【徹底解説】源ベッド「咲夜レアルマットレス」の体験レビュー

ついに出ました、当サイト評価No1マットレス

この記事では源ベッド「咲夜(さくや)レアルマットレス」をご紹介します。

なお、今回はメーカーさんから体験レビュー用に商品をご提供いただきました。> PRポリシーについて

実際の体験・検証・調査を踏まえて、良いところだけでなく、悪いと思ったところも素直に書いているので、ぜひご参考くださいね。

こんな環境で作っています

体験・検証用の撮影スタジオ当サイトではレビュー記事を作成するにあたり、撮影スタジオを作り、セットの中で商品を徹底的に体験・検証しています。一般的な家の雰囲気と異なるのはそのためです。

この記事を書いた人

管理人の椚大輔椚 大輔(ベッド・マットレス専門家)
ベッドメーカーに勤務後、当サイトを開設。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。2020年に株式会社悠デザインを設立し、ベッド関連に特化したサービスを展開。ベッド・マットレスの専門家としてTBS「ラヴィット!」、ビジネス誌「プレジデント」、楽天市場「マットレスの選び方」などの出演・監修も行う。

> プロフィールはこちら

目次

咲夜レアルマットレスの基本情報

咲夜レアルマットレス

メーカー源ベッド(株式会社チヨダコーポレーション)
サイズシングル~クイーン
クッション材ポケットコイル
※圧縮梱包
カラーサンライズイエロー、サンライズオレンジ
価格44,990円~
保証期間3年(公式サイトのみ5年)

公式サイトはこちら

他のマットレスのラインアップは以下の記事で詳しくご紹介しているのでご興味がありましたらご参考くださいね。

【まず結論】咲夜レアルマットレスの評価は?

咲夜レアルマットレスの体験

当記事では以下のような項目をチェックし、商品を評価しております。

  • 寝姿勢による寝心地は?(仰向き・横向き)
  • 寝返りのしやすさは?
  • 通気性が良いか?(ムレを感じないか)
  • クッション材の品質はどうか?
  • 詰め物の質感・ボリュームはどうか?
  • バネ当たりや底付きがないか?
  • 価格相応の寝心地と言えるか?

始めに結論からお伝えすると、体験を通じ咲夜レアルを以下のように評価させていただきました。

▼ 咲夜レアルの評価
総合評価4.02(当サイトNo1)
仰向き寝5.0
横向き寝4.5
端の沈み込み4.0
通気性4.0
寝返り4.0
底付きのなさ5.0
バネ当たりのなさ4.0
耐久性4.5
衛生面4.0
取り扱いやすさ2.5
価格3.28

※目安は「3.50」以上が高評価です。

>>>点数の付け方について

【総評】あの「夜香(やこう)マットレス」を超えるマットレスがついに誕生

咲夜レアルマットレス

源ベッドといえば「夜香マットレス(特に夜香ハイグレード)」が有名で、コストパフォーマンスがあまりに素晴らしすぎるため、当サイトでも長年、評価番付1位(約100商品中)をキープしていました。

夜香ハイグレード2
夜香ハイグレード(長年評価No1をキープ)

もはや、殿堂入りかな?と思っていた矢先、源ベッド(チヨダコーポレーション)の社長さんから「構想1年、ついに夜香ハイグレードを超えるマットレスが出来たので、楽しみにしてください」とお話がありました。

そして届いて、いざ寝た瞬間です。

「なんだこれ。本当にこれが5万円以下で買えるの?」

と、驚きを隠せませんでした。

商品の特長は以下より詳しく紹介しますが、簡単に言うとスプリングの感触が素晴らしいのです。

咲夜レアルでは、夜香ハイグレードなどで使われるスプリング(バネ)の巻き数が2巻き多く、ポケットコイル自体も約2.5cmほど高くなりました。

咲夜レアルと夜香ハイグレードのポケットコイル
咲夜レアル(左)と夜香ハイグレード(右)

仕様上は「わずかの差」と思うかもしれませんが、寝心地が全然違います。この2巻きの差はすごいです。

まるで高級ホテルのマットレスのようなクッション性の高さ(ストロークのなめらかさ)を感じられます。

高級ホテルみたいな「ほぐれるような」寝心地
高級ホテルみたいな「心がほぐれるような」寝心地を感じる

価格で考えると12~15万円くらいしてもおかしくない寝心地です。それが5万円以下から買えるのはとんでもないコストパフォーマンスの高さです。

強いてデメリットを挙げるなら、8.5巻きのスプリングを使っているので重いことと、無料お試し期間がないくらいです。

とはいえ、無料お試し期間付き=返品コストを上乗せするため、咲夜レアルが5万円以下で買えなくなります。

この寝心地なら失敗することも少ないと思いますし、当サイトとしても自信をもっておすすめできる逸品なので、気になった人はぜひ以下のレビュー内容もご参考くださいね。

公式サイトはこちら

専門家専門家

検証中に寝心地の良さから、しばらく本気で寝てしまうこともあり、撮影がぜんぜん進みませんでした。(こんなことは今までないです)

咲夜レアルマットレスの特徴・メリット

1. 高品質な「ポケットコイル」

ポケットコイル

咲夜レアルは、クッション材にポケットコイルを使用した「ポケットコイルマットレス」です。

ポケットコイルは、スプリング(バネ)をひとつひとつ不織布で包んでいる構造をしています。

ひとつひとつのコイルが独立した動きができるため、振動が伝わりにくいことや、体のラインに細かくフィットすることで寝姿勢が整いやすく、体圧分散性も高いです。

「静かな寝心地」と評され、特に日本人はポケットコイルの寝心地が好きだと言われています。

ちなみに、ポケットコイルのバネ(硬鋼線)は、国内最高レベルの素材を使用しています。

国内最高レベルの硬鋼線で作られたスプリング
国内最高レベルの硬鋼線で作られたスプリング

さらに特筆すべきは、このバネから国内の自社工場で作り上げているという徹底ぶりです。(一般的には中国製が多いところ、低価格モデルにも関わらず日本製は貴重です)

