エマ・スリープ「エマ・木製ベッドフレーム」を徹底解説(体験レビュー付き)

流行に左右されないスタンダード

この記事ではエマ・スリープのオリジナルベッドフレーム「エマ・木製ベッドフレーム」についてご紹介します。

なお、今回はメーカーさんから体験レビュー用に商品をご提供いただきました。> PRポリシーについて

実際の体験・検証・調査を踏まえて、良いところだけでなく、悪いと思ったところも素直に書いているので、ご参考いただけますと幸いです。

こんな環境で作っています

体験・検証用の撮影スタジオ当サイトではレビュー記事を作成するにあたり、撮影スタジオを作り、セットの中で商品を徹底的に体験・検証しています。一般的な家の雰囲気と異なるのはそのためです。

この記事を書いた人

管理人の椚大輔椚 大輔(ベッド・マットレス専門家)
ベッドメーカーに勤務後、当サイトを開設。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。2020年に株式会社悠デザインを設立し、ベッド関連に特化したサービスを展開。ベッド・マットレスの専門家としてTBS「ラヴィット!」、ビジネス誌「プレジデント」、「gooランキング(NTTグループ)」などへの出演・取材協力も行う。

> プロフィールはこちら

【最新】エマ・スリープのセール情報(2/26まで)

セール情報

現在、特別セールで最大60%OFFです。

期間2月21日(水)午前0時~2月26日(月)午後11時59分
割引率 エマ・マットレス オリジナル 50%
エマ・マットレス プレミアム 60%
エマ・木製ベッドフレーム 60%
エマ・ベッドフレーム 60%
エマ・敷布団 プレミアム 50%
エマ・ピロー 50%
など

セール会場はこちら

エマ・木製ベッドフレームの基本情報

エマ・木製ベッドフレーム

サイズシングル~キング
カラーナチュラル・ブラウン
主な材質木製(天然木オーク突板)
床板すのこ
価格
(Sサイズ)
130,000円
保証5年

100日無料トライアル付き
エマ公式で見る

メーカーの「エマ・スリープ」とは?

エマ・マットレス

「エマ・スリープ」はドイツの寝具メーカーです。

基幹商品のエマ・マットレスは2015年に欧州で発売され、今では世界中で400万人のユーザーが愛用している人気マットレスで、ついに2020年から日本での販売も開始しました。

エマ・マットレスは世界各国で数々の賞を受賞し、その寝心地とコストパフォーマンスの良さに高い評価を得ています。

専門家専門家

エマ・スリープの全マットレスは以下の記事で詳しくご紹介しています。

エマ公式ベッドフレームの種類は?(全2モデル)

現在販売されているエマ公式のベッドフレームは以下の2モデルです。

モデルエマ・ベッドフレームエマ・木製ベッドフレーム(本記事のモデル)
画像エマ・ベッドフレームエマ・木製ベッドフレーム
発売2022年9月2023年2月
主な素材ファブリック天然木(突板)
サイズシングル~キング
保証5年
無料お試し100日
価格105,000円~130,000円~
リンク公式サイト公式サイト

エマ公式で先行して発売されたのがファブリックタイプの「エマ・ベッドフレーム」です。

エマ・ベッドフレーム
別商品の「エマ・ベッドフレーム」※当サイト撮影

やわらかな素材感で、ヘッドボードにもたれやすく、ラグジュアリーな(高級感がある)雰囲気で、まるでホテルにあるのようなデザインが魅力です。

専門家専門家

エマ・ベッドフレーム(ファイブリックタイプ)については以下の記事で詳しくご紹介しています。

エマ・木製ベッドフレームの特徴・メリット

1. 時代に左右されない「スタンダードデザイン」

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

シンプルでどんな部屋にも合いやすく、流行に左右されない良い意味でオーソドックスなデザインが魅力です。

ベッドフレームは、寝具というよりも「インテリア家具」なので、その時々の流行が取り入れられやすいです。しかし、あまりに流行を濃く反映させたようなデザインの場合、すぐに『なんか古くさい。。』といった印象になることあります。

