おすすめサイトランキング

ベッド通販サイトの人気ランキングを発表!

このページではベッドメーカーに勤めていた筆者が厳選するおすすめの通販サイトをランキング形式でご紹介します。

このランキングは当サイト経由の販売実績や取り扱っている種類、価格設定など約30種類の指標によって作っています。

みんなに選ばれている=人気と言えるため、特に販売実績がランキングの順位に与える影響は強いです。

ベッドを買うなら通販サイトを活用するのがコストパフォーマンスが良く、品ぞろえが豊富でおしゃれなデザインのベッドもたくさんあるので、ご参考いただけると幸いです。

それではランキングをどうぞ!

おすすめベッド通販サイトランキング【2021年6月版】

※2021年6月1日更新

2021年5月の振り返り

nerucoは相変わらず圧倒的な人気を誇ったまま首位をキープ。当サイトとのコラボモデルの収納ベッド「ZESTO」がおかげさまでかなり売れ行きが良く、品薄状態でご迷惑をおかけしております。

5月で特に飛躍したのは2位のベストバリュースタイル(前月比188%!)。商品数も拡充してきて選びやすくなってきました。メーカー直販ならではのコストパフォーマンスの高さを武器に人気のベッドデザインが格安で買えます。特にベッドフレームを探している人におすすめです。運営会社様より当サイト限定クーポン(下記)も発行いただいているので、よりお得に買いたい人はぜひご利用くださいね。

ベストバリュースタイル×ベッドおすすめランキング特別クーポン(クーポンコード「BED21」で15%OFF)

3位の源ベッドは前月よりひとつ順位を落としましたが、引き続き好調(前月比125%)で、特に圧縮タイプの国産ポケットコイルマットレスの売れ行きが良く、生産が追い付かない状況のため、通常よりも納期がかかることがあるそうです。

    >>>ランキングと点数について

    1位→1位neruco(ネルコ)/ 100pt以上


    neruco
    参照:neruco

    豊富な種類・抜群のコスパ

    株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド専門サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由

    取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなど、こだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

    オリジナル商品のコスパが良く、丁寧に企画開発されています。

    取り扱いブランド(一部)
    • フランスベッド
    • 日本ベッド
    • サータ
    • ドリームベッド
    • 東京ベッド
    • パラマウントベッド
    ▼ nerucoの評価
    価格5.0
    種類5.0
    サービス3.0
    出荷の早さ2.5
    人気度5.0

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    ネルコはこちら

    2位↑3位ベストバリュースタイル/ 98.4pt


    ベストバリュースタイル
    参照:ベストバリュースタイル

    低価格なシンプルモダンベッド

    ベストバリュースタイルは商品仕入れ大手「株式会社もしも」が直営するベッド専門販売サイト。

    メーカー直販なので、最安値レベルの価格設定で買えることが魅力です。

    ブランドコンセプトは「シンプルモダン」ということで、どんな部屋にも合いやすい長く使えるベッドデザインが特長。

    2020年4月よりオープンした新しいショップなので、まだ品揃えは少ないですが、特にローベッド収納ベッドなどはコストパフォーマンスが良いです。

    ▼ ベストバリュースタイルの評価
    価格5.0
    種類2.0
    サービス3.0
    出荷の早さ5.0
    人気度4.5

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    【PR】当サイト限定クーポンのご紹介

    ベストバリュースタイル×ベッドおすすめランキング特別クーポン(クーポンコード「BED21」で15%OFF)

    運営会社の株式会社もしも様より、当サイトをご覧になった方限定の特別クーポンをいただきました。15%OFFが適用されるかなりお得な内容です。(今のところ期限の定めはありません)

    クーポン利用方法

    無料会員登録後、お会計画面のクーポンコード欄にクーポンコード:BED21 を入力すると15%OFFが適応されます。

    ※他のクーポンとの併用は不可です
    ※公式サイトのみ対象

    ベストバリュースタイルはこちら

    3位↓2位源ベッド / 98.1pt


    源ベッド
    参照:源ベッド

    国産ベッドが安い

    源(みなもと)ベッドは、広島県のベッドメーカー株式会社チヨダコーポレーションが運営するインターネット限定のベッド専門ショップです。

    株式会社チヨダコーポレーションは、1965年に創業した老舗の日本製ベッドメーカーです。国産メーカーとしては最安値レベルなので、「国産で安いベッドが欲しい」という人にぴったりです。※海外製の商品も一部取り扱っています

