レビュー_トゥルースリーパープレミアムケア

トゥルースリーパープレミアケアの徹底レビュー

この記事ではショップジャパンの大ヒットマットレスである「トゥルースリーパープレミアケア」をレビュー用に提供いただいたので、寝心地や使用感をご紹介します。

「トゥルースリーパープレミアケアが気になっている」

「低反発マットレスのメリット・デメリットを知りたい」

という方にご参考いただけますと幸いです。

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

トゥルースリーパーとは?

トゥルースリーパー プレミアケア スタンダードタイプ

トゥルースリーパーとは、ショップジャパン(株式会社オークローンマーケティング)が販売しているマットレスです。

オーバーレイマットレス(マットレスの上に乗せる)タイプのトゥルースリーパーには現在5つのラインアップがあります。

種類タイプ備考
プレミアケア低反発定番・人気
プレミアケアプラス低・高反発2層構造
ネオフィール中反発プルプルした素材
cero<セロ>高反発洗える素材
ウェルフィット低反発3つ折りタイプ

※記事公開日時点

このうち最も定番で人気の「プレミアケア」を今回レビューさせて頂きます。

なお、プレミアケアを含む上記のオーバレイタイプのマットレスは単体利用ができません。必ず布団やマットレスの上に敷いてご使用ください。(薄いので単体で使うと底付きを感じます)

トゥルースリーパープレミアケアの特徴

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』トゥルースリーパーのコンセプトは「睡眠時の体の痛みを軽減したい人向けて作られたマットレス」とのこと。

その中で一番人気の定番商品である「プレミアケア」は低反発で非常にソフトな寝心地が特徴です。

どんな人におすすめ?

「寝ているマットレスが硬すぎて体に痛みを感じる人」におすすめです。

硬めのマットレスにトゥルースリーパープレミアケアを乗せた場合、寝心地は大きく変わります(柔らかくなります)。

横向き寝におすすめ

プレミアケアの寝心地は相当ソフトなため、「横向き寝」の人の方が合うでしょう。

横向き寝は仰向き寝に比べ、肩や腰などがマットレスへ深く沈み込みます。ハードタイプのマットレスだと十分に体圧分散ができませんし、寝姿勢としても歪みやすいです。

プレミアケアは体圧分散性が高く、深く沈み込むので、横向きの寝姿勢を保ちやすいのです。

おすすめできない人は?

当たり前ですが、柔らか過ぎるマットレスが苦手な人はプレミアケアはおすすめできません。

柔らかいマットレスが合いやすい人は、一般的には女性に多いです。なぜなら体のラインが男性よりも女性の方がはっきりしているためです。

また、欧米人は日本人よりソフトな寝心地を好むといわれます。なぜかというと、欧米人は日本人に比べて樽型の体をしていたり、ボリューミーな体型の人が多く、横向き寝が多いからです。

一方、日本人の体型は欧米人に比べると平坦で、寝姿勢も仰向き寝が多いため、ややハードめなマットレスの方が合いやすいと言われています。

低反発マットレスの特徴とは?

低反発素材
低反発素材(トゥルースリーパープレミアケア)

トゥルースリーパープレミアケアは低反発マットレスです。

低反発マットレスは、押して離すとゆっくり形状が戻ることが特徴。荷重による形状安定性が高く、体のラインにぴったりと沿ったフィット感があります。体圧分散性が最も高いタイプです。

実は「低反発」という言葉は造語で、正しくは「メモリーフォーム」と言います。メモリーフォームは「衝撃吸収性が高い素材」という意味です。

低反発マットレスは宇宙船(NASA)の椅子に使用するために開発されたテンピュール®をマットレスの素材として流用したことが起源です。

体へのフィット感が強いがあまり、やや寝返りが打ちづらく、寝苦しく感じる商品もありますが、低反発だから実現できる「雲のような寝心地」は入眠時においては最も気持ちよく感じる素材とも言えます。

低反発素材を使ったマットレス

テンピュールトゥルースリーパー など

低反発素材はこんな人におすすめ
  • 体のラインがはっきりしている人
  • ボリューミーな体型の人
  • 横向き寝の人

テンピュールとトゥルースリーパーの違い

テンピュール
テンピュール

テンピュールといえば低反発マットレスのパイオニア的なブランドです。

テンピュールとトゥルースリーパーの一番の違いは素材の密度です。

テンピュールの方が高密度で作られていて、衝撃吸収性やサポート力が優れ、耐久性も優れています。ただし、その分価格は高めです。

本格的な寝心地を求める人は、テンピュールもご検討ください。

テンピュールについては『衝撃吸収がすごい!テンピュール® の評価・評判を徹底解説』でご紹介しています。

低反発と高反発に違い

トゥルースリーパープレミアケアのようにウレタンフォームで作られたマットレスは、反発性の違いによって、低反発フォーム高反発フォームに大きく分かれます。

低反発のデメリット(寝苦しさや寝返りの打ちにくさ)を解決するような目的で高反発マットレスは誕生しました。

高反発マットレスは低反発ほどのフィット感はありませんが、高い弾性(元に戻る力)があり、体の動きを後押しするような力が働くため、寝返りがしやすいことが最大の特徴です。

もし、あなたが「今使っているマットレスが寝返りが打ちづらく、寝苦しく感じる」とお考えの場合、トゥルースリーパープレミアケアのような低反発マットレスではなく、高反発タイプのマットレスを選んだ方が体に合いやすいでしょう。

