変

選ぶポイント「BOX構造タイプがおすすめ」

ボックス構造
BOX構造

BOX構造は引き出し部分が丸ごと一つのパーツになっている構造のことです。

BOX構造はとても組立が簡単です。しかも普通の引き出しに比べ収納容量が多く、より大量に収納物が入ります。

耐久性が高く、引き出し部分単体でも家具として使える構造です。頑丈で軋みにくいのでおすすめです。

チェストベッドについてもっと詳しく知りたい方は『チェストベッドおすすめ・失敗しない選び方』でご紹介しているので、ご参考いただければと思います。

3、跳ね上げ式ベッド(大型収納)

跳ね上げベッド
跳ね上げ式ベッド

楽々のガス圧開閉、夫婦の寝室にも人気

跳ね上げベッドとは床板の下に大容量の収納スペースあるベッドのことです。ひとつの広大な収納スペースがあるため、大きい荷物が入ります。

引き出し型の収納ベッドとは異なり、引き出すスペースが必要ないため狭い部屋に置きやすいです。

ただし収納物を手軽に出し入れすることには向いていないため、普段あまり使わない季節もの(家電やレジャー用具)など収納しておくのにおすすめです。

良いところ

大きな収納物が入る
狭い部屋にも置きやすい

イマイチなところ

収納物の整理整頓は向いていない
組立が非常に困難

管理人管理人

跳ね上げベッドはこんな荷物におすすめです!

  • スーツケース
  • 布団
  • ラグなどの長物
  • 衣装ケース
  • 扇風機
  • 加湿器
  • スノーボードやスキーセット

選ぶポイント「組立設置サービスは必須」

きけん

跳ね上げベッドは組立難易度が非常に高いです。大人2人でも組立に危険を伴います。

安心安全にベッドを設置したい人は組立設置サービスがつけられる商品を選ぶことを強くおすすめします。

跳ね上げ式ベッドについてもっと詳しく知りたい方は『跳ね上げ式ベッドおすすめ・失敗しない選び方』でご紹介しているので、ご参考いただければと思います。

【厳選】おすすめの収納ベッド

【2019年5月2日更新】

管理人管理人

おすすめの収納ベッドをまとめているので、よければご参考くださいね。

1、省スペース北欧テイスト収納ベッド「TIINA」

格安収納ベッド「TIINA」

薄型のヘッドボードで置きやすい

日本の住環境を考えてヘッドボードを薄くした収納ベッド。薄型のヘッドボードにはスマホやタブレットが立てかけやすい窪みがあり、コンセントも付いているので便利です。背面化粧になっているので壁付けしなくても設置できます。高機能のわりに価格が約2万円から買えるのでコストパフォーマンスが良いです。

このベッドを見てみる


2、おしゃれなウォールナット柄デザイン!引き出し式収納ベッド「GNR」

シンプルデザイン収納ベッド【General】

本格的なウォールナット柄

こちらの収納ベッドは、なんといっても見た目がかっこいい。木目柄のベッドは他にも沢山ありますが、このベッドは特に素敵な色・柄をしています。ヘッドボードのデザインも直線にこだわっていて、シンプルで無駄がないので、都会的な印象があります。値段はかなりリーズナブルですが、完全組立品なので組立が大変ということがデメリットです。

このベッドを見てみる


3、ホワイトカラー収納ベッド「Lester」

ホワイトカラー収納ベッド「Lester」

定感抜群のBOX構造タイプ

照明・棚・コンセント・収納が付きの充実したヘッドボードがあり、組立が簡単なベッド。ホワイトカラーが圧迫感を和らげるので狭い部屋にもおすすめです。引き出しがBOX構造タイプなので、組み立てが簡単で耐久性が良いです。安心してベッドを使いたい人におすすめ。

このベッドを見てみる


4、照明付きすのこ収納ベッド「LYCKA(リュカ) 」

照明付きすのこ収納ベッド「LYCKA(リュカ) 」

通気性が良いすのこタイプ

一般的な収納ベッドの床板はパネルになっていることが多いですが、この収納ベッドはすのこ仕様なので通気性が高く衛生的です。ヘッドボードにはモダンライトが付いているので枕元や足元をやさしく照らしてくれます。価格も安くマットレス付きで3万円台で買えます。