また、源ベッドのポケットコイルマットレスは、仕立てが良く、配列や接着がとても丁寧です。※以下の画像が見にくい場合、スマホの人は拡大してご覧ください

咲夜レアル他メーカーの例 ※
咲夜レアルのポケットコイル他メーカーのポケットコイル

※例はGOMKUMINプレミアムマットレス

専門家専門家

マットレスは体を預けるものですが、源ベッド製のマットレスは内部まできれいに作られているので、安心して気持ちよく寝られますね。

2. 「もう2巻き」へのこだわり

バネとポケットコイル

【総評】でもお伝えしましたが、咲夜レアルは、従来の夜香シリーズのスプリングよりも2巻き多い仕様です。

モデル咲夜レアル夜香
画像咲夜レアルのポケットコイル夜香のポケットコイル
巻き数8.5巻き6.5巻き
高さ6.7インチ(約17cm)5.7インチ(約14.5cm)

2巻き多いことで、バネが潰れにくく、なめらかなストロークが得られます。

下の動画は、特にバネの上下部分の潰れ方に注目して見てください。(音声なし)

バネは上下から圧力が加わりますが、同じくらいの荷重(沈み込み)をかけた場合、8.5巻きは上下の巻き部分が潰れずに、全体で荷重を分散させています。

8.5巻きと6.5巻きに荷重分散性
左:咲夜レアル、右:夜香ハイグレード

一方、6.5巻きは集中的な圧力がかかる上下の巻きが潰れ、スプリングのグッとした硬さを感じます。

これが「2巻きの差」です。

要するに8.5巻きは、急に硬さを感じることなく、なめらかに沈み込み、なめらかに押し返すため、「高級ホテルのようなふんわりとした寝心地」が得やすいのです。

また、圧力を感じにくいため、深い沈み込みが必要な横向きの寝姿勢でも合いやすいです。

ちなみに【仰向けでも、横向けでも、ラク、な寝心地】というのが咲夜レアルのキャッチコピーです。

咲夜レアルのキャッチコピー
咲夜レアルのキャッチコピー

これは、8.5巻きの「圧力を感じにくい滑らかな荷重分散性」によるメリットを表現したキャッチコピーというわけです。

専門家専門家

ただし、良し悪しというよりは特徴の違いです。

他の仕様(圧縮率や線径・線種など)が同等の場合、6.5巻きの方が反発力が高く、グッと押し返す力を感じます。

よって、しっかりした硬さを感じたい人は、夜香ハイグレードの方が合うでしょう。

3. 「硬さが3種類」から選べる

硬さ違い

咲夜レアルは、硬さが「フィット・ジャスト・キープ」の3種類から選べます。

咲夜レアルの硬さ違い
咲夜レアルの硬さ違い(公式サイトより)

なお、マットレス実物に貼ってある硬さのシールは、フィットが「Soft」、ジャストが「Regular」、キープが「Hard」でした。

ジャストの硬さシール
ジャストの硬さシール(Regularと表記)

ちなみに、夜香ハイグレードも硬さが3種類から選べますが、夜香ハイグレードのレギュラーが、咲夜レアルのハードと同じくらいの硬さに感じました。

もちろん、寝心地の方向性(8.5巻きと6.5巻きの差)は違いますが、硬さの評価としては下の表のような感じかと思います。

↓硬さ →モデル夜香ハイグレード咲夜レアル
やわらかいフィット
ふつうソフトジャスト
やや硬めレギュラーキープ
かなり硬めハード
専門家専門家

咲夜レアルは、夜香ハイグレードほど、硬さの差がハッキリしていない感じです。

これは、線径で硬さを変えたとしても、8.5巻きのスプリングによって、荷重が分散されるためだと考えられます。

4. 「エッジハード」で端を強化

エッジハード

端の2列が硬め(線径2.2mm)に作られていて、沈み込みにくい「エッジハード仕様」になっています。

エッジハードの説明(公式サイトより)
エッジハードの説明(公式サイトより)

マットレスは端が特に沈み込みやすいですが、このようにエッジハード(端が強化)されていることで、端まで優雅に使え、ワンサイズ上の寝心地が得られることがメリットです。

エッジハード
エッジハード(端でも沈み込みにくい)

なお、キープ(ハード)は基本の線径が2.2mmなので、エッジハードはありません(というか必要ありません)。

専門家専門家

端の沈み込みを軽減できるレベルとして、スプリングコイルなら線径が2.2mm以上は必要です。

格安マットレスの場合、「外周強化」と表示されていても、線径が2.0mmくらいの仕様もあるので、購入前にしっかり確認しましょう。

5. 選べるカラーバリエーション

カラーバリエーション

サンライズイエローと、サンセットオレンジの2つのカラーから選べます。

サンライズイエローサンセットオレンジ
サンライズイエローサンセットオレンジ

よくあるマットレスの生地ではなく、かなりおしゃれなデザインです。

サンライズイエローサンセットオレンジ
サンライズイエローの生地サンセットオレンジの生地

単なるプリントではなく、生地に織り込んで柄を作っているため、立体的で高級感がある見た目です。(ジャガード仕様)

専門家専門家

基本的にマットレスにはシーツを装着して使うので、生地のデザインは気にしないでも良いポイントですが、シーツを剥がした時に見た目が美しいと気分が良いですね。

6. 「デオファクター アンチウイルス仕様」も選べる

デオファクターアンチウイルスのラベル

咲夜レアルには、通常モデルの他に、抗ウイルス制菌抗カビ機能がある「デオファクター・アンチウイルス」という衛生加工を施したカバーが選べるモデルもあります。

簡単に言うと、かなり衛生面が強化された仕様です。

デオファクター アンチウイルスの機能を詳しくを知りたい人は、夜香プレミアム デオファクターのレビュー記事でご紹介しているのでご参考ください。

なお、以下のとおり、通常モデルとカバーデザインが異なります。

ナイトブラック(デオファクター)サンホワイト(デオファクター)
ナイトブラック デオファクターサンホワイト デオファクター

デオファクター仕様のカバーは「アムンゼン(梨地織り)」になっていて、こまかいシボのようなポツポツした感触をしています。

アムンゼン生地(アップ)
アムンゼン生地(デオファクター仕様)

