ムーンムーン「ON CHARGE」の徹底解説(体験レビューあり)

使い勝手良好のマットレストッパー

この記事ではムーンムーン株式会社の「ON CHARGE(オン チャージ)」についてご紹介します。

なお、今回はメーカーさんから体験レビュー用に商品をご提供いただきましたが、PR(宣伝)を目的とした記事ではありません。

実際の体験・検証・調査を踏まえて、良いところだけでなく、悪いと思ったところも素直に書いているので、ご参考いただけますと幸いです。

当サイトでは体験レビュー記事を作成するにあたり、撮影スタジオを作り、セットの中で商品を撮影・体験しています。一般的な家の雰囲気と異なるのはそのためです。

この記事を書いた人

管理人椚大輔(株式会社悠デザイン代表)。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、当サイトを運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューした商品は100を超える。ベッド・マットレスの専門家としてビジネス誌「プレジデント」や「gooランキング(NTTグループ)」などの記事監修・情報提供も行う。

> プロフィールはこちら

ON CHARGEの基本情報

ON CHARGE

ON CHARGEはムーンムーン株式会社のオリジナル薄型マットレスです。

ムーンムーン株式会社の事業は「快眠グッズの製造販売」で、マットレス以外にも目覚まし時計や照明、枕、サプリメントなど、睡眠に関する商品を取り扱っています。なお、本社は熊本県にあります。

>>>ムーンムーンの会社概要

今回ご紹介する「ON CHARGE」は厚さ5cmの薄型マットレスで、サッカー元日本代表の巻誠一郎さんが愛用されているとのことです。

ON CHARGE

サイズや価格等の情報は以下の通りです。

サイズシングルのみ
クッション材ウレタンフォーム
重量3.5kg
密度30D
硬さ93.6N(ふつう程度)
価格(Sサイズ)19,800円

ムーンムーン公式で見る

【まず結論】ON CHARGEの評価は?

ON CHARGEの使用感

当記事では以下のような項目をチェックし、商品を評価しております。

  • 寝姿勢による寝心地は?(仰向き・横向き)
  • 寝返りのしやすさは?
  • 通気性が良いか?(ムレを感じないか)
  • クッション材の品質はどうか?
  • 詰め物の質感・ボリュームはどうか?
  • 抗菌防臭などの衛生面は?
  • 持ち運びや捨てやすさなどの利便性
  • 価格の安さ・高さ
  • 価格相応の寝心地と言えるか?

始めに結論からお伝えすると、体験を通じ本商品を以下のように評価させていただきました。

▼ ON CHARGEの評価
総合評価3.17
仰向き寝2.0
横向き寝2.0
通気性3.5
寝返り3.0
取り扱いやすさ5.0
清潔さ2.5
素材の品質4.0
耐久性3.0
価格3.5

※目安は「3.50」以上が高評価です。

>>>点数の付け方について

以下より、その理由を詳しくご紹介します。

ON CHARGEの特徴

高反発ウレタンフォーム

ON CHARGEのウレタンフォーム

ON CHARGEは芯材がウレタンフォームで出来ている「ウレタンマットレス」です。

ウレタンマットレスでは、ウレタンフォームの「反発性」を調節して寝心地を作っていて、低い反発性のマットレスを「低反発マットレス」、高い反発性があるマットレスを「高反発マットレス」と呼んだりします。

低反発高反発
画像低反発フォーム高反発フォーム
特徴衝撃吸収性が優れ、静かな寝心地が実現できる体の動きに対する反発力があり、寝返りをサポートする

ON CHARGEは「高反発」タイプのウレタンフォームを使用しています。つまり、寝返りがしやすい点が特徴です。

実際の反発性は以下の動画のとおりです。

ON CHARGEの反発弾性率は?

細かい話ですが、ウレタンフォームの反発性は「反発弾性率」によって低反発・高反発が分けられ、反発弾性率15%未満を低反発、それ以上を高反発として呼ばれています。

反発弾性率とは?

