ビーナスベッド

この記事ではベッドメーカーに勤めていた筆者が、ベッド専門店「ビーナスベッド」の特徴について、詳しくご紹介します。

後半ではビーナスベッドの中で特におすすめの商品もご紹介しますので、ベッド選びに悩んでいる方にご参考頂ければ幸いです。

おすすめのベッドを見る 
(このページ下にジャンプ)

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を開設。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

ビーナスベッドとは

ビーナスベッド

ビーナスベッドとは、岡山県にあるビーナスベッド株式会社が展開するベッドブランドです。ベッド事業の他に、婦人雑貨事業(かぐらや)なども展開。岡山県地産の商品を製造販売しています。

昭和41年より営業を開始し、2020年で50周年を迎えた老舗企業です。

ベッドブランドとしてのビーナスベッドは、岡山県に2店舗と、インターネットショップで商品を購入することができます。

この記事ではベッドブランドとしてのビーナスベッドを詳しくご紹介します。

ビーナスベッドの特長

1. 高品質なオリジナル商品が魅力

ビーナスベッドが販売しているベッドフレームは他メーカー商品と、オリジナル商品があります。

特にオリジナル商品の開発に力を入れていて、高品質な国産ベッドとして魅力ある商品が作られています。

得意としているのが天然木を贅沢に使った木製ベッド

例えば高級木材で知られるウォールナットの無垢材をふんだんに使ったベッドフレームなどがあります。

ビーナスベッドのオリジナル日本製ベッド
ビーナスベッドのオリジナル日本製ベッド

ビーナスベッドのオリジナル商品は、豊かな素材感と飽きの来ないデザインが特徴で「ずっと使い続けられるベッド」と言えます。

また、マットレスもオリジナルで作っています。高品質でコストパフォーマンスが良い「国産ポケットコイルマットレス」は満足度96%を誇る代表的な商品です。

ビーナスベッドのマットレス作り
自社工場(岡山県)でのマットレス製造風景

2. 組立設置・梱包材回収が無料

ビーナスベッドの一番のメリットといっても過言ではないのが、ベッドを購入するともれなく無料で「組立設置」と「梱包材回収」のサービスが付いてくることです。

ベッド安心お届けサービス

ベッドは大きな家具なので、部屋の中に搬入することや、組立をし、梱包材を捨てることがかなり大変です。

そして組立ミスなどにより、商品の耐久性やデザイン性が損なわれることも発生しやすいため、できればプロの業者による組立設置サービスを利用することがおすすめ

他のショップでは基本的に組立設置サービスは有料オプションで、しかも高いところだと1台あたり20,000円以上の費用が必要になります。

【他ショップ比較】組立設置サービス
ショップ費用
ビーナスベッド無料
ニトリ無料
※39,800円以上購入に限る
ベルメゾン1,000円~
※多くは5,000円以上
無印良品2,000円~
ディノス3,300円~
ネルコ9,000円~
CCmart720,000円~

さらにビーナスベッドでは、マットレスのみの購入でも部屋まで運んでくれるので良心的です。

ビーナスベッドはベッド販売店の中で、最も配送関係のサービスが優れていると言えるでしょう。

> 組立サービスについて(VB公式)

3. 寝装品も豊富

ベッドやマットレスの他に、布団やカバー類などの寝装品の取扱いも豊富です。

ビーナスベッドの寝装品

寝具を買うにあたりトータル的に揃えることができる点がメリットです。

ビーナスベッドの気になるところ

1. ベッドの種類は多くない

ベッド専門店としてはベッドフレームの種類が少なめで、約30種類ほどです。

脚付きの一般的なデザインをしたフレームが中心で、ローベッドや収納付きベッドなどの取扱いはほとんどありません。(二段ベッド・システムベッド等に関してはゼロです)