よって、できるだけ長く使いたい人は、よりシンプルなデザインを選ぶと良いでしょう。

2. 天然木のナチュラルな風合い

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

エマ・木製ベッドフレームの主な素材は「天然木オーク材(突板)」です。

オークは、硬さと重さがあり、耐久性が優れていることが特徴。なお、日本産は「ナラ」、北米産は「オーク」と呼ばれ、家具では主に北米産のオーク材を使用します。

オークならではの豊かな木目がベッド全体で感じられ、特にナチュラルな雰囲気が好きな人にはぴったりです。

3. 狭い部屋にも置きやすい「薄型ヘッドボード」

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

エマ・木製ベッドフレームは、薄めのパネル型ヘッドボードを採用し、裏面がフラットなので、壁にぴったり付けられます

壁付け
壁にぴったり付けられるデザイン

特に日本の住環境(狭めの寝室が多いこと)を考えた場合、ベッドの全長が長くなりすぎると圧迫感を感じる原因になります。

よって、ヘッドボードやフットボードは分厚くない方が、スッキリとした印象になりやすいです。

4. 「すのこ仕様」で通気性が良い

すのこ構造

床板は空洞がある「すのこ仕様」となっているため、通気性が良いです。

睡眠中は汗をかきやすく、マットレスは湿度が高い状態になりがちです。

床板がすのこ仕様なら、そうした湿気を上手に逃がしてくれるので、カビなどの心配も少なくなります。

5. ベッドフレームで貴重な「無料お試し期間付き」

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

エマ・スリープの商品は基本的にすべて100日の無料お試し期間付きで、本商品(ベッドフレーム)も対象です。

>>>無料トライアルの詳細(公式)

マットレスでお試し期間がある商品はそこまで珍しくありませんが、ベッドフレームも対象なのは貴重です。

エマ公式はこちら

エマ・木製ベッドフレームのデメリット・注意点

1. 薄型マットレスや敷布団は使いにくい

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

エマ・木製ベッドフレームは「ドロップマット構造」といって、ベッドフレームの中にマットレスを落とし込む仕様になっています。

サイドフレームとすのこまでの高さ
ドロップマット構造(サイドフレームとすのこまでの高さは約6cm)

その深さは約6cmなので、薄型マットレス(厚さ10cm以下)などは外観(見た目)として合いにくいでしょう。

また、すのこ同士の間隔が広いため、体重がダイレクトに伝わりやすい薄型マットレスや敷布団(和布団)で使うと、すのこの破損の原因になったり、すのこの存在を感じることで寝心地にも影響すると考えられます。

すのこ同士の間隔
すのこ同士の間隔が広め(約6.5cm)

さらに、床板からヘッドボード(パネル部分)までが16cmほどあるため、厚さ16cm以下のマットレスを置くと、隙間が生まれるので注意が必要です。

床板からパネルまでの隙間
床板からパネルまでの隙間
専門家専門家

要するに、エマ・木製ベッドフレームを使う場合、ある程度の厚さ(目安として20cm前後以上)があるベッドマットレスがおすすめです。

2. 機能性は乏しい

シンプルなベッドフレームのため、例えばヘッドボードに棚やコンセントなどはなく、床板下に引き出しもありません。

専門家専門家

ベッドフレームに機能性を重視するなら、収納付きベッドなどの多機能タイプがおすすめです。

3. あくまで「突板」

エマ・木製ベッドフレームは、いわゆる木(無垢材)ではなく、突板(つきいた)という仕様です。

突板とは本物の木を薄くスライスした素材のこと。合板やMDFに突板を貼ってベッドフレームを作ります。

突板
突板

木の風合いを味わえつつ、形状安定性が優れているので、反りや割れの心配も少ないです。

注意点としては、突板を貫通するほどの傷を負った場合、修復が困難なこと。また、木(無垢材)ならではの経年変化(時間の経過によって色が変わっていくこと)を楽しめません。

