ギシギシしないベッドをご紹介

きしみにくいベッド&マットレスをご紹介

ベッドがきしんでギシギシと音が鳴ると安心して眠れないですよね。

この記事ではきしみにくく安定感がある寝心地の良いベッド&マットレス選びをご紹介します。

「早くおすすめの商品を知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめベッドを見てみる

管理人管理人

筆者はベッドメーカーに7年間勤め、100台くらいのベッドを組み立てたり使ったりした経験があります。

そうした経験のもと、寝心地が良いベッドフレームやマットレスの選び方をご紹介させていただきます。

寝心地が良いベッド&マットレスの条件とは

まず「寝心地が良い」とはどのような状態でしょうか?

結論から言うと、理想的なベッド&マットレスの条件は以下の通りです。

  • 揺れない
  • 静か
  • 体が痛くならない

続いて、寝心地が良いベッドの選び方をご紹介します。

寝心地が良いベッドフレームの選び方

ベッドフレーム(ローベッド)

ココがポイント
複雑な組立が必要なベッドは多くのネジを使っているため、きしみやすい
激安価格の収納付きベッドは複雑な組立が必要なことが多い
・収納付きベッドはBOX構造を選ぶことがおすすめ
・組立が複雑なベッドは移動にも弱いので注意が必要

複雑な組立が必要なベッドは要注意

ギシギシときしむベッドは複雑な組立が必要な商品に多いです。

激安なベッドは輸送コストを削るためにパーツを細かく分けて最小サイズの梱包にする傾向があり、多くのネジなどを使って組み立てます。

組立家具のネジなど
組立家具のネジやダボ

「激安の収納付きベッド」は要注意

特に完全組立品の「収納付きベッド」は最もギシギシきしむリスクがあります。

膨大な量の部品を組み立てるフラットパック(完全組立品)の収納付きベッドは接合部分が多く、きしみや揺れの原因になりやすいです。

きしみやすいベッドは移動にも弱い

ネジをたくさん使って組み立てるベッドは横揺れに弱く、移動したら壊れる危険もあります。

そのようなベッドは一度組み立てた後にバラしてまた組み立てることを想定していないので、引越し時には買い替える必要があります。

「BOX構造」の収納付きベッドはきしみにくい

もし、収納付きベッドが欲しい人は、引き出し部分がひとつの家具になった「BOX構造」タイプがおすすめ。BOX構造の引き出しの収納ベッドは組立が簡単で耐久性も高いです。

きしみにくいベッドフレームの種類

管理人管理人

ギシギシときしむリスクが低いベッドフレームの種類をご紹介します。

1. ローベッド

ローベッド
ローベッド

ローベッドは高さが低いヘッドのこと。

重心が低く、安価な商品でも安定感があります。

できるだけリーズナブルにギシギシしないベッドが欲しいという人におすすめです。

2. チェストベッド(BOX構造)

チェストベッド
チェストベッド

チェストベッドは大容量の収納ベッドです。

引き出し部分がBOX構造になっている商品は安定感が抜群です。

逆にBOX構造でなく、完全組立のチェストベッドは揺れやきしみやすいのでご注意ください。

3. 跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッド
跳ね上げ式ベッド

床板を跳ね上げて収納スペースを使うベッド。

ガス圧式のダンパーが付いているので開け閉めは女性でも軽々できます。

パーツのひとつひとつが大きく重たいので安定感があります。

寝心地が良いマットレスの選び方

マットレス

ココがポイント
・マットレスのきしむ原因はコイル同士がすれる音
・特に激安のボンネルコイルはきしみやすい

マットレスはベッドフレーム以上に寝心地に影響を与えます。

マットレスには様々な種類があります。

スプリングを使ったボンネルコイル・ポケットコイル・高密度連続スプリングや、ウレタンなどを使った低反発タイプ・高反発タイプ、ポリエチレンなどを使ったファイバータイプなど本当に多岐にわたります。

