MTG「ニューピースライト」の徹底解説(体験レビュー)

ストレッチしてくれるマットレス

この記事ではMTGの「NEWPEACE Light(ニューピース ライト)」についてご紹介します。

なお、今回はメーカーさんから体験レビュー用に商品をご提供いただきましたが、宣伝を目的とした記事ではありません。

実際の体験・検証・調査を踏まえて、良いところだけでなく、悪いと思ったところも素直に書いているので、ご参考いただけますと幸いです。

当サイトでは体験レビュー記事を作成するにあたり、撮影スタジオを作り、セットの中で商品を撮影・検証しています。一般的な家の雰囲気と異なるのはそのためです。

この記事を書いた人

管理人の椚大輔椚 大輔(ベッド・マットレス専門家)
ベッドメーカーに勤務後、当サイトを開設。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。2020年に株式会社悠デザインを設立し、ベッド関連に特化したサービスを展開。ベッド・マットレスの専門家としてTBS「ラヴィット!」、ビジネス誌「プレジデント」、「gooランキング(NTTグループ)」などへの出演・取材協力も行う。

> プロフィールはこちら

メーカーの「MTG」とは

MTG

ニューピース ライトを作っているのは美容機器・健康家電メーカーの「MTG」という会社です。MTGと言えば、腹筋を鍛える「SIXPAD(シックスパッド)」で有名ですね。

ニューピース ライトは、SIXPADと同様の「ヘルスブランド」のひとつとして、開発されました。

AIモーションとの違い

ニューピースのモーションマットレスシリーズには、もうひとつ「AIモーション」というタイプがあります。

ライト(本商品)とAIモーションの主な違いは以下の通りです。

モデルライト(本商品)AIモーション
画像ライトAIモーション
サイズシングル、セミダブル
タイプトッパーマットレス
ストレッチ
※動きのバリエーションは異なる
温度変化×
AI×
価格57,200円~297,000円~
リンク公式サイト公式サイト

最大の違いはAI(人工知能)による「AIスリーププログラム」の有無です。

AIモデルでは、睡眠データを自動で取得し、入眠から起床までを「一連のプ
ロセス」として、睡眠に適した「動き」と「温度」を導き出してくれます。

また、AIモデルはベッドマットレスタイプなので、使用しているウレタンフォームの品質が良い点も特徴です。(要するに寝心地が良いです)

ただし、価格が約30万円からとかなり高額な点がデメリット。

要するにライト(本商品)は文字通り、「AIモデルのライトバージョン」という位置づけとお考えください。

ニューピース ライトの特徴・メリット

「ストレッチ機能」搭載の電動マットレストッパー

ニューピース ライト(ストレッチ時)

ニューピース ライトは、マットレスや敷布団の上で使う「マットレストッパー」というジャンルの商品です。

マットレストッパーはお使いのマットレスの寝心地を改善するためのアイテムですが、ニューピース ライトはトッパーとしても使えつつ、エアバックを内蔵し、電動によるストレッチ機能があるのです。

ストレッチ機能については、この記事の下で詳しくご紹介しますが、心地よく、優れた性能だと思いました。

「軽量・コンパクト」で移動も楽ちん

専用のケースでの持ち運び

ニューピース ライトの厚さはたった約3cm

専用のケースに入れることで、持ち運びしやすいので、出張が多い人や、遠征が多いアスリートの人などにもおすすめです。

また、使わないときにはクルクルと巻いて、専用のゴムバンドで固定すれば部屋の隅に立てかけることも可能です。

部屋の隅に立てかけて保管できる
部屋の隅に立てかけて保管できる

ニューピース ライトのデメリット・注意点

マットレストッパーとしては評価がむずかしい

「寝心地を改善すること」がマットレストッパーの一般的な役割ですが、ニューピース ライトは寝心地改善というよりも「お休み前のリフレッシュ」を目的としたアイテムです。

マットレストッパーは「寝心地の改善」が目的

一般的なマットレストッパーは、寝返りのしやすさ・体圧分散性・通気性といった睡眠時に感じるストレスを改善するために、高反発や低反発、通気構造や衛生加工等の性能をベースに作られます。

よって、結果的に芯材には「高反発ウレタン(またはファイバー)」や「メモリーフォーム」といった素材や、カバーには「吸湿・吸水性」「抗菌防臭性」といった機能を採用することが多いです。

一般的なマットレストッパー
一般的なマットレストッパー※この商品(SOMRESTAマットレストッパー)はカバーに抗菌防臭・消臭加工&吸湿・吸水性が優れた綿。芯材には高密度・高反発のウレタンフォーム(3.5cm)を使用

