マットレストッパー

マットレスの寝心地を良くしたい

そうお考えの方に、この記事では手軽に寝心地が改善できる「マットレストッパー」の選び方とおすすめ商品をご紹介します。

「早くおすすめ商品が知りたい」という人は、下のボタンを押すとその場所へジャンプします。

おすすめのトッパーを見る 
(このページ下へジャンプ)

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

トッパーとは

トッパーとはマットレスや敷き布団の上に置いて、寝心地を調節するためのものです。

今寝ているマットレスを活かしつつ、手軽に寝心地を改善したい

という人におすすめの寝具です。

トッパーは『オーバーレイ』『マットレスパッド』と呼ばれることもあります。

トッパーとパッド等の違い

ベッドパッド
ベッドパッド

マットレスの上に敷く寝装品として、シーツ・パッドなどもありますが、シーツやパッドは主にマットレスを皮脂や汗などの汚れから守ることが目的です。

  • シーツ/パッド マットレスを汚れから守る
  • トッパー マットレスの寝心地を改善する

よって、シーツやパッドはトッパーよりも厚さは薄いです。

厚い順に、

トッパーパッドシーツ

となります。

厚手のパッドなどは、体圧分散性を高めるなどの、寝心地を改善する効果がある商品もありますが、しっかり寝心地を変えたい人はトッパーを選ぶことがおすすめです。

トッパーの使い方

トッパーはマットレスのすぐ上に敷きます。

必要に応じて、トッパーの上にパッドやシーツを掛けますが、厚手のパッドを敷いてしまうと、せっかくのトッパーから得られる寝心地も変わってくるので、注意が必要です。

トッパーの上に寝装品をかけるなら、薄手のパッドかシーツがおすすめです。

トッパーの種類

トッパーには素材や特性の違いがあり、大きく以下の3つに分けられます。

トッパーの種類

  1. 低反発ウレタン
  2. 高反発ウレタン
  3. 高反発ファイバー

1. 低反発ウレタン

低反発フォーム

押して離すとゆっくりと戻る低い反発性を持つウレタンフォームで作られたトッパー。比較的やわらかめの寝心地で、衝撃吸収性・体圧分散性が最も高いタイプです。

下の動画は低反発フォーム(左)と高反発フォーム(右)との反発力の違いです。※音は出ません

「寝返りが多い」「寝返りによって目が覚める」という自覚症状がある人は、低反発マットレスにすることにより、余計な寝返りが減らせるため、睡眠の質を改善できる可能性があります。

また、今寝ているマットレスが硬すぎて体が痛い人にもおすすめです。

ただし、フィット感が強いため、蒸れやすく寝返りがしにくい点がデメリット。

2. 高反発ウレタン

高反発素材

押して離すと勢いよく元に戻る高い反発性を持つウレタンフォームで作られたトッパー。寝返りが打ちやすいタイプです。低反発のデメリット(蒸れや寝返りのしにくさ)を解決するようなかたちで高反発フォームは作られました。

高反発フォームの反発性は下の動画をご参考ください。※音は出ません

日本人は平坦な体つき&仰向き寝が多いため、低反発よりも高反発フォームの方が体に合いやすい傾向があります。

多くのメーカーから沢山の商品が販売されていて、品質に大きな差があるので注意が必要です。特に数千円で買える激安ウレタントッパーは寝心地に不満が残る商品もあったりします。

商品によりますが、高反発のウレタンフォームは、高い反発性のわりに体へのあたりがやさしいので、「硬すぎる寝心地が苦手だけど、寝返りが打ちやすいトッパーを選びたい」という人におすすめです。

3. 高反発ファイバー

ファイバー

ポリエチレンやポリエステルを細い線状にし、水の中に入れて固めた素材。釣り糸を作る技術を応用しています。

3次元状にファイバーが絡み合うことで、様々な方向から体を支えるため寝返りが楽にできます。寝心地は硬めの傾向があります。

ファイバー素材の反発性は下の動画をご参考ください。※音は出ません

空洞が多い構造のため、通気性が抜群に良く、寝汗を多くかく人にもおすすめです。また、商品によりますが、芯材(ファイバー)が洗えるので、清潔に保ちやすい点もメリットです。

