赤ちゃんのベッドの選び方

生後間もない赤ちゃんが寝るベッドとしてベビーベッド普通のベッド敷き布団のどれが良いか悩む人も多いです。

赤ちゃんは睡眠時に様々な危険が潜んでいるため、寝具選びを身長に検討すべきです。

しかし、最も大切なのは親がしっかり見ていること。これに勝る安全策はないです。

この記事では、赤ちゃん用の寝具として、ベビーベッド・普通のベッド・布団のおいて、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

ベビーベッド

ベビーベッド(楽天)
ベビーベッド(楽天)

ベビーベッドとは赤ちゃん専用のベッドです。

様々なデザインはありますが、基本的には台座の上に赤ちゃんを乗せてその周りを柵で囲みます。

ベビーベッドの良いところ

ペットや他の子どもに踏まれる危険がない

柵で囲まれているベビーベッドは他者が侵入しづらく、外的な攻撃をされる可能性は低いです。

特に小さい子供兄弟やペットを飼っている場合、柵がないと誤って赤ちゃんを踏んでしまう可能性があります。

 

高さがあるため、ほこりを感じづらい

床から30cmまでの高さにほこりは対流するため、高さがあるベビーベッドは赤ちゃんがほこりを感じにくいです。

家にあるホコリはハウスダストと呼ばれ、アレルギーの原因になります。つまりベビーベッドはアレルギーを引き起こすリスクは低減されると言えます。

 

収納スペースがある

ベビーベッドの下段は収納スペースになっていることが多く、紙おむつなどのベビー用品を収納しておくのに便利です。

ベビーベッドの心配なところ

転落する危険がある

ベビーベッドの最大のリスクは転落し大事故になる可能性があるところです。

寝返りが打てないくらいの時期ならそこまで心配はないと思いますが、つかまり立ちをしたりするときに柵を乗り越えていかないように注意が必要です。

 

添い寝・添い乳ができない

添い寝ができないため、赤ちゃんのお守りが大変に感じることもあります。基本的に赤ちゃんは添い寝すると安心しますからね。

そして添い寝しながら授乳する「添い乳」も出来ないのでママは楽できず大変に感じることもあると思います。

 

隙間に挟まる可能性がある

柵を上げ下げできるタイプのベビーベッドの場合、誤って柵が落ちたときに赤ちゃんが挟まってしまう危険があります。

柵に挟まってしまう事故は頻繁に起きていて、赤ちゃんが命を落としてしまう例もあるので注意が必要です。

大人用ベッド

大人用ベッド
大人用ベッド

ここでは大人用のベッドとはマットレスとフレームを組み合わせたベッドのことを指します。

大人用ベッドの良いところ

添い寝・添い乳ができる

大人用ベッドは大人も赤ちゃんもいっしょに眠れる広さがあります。

親と赤ちゃんが触れ合いながら眠ることで、赤ちゃんは愛情を感じることができ、頭や身体の成長にプラスになるといわれています。

また、夜泣きした時などすぐに授乳(添い乳)できることもメリットです。

ただしそのままウトウトして寝てしまうと赤ちゃんに大かぶさってしまう危険もあるので注意してください。

 

赤ちゃんの様子にすぐ気づくことができる

赤ちゃんとの距離が近いので、赤ちゃんの変化に気づきやすくなります。

ベビーベッドを買った人も赤ちゃんの様子が気がかりで結局同じベッドで一緒に寝ることにしたという話もよく聞きます。

大人用ベッドの心配なところ

転落の危険がある(高さがあるベッドの場合)

高さがあるベッドフレームの場合は転落して事故になってしまう危険もあります。

できるだけ高さが低いベッドフレームにするか、すのこだけを敷くなど高さを抑える工夫が必要です。

 

