エマ・スリープのアクセサリー

エマ・スリープのアクセサリーをまるっとご紹介

この記事ではドイツ発の寝具ブランド【エマ・スリープ】で発売しているアクセサリー類(まくら・プロテクター・羽毛掛け布団)についてご紹介します。

なお、今回はメーカーさんから体験レビュー用に商品をご提供いただきました。> PRポリシーについて

実際の体験・検証・調査を踏まえて、良いところだけでなく、悪いと思ったところも素直に書いているので、ご参考いただけますと幸いです。

こんな環境で作っています

体験・検証用の撮影スタジオ当サイトではレビュー記事を作成するにあたり、撮影スタジオを作り、セットの中で商品を徹底的に体験・検証しています。一般的な家の雰囲気と異なるのはそのためです。

この記事を書いた人

管理人の椚大輔椚 大輔(ベッド・マットレス専門家)
ベッドメーカーに勤務後、当サイトを開設。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。2020年に株式会社悠デザインを設立し、ベッド関連に特化したサービスを展開。ベッド・マットレスの専門家としてTBS「ラヴィット!」、ビジネス誌「プレジデント」、楽天市場「マットレスの選び方」などの出演・監修も行う。

> プロフィールはこちら

【最新】エマ・スリープのセール情報(5/27まで)

セール情報

現在、特別セールで最大55%OFFです。

期間5月22日(火)午前0時~5月27日(月)午後11時59分
割引率割引適用商品:計5商品
1.エマ・オリジナルV2     50%
2.エマ・ハイブリッドV2    55%
など

セール会場はこちら

メーカーの「エマ・スリープ」とは

エマ・マットレス

エマ・スリープとはドイツ発のマットレスブランド。基幹モデルはウレタンマットレスの「エマ・マットレス」です。

エマ・マットレス
エマ・マットレス(芯材)

エマ・マットレスは2015年に欧州で発売されて以降、世界中で300万人のユーザーが愛用している人気マットレスで、ついに2020年から日本での販売も開始しました。

エマ・スリープのアクセサリーは?

エマ・スリープで販売しているアクセサリー類は以下のとおりです。

ピロー(枕)プロテクター羽毛掛け布団
エマ・ピローエマ・プロテクター羽毛掛け布団
14,000円~16,500円~39,000円~

なお、エマ・スリープといえば「100日の無料お試し期間付き」ですが、アクセサリー類も対象です。

専門家専門家

以下よりそれぞれの商品のお届け時の様子特徴・使用感などを詳しくご紹介します。

1. エマ・ピロー(2商品)

エマ・ピロー

エマ・マットレスのオリジナルまくらは「エマ・ピロー」と「エマ・ピロー プレミアム」の2つがあります。

主な違いは以下のとおりです。

モデルエマ・ピローエマ・ピロー プレミアム
画像エマ・ピローエマ・ピロー プレミアム
サイズ幅:63 cm
長さ:43 cm
厚み: 12 cm
反発性低反発
高さ調節3段階
通気構造ジェルグラファイト
温度調節×
保証3年5年
返品期間100日
価格14,000円28,800円
リンク公式サイト公式サイト

それぞれに共通した特徴は以下のとおりです。

共通特徴
  • 3段階の高さ調節可能
  • 低反発タイプ
  • 熱吸収or熱伝導素材を使用(蒸れにくい)
  • カバーの洗濯が可能

お届け時は、かなりコンパクトに届きます。(両方とも同じサイズです)

エマ・ピローエマ・ピロー プレミアム
お届け時の様子お届け時の様子(プレミアム)
専門家専門家

それぞれの違いや、特徴、使用感などは以下の記事で詳しくまとめているので、ご参考くださいね。

ピローはこちら(公式)

2. エマ・プロテクター

エマ・プロテクター

エマ・マットレス専用のプロテクター。価格はシングルサイズで16,500円です。

特徴は以下のとおりです。

エマ・プロテクターの特徴
  • 防水加工・防ダニ加工
  • ゴムバンド仕様
  • ポリエステル100%

プロテクターとはマットレスを清潔に保つための道具のこと。

エマ・プロテクターの特徴は防水加工防ダニ加工(プロバイオティクス)が施されていることです。もちろん洗濯も可能です。

メンテナンス性を考えたら、プロテクターはぜひ利用したいアイテムですね。

お届け時にはコンパクトに届きます。

お届け時の様子

段ボールの中に化粧箱が入っています。

段ボールの中身

こちらがプロテクターの化粧箱。

プロテクターの化粧箱

箱を開けるとプロテクターが折りたたまれ巻かれて入っています。

化粧箱の中身

中身を取り出します。

プロテクター

広げます。こちらが表面です。

プロテクター(表面)