    特に檜(ひのき)などの天然木を使用したすのこベッドが豊富にあり、ナチュラルな雰囲気が好きな人におすすめ。

    ▼ 源ベッドの評価
    価格3.5
    種類2.0
    サービス3.0
    出荷の早さ4.0
    人気度4.0

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    源ベッドはこちら

    4位↑5位ビーナスベッド/ 89.7pt


    ビーナスベッド
    参照:ビーナスベッド

    高品質・本格派ならココ

    ビーナスベッドは創業50年の岡山県にあるベッド専門店です。オリジナルのマットレスや有名海外ブランドの取り扱いがあり、特にサータのマットレスが豊富にあります。

    温もりを感じられる木製フレーム高品質なポケットコイルマットレスが魅力。

    組立設置が無料サービスとなっていることも評価が高いポイントです。

    ▼ ビーナスベッドの評価
    価格2.0
    種類3.0
    サービス5.0
    出荷の早さ4.0
    人気度3.5

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    ビーナスベッドはこちら

    5位↓4位CCmart7/ 88.1pt


    ccmart7
    参照:CCmart7

    大型収納ベッドならココ

    CCmart7はインターネット限定のインテリア総合ショップ。

    ベッドの種類は本当に豊富で、ほかのショップで扱いが少ない「跳ね上げ式ベッド」や「チェストベッド」「連結(ファミリー)ベッド」などが人気です。

    マットレスとベッドフレームとのセット価格のコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめです。販売ページが丁寧なのでネットショッピング初心者でも安心です。

    ▼ CCmart7の評価
    価格2.0
    種類5.0
    サービス3.0
    出荷の早さ4.0
    人気度3.0

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    CCmart7はこちら

    6位↑7位エアリゾーム / 83.1pt


    airrhizome
    参照:エアリゾームインテリア

    おしゃれな北欧テイストが格安

    エアリゾームはインターネット限定のインテリア総合ショップです。北欧テイストに絞って品揃えをしています。

    エアリゾームで売っている家具で適当に揃えてもおしゃれな部屋が作れるほどテイストへのこだわりが感じられます。

    イチオシはピロートップタイプのオリジナルマットレス「HOLLOW」。2万円以下から買えるとは思えないほどリッチな寝心地が得られます。

    ▼ エアリゾームの評価
    価格3.0
    種類2.0
    サービス3.0
    出荷の早さ3.0
    人気度0.5

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    エアリゾーム を見る

    7位↑8位LOWYA / 82.6pt


    lowya
    参照:LOWYA

    ロフトベッドが強み

    LOWYAは総合インテリア通販サイト。特にロフトベッド・システムベッドの品ぞろえが豊富なことが特長です。

    「人をダメにするシステムベッド」や「キャットウォーク付きベッド」など他にはない珍しい商品が売っていることも魅力です。

    1万円台以下で買える低価格商品もあり、リーズナブルにベッドを買いたい人にもおすすめです。

    ▼ LOWYAの評価
    価格3.0
    種類1.0
    サービス3.0
    出荷の早さ3.0
    人気度2.0

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    LOWYAはこちら

    8位9位ベルメゾン / 82.6pt


    bellemaison
    参照:BELLE MAISON

    大手で安心、一人暮らしに特におすすめ

    icon「ベルメゾン(BELLE MAISON)」は大手総合通販会社の千趣会が運営する通販サイトです。大手ならではのサポートの厚さと安心感があります。

    特にすのこベッドの種類が豊富なので一人暮らしの人は必見です。プライベートブランドの「BELLE MAISON DAYS」は低価格なのにデザイン性も優れています。フレームを安く買いたい人にもおすすめなショップです。

    ▼ ベルメゾンの評価
    価格3.0
    種類2.0
    サービス5.0
    出荷の早さ4.0
    人気度3.0

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    ベルメゾンはこちら

    9位↑10位モダンデコ / 80.5pt


    モダンデコ
    参照:モダンデコ

    単品マットレスのコスパが良い

    モダンデコは楽天に出店している総合インテリア通販サイトです。通販で売られている定番商品が格安で買えることが特長です。

    マットレスのコストパフォーマンスが良く、特に高密度ポケットコイルマットレスがおすすめ。安心の10年保証付きです。

    ▼ モダンデコの評価
    価格4.0
    種類2.0
    サービス2.0
    出荷の早さ4.0
    人気度1.0

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    モダンデコはこちら

    10位↓6位CASA HILS/ 79.1pt


    カーサヒルズ参照:CASA HILS

    おしゃれなローベッドならここ

    CASA HILS(カーサヒルズ)と言えば大ヒット商品「ZENローベッド」が有名。ZENローベッドは「ローベッドというジャンルを作った」と言われるパイオニア的な商品です。

