子どもにおすすめのベッド特集

この記事では子ども向けにおすすめのベッドと失敗しない選び方をご紹介します。

筆者はベッドメーカーに7年ほど勤めていました。そこでは商品企画やマーケティングに携わっていました。

もちろん子ども向けのベッドの企画にも携わったことがあるので、その経験を踏まえご紹介させていただきます。ご参考いただけると幸いです。

子供向けベッドの選び方

まず、子ども用のベッドを選ぶうえで抑えるべきポイントをご紹介します。

ケガをしないこと・頑丈なこと

ベッドは子どもにとって高さが高いので、落ちてケガをするリスクがあります。乳児時期ならなおさら高さには注意をしたいところ。

また、幼児~児童時期のやんちゃな子どもならベッド上でぴょんぴょん跳ねたりして遊ぶことも多いです。

ベッドは基本的に部分的な衝撃に弱いので、できるだけ耐荷重があるベッドや圧力を分散するマットレスを選びましょう。

「ローベッド」はケガしにくい

囲み型フレーム

落下によるケガをさせたくないならローベッドがおすすめ。

ローベッドとは高さが低いベッドのことです。

ローベッドなら床からの高さも低いので、万が一寝ているときに落ちてしまっても大けがにはなりにくいです。

また、床に直接すのこを敷くタイプのローベッドならいくらマットレスの上でぴょんぴょん跳ねたとしてもフレームがマットレスと分離されているため、壊れる心配はありません。

「ポケットコイルマットレス」は荷重分散性が高い

ポケットコイルマットレス
ポケットコイルマットレス

衝撃を吸収・分散させるという点では布団よりマットレスを選んだ方が良いでしょう。特にポケットコイルマットレスがおすすめです。

スプリングコイルマットレスは大きくボンネルコイルとポケットコイルがありますが、ポケットコイルはコイルがひとつひとつ独立している作りのため、荷重分散性が高く振動にも強いです。

BOXタイプの「チェストベッド」は頑丈

ショート丈チェストベッド
チェストベッド

部屋が狭く荷物が多い子どもはチェストベッドという大容量収納ベッドがおすすめです。

通常の収納ベッドは引き出しが2杯程度ですが、チェストベッドは4~6杯程度の引き出しがあります。

更にマットレスの下に長物が収納できるスペースがある超大容量の収納力が魅力のベッドです。

チェストベッドは日本製の商品が多く、できるだけ国産品を購入することがおすすめ。また、引き出しの構造がBOXタイプを選びましょう。

BOXタイプは引き出し部分が完成品になっていて一つのタンスのような作りをしているため、耐久性が高く、パーツが少ないため組立も簡単です。

ただし、チェストベッドは高さがもっともあるベッドのため、転落が心配な乳幼児期には避けた方が良いでしょう。

長いライフスタイルで使えること

子どもが小さい時から大きくなるまでの長い期間を通して使おうとすると、一緒に寝る別々の部屋で寝るというライフスタイルの変化が訪れるでしょう。

長く使いたいなら「連結ベッド」がおすすめ

連結ベッド
連結ベッド

ライフスタイルの変化に上手に対応したいならい「連結ベッド」がおすすめです。

連結ベッドとは字の通り2台のベッドを連結させたベッドのこと。

連結するための構造になっているため連結時にはベッドがずれないようになっています。

分割しても使えるので、将来子ども部屋を持たせてあげるときでもそのまま同じベッドが使えて経済的です。

年齢・シーンで選ぶおすすめベッド

乳児(~満1歳)

