連結ベッド

「家族でいっしょに眠りたい」

そうお考えのあなたに、ベッドメーカーに勤めていた筆者が家族で眠るのにおすすめの連結(ファミリー)ベッドをご紹介します。

連結ベッドは特に幼い子どもがいるご家庭におすすめ。

この記事の前半では連結ベッドの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめのベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 家族でいっしょに寝たい

長く使えるベッドが欲しい

とにかく大きいベッドを探している

ファミリー(連結)ベッドとは

連結説明

連結ベッドとは「ベッドが2台以上連結できるベッド」のことです。

単純に2台くっつけているのではなく、連結用のパーツを備えているため、ベッドがズレにくくなっています。

連結ベッドはこんな人におすすめ

家族そろって寝たい人

家族そろって寝たい人におすすめ

連結ベッドは2台くっついたベッドのため、広い面積が特徴です。

子どもを含めて家族3人くらいならキングサイズの広さでも眠れますが、もっとゆったり眠りたい場合や子どもが成長してくるとキングサイズでも小さく感じてくるでしょう。

連結ベッドならキングサイズ以上のサイズ構成も可能なので、家族でゆったり眠ることができます。

※一般的にキングサイズはシングルサイズ×2と同じ大きさです

長くベッドを使いたい人

分割したベッド
「子ども用のベッドはすぐ要らなくなったり、買い替えなければいけない」

という悩みをお持ちの方も多いと思います。

連結ベッドは分割して使えるので、将来子どもが一人で寝るようになっても使い続けられる点が大きなメリットです。

一般的にマットレスの耐年数は10~30年程度はあるので、ベッドフレームも一度買ったら長く使いたいですよね。

連結ベッドなら変化するライフステージに臨機応変に対応できます。

とにかく大きいベッドを探している人

横幅280xm(ダブルサイズ×2)の連結ベッド
横幅280xm(ダブルサイズ×2)の連結ベッド

連結ベッドは横幅が最大280cm位の超大型サイズの商品もあります。

一般的なベッドで最も大きいキングサイズが横幅180cm程度なので、連結ベッドはキングベッドより1メートルも大きい構成が可能です。

小さい子どもがいるご家族なら4人でも余裕で眠れるサイズ感です。

連結ベッドの注意点

▲ 収納ベッドタイプは分割に不向き

組み立てが複雑な「収納ベッドタイプ」は将来分割して使うことに向いていないので、あまりおすすめできません。

連結の収納ベッド
↑収納ベッドタイプの連結ベッド

収納ベッドは移動に弱い

組立が複雑な完全組立品の収納ベッドは、組み立てたあとに移動したり、バラして再び組み立てたりすることを想定した作りではありません。

移動や再組み立てによってネジ穴が開いたりして強度が失われます。

将来、ベッドを分割して使うことを考えているならベッドの移動は必須ですので、組み立てが多く発生する収納ベッドタイプは選ばないほうが良いでしょう。

連結ベッドは組み立てが少なくフレーム強度が損なわれても寝心地に大きく影響しないローベッドタイプがおすすめす。

連結ベッド向きのおすすめのベッドフレーム

管理人管理人

連結ベッドにはいくつかフレームタイプがありますが、特におすすめだと考える連結ベッドのフレームタイプをご紹介します。

ローベッドタイプ

ローベッドタイプの連結ベッド
ローベッドタイプのファミリーベッド

高さが低く、お子様に安心

子どもと寝る場合は、高さが低いローベッドがおすすめ。

子どもがベッドから落ちた時を考えると高さが低い方が安心です。

また、高さが低いデザインのベッドフレームのため天井までの空間が広がり解放感が得られます。

モダンなインテリアに合うので、部屋がおしゃれになると思いますよ。

合皮(レザー)のベッドならフカフカで安心

合皮ベッドの説明

安全性にこだわるなら、クッション性がある合皮(レザー)素材もおすすめです。

木製のベッドは硬く、角が尖っていたりするので、やんちゃなお子様がいるご家庭には、クッション性が高い合皮ベッドがおすすめです。

すのこベッドタイプ

すのこベッドタイプ
すのこタイプのファミリーベッド

通気性がよく、カビが発生しにくい

すのこベッドとは布団やマットレスを置く場所がすのこ状(隙間がある木枠)になっているベッドのこと。

押し入れなどで湿気予防にすのこは使われていました。

ファミリータイプのすのこベッドはヘッドボードやフレームがなく、すのこの上にマットレスを置くだけのシンプルなデザインです。

床に直接マットレスを置くのと変わらないと思うかもしれませんが、多少でもマットレスを床から離すことによって汗や水蒸気を発散できるので衛生的です。

【厳選】おしゃれでおすすめの連結ベッド 8選

【2019年7月3日更新】

管理人管理人

今まで述べた選ぶポイントを踏まえ、おしゃれでおすすめの連結ベッドをご紹介します。ご参考いただけますと幸いです。

1、連結・分割自在!モダンデザイン大型フロアベッド「LTS」

モダンデザイン大型ローベッド

おしゃれで分割しても使いやすい

シンプルで飽きのこないロータイプの連結ベッド。高さが低いため子どもが転落して怪我をする恐れもありません。シンプルで高級感がある見た目のため、将来分割して使いやすいおすすめベッドです。