ニューピース ライトは「お休み前のリフレッシュ」が目的

一方、ニューピース ライトの芯材は、極薄(1cm)のウレタン+エアバック+ハードフェルトという構造です。

ニューピース ライトの構造
ニューピース ライトの構造(極薄ウレタン+エアバック+フェルト)

1cmのウレタンフォームでは荷重分散・体圧分散・寝返りサポートといったトッパーに求めたい機能性が発揮できず、下層のエアバック・フェルトは、トッパーとしては不向きな素材です。

また、専用カバーしか使用できず、ポリエステル+ポリウレタン製のため、吸水・吸湿性が低く、衛生加工(抗菌防臭等)が施されているわけではありません。

要するに、ニューピース ライトは寝具(トッパー)というよりストレッチアイテムと考えた方が良いかもしれません。

ニューピース ライト
ニューピース ライト(リフレッシュするために「ストレッチすること」が目的 ※寝心地面はそこまで優れていない)

とはいえ、ストレッチ機能によって寝る前に凝り固まった体をやさしく伸ばし、睡眠をサポートしてくれることは大きなメリットと言えるでしょう。

体重100kg以上は使えない

エアバックの耐久性から、体重100kg以上の人の使用はできません。

また、身長190cm以上の人は、ストレッチの体感が変わってくる場合があるので、注意が必要です。

【体験レビュー】ニューピース ライトを実際に試してみた

ニューピース ライト

管理人管理人

実際のお届け時の様子や具体的な使用感などレビューします。なお、今回体験したのはシングルサイズです。

こちらがお届け時の梱包です。

お届け時の梱包

本体の総重量は約6kgほどなので、かなり軽いです。

梱包時の持ち運び

力が弱い人でも持ち運びに苦労しないでしょう。

段ボールを開けてみます。

段ボールの開梱

開封した面を逆さにして段ボールを持ち上げると中身が取り出しやすいです。

段ボールを持ち上げる

本体はロール状に巻かれて専用のケースに入っていました。

本体と段ボール

専用ケースのビニールを取ります。

専用ケースのビニールを取る

こちらが専用ケースに入ったニューピース ライトです。

専用ケースに入ったニューピース ライト

本体(ニューピース ライト)を取り出します。

本体(ニューピース ライト)を取り出す

ゴムバンドで固定されて入っていました。

ゴムバンドで固定されたニューピース ライト

ロールを解いていきます。

ロールを解く

コントローラーなどが本体に巻かれていました。

解かれたニューピース ライト

すべての内容物はこちら。

内容物の展開図(本体・ゴムバンド・コントローラー)

ポンプボックス(左)と電源(中央)とリモコン(右)です。

ポンプボックス・電源・リモコン

セッティングしていきましょう。

まず、本体から出ているコードをポンプボックスにつなぎます。

コードをポンプボックスにつなぐ

ポンプボックスのもうひとつの側面に電源を差し込みます。

ポンプボックスに電源を差し込む

これでセット完了です。

セット完了

リモコンはこちらです。

リモコン

リモコンにはコース(計3つ)と、強さ(弱・中・強)が選べるボタンがあります。

コース強さ
コース表示(リモコン)強さ表示(リモコン)

カバーの材料はポリエステル90%+ポリウレタン10%です。

専用カバー

一般的なマットレスのカバーではポリウレタンはあまり使用しませんが、ポリウレタンを配合することで、生地の伸縮性が高まります。

カバーの伸縮性

伸縮性があることによって、ストレッチコース使用時に、カバーが突っ張ることなく滑らかに体にフィットします。

カバーの生地感

ただし、ポリエステル+ポリウレタンは吸水・吸湿性が低いというデメリットもあるので、寝汗を多くかく人は、睡眠時に敷パッドなどを併用すると良いでしょう(ストレッチ時には専用カバー以外の使用はNGのため、敷パッドなどは外しましょう)

こちらがカバーの品質表示です。

カバーの品質表示ラベル

このラベルのとおり、「家庭洗濯で30℃限度・弱モード※洗濯機の機種によって異なる」&「漂白は酸素系OK・塩素系NG」です。

カバー自体が薄く、コンパクトに折りたためるので、家庭洗濯でも余裕で対応できますね。

折りたたんだカバー

ニューピース ライトの使い方は?