よって、いわゆる「木そのもの」の素材感が好きな人には物足りなく感じるでしょう。

専門家専門家

とはいえ、「天然木のベッドフレーム」とアピールしている商品の多くは突板仕様です。

4. 公式サイトの画像と「色やデザイン」が少し違う

公式実際

以上のとおり、実際の商品の方が、やや赤みが強い印象があります。

また、よく見るとヘッドボードのデザインも少し違うようなので、ご注意ください。

専門家専門家

エマ・スリープはグローバルブランドのため、世界各国で仕様・デザインを若干変えていることが理由です。(要するに、日本以外のモデルが販売ページに掲載されています)

【体験レビュー】エマ・木製ベッドフレームを実際に試してみた

エマ・木製ベッドフレームの体験

専門家専門家

実際の組立工程や具体的な使用感などをご紹介します。

お届け状態のチェック

こちらはシングルサイズです。段ボール3個で届けられます。

お届け時(梱包状態)

ひとつひとつはそこまで重くありませんが、滑り止め付きの手袋を付けて運ぶのがおすすめです。

なお、総重量はおよそ48.4kg。

一番重いのは長い段ボールで、約18.4kgでした。

長い段ボール

まずは正方形に近い薄い段ボールを開けてみます。

ヘッドボードの段ボール

ヘッドボードのパーツ1つのみ、入っていました。

続いては、最も長い(重い)段ボールです。

サイドフレームが入った段ボール

中身は、サイドフレーム・脚・センターフレームなどです。

最後の段ボールです。

フットボード・すのこなどが入った段ボール

この梱包の中には、フットボードやすのこ、ヘッドボードのパーツなどが入っています。

すべてのパーツを並べてみました。

すべてのパーツの展開図

上の画像のとおり、比較的シンプルなパーツ構成です。

こちらはネジ類です。

ネジ類

部品の量としては、やや多いですが、種類は少なめなので、比較的シンプルなタイプです。

組立方法

注意点

エマ・木製ベッドフレームには説明書が入っていませんでした。Web上で組立方法が掲載されているのですが、その案内もないのは少し不親切ですね。

エマ公式の組立方法(取扱説明)のまとめページはこちらのリンクからご参考ください。

以下より、組立方法を紹介します。

まずは、ヘッドボードのパーツに、長いボルトとダボを取り付けます。

ヘッドボードにボルトとダボの取り付け

パネルに差し込みます。

パネルに差し込む

付属のレンチを使ってネジを締めて固定します。

レンチを使ってネジを締める

固定パーツはこんな感じです。

固定パーツのアップ

こちらはヘッドボード裏面で、そのままだと見栄えが悪いですが、付属のシールでネジ穴を隠せます。

付属のシール

シールによって完全になじむわけではありませんが、遠くから見る分には目立ちません。

付属のシールを付けたヘッドボード

続いて、フットボードです。

フット側の脚に、同じようにボルトとダボを差し込みます。

フットのパーツ(ボルトの取り付け)

ヘッドボードと同じ方法で、固定していきます。

フットボードの組立

続いて、ヘッドボードとフットボードを設置して、サイドフレームをはめるためにボルトとダボを入れます。

ヘッドボードとフットボードを設置

こんな感じです。

ヘッドボードのアップ(ボルト・ダボ部分)

ボルトとダボをサイドフレームに挿入します。

サイドフレームに挿入

挿入部分はこんな感じです。

挿入部分のアップ

ヘッドボードを組み立てた時と同じ固定方法(パーツ)です。

フットボードとサイドフレームの固定方法

なお、この穴も付属のシールで隠せます。

付属のシールを貼り付ける

続いて、すのこの受け桟(さん)をサイドフレームに固定します。

受け桟

受け桟には向きがあるのでご注意ください。

受け桟の設置

付属の六角レンチでボルトを締めて固定します。

受け桟の固定(六角レンチ)