このベッドを見てみる

 

【厳選】おすすめの大容量収納チェストベッド

1、シンプル&スマート!大容量収納チェストベッド「STE」

シンプル&スマート!大容量収納チェストベッド「STE」

安心の日本製、使いやすい薄型のヘッドボード

やや圧迫感を感じやすいことがチェストベッドのデメリットですが、ヘッドボードを薄型にするとスッキリとした印象になります。このヘッドボードは棚とコンセント付きで使いやすいです。引き出しもBOX構造で組立が簡単。安心の日本製ベッドです。

このベッドを見てみる


2、ショート丈のかわいいチェストベッド「WDB」

ショート丈のかわいいチェストベッド「WDB」

狭い部屋におすすめのショート丈

このベッドの最大の特長はショート丈で長さ短いことです。通常のマットレス丈が約195cmですが、このベッドのマットレスは180cmです。引き出しは組立簡単なBOXタイプ。ヘッドボードが薄いので部屋が狭くて、荷物が多い人におすすめ。

このベッドを見てみる


3、引出し5杯 大収納ベッド(USBポート付)

引出し5杯 大収納ベッド(USBポート付)

収納力を究極に追求したかたち

ヘッドボードの中にも収納スペースがある、これでもか!と言わんばかりの収納力を追求したチェストベッド。ガジェッド好きにも嬉しいUSBポート付き。機能性を追求する人におすすめのチェストベッドです。

このベッドを見てみる


4、布団も使えるチェストすのこベッド

布団も使えるチェストすのこベッド

耐荷重600kgの頑丈設計

収納ベッドは布団を使えないことが多いですが、このベッドはすのこ仕様なので布団とマットレスの両方が使えます。さらに耐荷重が600kgもある頑丈設計。安心して睡眠したい人におすすめのチェストベッドです。

このベッドを見てみる

 

【厳選】おすすめの跳ね上げ式ベッド

1、日本製の跳ね上げベッド【FRD】

日本製の跳ね上げベッド【FRD】

どんな部屋にも合うスタンダード国産ベッド

薄型の使いやすいデザインのヘッドボードが特徴。最もスタンダードなタイプです。跳ね上げベッドで迷ったらこのベッドがおすすめ。安心の国産品で、バリエーション豊富であなた好みのベッドを買うことができるでしょう。

縦開きはこちら

横開きはこちら


2、ヘッドボードレス跳ね上げベッド

ヘッドボードレス跳ね上げベッド

省スペースを追求したいなら

ヘッドボードがないため、跳ね上げベッドの中でも最も省スペースで置けるベッドです。深さもサイズも色々選べることができて、まるでセミオーダー感覚で選べる所が特長です。

縦開きはこちら

横開きはこちら


3、本棚付きの跳ね上げベッド

本棚付き跳ね上げ式大容量収納ベッド【MNI】

コミック好き必見!

ヘッドボードに本棚収納がある跳ね上げベッド。眠る前に漫画を読む人って多いですよね。この商品ならベッドにいながら本棚に手が届きやすいので、快適な読書生活を送れます。

このベッドを見てみる


収納ベッドが買えるおすすめ通販サイト

コストパフォーマンスにこだわってベッドを買うなら通販サイトがおすすめです。

通販は価格の安く品ぞろえが豊富なことが最大のメリット。

「品質は大丈夫なの?」と不安を感じる人もいるかと思います。

最近の通販で売っているベッドは実店舗で売っているベッドと大差ありません。
きちんと外部の品質検査機構の検査を受けているので安心して購入ができます。

1、 CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

マットレスとベッドフレームのセットがお得

「CCmart7」はインターネット限定のインテリア総合ショップです。注目すべきは圧倒的な低価格と品揃えの量。ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。ここまで品揃えがあるショップは珍しいと思います。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