    CASA HILSは基本的にローベッドに絞って商品開発をしているので、他のベッドタイプや全体的な品ぞろえが少ないですが、ハイクオリティな商品が厳選されています。

    スタイリッシュなベッドを探している」「大きいサイズのベッドを探している」という人にぜひ見ていただきたいショップです。

    ▼ CASA HILSの評価
    価格2.0
    種類1.0
    サービス3.0
    出荷の早さ2.0
    人気度1.5

    ※人気度は当サイト経由の販売額です

    CASA HILSはこちら

    ベッド通販サイトを選ぶポイント

    まずはここに注目!「業態の違い」

    ベッド通販サイト(ベッド販売店)は、実は以下の通り大きく3つの業態に分かれます。※当サイト独自の分け方

    ベッド販売店の業態の違い

    1. 小売店
    2. メーカー直営店
    3. SPA(製造小売店)

      そして、意外と知られていないことですが、この業態の違いによって、実現可能な「コストパフォーマンスの良さ」「取扱い種類の豊富さ」などが異なってくるのです。

      以下より詳しくご紹介します。

      1. 小売店

      小売店は「仕入れた商品を売るお店」のこと。つまり、基本的には自社で商品を作らずに、メーカーや卸から商品を仕入れて販売を行っています。

      リアル店舗と違い、ネットショップはドロップシッピング(自社で倉庫を持たずに、注文が入ったらメーカーや卸の倉庫から商品を出荷)などという仕組みがあるため少人数の会社で運営していることが多いです。

      特に楽天などのモールに出店しているショップは小規模事業者が運営している小売店のことが多いです。

      小売店のメリット・デメリットは以下の通りです。

      メリットデメリット
      • 豊富な品数を取り扱いやすい
      • ニッチな商品も採用しやすい
      • 相対的なコストパフォーマンスが良くない
      • オリジナリティが出しづらい
      • サポートの対応が遅い
      小売店のメリットは?
      • 豊富な品数を取り扱いやすい
      • ニッチな商品も採用しやすい

      上記2点のメリットについては、「在庫リスクがない」ことに起因します。

      自身で在庫を持たなくてもよいので、好きなだけの量(種類)の商品を取り扱うことができますし、年間数台しか売れない(けど、必ず一定の需要がある)ようなニッチ商品も取り扱えます。

      小売店のデメリットは?
      • 相対的なコストパフォーマンスが良くない
      • オリジナリティが出しづらい
      • サポートの対応が遅い

      一方、デメリットについては、商品が売れた際の利益をメーカーや卸と折半しなければいけないため、商品価格を低く設定しにくい点です。

      また、自身で商品を作っていないので、基本的には他の小売店でも取り扱っているような商品を売らなければなりません。

      さらに、ユーザーからの問い合わせ(商品の在庫状況や仕様の質問、到着時の不良品があった際など)は、自身で生産管理や品質管理などを行っていないため、基本的にはその商品を企画・製造しているメーカーへ問い合わせなければなりません。そのため、問い合わせから返答までのリードタイムが長くなってしまう傾向があります。

      こんな人に小売店はおすすめ
      • 他の通販サイトで販売していないような商品を買いたい人

      特に跳ね上げ式ベッドや、大きいサイズ(クイーンやキング)、大型収納のチェストベッド、連結ファミリーベッドなどは、小売店の方が取扱い量が多い傾向があります。

      おすすめの小売店は?

