リニューアル情報(2024年5月)

エマ・マットレス コンフォートは、「エマ・オリジナルV2」としてリニューアルしました。価格や仕様が若干変更されています。

詳しくは「【徹底レビュー】エマ・オリジナルV2の寝心地・特徴について」をご参考ください。

エマ・マットレス コンフォート

エマ自信作「ハイブリッドV2」の廉価モデル

この記事ではドイツ発のマットレスブランド【エマ・スリープ】の「エマ・マットレス コンフォート」をご紹介します。

今回は仕様から寝心地や特徴を読み解き、レビューします。

こんな環境で作っています

体験・検証用の撮影スタジオ当サイトではレビュー記事を作成するにあたり、撮影スタジオを作り、セットの中で商品を徹底的に体験・検証しています。一般的な家の雰囲気と異なるのはそのためです。

この記事を書いた人

管理人の椚大輔椚 大輔(ベッド・マットレス専門家)
ベッドメーカーに勤務後、当サイトを開設。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。2020年に株式会社悠デザインを設立し、ベッド関連に特化したサービスを展開。ベッド・マットレスの専門家としてTBS「ラヴィット!」、ビジネス誌「プレジデント」、楽天市場「マットレスの選び方」などの出演・監修も行う。

> プロフィールはこちら

【最新】エマ・スリープのセール情報(6/24まで)

セール情報

現在、特別セールで最大60%OFFです。

期間6月18日(火)午前0時~6月24日(月)午後11時59分
割引率割引適用商品:

  • エマ・ハイブリッドV2 55%
  • エマ・プレミアムV2 60%

セール会場はこちら

    メーカーの「エマ・スリープ」とは

    エマ・マットレス

    エマ・スリープは、ドイツ発のマットレスブランド。基幹モデルはウレタンマットレスの「エマ・マットレス」です。

    エマ・マットレス(芯材)
    基幹モデルの「エマ・マットレス」(芯材)

    エマ・マットレスは2015年に欧州で発売され、ついに2020年から日本での販売が開始しました。

    今ではシリーズ全体で600万人のユーザーが愛用している世界的なマットレスブランドに成長しています。

    そして、本記事で取り上げる「エマ・マットレス コンフォート」は、通年販売でない期間限定的なマットレスです。

    【通年販売モデル】エマ・スリープのマットレスシリーズ(4つ)の違いは?

    エマ・スリープが通年で販売しているベッドマットレスは以下の4種類です。

    エマ・マットレス
    (高反発ウレタン)
    ハイブリッドV2
    (3層ウレタン×ポケットコイル)
    エマ・マットレスハイブリッドV2
    高反発らしい「寝返りサポート性」が特徴多素材Mixによる奥行きのある寝心地
    プレミアム
    (低反発ウレタン×ポケットコイル)
    ラグジュアリー
    (ポリマー×多層ウレタン×ポケットコイル)
    エマ・マットレス プレミアムエマ・マットレス ラグジュアリー
    低反発らしい「フィット感」と放熱性エアグリッドによる弾力性と通気性
    専門家専門家

    当サイトではすべてのモデルの体験・検証をしております。

    各モデルの違いは以下の記事をご参考くださいね。

    エマ・マットレス コンフォートについて

    エマ・マットレス コンフォート

    メーカーエマ・スリープ
    サイズシングル~キング
    クッション材ポケットコイル&ウレタンフォーム
    硬さややソフト
    重さ(Sサイズ)19.46 kg
    価格(Sサイズ)117,600円
    保証期間10年

    エマ・マットレス コンフォートはポケットコイル仕様で、簡単にいうと既存モデルのエマ・ハイブリッドV2の廉価版という位置づけです。

    エマ・マットレス ハイブリッド V2
    エマ・ハイブリッドV2(エマ・スリープの自信作と呼ばれるモデル)

    エマ・スリープのポケットコイルマットレスの中で最も低価格で買えるので、『ポケットコイルマットレスの寝心地が好きで、なるべく安く買いたい』という人におすすめです。

    専門家専門家

    実は、エマ・マットレス コンフォートは過去、2023年8月1日~8月14日のみ販売された期間限定モデルでした。

    今回もおそらくセール期間のみ(1月18日まで)の販売になるかと思いますので、興味がある方はこのタイミングでご検討いただくのがおすすめです。

    このマットレスを見てみる

    エマ・マットレス コンフォートの構造(ハイブリッドV2との違いもご紹介)

    専門家専門家

    上位互換にあたる通年販売モデル「ハイブリッドV2」との違いも含めて、コンフォートの構造をご紹介します。

    ①「Ultra Dryカバー」は、ハイブリッド V2と同様の仕様。ポリエステルを主原料としたサラリとした触り心地です。

    Ultra Dryカバー
    Ultra Dryカバー(画像はハイブリッド V2)

    ②「Aero フォーム」は、エマ・マットレス コンフォート独自のウレタンフォーム(詰め物)です。硬さが120N程度なので「硬すぎないふつうレベル」の感触で体を支えます。

    ハイブリッド V2の内部構造
    ハイブリッド V2の場合(上から高反発・低反発・レギュラーフォームという3層構造を採用)