デオファクター・アンチウイルス仕様の価格は各サイズで+8,000円です。

サイズ通常モデルデオファクターモデル
画像通常モデルの生地デオファクターモデルの生地
シングル44,990円52,990円
セミダブル54,990円62,990円
ダブル64,990円72,990円
ワイドダブル74,990円82,900円
クイーン84,990円92,990円
専門家専門家

特に日本は高温多湿でカビが生えやすい環境なので、抗カビ機能という点でもメリットを感じられるでしょう。

【もっと知りたい人のために】ポケットコイルの仕様を解説(読み飛ばしてもOKです)

ポケットコイルとバネ

ポケットコイルの仕様は商品によって異なります。

細かい話なので、詳しく知りたい人はご参考ください。(よって、ご興味なければ読み飛ばしてOKです)

ポケットコイルの主な仕様
  • 線種
  • 密度(コイル数)
  • 配列(並行か交互か)
  • 線径(バネの太さ)
  • 巻き数
  • コイル高と圧縮率

    咲夜レアルで使っているポケットコイルの仕様は以下のとおりです。

    ▼ 咲夜レアルの仕様
    線種SWRH 82 B C種
    密度フィット・ジャスト:465個、キープ:504個 ※Sサイズ
    配列フィット・ジャスト:並行配列、キープ:交互配列
    線径1.9~2.2mm
    ※硬さが選べる
    巻き数8.5巻き
    コイル高と圧縮率6.7インチ(175mm)・31%圧縮

    線種

    バネ

    線種とは、スプリング(バネ)自体の仕様・品質を現す「記号」のこと。

    ポケットコイルのバネは硬鋼線(こうこうせん)と呼ばれる素材で作られ、その仕様はメーカーや商品によって差があります。

    低価格帯のマットレスには「SWRH 72 B C」あたりの線種が使われることが多いですが、咲夜レアルではJIS基準最高クラスの硬鋼線「SWRH 82 B C種」を採用しています。

    線種が意味するもの
    線種が意味するもの

    例えば上記のような「SWRH 72 B C」という表示は以下の通り解釈します。

    表示例意味
    SWRHマットレスのコイルは基本的に硬鋼線(SWRH)を使用
    72(反発性)数値が高くなるほど反発性の継続する力が強い
    B(耐久性)マンガン含有量(AよりもBが多く、耐久性がある)
    C(強度)A<B<Cの順で強度が高い

    ちなみに、2017年に品質表示法の改正があり、線種などの表示義務はなくなりました。これは「バネの品質は実際の寝心地や耐久性を知るうえでそこまで重要な情報ではない」ということが示されたと言えます。

    ただし、バネ自体が高品質であればそれだけ長持ちしやすいですし、シモンズやサータ等の有名メーカーもバネの品質には相当こだわりをもっているので、依然としてマットレスを選ぶ上で気に留めておくべきポイントとも考えられます。

    そうした意味で5万円以下から買える低価格マットレスなのに日本最高クラスの硬鋼線を使用しているというのはメリットのひとつと言えるでしょう。

    密度

    コイルの密度

    ポケットコイルマットレスにおける密度とは「コイルの量」です。

    咲夜レアルでは、以下のとおり「硬さ」によってコイル数が変わります。

    硬さフィット・ジャストキープ
    画像フィット・ジャストキープ
    コイル数
    (Sサイズ)
    465個504個

    密度のレベルの違いを大雑把にまとめると以下のとおりです。

    密度意味合い
    300個台低密度(耐久性が不安&バネ当たりも感じやすいので避けた方が良い)
    400~600個台
    ★本商品
    中密度(バネの動きが出やすく寝返りサポート性が得られる)
    600~1,000個高密度(線径が細く、コイル高も高くなるので、ふんわりとした寝心地)
    1,000個以上超高密度(ジェル的で静かな寝心地・バネを感じにくい)

    基本的にポケットコイルマットレスは、密度が低いほどコイルひとつあたりにかかる負荷が高くなるため、特に300個レベルの低密度タイプでは耐久性に支障が出る可能性も高くなります。

    とはいえ高密度であるほど良いというわけではなく、耐久性の適切なレベルは450個以上です。

    よって、基本的に密度は寝心地の違いを表現するものとお考えください。

    配列(並行配列)

    ポケットコイルマットレスの配列は「並行配列」か「交互配列(「千鳥配列」とも言います)」のどちらかです。

    配列並行配列交互配列
    画像並行配列交互配列
    硬さの傾向ソフトハード
    跳ね感強い弱い
    特徴寝返りがしやすい静かな寝心地
    耐久性
    (部分的には弱め)
    価格安価に作りやすい高価になりやすい

    配列の違いもそのマットレスがどのような寝心地を目指しているか?で決められます。

    咲夜レアルでは、硬さ(フィット・ジャスト・キープ)によって配列を変えています。

    硬さフィット・ジャストキープ
    画像フィット・ジャストキープ
    配列並行配列交互配列

    フィット(ソフト)とジャスト(レギュラー)では、硬くなりすぎずバネの動きが出やすい並行配列を採用しています。

    一方、キープ(ハード)のみ、しっかりした硬さを表現するために交互配列を採用しています。

    専門家専門家

    余談ですが、咲夜レアルは圧縮梱包で届きますが、交互配列の圧縮タイプはかなり貴重です。

    なぜなら、一般的に交互配列は圧縮しにくい仕様だからです(よって、源ベッドの製造技術の高さも窺い知れる仕様とも言えます)。

    線径(1.9~2.2mm)

    線径

    線径とは「バネの太さ」のことです。

    太いほど反発力が高まり、しっかりとした寝心地になります。逆に細いほど荷重に対してしなやかに反応するという特徴があります。

    寝心地の目安としては以下の通りです。

    線径と寝心地(目安)

    • 線径1.9mm以下:しなやかな寝心地
    • 線径2.0mm以上:しっかりとした寝心地

    咲夜レアルは寝心地を「フィット(ソフト)・ジャスト(レギュラー)・キープ(ハード)」の3つから選ぶことができます。

    それぞれの硬さにおけるバネの太さ(線径)は以下の通りです。

    硬さフィットジャストキープ
    線径1.9mm2.1mm2.2mm
    寝心地しなやかしっかりかなりしっかり

    なお、上でご紹介した通り、ソフト・レギュラーの端2列は、ハードタイプと同じ2.2mmで作られている「エッジハード」仕様です。

    巻き数(8.5巻き)