一方、価格が高めで、長持ちしづらい(耐久性が低い)ことがデメリットです。

トッパーの選び方

どんな寝心地にしたいかを考える

すぐ上で紹介しましたが、トッパーには大きく3つの種類(低反発ウレタン・高反発ウレタン・高反発ファイバー)があり、それぞれ寝心地が異なります。

自分が実現したい寝心地によって選びましょう。

低反発ウレタン
低反発フォーム
こんな人におすすめ

  • 寝返りが多くて睡眠が妨げられている
  • 寝心地をやわらかくしたい
  • 横向き寝が中心
高反発ウレタン
高反発素材
こんな人におすすめ

  • 寝返りをしやすくしたい
  • 硬すぎるのは苦手
  • 安価に買いたい
高反発ファイバー
ファイバー
こんな人におすすめ

  • 寝返りをしやすくしたい
  • 寝汗を多くかく
  • 硬めの寝心地が好き

厚さはそこまで大事ではない

トッパーは薄いので単体で使った場合、ほぼ底付きを感じます。

トッパーの厚さを気にする人もいるかもしれませんが、トッパーはそもそもマットレスの上に敷くことを前提にしているため、「薄いことによる底付き」自体はそこまでデメリットと考えなくても良いです。

マットレスの構造は、側地(表面のカバー)の下に、詰め物クッション(スプリングコイルなど)が入っています。

クッション層
コイルマットレスのクッション層

側地や詰め物は主に体圧分散や寝姿勢保持・寝返りサポートなどの役割があり、クッションは主に荷重分散を担っています。(クッション層がヘタるとマットレス全体の寝心地が変わるため、マットレスの命はクッション層と言えます)

トッパーはマットレスの構造でいうと「詰め物層」の役割です。

つまり、マットレスのクッションがヘタっていないのであれば、特にトッパーの底付きは気にしなくても良いでしょう。

メンテナンス性

トッパーの特性を活かすために、トッパーの上には極力薄手のシーツやパッドを敷くことがおすすめです。

しかし、薄手のシーツやパッドでは、トッパー自体も汚れやすいです。

特に寝汗を多くかく人などは、トッパー自体のメンテナンス性にも着目しましょう。

トッパーのカバーは大体の商品で洗うことができますが、ウレタンフォームで作られたトッパーの芯材は洗えません。

芯材まで衛生的に保ちたい人はファイバー素材がおすすめです。

洗える芯材
洗える芯材(ファイバー)

トッパーの注意点

柔らかすぎるマットレスには不向き

トッパーの下のマットレスの硬さが柔らかすぎる場合、トッパーの機能が十分に発揮されないことがあります。

特に、高反発タイプのトッパーの場合、柔らかいマットレスの上に敷いて使ってしまうと沈み込みすぎてしまい、せっかくの高反発が活かされなかったり、部分的な荷重がかかることで早くヘタりやすいです。

トッパーを使う場合、マットレスの硬さはふつう~硬めが良いでしょう。

ヘタリや劣化があるマットレスには不向き

マットレス自体に大きなヘタリや劣化がある場合、トッパーを使っても寝心地が改善しにくいです。

その場合、トッパーではなく、マットレスを新しく買い替えることをおすすめします。

【寝返りしやすい】おすすめ高反発トッパー 4選

1. SOMRESTA マットレストッパー

SOMRESTAマットレストッパー

三つ折りできて高衛生・高耐久

寝具・インテリア業界に20年ほど精通したプロが満を持して立ち上げた高品質ウレタンマットレスブランド。超高密度で作られているため耐久性が高いことが特長。1枚タイプにも関わらず三つ折りできるので、使わないときに畳んでおけます。

従来の3倍(240,000回)の圧縮テストでも復元率99.6%を誇る抜群の耐久性も魅力です。カバーは抗菌活性値5.9の「制菌レベル(つまり高いレベル)」の抗菌性がある生地を使用。寝心地・衛生面とも優れた逸品です。

サイズシングル~ダブル
硬さやや硬め
クッション材ウレタンフォーム
価格26,800円
その他両面仕様、高反発、高密度、抗菌防臭・防ダニ、三つ折り

このトッパーを見てみる

2. エアウィーヴ

エアウィーヴ

通気性が高く、寝返りがしやすい

エアウィーヴの原点とも言われている人気のスタンダードモデル。独自素材「エアファイバー」の三次元構造は寝返りがしやすいことが特長。肩の部分が柔らかめに作られていて、より寝返りがしやすいように工夫を凝らしています。さらに通気性が高く、夏は蒸れにくく、冬は保温効果もあります。洗えるので清潔に保てます。