いろいろな種類のフレームを検討したい人には物足りないでしょう。

また、マットレスに関してはベッドフレームよりもやや多いですが、ほとんどが海外メーカー製(シーリー、サータ、テンピュール等)のため、高額モデルが中心です。

低価格帯で買えるのは、唯一オリジナルマットレス(1種類)のみなので、選択肢の幅としては狭いと言えます。

豊富な選択肢から選びたい人はベッド専門店「neruco(ネルコ)」がおすすめです。

ネルコ公式はこちら

2. 格安商品がない

ベッドの品揃えにやや偏りがあるため、低価格帯の商品の取扱いがほとんどありません。

最も安い価格のベッドはフレームのみで3万円台です。これは他のショップに比べると高価格です。

逆に10万円を超える高級モデルの取り扱いは豊富です。

格安商品を選びたい人はインテリアショップ「モダンデコ」をチェックしてみると良いと思います。

モダンデコ

モダンデコはこちら

ビーナスベッドのクーポン情報

クーポン

公式サイトでは期間限定でクーポンやセール企画を実施していることもあります。クーポンコードなどは公式サイトで確認できます。

ビーナスベッドの基本情報

サービス対応状況
組立設置無料
下取り・引取り引き取りのみオプション
支払い
  • 各種クレジットカード
  • Amazonペイ
配送注文後1週間程度

ビーナスベッドの評価は?
おすすめランキングを見る 

ビーナスベッドで買うならコレ!おすすめベッド&マットレス 4選

管理人管理人

ビーナスベッドの中で特におすすめの商品を厳選してご紹介します。

1. オリジナル国産ポケットコイルマットレス

オリジナル国産ポケットコイルマットレス

高コスパの逸品

ビーナスベッド唯一のオリジナルマットレス。スプリングは平行配列のポケットコイルで、適度な反発性があり、寝返りもしやすい構造です。コイルに使用しているバネは一般的な「硬鋼線」よりもハイグレードな「ピアノ線」を採用。側地は綿100%で通気性が良く、両面仕様なので表裏のローテーションも可能です。この仕様で3万円台から買えるのはコストパフォーマンスが優れていると言えます。口コミ評価や評判も良いです。ほとんどすべてのベッドフレームとセットで購入することができるビーナスベッド定番の逸品。

サイズセミシングル~キング
※ロングサイズあり
硬さノーマル
クッション材ポケットコイル
価格35,000円
その他日本製、両面仕様、通気性◎、ピアノ線

このマットレスを見てみる

2. カルディナ[ウォールナット]

カルディナ[ウォールナット]

低価格でも高級感

シンプルなパネルデザインのベッド。ビーナスベッドの中では低価格帯の商品です。フレームには高級木材ウォールナット(突板)を使用し、低価格なのに高級感があります。立派なヘッドボードは曲線があり、背もたれに適していて、ベッドの上でリラックスした時間を過ごせるでしょう。ベッドの脚は継脚仕様なので、2段階の高さ調節が可能です。フットボードは面取り加工され、やさしい丸みがあるので、小さいお子様がいるご家庭にも安心です。

サイズシングル~クイーン
主な素材天然木ウォールナット突板
床板すのこ(桐材)
価格44,800円

このベッドを見てみる

3. コルツ(日本製)

コルツ(日本製)

一生もののベッド

天然木の無垢材を使って作られた贅沢なベッド。カラーバリエーションは素材が異なる3色で、濃い順にウォールナット・オーク・ブラックチェリーがあります。オイル塗装によって仕上げられているので、木が持つ自然な「経年変化」が楽しめ、人と一緒に年を重ねていく風合いが魅力。まさに一生もののベッドとしてふさわしいです。価格は高めですが、高い満足感を得られる逸品。

サイズシングル~キング
※ロングサイズあり
主な素材天然木ウォールナット/オーク/ブラックチェリー(無垢材)
床板すのこ(桐材)
価格218,000円

このベッドを見てみる

4. ヴェール[ナチュラル](日本製)

ヴェール[ナチュラル](日本製)

上品でやさしい

ヘッドボードが天然木バーチ無垢材で作られたベッド。光沢がある美しい木肌が特長のバーチは、肌触りが良く、傷や水にも強いこともメリット。明るく上品な色合いのため、薄めの床との相性が良いでしょう。サイドフレームとフットボードの一部を突板にすることで、無垢材を使ったベッドとしては低価格を実現できました。継脚仕様なので、3段階の高さ調節が可能です。

サイズシングル~キング
※ロングサイズあり
主な素材天然木バーチ(無垢材)
床板すのこ(桐材)
価格124,800円

このベッドを見てみる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベッド専門店「ビーナスベッド」の特徴・おすすめ商品をご紹介しました。

ビーナスベッドは格安ネットショップというわけではなく、実店舗を構えた中~高価格帯の高品質の商品を取り扱っています。

よって、「できるだけ安く済ませたい」「寝心地や仕様にはこだわりがない」という人にとっては、正直オーバースペックになってしまうでしょう。

しかし、特にオリジナル商品は丁寧に作られていて、飽きの来ないシンプルなデザインや、ずっと傍に置いておきたくなる質感がなんといっても魅力。「しっかりとした木製ベッドを探している」という人は必見のショップです。

マットレスは「国産ポケットコイルマットレス」のコストパフォーマンスが優れていますが、他の選択肢が少ないため、別のショップをご検討いただくのも良いと思います。

参考までに、筆者がこれまで体験・調査した中で特におすすめのマットレスを下の記事でまとめています。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ビーナスベッド

公式サイトはこちら