    8.5巻き

    「巻き数」は、多くなるほどストロークがなめらかになり、クッション性が高い寝心地になります。

    一方、少ない場合は、コイルが潰れるときにテンションが強くかかりやすいため、反発力を感じやすくなります。

    多い巻き少ない巻き
    多い巻きのスプリング少ない巻きのスプリング
    クッション性が高い寝心地反発力を感じやすい寝心地

    よって、巻き数の違いも「優劣」ではなく「特徴」です。

    しかしながら、高級なポケットコイルマットレスほど、巻き数が多くなる傾向があり、それは「高級ホテルのようなクッション性が豊かなふんわりとした寝心地」を目指して作られているからです。(巻き数が多いスプリングは、原料を多く使うので低価格帯にマットレスには採用されにくいこともひとつの理由です)

    咲夜レアルのスプリングは「8.5巻き」ですが、これはこの価格にしてはとても多い巻き数で、高級ホテルに導入されるレベルです。

    コイル高と圧縮率

    コイル高と圧縮率

    「コイル高」は高くなるほどふんわりとした感触になり、「圧縮率」は高くなるほど耐久性・反発性にプラスに働きます。

    仕様公表値特徴
    コイル高6.7インチ(175mm)高め(ふんわり)
    圧縮率31%高め(高耐久・高反発)
    専門家専門家

    読み飛ばしOKなのはここまで!

    咲夜レアルのデメリットと注意点

    1. 重い

    ジャスト(レギュラー)の場合、線径2.1mm×8.5巻きという仕様なので、ひとつひとつのポケットコイルが重いため、シングルサイズで約29kgという「かなり重いタイプのマットレス」です。

    要するに、たくさんバネを使っているので重いのです。

    ちなみにキープ(ハード)は、線径2.2mm(太いコイル)×交互配列(コイル数が多い)ため、シングルサイズで約34kgもあります。

    キープ
    キープ(交互配列&太い線径なので相当重い)

    なお、クイーンサイズになると最大で約56kgもの重量になるので、移動するのはかなり大変になる点はご注意ください。

    専門家専門家

    かなり重いですが、この寝心地の良さを得られるなら我慢すべきポイントでしょう。

    2. 無料お試し期間がない

    咲夜レアルにはお試し期間はありません。

    オンライン限定のマットレスのため、基本的に店舗などでも試し寝ができないので、万が一合わなかったときに返品できないこともご注意ください。

    しかし、逆に言うと、お試しの費用を削っていることは、コストパフォーマンスの高さにつながっているとも言えます。

    【備考】無料トライアル付きのデメリット

    最近では無料お試し期間付きのマットレス(120日トライアル!といったもの)が増えてきて、当たり前のサービスになりつつありますが、少し立ち止まって考えてほしいです。

    無料でお試しできるということは、購入者全員で返品コストを負担しているということです。

    要するに、保険のような仕組みなので、商品価格に返品費用が上乗せされているため、当然コストパフォーマンス(品質対価格)としては、はっきり言って微妙です。

    専門家専門家

    筆者の感覚だと無料お試し期間付きのマットレスは、適正価格よりも3~5万円くらい高いと思っています。

    とはいえ、自分に合ったマットレス選びは難しく、気軽に試せるという点は素晴らしいサービスとも言えるので、より慎重に選びたい人は無料お試し期間付きのマットレスもご検討いただければと思います。

    【体験レビュー】源ベッド「咲夜レアルマットレス」を実際に試してみた

    咲夜レアルマットレスの使用イメージ

    専門家専門家

    実際のお届け時の様子や具体的な使用感などレビューします。

    開梱・設置

    こちらはシングルです。(硬さは「ジャスト」です)

    梱包状態

    圧縮され、ロール状になって入っています。

    開梱

    中身はマットレス本体と取扱説明書(保証書)の2点です。

    マットレス本体と取扱説明書

    通常保証は1年ですが、公式サイトで購入すると3年保証となります。

    重さは約29kg(シングル)なので、力の弱い人は運ぶのは苦労すると思います。

    マットレス(梱包状態)での持ち運び

    最初に、外側のビニールを剥がして開封を進めます。

    外側のビニールを剥がす

    開封の様子は以下の動画をご参考ください。(音声なし・4倍速)

    上の動画のとおり、ビニールにハサミを入れると膨張が始まり、元の形への復元されます。

    外観

    開封直後からハリのあるボリューム感があり、すぐにでも使えます。

    開封直後の咲夜レアルマットレス

    説明書では『通常1、2日で復元します。』とあったので、1日経過した状態と比較したアニメーションを作りました。

    開封直後と1日経過

    このとおり、復元されました。受注生産品なので、復元も早いそうです。

    マットレスの厚さはこれくらいです。

    厚さ

    公表値どおり、約26cmの厚さが確認できました。(裏面の詰め物が潰れているので、5mmほど足りていません)

    厚さの計測

    キルティングは大き目のダイヤデザインです。

    咲夜レアル

    表生地はポリエステル100%を使用したふっくらとした触り心地です。

    生地の触り心地

    ニット生地なので伸縮性が高く、体へのフィット感が高まります。

    生地の伸縮性

    詰め物は適度な弾力性があり、ふっくらした感触が楽しめます。

    マットレスの弾力

    源ベッドのラベルが付いてます。

    源ベッドのラベル

    このラベルはシールになっていて簡単に剥がせます。

    サイド面は全周「one third air(3分の1がメッシュ生地)」になっていることで、側面方向の通気性が高まります。

    one third air

    メッシュ生地はすべての生地の中で最も通気性が高いです。

    メッシュ生地(アップ)