ニューピース ライトの体験

ニューピース ライトはマットレスや敷布団の上に敷いて使います。ポンプの位置がフット(足)側に来るのが正しい置き方です。

ちなみに、眠らない場合に限り、床置きでも使用可能です。※床置きの場合は底付きを感じるので、睡眠時には非推奨です

なお、ストレッチ時には、マットレス中央部分に仰向けで寝てください。(横向きやうつ伏せ、斜めや端に寝てストレッチはNGです)

「3つのコース」のストレッチ機能とレビュー(感想)

コース内容の説明(取扱説明書)

ニューピース ライトのストレッチ機能は以下のとおり3つのコースがあります。

コース

  1. 無重力モーション
  2. 全身ストレッチ
  3. 美骨盤ストレッチ

以下より、それぞれの特徴と動き方(動画)をご紹介します。

1. 無重力モーションコースとは

※上の動画は【16倍速】です

公式サイトによると『フワーッと持ち上がり、スーッと下がる無重力のような動きで、ここちよい眠りをサポート。』という動きが特徴のコース。

無重力モーションの動き(取扱説明書より)
無重力モーションの動き(取扱説明書より)

無重力を表現するためか、ストレッチではなく、ゆらゆらと体を揺らすようなコースです。心地よいというよりは、浮遊感があるような感じでした。

個人的な感想としては3コースの中で一番ストレッチ感は弱い印象でした。入眠前の無重力感覚を目指したとのことなのでストレッチ目的の人はあまり
使わないかもしれないコースです。

人によってはゆらゆらとしたゆりかごのような動きが心地よいと感じる人もいると思います。

2. 全身ストレッチコースとは

※上の動画は【16倍速】です

公式サイトによると『睡眠に適したストレッチの動きが、1日の生活で凝り固まった体を伸ばし、全身をケア。』という動きが特徴のコース。

全身ストレッチコース(取扱説明書より)
全身ストレッチコース(取扱説明書より)

そらし・ウェーブ・ひねりといった動きで全身のストレッチができます。

個人的な感想としては、3コースの中で心地よかったです。

特に「クロスひねり」によってグーっと体が引っ張られるのはしっかりストレッチされている体感があり、感動しました。これを自宅で気軽にできるのはすごいです。

3. 美骨盤コースとは

※上の動画は【16倍速】です

公式サイトによると『腰を左右にひねるような動きで、気になる骨盤まわりを集中ケア。』という動きが特徴のコース。

美骨盤コース(取扱説明書より)
美骨盤コース(取扱説明書より)

腰部分を重点的にストレッチするコースです。

個人的な感想としては、3コースの中で2番目に心地よかったです(全身ストレッチコースと同じくらい心地よかったです)。

おしり側面からグーっと押され、心地よいポイントを上手に突いているという印象です。特に中盤の「腰ゆらし」がこまかい動きでストレッチしてくれたのが良かったです。骨盤まわりが気になる人にはかなりおすすめのコースだと思います。

管理人管理人

総合して、素晴らしいストレッチ機能でした!

内部構造のチェック

ニューピース ライトの構造を詳しくご紹介します。

まず、専用カバーをファスナーで外します。

専用カバーを外す

中身(芯材)もカバーで覆われていて、ファスナーで閉じられていました。

ただし、このファスナーは持ち手がない「脱着NG」の仕様です。

当サイトでは検証のため、ファスナーの穴に針金を引っかけてカバーを開けているので、ご使用の際は絶対に中身を取り出さないようご注意ください。

カバー内の芯材

こちらが芯材です。

芯材

このようにウレタンフォームの下にエアバックが3つ搭載されています。

エアバック

エアバックは芯材の裏側から空気が送られる仕組みです。

芯材の裏側(エアバックに空気を送る装置)
芯材の裏側(エアバックに空気を送る装置)

膨らんだ時の感触は想像よりもかなり硬く・しっかりしていて、これなら体重によって萎(しぼ)んだり、破裂したりすることもなさそうです。※体重100kg以上は使用NGです

エアバックの感触

エアバックは厚手のフェルト(黒)に固定されています。

こちらが表層のウレタンフォームです。

ウレタンフォーム

感触としては低反発でも高反発でもなく、推定密度25D前後くらいの「ごくごく普通のウレタンフォーム」です。

厚さは1cmほどでした。

ウレタンフォームの計測

厚さ1cmということは、ウレタンフォームより下層のエアバックやフェルト(黒)の感触が寝心地に大きく影響されるということです。

【ご確認ください】使用上の注意点

ニューピース ライトは、エアバックによる電動ストレッチ機能があるため、一般的なマットレストッパーよりも使用上の注意事項(禁忌事項)が多い商品です。

メーカーによると以下が禁忌事項とのことなので、ご使用の際は必ずご一読ください。

ニューピース ライトの禁忌事項

ご使用の前に、必ず取扱説明書をよくお読みの上、正しく安全にお使いください。
<安全上のご注意>
警告
次のような方は必ず医師にご相談のうえ使用してください。
事故やけが、体調不良をおこすおそれがあります。
・ご高齢で骨が弱いと思われる方、骨粗しょう症の方
・心臓に障害のある方
・ペースメーカーなどの体内植込み型医用電気機器を使用している方
・悪性腫瘍のある方
・妊娠中や出産直後の方
・背骨に異常のある方
・脊椎の骨折、ねんざ、肉離れなどの急性(疼痛性)疾患の方
・椎間板ヘルニアの方、または腰痛の方
・糖尿病などの高度な末しょう循環障害による知覚障害の方
・かつて治療を受けたところ、または疾患部へ使用する方
・急性疾患のある方
・安静を必要とする方
・重度の血行障害のある方
・ぜんそくの方
・睡眠時無呼吸症候群の方
・発熱している方
・その他、医療機関で治療中の方
・上記以外に身体に異常を感じているとき
※その他の注意事項は、ご注文時にご確認ください。