乳児

赤ちゃんの時期です。

特に首が座っていない生後3~4カ月くらいまでは柔らかめのマットレスで寝かせる(添い寝する)ことは避けたほうが無難です。

首が座らないとマットレスの柔らかさに埋もれ呼吸をしづらくなったり、最悪窒息する可能性もあります。

首が座るまではある程度硬めな寝心地が良いので、布団かハードタイプのマットレスが良いでしょう。

赤ちゃんは睡眠時に様々な危険が潜んでいるため、親の注意が必要と同時に、ベッド選びも慎重に検討すべきです。

候補としては以下の3つのパターンで検討されている方がほとんどです。

  • 親と同じベッド
  • ベビーベッド
  • 敷き布団

それぞれのメリットやデメリットについては以下の記事でまとめていますので、ぜひご参考ください。

管理人管理人

普通のベッドにしたいと思う人は、落下事故のリスクを考えると高さが低いローベッドをぜひ検討ください。

最近ではローベッドを2台並べるタイプの連結ベッドを乳児期に買う人も多く、当サイトとしても連結ベッドをおすすめします。

幼児(満1歳~卒園まで)

幼稚園児

この頃はまだ子ども用の部屋を用意することは稀でしょうから、基本的に家族そろって寝るケースがほとんどです。

そうした場合、やはり川の字で眠れる連結ベッドがおすすめです。小学生になって部屋を与えたときに分割してそのまま使えます。

【厳選】幼児向けにおすすめの連結ベッド 3選

1、連結式レザーローベッド「SFN」

ワイドサイズ!連結式レザーローベッド【SFN】

合皮タイプの連結ローベッドです。クッション性が高いヘッドボードなので、小さいお子様にも安心です。シンプルなデザインなので将来分割しても使いやすいです。

このベッドを見てみる

2、使い勝手が良いローベッド ワイドキング 230

ヘッドボードに棚・コンセント・照明付きの使い勝手が良いローベッド。サイドフレームは合皮で覆われているので尖っていなく、お子様にも安心です。カラーも3種類から選べます。

このベッドを見てみる

3、モダンデザイン大型ローベッド「LAUTUS」

モダンデザイン大型ローベッド

シンプルな直線的なデザインがおしゃれなローベッド。モダンな印象があるので将来分割しても大人でも子供でも使いやすいです。ヘッドボードには棚とコンセントがついているので、実用性もあります。

このベッドを見てみる

小学生・中学生

子ども部屋を与える場合、狭めな部屋の場合が多いでしょう。

狭い部屋には大容量収納ベッドの「チェストベッド」がおすすめ。

女の子の場合は全長が短いショート丈のチェストベッドを選ぶと空間も有効活用できます。

ショート丈の長さは180cmなので身長160cm以下であれば快適に眠ることができます。

特に国産のチェストベッドは非常に頑丈に出来ているのでやんちゃな子どもでも安心して使うことができます。

【厳選】小学生・中学生におすすめのチェストベッド3選

1、国産のシンプルデザインチェストベッド

圧迫感が少ない薄型のヘッドボードを採用し、狭い部屋でも置きやすいチェストベッド。ヘッドボードには棚とコンセントが付いていて便利です。引き出しはBOXタイプで組立が簡単。安心の日本製ベッドです。

このベッドを見てみる

2、女子向けショート丈のチェストベッド

女子向けショート丈のチェストベッド

荷物が増え始めた女の子の部屋にぴったりなチェストベッド。収納部分もBOXタイプなので耐久性が高いです。ヘッドボードは棚とコンセント付き。かわいらしい部屋にしたい女の子におすすめです。

このベッドを見てみる

3、収納力を窮境に追及したチェストベッド(USBポート付)

引出し5杯 大収納ベッド(USBポート付)

ベッド全体を収納スペースとして活用できるベッド。これでもか!と言わんばかりの収納力を追求したデザインです。コンセントにはUSBポート付き。ヘッドボードに奥行きがあるのでノートパソコンなども置くことができます。プログラミング学習などIT関係が好きな子供にもぴったりです。

このベッドを見てみる

高校生

高校生

高校生でベッドを初めて買うor買い替える場合は、見た目のデザイン性にもこだわりたいところ。

友達を部屋に呼んだ時に「おしゃれ!」と思われたい年頃になってきます。

【厳選】男子学生におすすめのベッド3選

男の子ならローベッドがおすすめ。

低重心なベッドは生活感も薄く、かっこいい印象になります。

1、ウォールナット柄のモダンローベッド(安い!)