      おすすめのベッド小売店

      ccmart7

      CCmart7(シーシーマートセブン)
      大型収納ベッドが豊富
      ベッドを中心としたインテリア総合を扱うネットショップ。特に大型の収納ベッド(跳ね上げ式ベッド・チェストベッド)や連結ベッドの取扱いが豊富です。運営会社は有限会社メディアスタジオという小規模の会社ですが、サポートの丁寧さやインテリアに関する知識は豊富で、安心して買い物ができると思います。

      2. メーカー直営店

      メーカー直営店とは、言葉のとおりで「商品を企画・製造しているメーカーが直接的に営業する販売店」のこと。

      実は家具業界は、メーカー・卸・小売りといった形で、業態がくっきり分かれていることが多い(つまり、メーカーのホームページでは商品を販売していないことが多い)です。

      特に有名どころのメーカー、たとえばフランスベッド日本ベッドなどはショールームこそ構えていますが、基本的に自社ではネットショップを営んでいません。

      しかし、中には自社で直営ショップを設けているメーカーもあります。

      メーカー直営店のメリット・デメリットは以下の通りです。

      メリットデメリット
      • 高品質なのに低価格
      • サポート体制の安心感
      • 種類が少なめ&品揃えに偏りがある
      • 販売サイトが使いづらい

      ※あくまで傾向です

      メーカー直営店のメリットは?
      高品質なのに低価格

      特に歴史があるメーカーの場合、ベッド作りのノウハウがあり、商品の品質が高い傾向があります。そして、さらにそれをユーザーに直接販売することで、中間業者にマージンを支払う必要がないため、商品価格を低くすることができるのです。

      よって、メーカー直営店の場合、見るべきポイントはその歴史の長さや商品の実績(ホテルなどへの納入実績など)だったりします。

      サポート体制の安心感

      単なる小売店とは逆で、メーカー直営店は自社でほぼすべての管理をしているため、何か問い合わせをした際に回答が早く・明確なことが多いです。

      また、特に歴史があるメーカーの場合、ベッド選びに精通している社員の方がサポートにあたることもあり、些細なことも相談しやすいと思います。

      メーカー直営店のデメリットは?
      種類が少なめ&品揃えに偏りがある

      メーカーには得意・不得意分野があったりします。ポケットコイルマットレスに強いメーカーもあれば、ローベッドを専門としたメーカーもあったりします。

      自分が探している商品ジャンルがある程度明確な人なら良いかもしれませんが、「幅広いジャンルの中から選びたい」という人には不向きでしょう。

      また、自社で在庫を抱え、生産管理を行うがあるため、ある程度種類を絞って事業を展開していることもあります。

      販売サイトが使いづらい(こともある)

      得手・不得手の話ですが、メーカーはカタログ的なサイトづくりには慣れていますが、ユーザーが意欲を高めて、わかりやすく購買できるようなサイトづくり(いわゆるECサイトのようなつくり)を苦手としていることも少なくありません。

      とはいえ、これはメーカーによって差はありますし、ショッピングサイトとしての運営ノウハウが溜まることで、時間が解決してくれることだと思います。

      こんな人にメーカー直営店はおすすめ
      • 高品質なベッドをできるだけ低価格に買いたい人
      • サポート面に安心感を持ちたい人
      おすすめのメーカー直営店は?

      おすすめのメーカー直営店

      源ベッド

      源(みなもと)ベッド
      国産ベッドが安い
      1965年創業の広島県のベッドメーカー「チヨダコーポレーション」が運営するベッド専門店。特におすすめは国内最高品質のバネを使用したポケットコイルマットレスと、高級木材のひのきを使ったすのこベッドです。

      3. SPA(製造小売店)

      SPAとは、自社で製造・販売を手掛けるショップのこと。メーカー直営店と近いですが、SPAは「他社商品も多く扱うが、自社のオリジナル商品もある」というような形態を取っていることが特徴です。家具業界で言えばニトリはSPAの大手です。

      SPAのメリット・デメリットは以下の通りです。

      メリットデメリット
      • 格安商品が多い(絶対的な価格が安い)
      • 失敗が少ないオリジナル商品
      • 生産・品質の不安定さ
      • 無難になりがち

      ※あくまで傾向です

      SPAのメリットは?
      格安商品が多い

      家具業界のSPAの多くは基本的に「低価格な海外生産品」を中心的に取り扱っています。工場は自社で構えず、主に中国や東南アジアなどの既存の家具が作れる工場と契約して商品を作ることが多い傾向があります。

      つまり、固定費(工場や工員の人件費)等の製造コストをなるべく抑えることで、低価商品を作りやすくなる点がメリットのひとつと言えます。

      失敗が少ないオリジナル商品

      SPAのオリジナル商品の企画開発は、単純に言えば「他社製の売れ筋・人気モデルをベースに改良を加えて、さらに低価格で売る」という戦略を取ることが多いです。

      これはSPAの構造上の強みですが、消費者との距離が近く、さらに商材をたくさん取り扱っているため販売データが溜まりやすいため、要するに「売れるポイント」というのがつかみやすいのです。