揺れときしみを感じやすいのはボンネルコイルマットレスです。

ボンネルコイル
ボンネルコイルマットレス(おすすめしません)

ボンネルコイルはコイル同士が連結している作りのため、振動が伝わりやすいです。

バイーンバイーンとした感触で、バネ感が最も強く出ます。

特に安価なボンネルコイルは使っていくうちに劣化しコイルがすれてギシギシとした音がするようになることもしばしばです。

揺れにくく、きしみにくいマットレスの種類

管理人管理人

揺れにくくきしむリスクが低いマットレスをご紹介します。

1. ポケットコイルマットレス

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルはコイルがひとつひとつ独立している構造のため、振動が伝わりづらいです。

体にフィットするような静かな感触で、日本人はポケットコイルの寝心地が好きな傾向があります。

2. ウレタンマットレス

ウレタンマットレス
ウレタンマットレス

ウレタンマットレスは色々な作り方ができるので一概には言えませんが、高密度で作られたウレタンマットレスは衝撃吸収性に優れています。

コアラマットレスがその代表です。

コアラマットレスは振動が伝わりづらい「ゼロ・ディスターバンス技術」を採用しています。

↑コアラマットレスのワインチャレンジ(音あり)

体が痛くなりにくいマットレスの選び方

管理人管理人

基本的に自分の体型や寝姿勢に合わないマットレスは体が痛くなります。

実はマットレスの種類というよりはマットレスの品質や硬さに原因があることが多いです。

ココがポイント
・基本的に1万円以下で買える激安商品は避ける
・「少し硬め」の寝心地は日本人体型に合いやすい

マットレスの品質

一番安全なのは有名マットレスメーカーのスタンダードモデルを選ぶことです。

筆者が今まで試してきた経験上、寝心地の好みの差はありますが、有名マットレスメーカー製のスタンダードモデルはどれも満足できる寝心地でした。

特に日本ベッドのシルキーポケットは多くの人におすすめできる品質です。

価格はシングルサイズで15万円くらいしますが、お金をかけられる人は後悔しないと思います。

通販などのノーブランドなら高密度のポケットコイルマットレスがおすすめ。

最近はベッドフレームとセットで選べるマットレスの種類の幅が広くなり、高品質な商品をリーズナブルに買えます。

ただし、一番安いマットレスは避けた方が無難です。

管理人管理人

最安値モデルは「〇〇円から!」という最安の価格表記をするために作られることが多く、寝心地を重視して作られていないことが多いです。

マットレスの硬さ

結論から言うと少し硬めを選ぶことをおすすめします。

日本人の体型にはやや硬めが合いやすいです。

もし硬いと感じたら後からベッドパッドやマットレストッパーなどを上に敷けば柔らかく調整できることもメリット。

逆に初めから柔らかすぎるマットレスは後から調整することが困難です。

【比較表】各マットレスの特徴

タイプ種類揺れないきしまない耐久性
コイルボンネル×
ポケット
高密度連続
ノンコイルウレタン
ファイバー

【厳選】きしみにくく寝心地が良いおすすめのベッドフレーム 6選

管理人管理人

最後にギシギシしない寝心地が良いおすすめのベッドやマットレスをご紹介します。

1. 低価格なシンプルデザインのローベッド

シンプルデザインローベッド

究極のシンプルデザインで1万円台から

無駄なものをそぎ落とした究極のシンプルデザイン。すのこを床に直接敷くタイプのローベッドなので安定感は抜群です。とにかくベッドフレームを安く抑えたい人におすすめ。これならマットレスに大きく予算を割くことが出来るでしょう。ただし、フレーム自体は華奢な作りなので、移動する際には注意が必要です。

このベッドを見てみる

2. BOXタイプ収納ベッド「Lester」

ホワイトカラー収納ベッド「Lester」

BOX構造タイプでコスパ抜群

照明・棚・コンセント・収納が付きの充実したヘッドボードがあり、組立が簡単なベッド。ホワイトカラーが圧迫感を和らげるので狭い部屋にもおすすめです。引き出しがBOX構造タイプなので、組み立てが簡単で耐久性が良いです。安心してベッドを使いたい人におすすめ。3万円台から買える低価格も魅力です。