ウォールナット柄の木目と、直線的なデザインがとてもスマートでかっこいいベッドです。ヘッドボードにも棚とコンセントがついていて、スマホの充電や、ちょっとした小物を置くことができるので使い勝手が良いです。価格もリーズナブルで嬉しいベッド。

このベッドを見てみる

2、モダンライト付きローベッド

モダンライト付きベッド

ヘッドボードの両サイドのライトがついていて、間接照明がなくても部屋が雰囲気良くなるベッドです。オレンジ色の暖色の間接照明としてのライトは気分もリラックスします。ヘッドボードにはコンセントも付いているので機能性も◎。

このベッドを見てみる

3、シングル・セミダブルが置ける!モダンローベッド

高級感がある木目調のデザインにスチール脚との組み合わせがおしゃれなローベッド。このベッドの良いところはマットレスがシングルサイズとセミダブルサイズの両方を置けることです。まずはシングルサイズを買って、将来セミダブルに変えるということも可能なので、長く使えるベッドです。

このベッドを見てみる

【厳選】女子学生におすすめのベッド3選

女の子ならカントリー調や白いベッドがおすすめ。女の子っぽい部屋になります。

1、フレンチカントリー調の収納ベッド

フレンチカントリー調収納ベッド

ホワイトウォッシュカラーのカントリー調ベッド。真鍮風の取っ手がアンティークな雰囲気を醸し出しています。ショート丈なので、身長が低めの人におすすめ。

このベッドを見てみる

2、ガールズルームにぴったり!ホワイトカラー収納ベッド

ガールズルームにぴったり!ホワイトカラー収納ベッド

低価格なホワイトカラーの収納ベッド。シンプルな見た目なので、どんな部屋にも合いやすいです。組立がやや大変なところがデメリット。

このベッドを見てみる

3、シンプル&スタイリッシュ!モダンデザインすのこベッド

シンプル&スタイリッシュ!モダンデザインすのこベッド

シャープでモダンなデザインが印象的の大人カッコいいベッド。甘すぎない女子向けベッドを探している人におすすめです。ヘッドボードは棚・コンセント付き。サイズはダブルサイズまであります。

このベッドを見てみる

サイズ選びの注意点

サイズ

中学生や高校生ぐらいになると体つきが大人になります。

特に体格がしっかりした子どもの場合はサイズ選びにも注意してください。

シングルサイズは窮屈なので、できればセミダブルサイズを選びましょう。

シングルサイズとセミダブルサイズでは寝たときの快適さが全く違うので、しっかり睡眠をさせたいなら絶対にセミダブルサイズがおすすめです。

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル90~100cm1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

兄弟/姉妹

兄弟/姉妹

年齢が近い兄弟・姉妹なら二段ベッドも選択肢に入ります。

二段ベッドを選ぶときは耐荷重と将来分割して使いやすいかどうかが大切です。

ヘッドボードのありなしやコンパクト設計かどうかなど意外に二段ベッドを選ぶポイントは多いのです。

おすすめの二段ベッドと選び方については『二段ベッドおすすめ【最新版】|おしゃれでコンパクトなベッドを厳選!』でご紹介しています。

最後に

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

当サイトはベッド専門サイトです。

そして当サイトのポリシーは「ベッドを買うなら通販サイトがおすすめ」とご紹介させていただいております。

なぜなら、通販は実店舗に比べて圧倒的な品ぞろえの多さと、価格が安い傾向があるからです。

下記に当サイト厳選のおすすめのベッド通販サイトランキングをご紹介しています。よろしければご参考いただければ幸いです。

ベッドおすすめ通販サイトランキングを見る