素材が持つ反発性を測る数値。反発弾性率を調べる方法として、JISが定めるテスト方法JIS K 6400-3があり、簡単に言うと「高さ50cmから鉄球を落として、反発した高さと割ったのが反発弾性率」ということです。

上記JISの方法とできる限り同条件で測定したところ、ON CHARGEの反発弾性率は約44%でした。

しかし、厳密に言うとJISが定める高反発(高弾性)フォームの定義は反発弾性率50%以上なので、当サイトの検証ではON CHARGEのウレタンフォームは低反発でも高反発でもない「一般ウレタン」ということになります。

とはいえ、ある程度の反発性はあるので、実際、寝返りはそこまで苦労せずに打つことができました。

体の部位に合わせた立体加工

ON CHARGEのウレタンフォーム

ON CHARGEのウレタンフォームは、頭や背中、腰、お尻、足などの部位に合わせて凹凸の構造が変わる特殊な立体加工をしています。

凹凸構造のウレタンフォーム

例えば、

  • 頭・お尻・踵は「ドット型」
  • 肩とふくらはぎは「波型」
  • ウエスト・ももは「ライン型」

といったかたちで、寝姿勢にフィットしやすく作られているため、体圧分散性が高い寝心地になります。

形状

体圧分散とは、マットレスから体にかかる圧力のことで、体圧分散性が低すぎる場合、圧迫感がある寝心地となり、体に痛みを感じやすくなります。

ON CHARGEでは、そうした圧迫感・体の痛みを軽減できるよう、このような立体加工を採用されています。

手軽に寝心地を改善できる

ON CHARGEをマットレストッパーとして使う

特に厚手のマットレスを使っている方は気軽に買い替えにくいことが多いですよね。

ON CHARGEは厚さ5cmのかなり薄型のマットレスのため、「トッパー」として手持ちの寝具の上に重ねるだけで、簡単に寝心地を改善できます。

今使っている寝具がヘタってきて、寝心地に不満が出てきたという人にぴったりの商品です。

持ち運びやすい

ON CHARGEを持ち上げている

重量が3.5kgという超軽量タイプなので、片手でも簡単に持てます。

マットレスの裏面に固定用のマジックテープがあります。

ON CHARGEの裏面

折りたたみ方は「3つ折り」と「6つ折り(コンパクト折り)」の2通りあります。

3つ折り6つ折り
(コンパクト折り)
3つ折り6つ折り
3つ折り(バンド固定)6つ折り(バンド固定)

3つ折りできる薄型マットレスはよくありませうが、6つ折りできるのは珍しいです。

【体験レビュー】ON CHARGEを実際に試してみた

ON CHARGEの設置イメージ

管理人管理人

実際のお届け時の様子や具体的な使用感などレビューします。

開梱・設置

お届け時の段ボールです。

梱包状態

段ボールを開けるとロール状に圧縮されたON CHARGEが入っていました。

段ボールを開封

こちらが中身です。

段ボールの中身

マットレス本体の重量はシングルサイズで約3.5kg。片手でも持て、力が弱い人でも安心です。

マットレスの持ち運び

続いて、マットレスを開封していきます。

まずはビニール袋をハサミで切っていきます。

外側のビニールをハサミで切る

このとき、マットレス本体をハサミで傷つけないようにご注意ください。チョキチョキといよりはスーッと切っていくことがおすすめです。

ビニールの裁断

ロール状に圧縮梱包されたマットレスが解かれていきます。

マットレスが解かれる

内側の袋を切るとマットレスがゆっくりと膨張します。

内袋を切る

4つ折りに折りたたまれています。

内袋を切る2

ビニールを外します。

ビニールを外す

折りたたまれたマットレスをほどきます。

マットレスをほどく

裏返しにします。

マットレスを裏返す

あっという間に開封完了。ここまで5分くらいです。

開封完了

外観

ON CHARGEの外観

開封直後は少し歪みがありますが、3~4日すると元の形状に復元されます。

開封直後開封4日後
開封直後開封4日後(端がふくらむ)