このベッドを見てみる

3. 充実したヘッドボード付き収納ベッド(BOX構造)

充実したヘッドボード付き収納ベッド(BOX構造)

ヘッドボードの機能性が豊富

照明・棚・コンセント・収納が付きの充実したヘッドボードが特徴の収納ベッド。引き出しがBOX構造タイプなので、組み立てが簡単で耐久性が良いです。圧迫感を抑えながら収納力も欲しいという人におすすめ。

このベッドを見てみる

4. 安心の日本製チェストベッド

シンプル&スマート!大容量収納チェストベッド「STE」

使いやすい薄型のヘッドボード

チェストベッドは高さがあり部屋に圧迫感を与えやすいですが、このベッドのヘッドフレームは薄くできていて、チェストベッドだけど狭い部屋にも置きやすいです。群馬県のベッド工場で作られています。引き出しはBOX構造なので、頑丈設計です。

このベッドを見てみる

5. 耐荷重600kg!頑丈設計の跳ね上げ式ベッド

耐荷重600kg!頑丈設計の跳ね上げ式収納ベッド

耐荷重600kg、布団派も使える

耐荷重が600kgということは、大人10人くらい乗っても大丈夫ということで、眠るのに安心感があるベッドです。ヘッドボードも直線的なデザインなのでモダンですっきりとした雰囲気があります。跳ね上げベッドにしては珍しいすのこタイプなので、布団でも使える仕様です。

このベッドを見てみる

6. 北欧風シンプルすのこベッド

北欧風シンプルすのこベッド「Banon」

すのこベッドならコレ

ベッド専門ショップ「ネルコ」のオリジナルすのこベッド。フレームに極太の板を補強し、強靭な耐久性があるベッドです。激安のすのこベッドにありがちなきしみや揺れの心配がなく、安心して眠ることができます。コストパフォーマンスに優れたおすすめの逸品。

このベッドを見てみる

【厳選】寝心地が良いおすすめのマットレス 3選

1. コアラマットレス

コアラマットレス

振動が伝わりづらい

コアラマットレスはオーストラリア製のマットレスです。2017年に日本に上陸し、話題を呼んでいます。その特徴はゼロディスターバンス技術による振動の伝わりにくさです。これから同居を始めるカップルに人気があり、二人で眠る人から支持を得ています。

このマットレスを見てみる

2. 日本ベッド「シルキーポケット」

高品質なポケットコイル

日本ベッドは1926年に創業した日本屈指の伝統があるマットレスメーカー。その日本ベッドの主力シリーズがこのシルキーポケットです。シルキーポケットはコイルに直接寝れるマットレスを作ろうというコンセプトで開発されました。まったくバネ当たりを感じないとろけるような寝心地から「シルキーポケット」と名前が付けられた逸品。価格は高いですが間違いなくおすすめのマットレスです。

3. サータ「iSeries ノーマルBOXトップ」

全米No1のマットレス

サータは全米売上No1を誇る世界的な有名マットレスメーカーです。そのサータを全米No1に押し上げたと言われているのがこちらの「i series(アイシリーズ)」です。詰め物にジェルメモリーフォームという低反発素材を使っていて、優れた反発性・温度調節性が備わっています。またサータは「ファイヤーブロッカー」という燃えにくい素材を入れていることも特徴です。防災意識がある人にもおすすめです。

.

.

.

いかがでしたでしょうか。

きしみにくいベッドのご紹介とおすすめ商品をご紹介させていただきました。

お気に入りのベッドやマットレスに巡り会えたのならうれしい限りです。

当サイトはベッド専門の情報発信サイトです。

「ベッドやマットレス選びについてもっと詳しく知りたい!」

と思った人は当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッドをご提案』をご参考いただけますと幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。