ヘッドレスベッド

ヘッドボードがないベッドを探している

そうお考えの方に、ベッドメーカーに勤めていた筆者が狭い部屋でも置きやすい「ヘッドレスベッド」をご紹介します。

この記事の前半ではヘッドレスベッドの特徴や選ぶポイントをお伝えし、後半でおすすめ商品をご紹介させていただきます。

「早くおすすめのベッドを見たい」という方は下記ボタンを押すとジャンプします。

おすすめのベッドを見る 
(このページ下にジャンプ)

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

ヘッドレスベッドとは

タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

ヘッドレスベッドとは「ヘッドボードがないベッド」のことです。

なお、ヘッドボードとは寝たときに頭の上にくるベッドフレームのことです。

ヘッドボード

ヘッドボードがないことによって、見た目がすっきりとした印象になり圧迫感が薄れます。

ヘッドレスベッドのメリット

省スペース

ヘッドボードの厚みがない分、省スペースに置くことができます。

なお、一般的なヘッドボードは15~20cmほど厚みがあるので、ヘッドレスベッドならシングルサイズの場合、約100cm×20cmのスペースが節約できます。

狭い部屋にベッドを置きたい人におすすめです。

圧迫感が少ない

高さのある家具は部屋に圧迫感を生みます。そして、ベッドの中で最も高い場所はヘッドボードです。

ヘッドレスベッドなら最も高い場所がマットレス天面になるので、ヘッドボードありのベッドに比べて半分ほどの高さに抑えられ、圧迫感が少ないです。

ホコリがたまりづらい

ヘッドレスならヘッドボードに棚などがないので、ホコリがたまづらいです。

特にベッド周りは布団やシーツでホコリっぽくなりがちですすが、ヘッドレスベッドは就寝時の枕元周りを清潔に保つことができます。

組立が簡単

棚やコンセント付きのヘッドボードの場合、複雑な組立が必要となる商品が多いです。

一般的なヘッドレスベッドなら大きめのパネルを組み合わせるだけなので、組立が苦手な人でも簡単に完成させることができます。

また、パーツが少ない分、引越しなど移動をする際にも簡単にバラすことができます。

安い

ヘッドレスはヘッドボードがない分、価格が安い商品が多いです。

ヘッドレスベッドのデメリット

ベッド周りに小物を置けない

棚などがないため、小物が置けません。

スマホや眼鏡など、手元に置きたい場合はサイドテーブルが必要になります。

スタイリッシュな雰囲気ではない

「ヘッドボードはベッドの顔」と言われるくらいデザイン性が出るところですが、その「顔」がないヘッドレスベッドはおしゃれなベッドとは言いにくいです。

逆に言えば存在感が薄いので、ベッドを目立たせたくない人にはおすすめです。

ヘッドレスベッドの種類

様々な種類のベッドフレームのヘッドレスベッドがあります。各ベッドフレームの特徴をご紹介します。

ローベッド

ローベッド
ローベッド

ローベッドとは高さが低いベッドのこと。天井までの空間が広がり、部屋に開放感が生まれます。

重心が低いためスマートな印象になり、モダンなインテリアとの相性が良いデザインです。

収納などの機能性はないので、荷物が少ない人におすすめ。

すのこベッド

すのこベッド
すのこベッド

マットレスを置く床板が、隙間がある木枠(すのこ)になっているベッド。

すのこはもともと押し入れなどの湿気対策に使われてたものなので、寝ているときにかく汗や水蒸気を上手に発散できます。

高さを調節する機能がついている商品が多く、ベッド下に収納ケースなどを入れることもできます。

収納ベッド

ヘッドレス収納ベッド
収納ベッド

2~3杯の引き出しが付いたベッド。数あるベッドフレームの種類の中で最も人気なタイプです。

立ち座りしやすい高さ&引き出し収納が備えられていて、使い勝手が良いことが人気の理由。

ただし、格安価格の収納ベッドは完全組立品のことが多く、パーツが多く組立が大変です。なお、パーツが多いベッドは横揺れや移動に弱い傾向があるので、基本的に解体したら再び使うことができません。

チェストベッド(大型収納)

チェストベッド
チェストベッド

引き出しが4~6杯ほど付いた大型の収納ベッド。

床板下にも長物を収納できるスペースがあり、全体の収納容量は押し入れ1個分にもなります。

引き出しが多いため、荷物を区分けし収納できるので整理整頓しやすいことも魅力です。

選ぶとしたら頑丈なBOX構造タイプがおすすめです。

跳ね上げ式ベッド(大型収納)

跳ね上げ式ベッド
跳ね上げ式ベッド

床板の下に大容量収納スペースがあるベッド。床板を「跳ね上げて」使うことから跳ね上げ式ベッドと呼ばれます。

ひとつの広大な収納スペースがあるため、大きい荷物を収納できることが最大のメリットです。

普段あまり使わないスーツケースや布団、ラグなどを収納するのに便利です。

引き出しがない分、引き出すスペースが必要ないため、狭い部屋にも置きやすく、夫婦の寝室で2台並べて使っている人も多いです。

脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッド
脚付きマットレスベッド

マットレスに脚を付けただけのベッド。よって、基本的に脚付きマットレスベッドはヘッドボードはありません。

安価で買えることが魅力で、学生や初めての社会人生活に人気です。

ただし、マットレスのグレードがあまり高くない傾向があり、寝心地にこだわりたい人には不向きです。

【厳選】おすすめのヘッドレスベッド 8選

管理人管理人

コストパフォーマンスに優れたおすすめのヘッドレスベッドをご紹介します。

1. 跳ね上げ式ベッド「Ormar」

ヘッドボードレス跳ね上げ式ベッド ORM

省スペースならコレ

ヘッドレスタイプの人気の跳ね上げ式ベッド。引き出し収納ではないので狭い部屋に置きやすいです。深さ・サイズなど豊富な選択肢からチョイスでき、セミオーダー感覚で選べます。海外生産品ですが日本製のシリンダーを採用しています。