厚さの公表値どおり5cmの厚さが確認できました。

厚さの計測

手で簡単につかめるほどの厚さです。

マットレスを手でつかむ

カバーは通気性が良いメッシュ生地を採用。素材はポリエステル100%です。

カバーの触り心地

やわらかく伸縮性がある生地のため、体へのフィット感が優れます。

カバーの伸縮性

側面もメッシュ生地になっているので、通気性が良好です。

カバー側面

裏面にある固定用マジックテープです。

裏面のマジックテープ

マジックテープの受けが数か所あります。

マジックテープの受け

折りたたんで固定できるのは便利です。

マジックテープの受け(拡大)

ON CHARGEは3つ折り・6つ折りで折りたたみが可能です。

折りたたみ風景

マジックテープのおかげで折りたたみ後、ほどける心配もなく収納しやすいです。

3つ折り状態

裏面の4隅には、下の寝具(マットレスや敷布団)に固定できるよう「ゴムバンド」が付いています。

ゴムバンド

ゴムのため、伸縮性があり厚さ25cm程度のマットレスでも余裕で固定できます。

ゴムバンドで固定

カバーはチャック式で簡単に脱着できます。

カバーを取る

芯材のウレタンフォームの状態を確認するため、不織布を切ります。

内部構造のチェック(不織布を裁断)

芯材のウレタンフォームです。

芯材のウレタンフォーム

特殊な立体加工をしていて、体の部位に合わせて凹凸の形状と高さが異なります。

真横から見たウレタンフォーム

【詳細解説】ON CHARGEの評価について

ON CHARGE

この記事の冒頭で星付けして評価させていただいた以下のポイントをここでは詳しくご紹介します。

▼ ON CHARGEの評価
総合評価3.17
仰向き寝2.0
横向き寝2.0
通気性3.5
寝返り3.0
取り扱いやすさ5.0
清潔さ2.5
素材の品質4.0
耐久性3.0
価格3.5

※目安は「3.50」以上が高評価です。

>>>点数の付け方について

使用感のイメージは以下の動画をご参考ください。(音は出ません)

それでは以下より主な評価項目をレビューさせていただきます。

1. 仰向き寝は?

仰向き寝

ココをチェック

仰向き寝は沈み込みが少なく接触面積が広いという特徴があるので、満遍なく荷重を受け止め、体圧を分散させることが重要です。また、寝返りに力が必要なので、寝返りサポート性も大切です。

なお、日本人の60%が仰向き寝と言われているので、最もオーソドックスな寝姿勢と言えます。

評価は「星2.0」。

ON CHARGEの最大の特長は、体の部位にあわせた特殊な立体構造のウレタンフォームですが、おそらく仰向き寝をベースに考えられるため、フィット感が生まれ、圧力も感じにくかったです。

ただし、細かすぎるゾーニング(位置によって寝心地が変わること)により、背中部分の凹凸に違和感を感じ、落ち着きませんでした。※詳しくは後述します

また、ON CHARGEの特殊立体構造は、頭・肩部分が少しだけ高くなっているため、腰部分を中心に「く」の字に折り曲がりやすく、結果、特に背中付近が張ったような寝姿勢となり、それが寝苦しさにもつながりました。

なお、ウレタンフォームの硬さはN(ニュートン)で表されることが多いですが、ON CHARGEの硬さは93.9N。これはふつう程度の硬さです。

2. 横向き寝は?

横向き寝

ココをチェック

横向きの寝姿勢は肩や臀部の沈み込みが深くなることと、接触面積が少なく、荷重が集中しやすいため、底付きなどを感じやすいという特徴があります。

つまり、深く沈み込んでも無理のない寝姿勢になることと、荷重による圧迫・底付きを感じないようなクッション性が大切です。また、不安定な寝姿勢でもあるので、揺れ過ぎないような寝姿勢保持性能もポイントです。

評価は「星2.0」。

肩や臀部が沈み込みやすいため、下の寝具(マットレス・敷き布団)の影響を大きく受けやすいです。

端の沈み込み
特に横向き寝では大きく沈み込む

トッパーとして使用した場合は、大きな違和感はありませんが、単独で使った場合は底付きを感じます。

3. 寝返りのしやすさは?