続いて、センターフレームです。

センターフレーム

センターフレーム(スチール製)に脚を取り付けます。

センターフレームに脚を取り付ける

センターフレームをヘッドボードとフットボードの金具に差し込み固定します。

センターフレームをヘッドボードとフットボードに取り付ける

ヘッドボード(フットボード)の金具はこんな感じです。

ヘッドボードの金具アップ

最後にすのこです。

すのこ

すのこは蛇腹(じゃばら)状になっていて、それをサイドフレームにネジで固定します。

すのこの固定

ネジはこんな感じで、付属のドライバーもあります。

すのこの固定部分のアップ(ネジとドライバー)

完成です。

完成

エマ・マットレスを乗せてみました。素敵ですね。

エマ・マットレスを乗せたエマ・木製ベッドフレーム

ここまで写真を撮りながら約1時間30分でしたので、1時間くらいあれば完成できると思います。

外観

まず、ベッドフレームを360度(4方向から)見ていきます。

正面はこちら。

正面

続いて、裏面。

裏面

ネジ穴はシールで隠されているので、壁付けしなくても(背面が見えても)部屋の印象を損ねにくいでしょう。

続いて、横。

横(ヘッドボードが右)

逆の横。

横(ヘッドボードが左)

以上のとおり、全面に豊かな木目が感じられます。

続いて「ベッドの顔」とも言えるヘッドボードです。

ヘッドボード

オーク材ならではの、ゆったりと豊かな木目が素敵ですね。

さわり心地もなめらかで気持ち良いです。

ヘッドボードの触り心地

薄いので圧迫感が少なく、狭い部屋でも置きやすいです。

ヘッドボードの薄さ

壁にぴったり付けられます。

ベッドの壁付けイメージ

パネル部分は脚よりも少し薄くなっています。

パネル部分の隙間

続いて、床板です。

すのこ床板

すのこの間隔が広いため、通気性が良好です。

すのこ隙間(約6cm)

センターフレームがあるため、しなりにくく、しっかりしています。

すのこのしなりをチェック

続いては、フットボード。

フットボードのアップ

幅広のフレームが存在感がありますね。

フレーム全体に言えることですが、面取り(角を丸く)していなく、直角です。

フットボードの角

とはいえ、触ってもそこまで鋭さは感じませんでした。

フレームの角

安価なベッドでありがちな「ささくれ」などもありません。

床板下は空いているので、収納スペースとしても活用できます。

下から見たエマ・木製ベッドフレーム

高さは約12.5cmほどでした。

ベッド下のスペースを計測

マットレスの設置イメージ

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ(マットレス設置)

エマ・スリープの基幹マットレス「エマ・マットレス」を設置してみました。

腰掛けやすさのチェック

このとおり、腰掛けやすい(立ち座りしやすい)高さでした。

サイドフレームは床板よりも少し高くなっていて、マットレスを少し沈み込ませる仕様のため、マットレスがズレにくくなっています。

ドロップマットの深さ計測

このような仕様を「ドロップマット」と言います。

エマ・マットレスのような分厚いマットレスはドロップマットにすることで、(マットレス自体が少し薄く見えるので)スッキリとした印象になりますね。

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

エマ・木製ベッドフレームの使用感は?

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

実際の使い心地をご紹介します。

きしみは?

きしみのチェック

きしむ音やグラつきはなく、快適な使用感です。

一般的なベッドフレームより、かなり長めのボルトを使用し、ナットでしっかり固定されているためだと思います。

エマ・木製ベッドフレーム固定方法
長いボルト&ナットでしっかり固定

一方、他の安価なベッドなどでは、金具で引っ掛けて簡単に固定する場合もあり、そうした仕様だとネジが緩みやすく、きしみの原因になります。

要するに、エマ・木製ベッドフレームは固定方法がしっかりしているので安定感が高いのです。

掃除のしやすさは?

掃除しやすさのチェック

フレームの下は12.5cmほどの高さがあるので、掃除機が入るスペースもあります。

なお、一般的なお掃除ロボットが通れる高さは約10㎝のため、お掃除ロボットにも対応しやすいタイプと言えるでしょう。

くっつけて使える?