    咲夜レアルは表・裏どちらでも寝れる「両面仕様」です。

    表面裏面
    表面裏面

    品質表示ラベルはこちらです。

    品質表示ラベル

    内部構造

    内部構造をチェックするために、一部解体してみます。

    マットレスの裁断

    咲夜レアルの構造はこちら。

    詰め物の断面

    咲夜レアルの構造
    1. 表生地(ニット)
    2. 抗菌防臭・防ダニわた
    3. ウレタン 15mm
    4. 不織布
    5. ウレタン 20mm
    6. 不織布
    7. ポケットコイル(ここが真ん中
    8. 不織布
    9. ウレタン 20mm
    10. 不織布
    11. ウレタン 15mm
    12. 抗菌防臭・防ダニわた
    13. 表生地(ニット)

    約5cmほどの適度な厚さの(厚すぎない)詰め物によって、スプリングコイルの動きがしっかりと発揮できる設計です。

    詰め物の厚さ

    カバー内には、綿(抗菌防臭・防ダニ加工)と、ウレタンフォーム(15mm)が入っています。

    カバー内の詰め物

    カバーとポケットコイルの中間には、ウレタンフォーム(20mm)があります。

    ポケットコイル上のウレタンフォーム

    ちなみに、咲夜レアルのウレタンフォームは国内で生産された高密度仕様のものを採用しています。

    低価格帯のマットレスの詰め物は、海外製の低密度ウレタンフォームが多いですが、目立たない場所でもしっかりと良い素材を使っていることが素晴らしいです。

    専門家専門家

    ポケットコイルマットレスは、スプリングよりも詰め物が圧倒的に早くヘタるため、詰め物の仕様は大切。しかし、詰め物はあまり注目されないため見逃がしがちです。

    よって、咲夜レアルのような詰め物の仕様にもこだわったマットレスを選ぶのがおすすめです。

    咲夜レアルは両面仕様のため、ポケットコイルを線対称にして詰め物が施されていて、コイルの下にはウレタンフォームがあります。

    コイル下の詰め物

    コイルの下にウレタンフォーム(詰め物)があることで、コイルにかかる荷重の負担が軽減され、長持ちしやすいです。

    他メーカー製の例(コイルの下に詰め物がないため、コイルの負担が高まり、中のバネが生地を突き破って外に出てくることも)
    他メーカー製の格安マットレス(コイルの下に詰め物がないため、コイルの負担が高まり、中のバネが生地を突き破って外に出てくることもある)

    【詳細解説】咲夜レアルマットレスの評価について

    咲夜レアルマットレスの使用イメージ

    この記事の冒頭で星付けして評価した以下のポイントを詳しくご紹介します。

    ▼ 咲夜レアルの評価
    総合評価4.02
    仰向き寝5.0
    横向き寝4.5
    端の沈み込み4.0
    通気性4.0
    寝返り4.0
    底付きのなさ5.0
    バネ当たりのなさ4.0
    耐久性4.5
    衛生面4.0
    取り扱いやすさ2.5
    価格3.28

    ※目安は「3.50」以上が高評価です。

    1. 仰向き寝は?(底付き・バネ当たりもチェック)

    仰向き寝

    ココをチェック

    仰向き寝は沈み込みが少なく接触面積が広いという特徴があるので、満遍なく荷重を受け止め、体圧を分散させることが重要です。また、寝返りに力が必要なので、寝返りサポート性も大切です。

    なお、日本人の約60%が仰向き寝と言われているので、最もオーソドックスな寝姿勢と言えます。

    評価は「5.0」。

    (好みの問題もありますが)何の文句もありません

    8.5巻きのスプリングの特徴を十分に感じられ、豊かなで滑らかなストロークによって、ふわっと体をやさしく支えてくれる感じです。

    硬さ(フィット・ジャスト・ハード)によって沈み込みのレベルは違いますが、どれも寝姿勢保持性が良く、ストレスを感じません。

    臀部のバネ当たりは感じられない
    臀部のバネ当たりは感じられない

    まるで高級ホテルのようで、4万円台でこの寝心地を味わえるマットレスは、どこを探しても見当たらないと思います。

    2. 横向き寝は?(底付き・バネ当たりもチェック)

    横向き寝

    ココをチェック

    横向きの寝姿勢は肩や臀部の沈み込みが深くなることと、接触面積が少なく、荷重が集中しやすいため、底付きなどを感じやすいという特徴があります。

    つまり、深く沈み込んでも無理のない寝姿勢になることと、荷重による圧迫・底付きを感じないようなクッション性が大切です。また、不安定な寝姿勢でもあるので、揺れ過ぎないような衝撃吸収性もポイントです。

    評価は「4.5」。

    横向き寝でも8.5巻き・6.7インチの良さがしっかりと感じられました。

    一般的に、横向きで寝やすいマットレスは、やわらかい詰め物をたくさん使ったピロートップタイプが多いですが、咲夜レアルはスプリング中心に寝心地を作っているにも関わらず、圧迫感が少なく、横向きでも快適でした。

    わずかにバネの存在は感じられましたが、しなやかに反応しているため、圧迫感や痛さはありません。

    肩部分のバネ当たりは感じられない
    バネ当たりのストレスはなし

    体の凹凸に対して、ポケットコイルがしなやかにフィットするため、安定感があり、違和感がない寝心地です。

    3. 寝返りのしやすさは?

    寝返り

    ココをチェック

    クッション材や詰め物で使われている反発性によって、体の動きやすさが変わってきます。少ない力で寝返りを打てた方がストレスは感じにくいですが、寝返りがしやすい=良い寝心地とは限りません。

    寝返りの大変さにストレスを感じている人は高反発タイプなどの寝返りしやすいマットレスが良いですが、逆に寝返りが多すぎることで中途覚醒が多い人は、逆に寝返りの回数を抑えるような低反発タイプを選ぶと良いでしょう。

    評価は「4.0」。

    咲夜レアルは、ポケットコイルの性能が高いこともあり、寝姿勢保持性(体の自然なカーブを維持する性能)が良いです。

    よって、体の中心線がまっすぐになりやすく、スプリングの反発性も高いため、ストレスなく寝返りが打てました。

    4. 端の沈み込みは?