      そうした豊富な売上実績をベースにオリジナル商品を企画開発していくので、結果的に消費者にとっては買って失敗が少ないものになりやすいという傾向があります。

      SPAのデメリットは?
      生産・品質が不安定(海外生産のデメリット)

      輸入商材はサプライチェーン(生産・デリバリー等)におけるマネジメントの難易度が高く、要するに品質面と納期が不安定になりやすい傾向があります。

      品質面においては、どうしても現地の価値観に馴染んでしまいやすいことや、物理的な距離が離れていることで意図がうまく反映できにくく、それが結果として品質面に支障を来します。たとえば「40mmのネジを使うはずが、なぜか30mmのネジを使われていて、結果的に組立ができない商品をお客様に届けてしまった」などということにもつながります。

      納期については、基本的にはコンテナ船で海上輸送することが多く、社会情勢によって航路が変更されることもあるため、予定していた納期が遅れてしまうことも少なくありません。また、船が日本に到着してからも港での税関などで予定より時間をとられてしまうことも。

      この点、国内で完結しているメーカー製の商品の方が、品質や納期に関する安定感は高いと言えるでしょう。

      無難になりがち

      会社の方針によりますが、いわゆる純粋なベッドメーカー(メーカー直営店)とは違い、SPAは自社のベッド・マットレスにおけるこだわりが少ない傾向があります。

      これはメリットでもお話した「他社の売れ筋人気モデルをベースにオリジナル商品を開発する」ということの裏返しです。

      結果的に「どこかで見たことがあるような商品がちょっと安い」的なものが生まれやすく(無難なことは決して悪いことではありませんが)、オリジナリティを求める人には物足りなく感じるかもしれません。

      こんな人にSPAはおすすめ
      • とにかく低価格にベッドを買いたい人
      • 幅広い選択肢を検討したい人
      おすすめのSPAは?

      おすすめのSPA店

      neruco

      neruco(ネルコ)
      オリジナル商品が良い
      株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド専門店。約6,000種類ものベッドの取扱いがあり、ベッド専門店の中では抜群の品ぞろえの豊富さが強み。その豊富な販売データから開発されたオリジナル商品は魅力度高く、最近ではオリジナル商品を中心にラインアップが拡充されています。フランスベッドや東京ベッドなどの老舗有名メーカーとコラボしたオリジナル商品もあります。

      以下ではおすすめショップにおける業態をまとめています(傾向としてお考え下さい)。

      ショップ得意ジャンル
      ネルコSPA
      源ベッドメーカー直営店
      ベストバリュースタイルメーカー直営店
      CCmart7小売店
      ビーナスベッドメーカー直営店
      モダンデコSPA
      CASAHILSメーカー直営店
      LOWYASPA
      エアリゾームSPA
      ベルメゾンSPA

      続いてココ!「得意のジャンル」

      ベッド(ベッドフレームやマットレス)には、細かく見るとたくさんの種類があります。

      そして、ベッド通販サイト毎に得意としている(積極的に取り扱っている)商品ジャンルがあるので、具体的に「こんなベッドが欲しい」とお考えの方は各ショップの特性を理解した方が早道です。

      なお、ベッドの大まかな種類(ジャンル)分けをすると以下の通りになります。

      ベッドフレーム
      1. すのこベッド
      2. ローベッド(フロアベッド)
      3. 脚付きマットレスベッド
      4. パイプベッド(スチールベッド)
      5. 収納ベッド(2~3杯収納)
      6. チェストベッド(大型収納)
      7. 跳ね上げ式ベッド(大型収納)
      8. 連結ファミリーベッド
      9. ロフトベッド
      10. 二段ベッド
      11. ショート丈ベッド
      12. ロング丈ベッド
      13. 畳ベッド
      14. 折りたたみベッド
      15. 電動ベッド(介護ベッド)
      16. デイベッド
      17. ソファーベッド

      など

      マットレス
      1. ポケットコイル
      2. ボンネルコイル
      3. 高密度連続スプリング
      4. ノンコイル
      5. 高反発
      6. 低反発
      7. 薄型
      8. 三つ折り