2台ならべ(合成)

エマ・木製ベッドフレームはドロップマット構造のため、2台のマットレスをぴったりと付けられません。※上の画像は合成です

要するにサイドフレームの幅分、マットレスとの隙間ができます。

サイドフレームの幅は1台あたり2.5cmなので、合計で5cmくらいの隙間が生まれます。

サイドフレームの厚さ
サイドフレームの厚さ(1台)

しかしながら、これくらいの間隔なら「すきま用パッド」などを使えば埋めることも可能です。(商品によります)

口コミ・評判のまとめ

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

エマ・木製ベッドフレームは、2023年2月に発売開始した商品で、記事公開時点では口コミの数がありません。

口コミがある程度溜まってきた際に、内容の傾向と解説をまとめたいと思います。

>>>公式サイトで口コミを見る

似た商品との比較

天然木を使用したシンプルデザインのベッドフレーム」という条件で、似た商品と比較します。

モデル①エマ・木製ベッドフレーム(本商品)②コアラアーバンベッドフレーム③ビーナスベッド「CALDINA」
画像エマ・木製ベッドフレームコアラアーバンベッドフレームビーナスベッド「CALDINA」
カラーナチュラル、ブラウンナチュラルウォールナット、ナチュラル、ブラック
サイズS~KS~Q
主な素材オークアッシュタモ
お試し期間100日120日なし
価格
(Sサイズ)
130,000円64,000円57,800円
リンク公式サイト公式サイト公式サイト

「お試し期間」で比較するなら②コアラファブリックベッド

コアラアーバンベッドフレーム

②はオーストラリア発の寝具ブランド「コアラ・スリープ」のオリジナルベッドフレーム。エマ・スリープと比較されることが多いブランドです。

コアラ商品は基本的に120日の無料お試し期間が付いていて、この商品(アーバンベッドフレーム)も対象です。

最大の特徴としては、ヘッドボードがないヘッドレスタイプということ。圧迫感なくスッキリ置けるので、狭い部屋でもおすすめです。

素材や構造の作りは、エマ・木製ベッドフレームの方がしっかりしていますが、価格が安く、気軽にベッドを買いたい人にもおすすめです。

>>>コアラ公式はこちら

「価格優先」なら③ビーナスベッド

カルディナ[ウォールナット]

とにかく安い天然木ベッドフレームを探しているなら③ビーナスベッド「CALDINA」がおすすめです。

ビーナスベッドは岡山県の老舗ベッドメーカー。天然木を使ったやさしい風合いのベッドフレームが強みです。

本商品「CALDINA」は、ビーナスベッドの中でも特に売れ筋モデル。ヘッドボードになだらかなカーブがあるため、背もたれとしても使いやすく、ベッド上でよりリラックスした時間を過ごせるでしょう。

ドロップマット構造でないため、2台ならべでも使いやすい(マットレスがぴったりとくっつく)ことも魅力。さらに脚は2段階の高さ調節が可能です。

曲線が多いせいもあり、人によってはデザインに洗練性が足りない(少し古めかしい?)と感じるかもしれませんが、使い勝手の良さとしてはイチオシです。

>>>ビーナスベッドはこちら

エマ・木製ベッドフレームの廃棄方法

ベッドフレームは基本的に粗大ゴミに出すことになります。

参考までに神奈川県横浜市の場合、ベッドフレームの粗大ゴミ廃棄費用は1,000円です。

まとめ

エマ・木製ベッドフレームの使用イメージ

いかがでしたか。

エマ・スリープの「エマ・木製ベッドフレーム」をご紹介しました。

天然木オーク材を使用したナチュラルな風合いが魅力の脚付きベッドフレームです。

構造的にとてもしっかりしているので、きしみの心配も少なく、すのこ仕様のため、通気性が抜群です。組み立ても比較的簡単でした。

さらに、ドロップマット構造のため、分厚いマットレスでも見た目がスッキリするので、まさにエマ・マットレスにぴったりなベッドフレームです。

特に大きなデメリットはなく、悪く言えば無難とも言えますが、こうしたシンプルなデザインと、しっかりした構造のベッドは長く使うのに安心ですね。

無料お試し期間(100日)が付いているので、少しでも気になった方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

100日無料トライアル付き
エマ公式で見る