このベッドを見てみる

2. 日本製ヘッドレスベッド「Dixy」

日本製ヘッドレスベッド「Dixy」

普段使いの収納におすすめ

最小スペースで置けるヘッドレスタイプのチェストベッド。部屋の狭い人でも置きやすいです。セミシングルサイズからダブルサイズまで選べるので自分の部屋にぴったり合うサイズが見つかるでしょう。安心の日本製、組立も簡単で頑丈なBOX構造です。

このベッドを見てみる

3. ヘッドレス引出し収納ベッド

ヘッドレス収納ベッド

格安の収納ベッドならコレ

2杯の引き出しが付いたスタンダードタイプの収納ベッド。1万円台から買える低価格が魅力。格安タイプですが、パーツ同士を金属プレートで固定しガタつきを抑えた「耐荷重200kg」の頑丈構造です。フレームの表面はメラミン加工が施され、キズや汚れにも強いです。

このベッドを見てみる

4. 天然木仕様!高コスパのローベッド「STACEY」

天然木仕様!高コスパのローベッド

オール天然木なのに格安

天然木を贅沢に使用しているのに2万円台で買えるというコストパフォーマンスが優れたローベッド。使われている桐材は湿度調節機能が優れていてカビにくいです。セミシングルサイズからキングサイズまで選べるサイズバリエーションの豊富さも魅力。この画像のようにマットレスからフレームがはみ出るステージタイプか、はみ出ないノーマルタイプから選べます。おすすめはステージタイプ。ステージタイプなら一つ上のマットレスのサイズまで置けます。

このベッドを見てみる

5. 北欧風シンプルすのこベッド「Banon」

北欧風シンプルすのこベッド「Banon」

安くても安定感がある

ベッド専門ショップ「ネルコ」のオリジナルすのこベッド。フレームに極太の板を補強し、強靭な耐久性があるベッドです。きしみや揺れの心配がなく、安心して眠ることができます。コストパフォーマンスに優れたおすすめの逸品です。

このベッドを見てみる

6. パイン無垢材使用のローベッド

パイン無垢材使用のローベッド

マットレスより一回り大きい

パイン無垢材を全面に使用したベッド。高さが低いローデザインなので部屋に置いた時に空間が広く見えます。ステージタイプのベッドフレームなのでマットレスより一回り大きく優雅に使えます。このベッドは縦幅もマットレスより幅広の設計です。

このベッドを見てみる

7. フランスベッド製の脚付きマットレスベッド

フランスベッド製の脚付きマットレスベッド

高品質スプリングコイル搭載

フランスベッドの日本製脚付きマットレスベッド。耐久性抜群の高密度連続スプリングを搭載し、脚付きマットレスベッドの中では特に高いレベルの寝心地を実現しています。

このベッドを見てみる

8. 国産杉のボーダー(すのこ)ベッド

国産杉のボーダー(すのこ)ベッド

総無垢で作られた本格派

すべて国産杉で作られたすのこベッド。燻煙熱処理という加工を施していて、無塗装のため自然な風合いをダイレクトに楽しめます。組立がやや難しいですが、DIY感覚でぜひ楽しんでください。フラットタイプなので2台くっつけてクイーンベッドやキングベッドとして使うのもおしゃれです。

このベッドを見てみる

マットレスの選び方

良いマットレスの条件

睡眠の質はマットレスのよって決まると言っても過言ではありません。

快適に眠りたい人は、マットレス選びを慎重にお考え下さい。

できるだけ安く済ませたい人は、ベッドフレームとセットで付けられるマットレスを選ぶこともおすすめです。

マットレスの種類や選び方・おすすめ商品については以下の記事で詳しくまとめていますので、ご参考いただけますと幸いです。

【厳選】おすすめベッド通販サイト 3選

管理人管理人

おしゃれなヘッドレスベッドの取り扱いが豊富あるおすすめのベッド販売サイトをご紹介します。

1. neruco (ネルコ)※当サイト経由販売額No.1


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる

2. CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

収納付きベッドの種類が豊富

「CCmart7」はインターネット限定のインテリア総合ショップ。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。特に収納付きベッド(跳ね上げ式や大容量チェストベッドなど)の取扱いが豊富です。マットレスとベッドフレームとのセット価格のコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

CCmart7を見てみる

3. ベルメゾン


bellemaison
参照:BELLE MAISON

大手で安心、一人暮らしに特におすすめ

icon「ベルメゾン(BELLE MAISON)」は大手総合通販会社の千趣会が運営する通販サイトです。大手ならではのサポートの厚さと安心感があります。特にすのこベッドの種類が豊富なので一人暮らしの人は必見です。プライベートブランドの「BELLE MAISON DAYS」は低価格なのにデザイン性も優れています。フレームだけ安く買いたい人にもおすすめなショップです。

ベルメゾンを見てみる

いかがでしたでしょうか?

ヘッドボードがない「ヘッドレスベッド」の特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

ぴったりなベッドが見つかったのならうれしいです。

「おすすめのベッドフレームや人気のベッド販売サイトなどを知りたい」

という方は、当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をご参考いただけますと幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。