    端の沈み込み

    ココをチェック

    一般的にマットレスの端部分はそれ以上荷重を分散できないので落ち込みやすいです。端部分の落ち込みが少ないマットレスは全面を目いっぱいに使えるので、それだけで使用感が良いものになります。

    なお、高級モデルなどでは落ち込みを解消するように端部分にワイヤーを入れたり、コイルを硬めにしたりすることもあります。

    評価は「4.0」。

    マットレスの両端に硬めのスプリング(2.2mm)を2列ずつ搭載した「エッジハード」仕様のため、端部分でも快適に寝られます。※エッジハード仕様はソフト・レギュラーのみ (ハードはすべて2.2mmのスプリングです)

    体がはみ出しても大きな沈み込みがない端部分
    体がはみ出しても大きな沈み込みがない端部分

    ちなみに、夜香ハイグレードの方が、高圧縮で巻き数が少ないため、エッジハードとしての機能性(沈み込みにくさ)は優れています。

    咲夜レアル夜香ハイグレード(より沈み込みにくい)
    体がはみ出しても大きな沈み込みがない端部分体がはみ出しても大きな沈み込みがない端部分

    5. 通気性は?

    通気構造

    ココをチェック

    睡眠中は汗や体温を放出するので、蒸れやすいマットレスはストレスを感じることも。メッシュ生地や、側面から排気できる構造など、通気性に工夫があるかどうかをチェックします。

    なお、スプリングコイルならポケットコイルよりもオープンコイル(ボンネル・高密連続スプリング)の方が通気性が優れていると言われますが、実用上そこまで変わりません。

    評価は「4.0」。

    サイド面は全周「one third air(3分の1がメッシュ生地)」になっていることで、側面方向の通気性が高まります。

    メッシュ生地
    メッシュ生地

    また、咲夜レアルではウレタンフォームなどの詰め物を多用していないため、スプリングコイルならではの通気性の高さを感じやすいです。

    実際に寝た印象でも、蒸れは気になりませんでした。

    6. 耐久性は?

    耐久性(マットレスを手で押す)

    ココをチェック

    保証期間や耐久試験をベースにチェックします。また両面仕様で表裏のローテーションが可能な商品は加点します。一方、詰め物が多い商品は減点します(詰め物で多く使われてる綿やウレタンフォームはクッション材よりも早くヘタリやすいため)。

    評価は「4.5」。

    咲夜レアルは、JIS基準の耐久テスト(8万回の押圧試験)に合格しています。

    両面仕様+高圧縮の高品質スプリングということを考えれば8~10年程度は問題なく使えるのではないかと想定しています。

    なお、保証期間は1年(公式サイトでの購入は3年)です。

    7. 衛生面は?

    詰め物構造

    ココをチェック

    抗菌防臭や防ダニなどの加工の有無やそのレベルなど、衛生面に工夫があるかどうかをチェックします。

    評価は「4.0」。

    詰め物には抗菌防臭・防カビ加工が施された綿(帝人製のマイティトップⅡ)が使用されています。

    マイティトップⅡは他のマットレスでも使われることが多い素材で、相対的に「すごく抗菌レベルが高い」とは言えませんが、未加工の商品に比べれば衛生面は優れていると言えるでしょう。

    なお、咲夜レアルでは生地の衛生機能を強化した「デオファクターアンチウイルス仕様(抗ウイルス・抗菌・抗カビ)」のモデルも選べます。

    8. 取り扱いやすさは?

    マットレスのハンドリング

    ココをチェック

    持ち運びのしやすいか、市販のボックスシーツ(多いのは30cmマチ)が入るサイズ感か、お届け時の梱包状態はどうか、捨てやすいかなどをチェックします。

    特に力の弱い人は、厚すぎるマットレスを選んでしまうと移動するときに苦労することも多いです。

    評価は「2.5」。

    咲夜レアル(ジャスト)の重量はシングルサイズで29kgです。筆者の力では「かなり重いが、なんとか移動は可能」なレベルです。

    なお、硬さによって重量が若干変わります。

    硬さフィットジャストキープ
    重量27kg29kg34kg
    線径1.9mm2.1mm2.2mm
    コイル数465個504個

    重量の差は線径コイル数の違いで、要するに、硬くなるほど多くの金属を使うためです。

    捨てやすさについては、スプリングコイルを使用しているため、基本的には粗大ゴミとなるため、捨てにくいと言えます。

    厚さは26cmほどなので市販のボックスシーツでも使いやすいでしょう。

    9. 価格は?

    咲夜レアルマットレスの使用イメージ

    ココをチェック

    絶対的な価格と、マットレス市場の全体的な相場からチェックします。価格に応じた寝心地が実現されているかも大切なポイントで総合評価値につながります。

    評価は「3.28」。

    咲夜レアルはシングルサイズで44,990円で、マットレス市場全体から考えると「ふつう程度」の価格帯です。

    ただし、仕様や寝心地を考えると、有名メーカーのスタンダードモデル(15万円前後)とも張り合えるので、相当コストパフォーマンスは高いと思います。

    硬さの違いは?(フィット・ジャスト・キープ)

    フィット・ジャスト・キープ

    当サイトでは、すべての硬さ(フィット・ジャスト・キープ)の咲夜レアルを体験しました。

    フィット
    (ソフト)
    ジャスト
    (レギュラー)
    キープ
    (ハード)
    フィット(ソフト)ジャスト(レギュラー)キープ(ハード)

    以下より、それぞれの硬さの感想をご紹介します。

    フィットは「横向き寝」におすすめ

    フィット(ソフト)

    線径1.9mmのしなやかなコイルに支えられ、特に横向き寝でありがちな、沈み込んだときに感じるバネ当たりがありませんでした。

    また、体重が軽い人、女性的な体型の人(体のラインにメリハリがある人)にも合いやすいでしょう。

    おそらく源ベッドのすべてのポケットコイルマットレスの中で、一番やわらかい寝心地だと思います。

    主観的な硬さの評価としては10段階中(10が最も硬いとして)「4くらい」の硬さだと思いました。

    ジャストは「スプリングの良さ」が最も伝わる

    ジャスト(レギュラー)

    沈み込んだ時の反発性やフィット感、コイルの動きなどが最もよく感じられたのがジャストでした。

    まさに「スプリングで勝負するポケットコイル」という心意気を感じます。

    仰向きでも横向きでも寝やすく、幅広い体型や好みもカバーできるのではないかと思います。

    主観的な硬さの評価としては10段階中(10が最も硬いとして)「6くらい」の硬さだと思いました。

    ハードは「しっかりと静か」な寝心地

    キープ(ハード)