寝返り

ココをチェック

クッション材や詰め物で使われている反発性によって、体の動きやすさが変わってきます。少ない力で寝返りを打てた方がストレスは感じにくいですが、寝返りがしやすい=良い寝心地とは限りません。

寝返りの大変さにストレスを感じている人は高反発タイプなどの寝返りしやすいマットレスが良いですが、寝返りが多すぎることで中途覚醒が多い人は、逆に寝返りの回数を抑えるような低反発タイプを選ぶと良いでしょう。

評価は「星3」。

素材単体の評価としては、反発弾性率44%ほど(当サイト調べ)のウレタンフォームのため、いわゆる高反発(高弾性)の素材に比べるとサポート力は弱いです。

ただし、特殊な立体加工によって体の中心性がまっすぐになりやすいため、寝返りはそこまでストレスを感じずに打つことができました。

4. 通気性は?

メッシュ生地

ココをチェック

睡眠中は汗や体温を放出するので、蒸れやすいマットレスはストレスを感じることも。メッシュ生地や、側面から排気できる構造など、通気性に工夫があるかどうかをチェックします。

評価は「星3.5」。

芯材のウレタンフォームはもともと通気性があまり良くないため、蒸れやすい素材です。

しかし、本商品は特殊な凹凸加工(平面のウレタンフォームよりも空気が逃げやすい)という点と、メッシュ生地を使用したカバーという点で、ウレタンマットレスにしては通気性が良いと言えます。

5. 耐久性は?

ON CHARGEの寝心地

ココをチェック

ウレタンフォームの耐久性を知るうえで重要な情報は「密度」と「復元率」です。密度はD(DensityのD)で表されることが多く、数値が高い(高密度な)ほうが耐久性は高いです。「復元率」は一般的には80,000回押圧後にどれくらいのヘタリが確認できるか(復元されているか)を調べますが、目安としては97%以上を選ぶと安心です。

評価は「星3」。

そして、ON CHARGEの密度・復元率は以下のとおりです。

  • 密度:30D
  • 復元率:98.9%

まず「密度30D」という数値は圧縮タイプのウレタンマットレスとしては最低限レベルの密度です。※30D未満は圧縮梱包に耐えられないため

とはいえ、低価格帯のマットレスはおおむね30D程度で作られることが多く、耐用年数としても5年程度は使えるかと思うので、費用対効果としては悪くないと思います。

続いて「復元率98.9%」という数値ですが、これは比較的良好な数値です。ただし、本来はJIS規定によって測定・表示しなけばならないのですが、ON CHARGEの検査内容は非公開です。

6. 素材の品質は?

ウレタンフォームの角

ココをチェック

ウレタンフォームの品質の良し悪しは、「形成のきれいさ」にも現れます。

歪みが大きいと(素材が持つ本来の性能が発揮されにくいという点で)寝心地やヘタリにも影響があるので、歪みがなく、ピシッときれいな形状が望ましいです。

評価は「星4」。

大きな歪みもなく、ひび割れや欠けもないきれいなウレタンフォームでした。

7. 衛生面は?

ON CHARGE

ココをチェック

抗菌防臭や防ダニなどの加工の有無やそのレベルなど、衛生面に工夫があるかどうかをチェックします。

評価は「星2.5」。

マットレスに施されることが多い抗菌・防カビ・防ダニ等の衛生加工は施されていません。

しかし、カバーは洗えるのはプラス評価です。

8. 価格は?