親の寝相や布団によって窒息の危険がある

近くに寝るため、睡眠中のちょっとした寝返りによって、赤ちゃんが身体や布団で覆われてしまい窒息してしまう可能性があります。

寝相が悪いと自覚している人は、なるべく赤ちゃんから離れて寝た方が良いです。

敷き布団

敷き布団
敷き布団

床に直接敷く敷き布団のメリットとデメリットをご紹介します。

敷き布団の良いところ

転落の危険がない

床に直接敷くので高さが一番低いため、最も転落の危険がないです。というか敷き布団は転落という概念がないです。

 

添い寝ができる

添い寝の効用については上記の大人用ベッドのところで記載したとおりです。

敷き布団の心配なところ

不衛生になりやすい(カビやホコリ)

床から30cm付近にホコリはたまりやすく、布団で寝るとしたら思い切りほこりの対流ゾーンで寝ることになります。

ホコリのハウスダストによってアレルギーを引き起こす可能性もあります。

また、敷き布団は湿気がたまりやすくカビが生えやすいです。

すのこを敷くなどの工夫をすることをおすすめします。

 

踏まれる危険がある

段差がないため、ペットやほかの子供に踏まれる可能性もあります。

踏まれた強さによっては赤ちゃんが重篤な障害を負う可能性もあるので、ペットや子供が走り待っている家では布団で寝かせない方が安全です。

 

親の寝相や掛布団によって窒息の危険がある

大人用ベッドと同じ解説ですが、近くに寝るため、睡眠中のちょっとした寝返りによって、赤ちゃんが身体や布団で覆われてしまい窒息してしまう可能性があります。

寝相が悪いと自覚している人は、なるべく赤ちゃんから離れて寝た方が良いです。

その他の重要な危険性

ベッドガードに注意

ベッドガード
ベッドガード

大人用ベッドからの転落防止やベビーベッドで赤ちゃんが柵にぶつかってケガをすることを防ぐ目的とした「ベッドガード」という商品があります。

ベッドガードとベッドの隙間に赤ちゃんが転落したり、顔をうずめたりすることによって窒息し命を落としてしまう事故が頻繁に発生しています。

アメリカの小児科学会がベッドガードの使用禁止を呼びかけるほどですので、できるだけベッドガードは使わない方が良いでしょう。

結局どれが良いの?

ネット上での反応を見る限り、多種多様な意見があり、それぞれメリット・デメリットがあるので一概にこれが良い!と断言できません。

冒頭でも書きましたが、赤ちゃんの事故を防ぐには親が注意をしっかり向けていることが一番重要なのです。

寝相が悪い人は添い寝を避けましょう

確実に言えることは、寝相が悪い親は赤ちゃんと添い寝をしない方が良いということです。

赤ちゃんは非力です。大人の腕や足や、重たい布団などが赤ちゃんに乗ってしまうと、自ら振り払えません。

その結果窒息し、命を落とすリスクがあるので明らかに寝相が悪いという親は赤ちゃんから離れて寝ましょう。

ペットやほかの子供がいる家庭はベビーベッドが良い

ペットや子供の行動は予想が付きません。

急に走り回ったりした際に、赤ちゃんが床で寝ていたら踏まれる危険が高いので、ペットや他の子供がいる家庭はベビーベッドの方が安全でしょう。

最後に(筆者の意見)

それぞれの寝具においてメリット・デメリットを述べましたが、筆者として最もおすすめと考えているのは「ロータイプの連結ベッド」です。

ローベッドタイプの連結ベッド
ローベッドタイプの連結ベッド

ロータイプの連結ベッドなら添い寝も可能ですし、広大なスペースなので、多少寝動きしても干渉する危険は少ないです。

さらに、ベッドの端を壁にくっつければベッドガードを使わなくても落ちる心配はなく、万が一落ちたとしても下にクッション性がある床材などを引いていればそこまで大きなけがにつながる心配もないと思います(少なくともベビーベッドより軽傷のはずです)。

マットレスは少し硬めのポケットコイルタイプを選べば振動や沈み込みが少なくなります。

とはいえ、それぞれの家庭の事情がありますので、赤ちゃん用の寝具選びはしっかり考えて決めていただければと思います。