      など

      ベッドフレームの種類や選び方については以下の記事で詳しくご紹介しています。

      マットレスの種類や選び方については以下の記事で詳しくご紹介しています。

      以下ではおすすめショップにおける得意ジャンルを大まかにまとめるのでご参考くださいね。※マットレスは概ねポケットコイルタイプの取扱いが中心なので、割愛しています

      ショップ得意ジャンル
      ネルコ収納ベッド、すのこベッド、ロフトベッド
      源ベッド国産すのこベッド(ひのき)、脚付きマットレスベッド
      ベストバリュースタイル収納ベッド、ローベッド
      CCmart7大型収納ベッド、連結ファミリーベッド、ショート丈ベッド
      ビーナスベッド国産すのこベッド(ウォールナット等)
      モダンデコソファーベッド、すのこベッド、畳ベッド
      CASAHILSローベッド
      LOWYAパイプベッド、ロフトベッド、二段ベッド
      エアリゾームパイプベッド
      ベルメゾンすのこベッド、電動ベッド、折りたたみベッド

      ココも見逃せない「サービス内容」

      サービス内容も各社で異なり、以下はベッド通販サイトで見るべき主なサービス内容です。

      主なサービス内容

      1. 出荷の早さ
      2. 組み立てサービスの有無
      3. 下取り・引き取りの有無
      4. 保証期間

        1. 出荷の早さ

        早くベッドを使いたい人にとって、お届けまでのリードタイムは大切なポイントです。

        商品によっても納期は変わる

        納期はショップによっても変わりますが、注意すべきは商品によっても変わるという点です。これは梱包サイズによるものです。

        佐川急便などでお届け可能な小さい梱包サイズであれば、注文後、遅くても1週間以内には届きます。(在庫がある場合)

        一方、宅配便では取扱いができない大きい梱包サイズの場合は、「大型配送便」の場合、お届けに2週間程度かかってしまうこともあります。

        特にマットレスには注意です。

        最近では宅配便で早くお届けできるように圧縮梱包されたマットレスも増えてきました。しかし、従来型の非圧縮タイプのマットレスは、基本的に大型配送便扱いになるので、お届けまでに時間がかかります。

        左:圧縮、右:非圧縮
        左:圧縮梱包、右:非圧縮梱包

        なお、非圧縮タイプ(画像右)の方が、当然送料は高くなり、商品価格に送料が上乗せされている場合があるので、結果的に圧縮タイプ(左)と同等の品質でも非圧縮タイプの方が高価格になりやすいです。

        さらに、大型配送便の場合、時間指定ができないことが多いので、さらに不便に感じてしまうでしょう。

        どこが早い?最短お届け日の比較

        参考までに各ショップにおける注文後の最短お届け日の比較は以下の通りです。

        ショップ最短お届け日
        ネルコ4~7日
        源ベッド2~3日
        ベストバリュースタイル翌日
        CCmart73~4日
        ビーナスベッド3~4日
        モダンデコ翌日
        CASAHILS1週間
        LOWYA1週間
        エアリゾーム3~7日
        ベルメゾン2~3日

        ※状況等によって変更される可能性があるので、必ずリンク先のショップページにてご確認をお願いします

        2. 組立サービスの有無

        家具の中でもベッドは特に大きいため、家に届けた後に組立し設置するのに力が必要です。

        しかも、低価格な収納ベッドなどは完全組立品のことが多く、パーツが大量で組み立てに苦労することも。

        完全組立品の収納ベッドのパーツ
        完全組立品の収納ベッドのパーツ

        特に力に自信がない人や組立が苦手な人は、業者さんが商品を組立し、指定の場所に設置してくれる「組立サービス」を利用するのがおすすめです。

        おすすめショップにおける組立サービスの有無やその料金を以下にまとめます。

        ショップ組立サービス料金
        ネルコ9,000円~
        源ベッド4,900円
        ベストバリュースタイル3,000円~ANYTIMESというサポーターを派遣する仕組みを採用
        CCmart727,500円
        ビーナスベッド無料
        モダンデコ12,230円
        CASAHILS9,800円
        LOWYAなし
        エアリゾームなし
        ベルメゾン5,500円~(ベッド)