低反発高反発
低反発フォーム高反発フォーム
▼反発特徴▼
ゆっくりと戻る勢いよく戻る
▼メリット▼
・体圧分散性が高い
・衝撃吸収性が高い
・寝返りがしやすい
・蒸れにくい
▼デメリット▼
・蒸れやすい(暑い)
・寝返りが打ちづらい
・フィット感が低い
・商品によってはかなり硬い
▼代表商品▼
テンピュールトゥルースリーパー などマニフレックスエアウィーヴモットンなど
▼こんな人におすすめ▼
・体のラインがはっきりしている
・ボリューミーな体型
・横向き寝
・寝苦しく感じる
・一般的な日本人体型
・仰向き寝

低反発・高反発マットレスの特徴は『予算から選ぶ!本当におすすめのマットレス特集|低反発と高反発の違い』で詳しくご紹介しています。

トゥルースリーパープレミアケアの良いところ

トゥルースリーパー

マットレスの上に乗せるだけ

高品質なマットレスを新しく買うにはお金がたくさんかかります。

有名メーカー製のマットレスだとシングルサイズで約15万円前後くらいすることも。

しかも「高級なマットレス=自分に合ったマットレス」というわけではありませんし、手持ちのマットレスを廃棄するとなるとさらにお金も手間もかかりますよね。

その点、トゥルースリーパーは、今持っているマットレスの上に敷くだけで手軽に睡眠の質を改善できる可能性があります。

60日間返品保証がある

マットレスこそ長い時間をかけて試したいところ。

「ショールームでしっかり試して買ったのに家で使ってみたら寝心地が違うように感じる。。」という失敗談、実は結構多いです。

なぜかというとショールームと家での睡眠環境は全く異なりますし、人の体圧というのは簡単に変わってしまうため、自分にぴったりだと思ったマットレスでも合わなかったということがありえるのです。

トゥルースリーパーは60日間の返品保証があるので、しっかり試し寝ができるという点が良いところです。

トゥルースリーパープレミアケアの良くないところ

寝返りが打ちづらい

低反発マットレスの宿命ともいえますが、体に密着する分、寝返りが打ちづらく、起き上がりづらいです。

寝返りは睡眠中に滞った血液を循環させる役割もあり、適度な寝返り回数が快眠につながります。

個人差はありますが、寝返りが打てないことによって睡眠の質が下がる可能性もあります。

ウレタン臭が強い

開封してみて驚いたのがウレタン独特の化学物質っぽい異臭の強さです。

筆者は仕事柄、ウレタンに関しては一般の方より多く接してきたと思います(ウレタンソファの企画に携わったり、商品撮影現場でウレタンを解体したり。。など)。そんなウレタンに慣れている筆者でもかなりの刺激臭を感じました。

次第に臭いは少なくなりますが、1週間経っても消えることはありませんでした。なお、説明書でも「ウレタンに含まれる成分によってアレルギー症状が出ることがある」と記載してありました。

本体が汚れやすい

トゥルースリーパープレミアケアはリニューアル後、カバーを改良し、春夏用のメッシュ面と秋冬用のスムース面のリバーシブル仕様になりました。肌触りはとても良いです。

しかし、メッシュ構造の隙間から髪の毛やほこりが入り、本体部分のウレタンが汚れることに気がづきました。

1週間のみの使用で汚れが気になるレベルでしたので、細かなメンテナンスが必要そうです。

トゥルースリーパープレミアケアを1週間使用した感想

本音を包み隠さず言うと、筆者には柔らかすぎて逆に体が痛くなり、寝返りが打てなかったせいか日中のだるさを感じるようになりました。

確かに入眠時は心地よさを感じます。ですが、寝起きと日中のパフォーマンスへの影響を考えると長く使う気にはなれませんでした。

ただし、あくまで筆者個人の体験です。トゥルースリーパープレミアケアはショップジャパンの販売ページ上、口コミの評判も良く、高く評価している人も大勢います。

その証拠にトゥルースリーパーの実績は下記の通りです。

  • 睡眠中の腰の痛みにお悩みの87.5%がラクになったと実感。(ショップジャパンデータより ※アンケート回答者/136名中132名)
  • 国内販売枚数500万枚突破!(2017年10月末シリーズ累計出荷数 ショップジャパン調べ)
  • 4年連続低反発マットレス市場売上金額NO1低反発性(JIS規格に準じる)マットレス単体国内市場 2013年度~2016年度小売販売金額ベース シリーズ製品合算値(株)矢野経済研究所調べ 2017年9月現在)
  • 返品率は1ケタ台

正直マットレスは好みが分かれます。万人に受けるマットレスなどありません。

繰り返しますが、トゥルースリーパーは60日の返品保証があるので、ぜひ自分に合うかどうか試してみると良いと思います。

【最後に】ウレタンマットレスの注意点

トゥルースリーパープレミアケアはウレタンマットレスです。ウレタンは一般的に耐久性が低いと言われます。

ウレタン素材はその性質上、成形後からすぐに加水分解が始まり、劣化の道を辿っていく運命にあります。睡眠時などの高温多湿の環境ではさらに劣化速度が高まります(よって、ウレタンマットレスの天日干しはNGです)。

つまり、トゥルースリーパーは10年単位で使用するような商品でなく、数年単位で買い替えていくことになるでしょう。

ですが、寝心地の好みも年齢によって変わっていったりするものです。

トゥルースリーパーは返品保証期間もありますし、寝心地が異なるラインナップも豊富にあるので、その時の自分にベストなマットレスを気軽に選べることはメリットといえます。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

公式サイトはこちら