また、以下のような使用制限もあります。

ニューピース ライトの使用制限(NGの例)

・天日干し
・布団たたき
・布団乾燥機
・専用カバー以外のカバー
・消臭・除菌スプレー
・床暖房・ホットカーペットの上での使用
・電気毛布
・電動ベッドでの使用
・ローテーション(上下を変える)
・海外使用
・体重100㎏以上

使用制限については、公式サイト(よくあるご質問)で詳しく書いてあるので、購入前にご一読ください。

似た商品との比較

ニューピース ライト

ニューピース ライトと同様の「電動ストレッチ機能付きのマットレストッパー」として、リラックスリープ(TKクリエイト)と比較します。

本商品(ニューピース ライト)リラックスリープ
メーカーMTGTKクリエイト
価格57,200円~99,800円
サイズシングル、セミダブルシングル
厚さ28mm25mm
総重量約5.7kg(シングル)約6.5kg
コース数3
強さ調節3段階
ヒーター機能×〇(足部分)
詰め物一般ウレタン、エアバック低反発ウレタン、エアバック
抗菌防臭×〇(カバー)
リンク公式サイトTV通販 B-top

競合商品「リラックスリープ」の特徴

リラックスリープは当サイトで体験していませんが、スペック上では、芯材に低反発ウレタンが大きな違いです。

低反発(メモリーフォーム)は、体圧分散性・衝撃吸収性(揺れにくさ)が高いことが特徴。一方、デメリットは蒸れやすいことですが、フィット感がある寝心地が好きな人にはおすすめです。

また、ヒーター機能や、抗菌防臭加工(カバー)など、機能性が高い分、価格が高価です。

肝心のストレッチ機能に関しては、両者とも3コースですが、内容がやや異なるので、お好みでご検討ください。

>>>リラックスリープ(TV通販 B-top)

口コミ・評判のまとめ

ニューピース ライト

Amazonによるニューピース ライトの口コミは3.5(5点満点)で、以下のような内容が見られました。※2022年11月4日時点の評価

良い口コミ悪い口コミ
  • ストレッチが気軽にできる
  • マットレスの感触が良い
  • ストレッチ機能が合わなかった
  • 寝返りが打ちづらい

ストレッチの心地よさや寝心地については、人それぞれ感覚が異なるので、やはり評価が分かれているようですね。

まだ口コミ件数が少ないため、口コミがある程度溜まってきた際に、内容の傾向と解説をまとめたいと思います。

>>>Amazonで口コミを見る

ニューピース ライトはどこで買うのがお得?

ニューピース ライト

ニューピース ライトは公式サイトか、楽天市場店Amazonなどのモール店舗での購入が可能です。

公式サイトのみ、支払いにJACCSショッピングローン(分割払い)が選べ、分割手数料はメーカー負担です。

マットレスは高い買い物なので、初期投資を抑えたい人におすすめです。

公式サイトはこちら

まとめ

ニューピース ライト

いかかでしたでしょうか。

MTGのマットレスシリーズ「ニューピース ライト」をご紹介しました。

ストレッチ機能付きのマットレストッパーで、お手持ちのマットレスや敷布団の上に敷くだけで「ストレッチして眠るマットレス」に変身できます。

肝心のストレッチ機能はかなり本格的で、特に「全身ストレッチコース」の体を伸ばす動きや、「美骨盤コース」のひねる動きなどは、しっかりストレッチされている体感が得られました。

一方、マットレストッパーとしての評価は、芯材の仕様(1cmの極薄ウレタン+エアバック+フェルト)や、カバーの吸水・吸湿性や衛生機能の低さという点がデメリットです。※さらに、専用カバーの上に敷パッドなど使うことが非推奨のため、蒸れなどを改善しにくいです

よって、本商品は「寝心地の改善」ではなく、「お休み前のリフレッシュ」を目的に寝具を探している人にぜひおすすめしたい逸品と言えます。

公式サイトではJACCSショッピングローン(分割払い)が選べるので、なるべく初期投資を抑えたい人にもうれしいですね。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

公式サイトはこちら