    咲夜レアルの中で唯一の交互配列ということもあり、良い意味でスプリングの動きが少なく、最も静かな寝心地に感じました。

    硬さは、硬いというよりも「しっかりと支える」というイメージの方が近い寝心地でした。

    単に硬いだけのマットレスは体が痛くなりますが、咲夜レアルのキープは、硬さとやわらかさ(体圧分散性)が程よいバランスで仕上げられている感じです。

    主観的な硬さの評価としては10段階中(10が最も硬いとして)「7.5くらい」の硬さだと思いました。

    他の源ベッドのマットレスとの違い(夜香ハイグレードとデラックスマットレスとの比較)

    デラックスマットレスの使用イメージ

    咲夜レアルと他の源ベッドマットレスを比較する際に、見るべきモデルは以下の2モデルです。

    咲夜レアルと比較すべき2モデル
    1. 夜香ハイグレード(圧縮のスタンダードモデル)
    2. デラックスマットレス(非圧縮・8.5巻きの最高峰モデル)

    1. 夜香ハイグレードとの違い

    夜香ハイグレード

    「圧縮梱包のスタンダードなポケットコイルマットレス」という条件では、夜香ハイグレードと比較するのが良いです。

    仕様咲夜レアル夜香ハイグレード
    画像咲夜レアル夜香ハイグレード
    コイル高6.7インチ(175mm)5.7インチ(145mm)
    巻き数8.5巻き6.5巻き
    圧縮率31%34%
    コイル数465個(キープは504個)465個
    配列並行配列(キープは交互配列)並行配列
    価格44,990円30,900円
    リンク公式サイト公式サイト

    ※コイル数と価格はシングルサイズ

    夜香ハイグレードといえば、源ベッドの代名詞的な人気モデルで、約3万円から買える抜群のコストパフォーマンスを誇ります。

    咲夜レアルは、そんな夜香ハイグレードを超えるマットレスを作るというプロジェクトで出来上がったマットレスです。

    咲夜レアル夜香ハイグレード
    咲夜レアルのポケットコイル夜香ハイグレードのコイル

    咲夜レアルの方が、価格も高く、巻き数も多い豪華仕様なので、寝心地が良いのは当たり前ですが、コストパフォーマンス(価格対寝心地)として評価した場合でも夜香ハイグレードを超えていると思います。

    ただし、寝心地の好みは人それぞれです。

    夜香ハイグレードの方が、より高圧縮(34%圧縮)で5.7インチ(高さが低い)コイルなので、反発力が強く、グッと押し返されるような寝心地が得られます。

    咲夜レアル夜香ハイグレード
    咲夜レアルのコイル

    →ふんわりとしたクッション性が豊かな寝心地

    夜香ハイグレードのコイル

    →グッと押し返す反発力が強い寝心地

    よって、しっかりした硬めの寝心地が好きな人は、むしろ夜香ハイグレードの方が合うと思います。

    硬さの違いは以下のような感じかと思います。

    ↓硬さ →モデル咲夜レアル夜香ハイグレード
    やわらかいフィット
    ふつうジャストソフト
    やや硬めキープレギュラー
    かなり硬めハード
    専門家専門家

    より安く、より硬めの寝心地が良い人は、夜香ハイグレードがおすすめです。(ただし、高級ホテルのようなリッチな寝心地ではありません)

    2. デラックス マットレスとの違い

    日本製デラックスマットレス 6.7インチポケットコイル

    「8.5巻き・6.7インチのポケットコイルマットレス」という条件では、デラックスマットレスと比較するのが良いです。

    仕様咲夜レアルデラックス
    画像咲夜レアル日本製デラックスマットレス 6.7インチポケットコイル
    梱包圧縮非圧縮
    コイル高6.7インチ(175mm)
    巻き数8.5巻き
    圧縮率31%非公表
    コイル数465個(キープは504個)ソフト:544個、ハード:616個
    配列並行配列(キープは交互配列)ソフト:並行、ハード:交互
    詰め物ウレタン35mmウレタン31mm
    価格44,990円49,900円

    ※コイル数と価格はシングルサイズ

    デラックス マットレスは、源ベッドの最高峰グレードとして君臨する高級モデルです。(それでも安いですが)

    圧縮せずに、マットレスそのままの形でお届けするため、宅配便でなく、特殊な大型配送便で配送されます。

    デラックスマットレスの梱包状態
    デラックス マットレスの梱包状態(マットレスそのままの形でお届け)

    大型配送便は納期が長く(2週間くらい)、時間指定ができません。さらに、搬入経路が狭い部屋に入れにくいなど、配送面でいろいろなデメリットがあります。

    そうした文脈では、ある意味で咲夜レアルは、デラックス マットレスを圧縮梱包化するプロジェクトで完成したマットレスとも言えます。

    咲夜レアルデラックス
    咲夜レアルの梱包状態デラックスマットレスの梱包状態

    要するに、8.5巻き・6.7インチならではのリッチな寝心地をそのままに、配送面のデメリットを解消し、さらに価格を安くしたマットレスが咲夜レアルです。

    寝心地は、デラックス マットレスの方が硬く、しっかりした感触でした。(当サイトではハードのみ体験)

    仕様からしても、デラックス マットレスの方がより高密度で詰め物も少ないため、咲夜レアルよりもしっかりした寝心地です。

    咲夜レアルデラックス
    咲夜レアルの内部構造デラックスの内部構造

    一方、8.5巻きコイルのストロークのなめらかさという点では、咲夜レアルの方が感じられました。

    これは、密度が低いため、コイルが動きやすいことや、接着剤の量が咲夜レアル(特にフィットとジャスト)の方が少なめに感じたことが理由かと想像します。

    咲夜レアルデラックス
    咲夜レアルの内部構造(真上から)デラックスの内部構造(真上から)

    また、デラックスは外周に枠線(ワイヤー)があるので、2台並べて使う場合、連結部分に違和感が生まれやすい点はご注意ください。

    枠線(ワイヤー)
    外周の枠線(ワイヤー)