CCmart7 を見る


2、 neruco(ネルコ)


neruco
参照:neruco

マットレスの取り扱いが豊富

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。種類も豊富でWebサイトも見やすいです。マットレスのブランドを幅広く取り扱っています。サータやフランスベッド、ASLEEPなどこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる


 

3、 ベルメゾン


bellemaison
参照:BELLE MAISON

大手で安心、一人暮らしに特におすすめ

「ベルメゾン(BELLE MAISON)」は大手総合通販会社の千趣会が運営する通販サイトです。大手ならではのサポートの厚さと安心感があります。特にすのこベッドの種類が豊富なので一人暮らしの人は必見です。プライベートブランドの「BELLE MAISON DAYS」は低価格なのにデザイン性も優れています。フレームだけ安く買いたい人にもおすすめなショップです。

BELLE MAISON を見る

サイズの選び方

サイズ一覧

ベッドはサイズが大切です。

結論から言うと一人ならセミダブル二人ならダブルサイズ以上がおすすめです。

各サイズの特徴については『【買う前に知っておきたい】ベッドのサイズの選び方』で詳しくご紹介しているのでぜひご参考ください。

マットレスの選び方

マットレス

寝心地はマットレスの質で大きく左右されます。

体型や寝心地の好みは千差万別なので「このマットレスがおすすめ!」と断言できないのですが、すごくシンプルに言うと少し硬めのポケットコイルマットレスを選ぶことが最も失敗が少ないでしょう。

詳しいマットレスの選び方については『【もう迷わない!】シーン・価格で選ぶマットレスおすすめ』でご紹介しているので興味がありましたらご参考ください。

ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルマットレスはコイルがひとつひとつ独立した作りで、体を点で支えます。

体にかかる圧力を分散しやすく(体圧分散性が高く)、コイルが独立しているため振動が伝わりづらいことが良いところです。

振動が伝わりづらいので二人で眠る場合にも最適です。

デメリットとしては安価なポケットコイルマットレスは部分的な耐久性が低いことがあり、できるだけ高密度で寝心地がしっかりしたもの(やや硬め)を選ぶことをおすすめします。

ポケットコイルの良いところ

体圧分散性が優れている
振動が伝わりづらい

イマイチなところ

安価商品は耐久性が低い
他のマットレスに比べてやや高価

「少し硬め」がおすすめの理由

ポケットコイル

自分が好きな寝心地がハッキリしている人は別ですが、よくわからなかったり迷っている場合「少し硬め」の寝心地を選ぶと失敗が少ないです。

硬いマットレスは後でパッドやトッパーなどで寝心地を柔らかくできます。

逆に柔らかいマットレスをあとから硬く調整することは困難です。

よって、後から微調整できるという点で硬めの寝心地を選ぶ方が無難なのです。

日本人はポケットコイルが好き

世界的に有名マットレスメーカーの「Serta」は、日本市場向けの主軸マットレスをポケットコイルで作っています。

過去、サータは欧米で人気のボンネルコイルと、ポケットコイルを日本で販売していました。
しかし、圧倒的にポケットコイルを選ぶ人が多数だったのです。

その結果を受けて日本市場ではポケットコイルマットレスをメインに販売することを決めたそうです。

種類ポケットコイルボンネルコイル
画像ポケットコイルボンネルコイル
寝心地包まれるような寝心地布団のような寝心地
メリット・振動が少なく、二人で寝るのおすすめ
・体圧分散性が高い
・寝返りが打ちやすい
比較的安価
デメリット・部分的な耐久性が低い・振動が伝わりやすい
・バネ感が強い
・ギシギシ鳴ることも

おすすめのマットレスについては『【超厳選】おすすめのポケットコイルマットレス特集』でご紹介しているので、よければご参考くださいね。

 

管理人管理人

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

お気に入りの収納ベッドが見つかったならうれしいです。

「ベッドやマットレスの選び方を知りたい」

と思った方は当サイトのTOPページ「専門家がおすすめのベッド選びをご提案!」ご参考いただければと思います。

当サイトはベッド選びの専門サイトです。
あなたにぴったりのベッドが見つかるよう、ご協力できたら幸いです。