    この詰め物層(ウレタンフォーム)がハイブリッド V2と最も違うところです。

    専門家専門家

    Aero フォームの反発性は特に言及されていないため、低反発でも高反発でもない「レギュラーフォーム(反発弾性率15~49%)」と推測できます。

    芯材は③「ポケットコイル」で、7つの硬さが異なるゾーンで荷重を受け止めます。

    ハイブリッド V2も同じく7ゾーンのポケットコイルなので、似た(同じ?)仕様と推測します。

    エマ・マットレス ハイブリッド V2のゾーニング(7か所)
    ハイブリッド V2のゾーニング(7か所)※コンフォートも同様の仕様と推測

    最下層の④Supportive フォームは、ポケットコイルにかかる荷重をさらに分散するためのウレタンフォームです。(これはハイブリッド V2にはありません)

    ハイブリッド V2の構造
    ハイブリッド V2では、最下層にウレタンフォームはなく、不織布のみの構造

    なお、カバーは販売ページを見る限りハイブリッド V2と同じものを使っていると思われるので、見た目はほとんどハイブリッドV2と同じだと思われます。

    ハイブリッドV2
    ハイブリッドV2の外観
    ハイブリッド V2
    ハイブリッド V2の外観
    ハイブリッド V2
    ハイブリッド V2(カバー側面に取っ手がある)

    コンフォートとハイブリッド V2の違いは?

    以上のように、コンフォートとハイブリッド V2との大きな違いは、詰め物のウレタンフォームです。

    ハイブリッド V2は3層(高反発×低反発×レギュラーフォーム)のトリプルハイブリッド仕様で、コンフォートは1層(レギュラーフォーム)です。

    詰め物層は、体に近い場所のため、主に反発性や体圧分散性、感触の差などに大きな影響を与えます。

    要するに、ハイブリッド(3層ウレタン)の方が、リッチな寝心地に感じやすいでしょう。

    違いをまとめると以下のとおりです。

    モデルコンフォートハイブリッド V2
    画像エマ・マットレス コンフォートエマ・マットレス ハイブリッド V2
    厚さ22cm25cm
    詰め物1層ウレタン(レギュラー)3層ウレタン(高反発×低反発×レギュラー)
    芯材ポケットコイル(7ゾーン)
    コイル高19.5cm
    重量19.46 kg~18.4 kg~
    価格117,600円~133,000円~
    リンク公式サイト公式サイト

    細かいところですが、厚さが薄いのにも関わらずコンフォートの方が1kgも重いのが違和感があります。もしかすると芯材のコイルの線径などがハイブリッド V2よりも太いものを使っている可能性もあります。

    価格差はシングルサイズで15,400円です。

    個人的にはこのくらいの価格差なら3層ウレタンを使っているハイブリッド V2がおすすめだと思います。(セールの割引率が違う場合、話は別です)

    専門家専門家

    ポケットコイルの仕様や、サイズ、外観などはハイブリッド V2と非常に近いので、以下の記事をご参考いただければと思います。

    エマ・マットレス コンフォートのメリットとデメリット

    エマ・マットレス ハイブリッド V2の試し寝

    7ゾーンコイルの贅沢仕様でお試し期間付きで、セールを狙うと(たとえば50%OFFの場合)、5万円台から買えると考えるとコストパフォーマンスは悪くないです。

    とはいえ、同じ割引の場合、上位互換モデルの「ハイブリッド V2」がかなり近い価格で買えることを考えると積極的に選ぶようなモデルでもない気もします。

    また、詰め物が「厚さ2cmのレギュラーウレタンフォーム(120N)」のみなので、バネ当たり(寝ていてバネの存在を感じること)に対しても不安が残ります。

    詰め物が薄いポケットコイルマットレス
    詰め物が薄いポケットコイルマットレスはバネ当たりの心配がある(別商品ですが、コンフォートと同じ「厚さ2cmのウレタンフォーム」を使用)

    要するに、詰め物層がかなり薄い(かつ、硬くない)仕様のため、体が沈み込むことでバネの存在を感じやすいと言えるでしょう。

    とはいえ、コンフォートにもエマ・スリープの無料トライアル(100日)が付いているため、気になったら返品すれば問題ありません。

    【実際の流れ】エマ・スリープの返品はどんな感じ?

    エマ・マットレスの返品体験

    当サイトでは実際にエマ・スリープ(エマ・マットレス)の返品体験を行いましたが、結論、すごく簡単でした。

    エマ・スリープの返品手順は以下のとおりです。

    手順方法
    ①返品依頼メール(公式サイト)
    ②アンケートへの回答フォーム
    ③回収業者との日程調節メール
    ④回収当日玄関先でマットレスを引き渡し
    ⑤返金(終了)メールで案内

    回収当日の様子については以下の動画でご紹介しています。

    返品に関する一連の流れは、以下の記事をご参考くださいね。

    まとめ

    エマ・マットレス ハイブリッド V2

    いかがでしたか。

    エマ・スリープの「エマ・マットレス コンフォート」をご紹介します。

    エマ・スリープの自信作と謳われた「エマ・ハイブリッド V2」の廉価モデル的な位置づけの商品です。

    7ゾーンコイルの豪華仕様はそのままに、詰め物をダウングレード化して価格を安くしている印象です。

    とはいえ、上位モデルのハイブリッド V2との価格差はシングルサイズで1.5万円ほどなので、正直ハイブリッド V2の方が満足感が得やすいと思います。

    エマ・スリープのポケットコイルマットレスをできるだけ安く買いたい』という人にはおすすめです。

    最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

    公式サイトで見る