このベッドを見てみる

2、国産檜すのこローベッド ワイドキング

国産檜すのこローベッド ワイドキング

お子様に安心サイドガード付き

国産のひのき材を贅沢に使ったローベッド。ひのきは耐久性が強く建築材としても人気な木材です。虫や菌にも強く、良い匂いを発するのでリラックス効果もあります。寝返りが多いお子様に安心のサイドガード付き(取り外し可能)も魅力。

このベッドを見てみる

3、二段・ワイドキング・シングルの3WAYベッド

2段・ワイドキング・シングルの3WAYベッド

2段ベッドにもなる

子どもの成長に応じて連結ベッド→2段ベッド→2台のシングルベッドと変化が可能なベッド。ライフスタイルが変わっても長く使えます。2段ベッドとしてはモダンなデザインなので、子どもが成長しても違和感なく部屋に置けます。

このベッドを見てみる

4、床面の高さが調節できる!国産ワイドサイズすのこベッド「MRN」

床面の高さが調節できる!国産ワイドサイズすのこベッド「MRN」

成長に合わせて高さが変えられる

高さが2段階調節できる連結ベッド。写真は低めのロータイプですが、高めのハイタイプにするとベッドの下が収納スペースとしても活用できます。すのこが山折りできるので、布団干しとしても使えて布団派の人にもおすすめ。ヘッドレスタイプなので部屋がすっきりと印象になります。

このベッドを見てみる

5、ラージサイズ・脚付きマットレスベッド「ELM」

ラージサイズ・脚付きマットレスベッド「ELM」

連結の脚付きマットレスベッド

シンプルな連結タイプの脚付きマットレスベッドの。マットレスベッドを2台並べただけに見えますが、ベッドの後ろに連結テープや固定具があるのでズレる心配がありません。気軽にベッドを買いたい人におすすめです。

このベッドを見てみる

6、ワイドサイズ!連結式レザーローベッド「SFN」

ワイドサイズ!連結式レザーローベッド【SFN】

オールレザーで子どもに安心

フェイクレザー(合皮)を使用したローベッド。クッション性がある合皮のヘッドボードに加え、フットボードやサイドフレームも合皮でできているため、小さいお子様に安心です。更に高さが低いので落下時のケガの心配も少ないです。

このベッドを見てみる

7、モダンデザイン連結式レザーローベッド「WHM」

モダンデザイン連結式レザーローベッド「WHM」

クッション性が高い

モダンなデザインで高級感があるフェイクレザーのベッド。ヘッドボードのクッション性が高く、ゆったり体を預けることができます。子どもでも安心です。分割しても大人の寝室で使えるようなデザインです。

このベッドを見てみる

8、桐ロール式すのこベッド

桐ロール式すのこベッド

布団派にもおすすめ

すのこを敷いただけのシンプルなベッド。価格も安く1万円台以下から買えます。高さも低く、子どもがマットレスに上り下りしやすく特に年齢が低い幼少期の子供がいるご家庭におすすめです。

このベッドを見てみるicon

【厳選】おすすめベッド通販サイト

管理人管理人

最後に連結ベッドの取り扱いが豊富なおすすめサイトをご紹介します。

CCmart7(おすすめ


ccmart7
参照:CCmart7

マットレスセットが格安、種類も豊富

CCmart7はインターネット限定の通販サイトです。低価格を重視したい人は必見です。ダブルサイズやクイーンサイズの大きいベッドも豊富にあります。特筆すべきはマットレスとベッドフレームのセットが格安で買えること。選べるマットレスの種類も豊富です。コスパ抜群のベッドを探したい人におすすめです。

CCmart7を見てみる

いかがでしたでしょうか?

家族で眠るのにおすすめの連結ファミリーベッドの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

あなたにぴったりなベッドが見つかったのならうれしいです。

「もっといろいろなベッドを見てみたい」

という人は当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をぜひご参考いただければと思います。

あなたのベッド選びが満足いくものになるよう、ご協力できたら幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。