デイベッド

「狭い部屋でもベッドを置きたい」

「ソファのように使えるデイベッドが気になっている」

そうお考えの方に、ベッドメーカーに勤めていた筆者がデイベッドについて徹底解説します。

デイベッドはソファーにもベッドにもなる便利な商品です。

しかし、結論から言うとデイベッドはベッドとしてはあまりおすすめできません

この記事ではデイベッドの特徴と選び方、おすすめのベッド(他の選択肢を含めて)などをご紹介させていただきます。ご参考いただけますと幸いです。

デイベッドとは

デイベッドとは

デイベッドとはベッドとしてもソファーとしても使えるベッドのことです。

似た商品で「ソファーベッド」がありますが、ソファベッドとの違いは以下の通りです。

ソファーベッド

ソファーをメインで使うことを想定しているベッド

デイベッド

ベッドをメインで使うことを想定しているベッド

つまり、デイベッドは「ベッドソファー」とも言えますね。

ソファーベッドとの大きな違いは背もたれを倒すことなくベッドとして使えることです。

デイベッドの種類

シンプル

シンプルタイプのデイベッド

サイドフレームの片方が背もたれになっているタイプ。ヘッドボード・フットボードの高さも高く、クッションを置きやすいデザインです。

拡張タイプ

拡張タイプのデイベッド

フレームを引き延ばしてベッドに拡張するタイプ。ソファとしてもベッドとしても使いやすいです。

アウトドアタイプ

アウトドアタイプのデイベッド

外で使うことを想定したデイベッド。リゾートホテルのプールサイドなどで良く見かけますね。広いベランダや庭があるご家庭におすすめ。

ベンチタイプ

ベンチタイプのデイベッド

主にベンチとして使用するためのデイベッド。大きいベンチといったところです。ひじ掛けクッションが付いている商品もあります。

デイベッドのメリット

見た目がソファーっぽい

デイベッドはサイドフレームが背もたれ、ヘッドボード・フットボードがひじ掛けのようなデザインになっていたりするので、ソファのような見た目です。

「部屋が狭いけどソファーもベッドも両方置きたい」

という人にぴったりです。

ベッドよりソファーの方が生活感は抑えられるので部屋がおしゃれな印象になると思います。

来客用に使える

ゲストが宿泊する場合、臨時のベッドとして使うことができます。

とはいえ、臨時のベッドとして使いたい人は「ソファーベッド」でも良いでしょう。

ソファーベッドについては『ソファーベッドおすすめ・失敗しない選び方【最新版】』をご参考ください。

デイベッドのデメリット・注意点

別にデイベッドでなくても良い

基本的にベッドは壁付けして使うことが多いため、壁側にクッションなどを置けば別にデイベッドでない普通のベッドフレームでもソファーとして使えます。

特に狭い部屋にベッドを置く場合は必ずと言っていいほど壁付けする可能性が高いので、デイベッドである必要はあまりありません。

他のベッドフレームについては『【徹底解説】ベッドフレームおすすめ|失敗しない選び方ガイド』でご紹介しています。

圧迫感がある

背もたれやひじ掛けがあるデイベッドは、圧迫感を感じやすいです。

特にサイドフレーム側に背もたれや棚があるデザインのデイベッドは幅が広くなってしまうので余計に圧迫感を感じます。

ソファー兼用は不衛生になりやすい

デイベッドの上で食事やおやつ、晩酌を楽しみたいという人も多いですが、そもそもベッドの上で飲食をするのは不衛生です。

ベッドはシーツや布団などを使うため、ダニの糞や死骸、自分の皮膚などの汚れが溜りやすく、どうしても不衛生になりがちです。

また、できるだけベッドを清潔に保つためにも、外出したままの服で座ったり寝たりするのは避けた方が良いでしょう。

棚から物が落下しケガの危険がある

デイベッドの中で特に注意すべきはディスプレイ棚付きの商品です。

ディスプレイ棚付きのデイベッド
ディスプレイ棚付きのデイベッド

上の画像のようにディスプレイしていて、もし寝ているときに地震でもきたら大けがをする可能性があります。

寝心地が良くないことも

良い寝心地を得たい人はできるだけマットレスに予算を割くことがおすすめです。

しかし、デイベッドはサイズや構造の関係でマットレスを選べない商品が多いです。

マットレスをこだわって選びたい人は他のベッドフレームを検討されたほうが良いでしょう。

【厳選】おしゃれなおすすめデイベッド3選

管理人管理人

デザイン性や機能性が優れたおすすめのデイベッドをご紹介します。

1、アイアンデイベッド「シェリー・シュア」

アイアンデイベッド「シェリー・シュア」

便利な高さ調節可能

ガーリーなデザインが素敵なアイアンタイプのデイベッド。2段階の高さ調節機能がついているのでベッド下の収納量に応じて高さを変えることができます。抜け感があり、圧迫感が少ないです。

このベッドを見てみる

2、デイベッドソファ&テーブルセット「レーブ」

2、デイベッドソファ&テーブルセット「レーブ」

外で使いたいならコレ

アウトドアタイプのデイベッド。ソファーの中にテーブルが収納できるので、使いたいときに広げられます。気軽にリゾート感覚を味わえ、広いベランダや庭があるご家庭におすすめです。

このベッドを見てみる

3、IKEA「HEMNES ヘムネス」

IKEA「HEMNES ヘムネス」

狭い部屋におすすめ

人気北欧家具チェーンIKEA(イケア)の拡張タイプのデイベッド。収縮時にはマットレスを2重に重ねています。横幅80cmのコンパクトサイズのため、狭い部屋にぴったり。拡張時には横幅160cmにもなるので2人でも使えます。

このベッドを見てみる

いかがでしたでしょうか?

デイベッドの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

デイベッドは狭い部屋やゲスト用ベッドとして人気ですが、寝心地を追求したいなら他のベッドフレームもご検討いただくと良いでしょう。

「おすすめのベッドフレームや人気のベッド販売サイトなどを知りたい」

という方は、当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をご参考いただけますと幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。