裏面はこんな感じ。

プロテクター(裏面)

マットレスに固定する場所はゴムバンドになっています。

ゴムバンド

伸縮性が高いゴム仕様なので、ぴったりと装着できズレません

ゴムバンドの伸縮性

マットレスに装着してみます。

プロテクターをマットレスの上に置く

ゴムバンド式なので簡単です。

プロテクターを装着していく

あっという間に装着完了。

プロテクター装着完了

マットレスの取っ手部分が少しボコボコしていますが、エマ・マットレスならではのクールな雰囲気を損ねないプロテクターです。

装着前装着後
プロテクター装着前プロテクター装着後

プロテクターの生地はこちら。

プロテクターの生地

素材はポリエステル100%で、伸縮性はマットレスカバーに比べて劣りますが、そこまで違和感はありません。

プロテクター生地の伸縮性

防水加工が施されているので、飲み物をこぼしてもマットレスに水分が浸透しないので汚れません。

防水性能(コーヒーをこぼす)

コーヒーをこぼしてみて動画は以下のとおりです。防水性能がわかりやすいので、ぜひご参考いただければと思います。(4倍速・音声なし)

この動画のとおり、プロテクターがじんわりと吸水することで、下のマットレスに水分が移りません。

こうした防水性能はおねしょ対策にも有効です。

プロテクターはこちら

3. エマ・羽毛掛け布団

エマ・羽毛掛け布団

エマ・スリープのオリジナル掛け布団。価格はシングルサイズで39,000円です。

特徴は以下のとおりです。

エマ・羽毛掛け布団の特徴
  • ダウン80%・フェザー20%を使用
  • 洗濯機で丸洗い可能

羽毛布団には「軽くて暖かい」「蒸れにくい」「フィット感が良い」「手入れが簡単」「ダニが発生・侵入しない」といったメリットがあります。

専門家専門家

なお「羽毛布団」とは、グース(ガチョウ)・ダック(鴨)などの水鳥の羽毛を使った布団のことです。

羽毛とは水鳥の胸に生えている芯がないふわふわとしたタンポポの綿毛のようなもので「ダウン」と言います。一方、芯があるものは「フェザー」(羽根)と言います。

そして、ダウン率50%以上のものを「羽毛布団」、ダウン率50%未満のものを「羽根布団」と定義されいてます。

それではお届け時の様子からご紹介します。

梱包状態(エマ・羽毛掛け布団)

ロール状に巻かれてコンパクトに届きます。

開封(エマ・羽毛掛け布団)

内容物は本体(羽毛掛け布団)のみです。

エマ・羽毛掛け布団と段ボール

重さはシングルサイズで700g。さすが羽毛だけあって軽いですね。

持ち運び

ビニール袋を取ってロール状になっている掛け布団をほどいていきます。

開封(ロールを広げる)

広げた直後はペッタリしています。

開封(広げる)

使っていくうちに羽毛に空気が入ることで膨らみ、本来の形になるのでご安心ください。

エマ・羽毛掛け布団の使用イメージ

実際に使った感じは、フィット感がありつつ、すごくふんわりとしているので、とても暖かかったです。

エマ・羽毛掛け布団のふっくら感

ダウン80%というスペックから、吸湿性・放湿性も高く、蒸れにくいです。

なお、羽毛布団のデメリットと言えば、「臭い」ですが、羽毛独特の動物性の臭いなどはほぼ感じられませんでした。(臭いを感じた場合でも使い続けることで徐々に和らいでいくのでご安心ください)

また、フェザー(羽根)でありがちな「吹き出す」という現象も特に見られませんでした。

エマ・羽毛掛け布団の使用イメージ

なお、今回ご提供いただいたのはシングルサイズです。

エマ・羽毛掛け布団の使用イメージ

エマ・羽毛掛け布団のシングルサイズは幅150×長さ210cmなので、同じサイズのマットレスよりも大きめに作られています。(これは一般的な掛け布団の規格も同様です)

羽毛掛け布団はこちら

まとめ

エマ・スリープのアクセサリー

いかがでしたでしょうか。

エマ・スリープのアクセサリーをまるっとご紹介しました。

基本的にマットレス以外のアクセサリー類も同じメーカーでそろえることが無難です。

これは、メーカーが実現したい寝心地や使用感の方向性が同じなため、組み合わせとして相性が良いことが多いからです。

当サイトではエマ・スリープの商品をほぼすべて体験してきていますが、やはりエマ製品で組み合わせることでバランス感が良い寝心地になっていると感じています。

さらにアクセサリー類も100日の無料お試し期間付きなのは素晴らしいです。気軽に試せるのはうれしいポイントですね。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

100日の無料お試し期間付き
公式サイトはこちら