ON CHARGE

ココをチェック

絶対的な価格と、マットレス市場の全体的な相場からチェックします。価格に応じた寝心地が実現されているかも大切なポイントで、総合評価へつながります。

評価は「星3.50」。

マットレストッパーで19,800円という価格は、市場全体から考えると「まぁまぁ安い価格」です。

品質面・仕様面から考えると妥当であり、適正レベルの価格設定だと思います。

実際に使ってみて気になったところ

単体利用は向かない

ON CHARGEは薄型マットレスとして販売されていて、その販売ページでは「そのまま床に敷いても快適にご使用いただけます」とあります。

しかし、ON CHARGEは厚さ5cm・沈み込みやすい寝心地のため、単体で使うと底付きを感じます。

ON CHARGEの底付き感
特に横向き寝では肩部分に底付きを感じやすい

よって、ON CHARGEはあくまで「マットレストッパー」として使用することをおすすめします。

背中(肩)あたりの凹凸が気になる

複雑な凹凸立体構造が本商品の特徴ですが、肩部分の境界線の凹凸がハッキリしすぎているので、違和感を強く感じます。

背中(肩)あたりの凹凸

この頭と肩部分の凹凸ですが、4mmほど肩部分の高さが低くなっています。

この高さの違いによって、特に仰向き寝では段差のような存在感を感じて落ち着きませんでした。

違和感を感じる部分

そもそも、人間の体は上半身・下半身で同じ荷重バランスではないため、線対称(シンメトリー)に細かすぎるゾーニング(場所によって感触を変えること)を施してしまうと、どこかしらで無理が生じてしまいます。

また、この違和感がある場所の「ライン型」形状は、ON CHARGEの狙いとしては「ウエスト・もも」あたりに来る想定なのですが、上記画像のとおり筆者(身長170cm)の場合「背中・ひざ」あたりに来てしまいます。

形状とポジション
ムーンムーン公式より(③のライン型はウエスト位置で想定されているが、実際は背中への違和感を感じる原因になっている)

身長の違いによってフィットするポジションが違うかもしれませんが、頭・肩の位置はそこまで変わらないはずなので、基本的にこの違和感は避けらないでしょう。

よって、もう少しゾーニングの場所を絞った方が寝心地としては良くなるのではないかと思いました。

実際に使ってみてよかったところ

取り扱いやすさは抜群

軽量・折りたたみ可能・カバー洗濯可能・ゴムバンド付きなど、取り扱いやすさにおいては抜群に良かったです。

特に折りたたみしやすさは、マットレス裏面についているマジックテープによって、しっかりと固定することができる点はうれしいポイント。

6つ折りになり、超コンパクト
6つ折りになり、超コンパクト

さらに、ゴムバンドはマットレストッパーでありがちなズレを解消できる親切な仕様です。

使う人の気持ちに立ってよく考えられた仕様だと思います。

その他、ON CHARGEの情報

お届け日は?

公式サイトでは記載がありませんが、コンパクト配送のため、宅配便扱いで配送できるため、注文後3~4日でお届け可能だと思われます。

ただし、時期や在庫状況によって変わる可能性があるので、必ず公式サイトでご確認ください。

廃棄方法は?

クッション材のウレタンフォームは、細かくちぎれば家庭ゴミで捨てられます。※ごみ捨てはお住いの自治体のルールを必ずご確認ください

細かくちぎるのが面倒な場合は、粗大ゴミに出すことになります。

参考までに神奈川県横浜市の場合、マットレス(スプリングなし)の粗大ゴミ廃棄費用は1,000円です。

実店舗・ショールームはある?

熊本県にあるムーンムーン本社にのみショールームがあり、ON CHARGEを試すことができます。さらに睡眠改善インストラクターさんが在籍しているので、睡眠相談も無料できるので、近くにお住まいの方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

なお、実店舗はありません。

基本的にオンライン限定で展開しているため、低価格が実現できるのです(店舗家賃や多くの人件費・管理費を必要しないため、商品価格を安くしやすいのです)。

まとめ

ON CHARGE

いかかがでしたでしょうか。

ムーンムーン株式会社の薄型マットレス「ON CHARGE」をご紹介させていただきました。

ON CHARGEは「薄型マットレス」として販売されていますが、正確には「マットレストッパー」です。単体利用すると底付きを感じるので、手持ちの寝具の上に敷いて使うことをおすすめします。

軽量でコンパクトなので、持ち運びに便利な点が魅力です。

単体利用では日ごろの睡眠で使うには頼りない寝心地ですが、キャンプや車中泊、お昼寝など、短期的な利用においては、そこまでストレスを感じないでしょう。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ON CHARGE

ムーンムーン公式で見る