    硬さの違いは以下のような感じかと思います。

    ↓硬さ →モデル咲夜レアルデラックス
    やわらかいフィット
    ふつうジャストソフト
    やや硬めキープ
    かなり硬めハード
    専門家専門家

    よりしっかりしたマットレスが良い人はデラックス マットレスがおすすめです。(枠線付きなので、見た目も寝心地もしっかりしています)

    似ている商品との比較(他メーカー製の2モデル)

    咲夜レアルマットレスの使用イメージ

    他メーカーにおいて、咲夜レアルと同様の「8.5巻き・6.7インチクラスのポケットコイルマットレス」を比較します。

    商品①咲夜レアル②Rev.7 ポピュラー③ゴールデンバリュー
    画像咲夜レアルRev.7 ポピュラーゴールデンバリュー
    メーカー源ベッド東京ベッドシモンズ
    梱包圧縮非圧縮
    巻き数8.5巻き8巻き6.5巻き
    コイル数
    (Sサイズ)
    465個648個578個
    コイル高6.7インチ7インチ6.5インチ
    線径1.9~2.2mm1.5~1.9mm1.9mm
    配列並行(ハードのみ交互)並行並行
    詰め物レギュラーウレタン高弾性ウレタン
    価格
    (Sサイズ)
    44,990円¥93,500円192,500円
    リンク公式サイト楽天市場楽天市場
    専門家専門家

    以上のとおり、8.5巻き・6.7インチクラスのポケットコイルマットレスは、高級ブランドくらいしか取り扱いがありません。

    それほど孤高なコストパフォーマンス(品質対価格)が咲夜レアルの特徴と言えます。

    比較商品② 東京ベッド「Rev.7 ポピュラー」

    Rev.7 ポピュラー

    東京ベッドは1928年創業のポケットコイルマットレスメーカーです。現在では国内最大手のマットレスメーカー「フランスベッド」のグループ企業になっています。

    日本のメーカーとして最初にポケットスプリングを採用したことでも有名で、以来、国産ポケットコイルの開発を続けてきました。

    特徴は、基本的にすべてのモデルで600個以上(シングルあたり)の高密度コイル仕様と8巻きのコイルを使っていることです。

    このRev.7 ポピュラーは東京ベッド中でもスタンダードなモデルで、東京ベッドらしいスプリングの寝心地がよく味わえます。

    専門家専門家

    咲夜レアルよりも、線径が細く、巻き数・コイル数も多いため、よりふんわりとした寝心地が特徴です。

    >>>Rev.7 ポピュラーはこちら(楽天市場)

    比較商品③ シモンズ「(ビューティーレスト プレミアム)ゴールデンバリュー」

    ゴールデンバリュー

    シモンズは世界で初めてポケットコイルの商業化を成功させた超有名ブランド。なお本国(米国)では、「シモンズ」よりもマットレスのシリーズ名「ビューティーレスト」の方が有名だそうです。

    このゴールデンバリューは「出たー!」と思わず言ってしまうくらいの有名すぎるポケットコイルマットレスで、「シモンズの永遠のスタンダード」と称されるほどの超定番モデルです。

    シモンズならではの「超硬鋼線」を贅沢に使用した高品質なポケットコイルに加え、詰め物も「高弾性ウレタン」を使用するなど、スタンダードといえど、一般的には十分高級マットレスです。

    専門家専門家

    圧縮率の高さなどの共通点もあり、「咲夜レアルと寝心地の方向性が近い上位版」とも言えると思います。

    >>>ゴールデンバリューはこちら(楽天市場)

    源ベッドはどこで買うのがお得?

    咲夜レアルマットレスの使用イメージ

    源ベッドの商品は公式サイトか、楽天市場店AmazonYahoo!ショッピングなどのモール店舗での購入が可能です。

    おすすめは公式サイトです。

    公式サイトのみ保証期間が5年に延長されます(他のモール店舗は通常の3年保証です)。※夜香ハイグレードなどの他のマットレスは通常保証1年・公式サイト保証3年です

    マットレスは長い間使い続けるものですので、できるだけ長い保証が付いている方が安心です。

    公式サイトはこちら

    このマットレスの廃棄方法は?

    スプリングコイルマットレスのため、自分で裁断が難しく、基本的に粗大ゴミに出すことになります。

    参考までに神奈川県横浜市の場合、スプリングコイルマットレスの粗大ゴミ廃棄費用は2,200円です。

    まとめ

    咲夜レアルマットレスの使用イメージ

    いかがでしたか。

    源ベッドの「咲夜レアルマットレス」をご紹介しました。

    8.5巻き×6.7インチの高品質なスプリングによるストロークが深いリッチな寝心地が得られます。

    一般的に、6.7インチ(8.5巻レベル)のポケットコイルは高級ホテルなどでもよく見かける仕様ですが、それが4万円台から購入できるのは驚き以外何ものでもありません。

    さらに、圧縮梱包化に成功しているため、配送面のデメリットがなく、梱包サイズが小さくなることで、従来モデル(デラックスマットレス)よりも低価格になりました。

    また、販売ページには「夜香マットレスを超える寝心地」とありますが、夜香(ハイグレード)よりも価格が高いので、寝心地を超えるのは当たり前ではあるのですが、コストパフォーマンス(総合評価)でも、夜香ハイグレードを超えたと感じました。

    項目 咲夜レアルの評価夜香ハイグレードの評価
    総合評価4.023.97
    仰向き寝5.04.5
    横向き寝4.53.5
    端の沈み込み4.04.5
    通気性4.04.0
    寝返り4.04.0
    底付きのなさ5.04.5
    バネ当たりのなさ4.04.0
    耐久性4.54.0
    衛生面4.04.0
    取り扱いやすさ2.53.0
    価格3.28 3.70

    ※目安は「3.50」以上が高評価です。

    ただし、夜香ハイグレードならではの「しっかりした硬さ」が好きな人もいると思うので、好みと予算でご検討いただければと思います。

    (シングルサイズで)5万円くらいの予算があれば咲夜レアル。3万円くらいなら夜香ハイグレード。これはマットレス(特にポケットコイルマットレス)選びの鉄板だと思います。

    最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

    公式サイトはこちら