サイズシングル~ダブル
硬さやや硬め
クッション材ポリエチレンファイバー
価格66,000円
その他両面仕様、洗える、高反発

このトッパーを見てみる

3. ファイテン「エアロクレイドル」

エアロクレイドル

高い耐久性とリラックス効果

ボディケア商品が有名なファイテン製のオリジナルマットレストッパー。高反発ファイバー素材をクッション層に用いています。ファイバー系のマットレスの中では抜群の耐久性があり、熱にも強いので熱め(70℃まで)のお湯で汚れを洗い流せます。ファイテン独自の【アクアチタン技術】によって、ゴールドなどの金属を素材に練り込んであり、自律神経をリラックスさせる効果を得られることが特長です。

サイズシングル~ダブル
硬さ硬め
クッション材ポリエチレンファイバー
価格49,500円
その他洗える素材、高耐久、高反発、片面仕様

このトッパーを見てみる

4. 西川「AiR(エアー) SI」

エアーSI

有名アスリート御用達

プロ野球の大谷翔平選手を起用したCMで有名な西川のAiR(エアー)。多くのアスリートから支持されているマットレスです。ポコポコした凹凸があるウレタンが点で体を支え、適度な体圧分散性で寝姿勢をサポートしてくれます。通気性も良好です。床に敷くマットレスタイプとベッドで使うベッドマットレスタイプがあるので、用途によって選びましょう。

サイズシングル~ダブル
硬さふつう
クッション材ウレタンフォーム
価格88,000円
その他片面仕様

このトッパーを見てみる

【ソフトでフィット感がある】低反発トッパー2選

1. トゥルースリーパープレミアリッチ

トゥルースリーパープレミアリッチ

大ヒット商品のリニューアルモデル

トゥルースリーパーはショップジャパンが販売する低反発マットレストッパー。トゥルースリーパーシリーズの中にはいくつか種類がありますが、この「プレミアリッチ」は、大ヒット商品「プレミアケア」のリニューアルモデルです。

プレミアリッチは低反発+高反発の2層構造にすることで、従来モデルのプレミアケアの「蒸れやすい・沈み込みすぎる」というデメリットが改善され、体当たりはソフトながら沈み込んだらしっかりと押し返す理想的な寝心地が実現されています。衛生面も優れていて本体は抗菌・防カビ・防ダニ仕様です。

低反発ならではのフィット感と気持ち良さが特徴なので、特に横向き寝や体のラインがハッキリしている人が合いやすいでしょう。低反発マットレスは好みが分かれやすいですが、トゥルースリーパーは60日間返品保証が付いているので気軽に試すことができます。

サイズシングル~クイーン
硬さソフト
反発性低反発
クッション材ウレタンフォーム(2層)
価格27,800円
その他片面仕様、抗菌防臭・防カビ・防ダニ、無料お試し期間

このトッパーを見てみる

2. テンピュール「トッパー7」

テンピュール「トッパー7」

NASAが認めた衝撃吸収性

低反発マットレスのパイオニアであるテンピュール製のマットレストッパー。テンピュール素材はNASAのロケット打ち上げ時に宇宙飛行士にかかる重力を緩和するために発明されました。衝撃吸収性が特別に優れていて、振動が伝わりづらく静かな寝心地です。低反発タイプの中では高価格ですが、入眠時の心地良さは素晴らしいです。

サイズシングル~ダブル
硬さソフト
クッション材高密度ウレタンフォーム
価格99,000円
その他両面仕様、15年保証

このトッパーを見てみる

いかがでしたでしょうか。

トッパーの種類・選び方・おすすめ商品をご紹介させていただきました。

「今使っているマットレスを活かしつつ、寝心地を改善したい」という人にトッパーはおすすめです。

しかし、すでにマットレスがかなり古くなっていて、ヘタリや損傷が激しい場合、マットレス自体を新しく買い替えたほうが良いでしょう。

マットレス全般の選び方・おすすめ商品については、以下の記事で詳しくご紹介しているので、ご参考いただけますと幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。