        ※状況等によって変更される可能性があるので、必ずリンク先のショップページにてご確認をお願いします

        3. 高級志向なら「有名メーカーの取扱い」

        フランスベッド

        特に小売店やSPAの業態のショップは、様々な商品を取り扱っているところが多いので、有名メーカー製のベッドも選べます。

        有名メーカー製のベッドは価格は高めですが、やはりその分作りがしっかりしているので、安心感を持って選びたい人におすすめです。

        おすすめショップにおける有名メーカー品の取扱い有無やそのメーカーを以下にまとめます。

        ショップ有名メーカー
        ネルコフランスベッド、日本ベッド、東京ベッド、サータ、パラマウントベッド等
        源ベッドなし
        ベストバリュースタイルフランスベッド
        CCmart7フランスベッド
        ビーナスベッドシーリー、サータ、テンピュール
        モダンデコなし
        CASAHILSなし
        LOWYAフランスベッド
        エアリゾームなし
        ベルメゾンシモンズ、フランスベッド等

        ※状況等によって取扱いが変わる可能性があるので、必ずリンク先のショップページにてご確認をお願いします

        有名メーカー(ブランド)については、以下の記事で詳しくご紹介しています。

        4. もしものための「保証期間」

        基本的にはメーカー保証が1年間あり、プラスαでショップ独自の保証期間を設定している例もあります。

        ただし、商品単位で変わってくることも多いので、心配な人は「その商品にどれほどの保証期間が付いているか」をご確認のうえ購入されることがおすすめです。

        また、マットレスについては、単品ブランドを展開しているメーカーが直営しているショップが多く、その中では返金・返品保証が付いている商品もあります。

        特にマットレスは体に合う合わないが出やすいので、気軽に試せるのは大きなメリットと言えます。

        以下の記事で、返金・返品保証が付いているマットレスを詳しくご紹介しています。

        ランキング評価基準について

        当ランキングは品揃え・価格・サポート体制等の基礎得点と、販売実績を加点し、約30項目の評価ポイントの掛け合わせで算出しています。

        2020年2月(1月度の販売実績)の評価から基礎得点のウェイトを変更しました

        大きな変更点は、品揃えの量についてのウェイトを下げ、オリジナル商品の評価に重きを置いたことです。

        100個の品揃えよりも、1個のオリジナル商品

        過去は「品揃えの量が多い=選択肢の幅が広い」という点で、高評価要因としていましたが、自社開発でない商品を闇雲に大量採用しているショップも多く、品揃えの量が必ずしもユーザーのメリットに繋がらないと考えています。

        現在のランキングでは自社製品(オリジナル商品)の魅力度にウェイトを高く置いています。

        ベッドなど家具は、一般的には自社のオリジナル商品の方がコストパフォーマンスが良くなる傾向があります。

        100個の品揃えよりも、1個の魅力あるオリジナル商品の方が価値があることが多いので、現在の評価は、いかに魅力的な単品商品があるかという点を大切に見ています。

        「たくさんの選択肢から検討したい」という人は、当サイトでまとめている各ベッドフレームの記事をご確認いただくことをおすすめします。

        >>>「ベッドフレーム」の記事一覧

        筆者は当サイトを運営するにあたり、数百のベッドを細かくチェックしています。
        そして、その中で特におすすめという商品を各ベッドフレームの記事でご紹介しているので、ご参考いただけますと幸いです。

        まずは下記のベッドフレームの種類についての記事から気になったフレームの種類の記事を見ていただければと思います。

        評価項目(一部)

        • ベッドフレームの種類の多さ
        • マットレスの種類の多さ
        • サイズのバリエーション
        • 保証や組立設置等のサービス
        • 相対的な価格設定
        • 当サイト経由での販売実績

        など、簡単に言うとコストパフォーマンスの良さ種類の多さサービスの良さ販売実績を加味してランキングを作成しています。

        報酬によってランキングは左右されません

        ありがたいことに当サイトは多くのアクセスをいただくようになりました。

        そして、ベッドメーカーや販売店のご担当者様から「ランキングに入れてほしい」というご要望をいただくことも増えてきました。

        中には報酬を条件に依頼いただくこともあるのですが、当サイトでは報酬によってランキングを操作することは絶対にしていません。

        (もちろん、お声がけいただいたことでその販売店様のことを知り、調査しランキングに掲載させていただくということはあります)

        当サイトのランキングはあくまでショップの評価と当サイト経由での販売実績を掛け合わせた順位です。

        本当におすすめできる販売サイト様のみ、取り上げています。

        更新頻度について

        現在このランキングは1カ月に1度更新しています。

        月次の集計時に販売実績と取り扱い商品やサービス内容を再調査して、ランキングに反映しています。

        当サイトに来てくれた皆様が安心してベッド選びができるよう、最新で正確な情報提供にこれからも努力していきますので、よろしくお願いいたします。

        当サイトと管理人について >