MyeFoamマットレスを徹底解説

Amazonベストセラーマットレスの実力は?

この記事では「MyeFoamマットレス」についてベッドメーカーに勤めていた筆者が徹底解説します。

MyeFoamマットレス
MyeFoamマットレス

MyeFoamといえば、Amazonベストセラーとして、「Amazon本当の5つ星商品(ダイアプレス)」にも掲載されたマットレスです。

Amazonの口コミは2,400件超え&評価が4.1という人気ぶりです。(2020年8月時点)

最大級のモールであるAmazonの中で、ベストセラーとして販売されているマットレスがどのような寝心地が確かめたいと思い、今回は実際に購入して体験してみました。ご参考いただけますと幸いです。

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

MyeFoamとは?

MyeFoamマットレス

MyeFoamとはAmazonや楽天で販売されいてる中国製のマットレス・寝具ブランドです。

パッケージや説明書などに製造元企業の記載はなかったのですが、ネットで調べたところ「祺勝實業(香港)有限公司」という2014年に香港で設立された会社でした。

祺勝實業(香港)有限公司は主にウレタンフォームを使った商品を取り扱っていて、MyeFoamブランドの他に「IKSTAR」というブランドで座クッションを販売しています。

    MyeFoamマットレスの基本情報

    MyeFoamマットレス

    サイズ幅/重量価格
    シングル100cm/3.0kg5,980円
    セミダブル120cm/3.8kg7,580円
    ダブル140cm/4.3kg7,980円
    機能・付属品等
    折りたたみ可能、抗菌防臭・防ダニ、収納ケース付き、18カ月保証あり

    【注意】縦幅が長め

    一般的なマットレスの縦幅は195cmのところ、MyeFoamは200cmあります。ベッドフレームに置いたときなど、はみ出してしまう可能性があるのでご注意ください。

    はみ出したマットレス

    MyeFoamマットレスの特徴

    MyeFoamマットレス

    MyeFoamマットレスの主な特徴は以下の3点です。

    • 高反発
    • 折りたたみ可能
    • 軽量

    まずは簡単に特徴をご紹介します。

    高反発

    反発力

    MyeFoamマットレスは高反発タイプのマットレスです。

    高反発マットレスは、クッションの反発性が高いので、寝返りなど体の動きをサポートするという特徴があります。

    今使っている布団やマットレスが「寝返りが打ちづらい」「寝苦しい」と感じている人におすすめです。

    MyeFoamマットレスの反発性(動画:音なし)

    折りたたみ可能

    折りたたみ(ロール)

    MyeFoamマットレスはいわゆる一般的なマットレスでなく、「折りたたみマットレス」としてAmazonの売れ筋ランキングで1位を獲得しています。

    MyeFoamマットレスの折りたたみ方は、布団のように2つ折り・3つ折りにしたり、ロール状に巻いて付属の収納ケースに入れることでコンパクトにできます。

    3つ折り4つ折りロール
    3つ折り4つ折りロール

    軽量

    持ち運びが簡単(収納ケース)

    MyeFoamマットレスの重量はシングルサイズ(厚さ3cm)で約3kgです。力の弱い人でも軽々持ち運びしやすいです。

    【徹底レビュー】MyeFoamマットレスの体験・使用感は?

    管理人管理人

    MyeFoamマットレスを実際に使ってみました。開梱から使用感などをレビューします。

    1. 開梱

    今回、購入したのはシングルサイズ(厚さ3cm)です。

    MyeFoamマットレスの梱包

    内箱などはなく、段ボールを開けるとそのままマットレスが入っています。

    梱包の中身

    中にはマットレスと収納ケース、説明書の3点が入ってます。

    マットレス・収納ケース・説明書

    マットレスはロール状に丸まっています。片手でも簡単に持てるほど軽量です。(シングルサイズは約3kg)

    ロール状になっているマットレス

    2. 設置

    外側のビニール袋をハサミで切ります。チョキチョキでなく、スーッという感じで切ります。

    外側の袋を取ると、マットレスがほどけて、膨張します。

    ロール状のマットレスがほどけていく

    くるくるとほどけていきます。

    ロール状のマットレスがほどけていく2

    二つ折りになっています。

    ロール状のマットレスがほどけていく3

    袋を取って広げます。開封直後は折り目がはっきり出て歪んでいます。

    説明書には「元のサイズに戻るまで、使用せず2~3日放置してください」と書いてあります。2~3日マットレスが使えないのはちょっと不便です。

    3日経っても完全に歪みを取り切れませんでした。

    開封3日後のMyeFoamマットレス
    開封3日後のMyeFoamマットレス

    1週間くらいで平らになりましたが、側面は歪んだままです。

    3. 外観

    カバーはさらっとした触り心地です。繊維はポリエステルを使用しています。

    カバーの触り心地

    カバーの表面はメッシュ構造をしているので通気性が良いです。

    メッシュ構造

    カバーの裏面は突起物があります。滑り止めのようですが、直接床に置いた場合はツルツルと滑ります。

    滑り止め

    厚さ3cmなので、手でつまむと簡単に指同士の感触が感じられます。

    薄さ

    カバーは脱着可能です(短い1辺のみファスナーが付いています)。家庭洗濯が可能です。

    カバーを取る

    中材のウレタンフォームです。

    中材

    低価格な商品のせいか、ウレタンフォームの歪みが大きいです。

    ウレタンフォームの歪み

    特にサイド面に大きな歪みがあり、場所によっては20%ほど凹んでいます(3cmのところ2.5cmに凹んでいます)。

    2.5cmの凹み

    表面の不織布をハサミで切って、中身のウレタンフォームを取り出してみました。角や端に大きい歪みがあります。

    ウレタンフォーム

    参考までに、家にあった別の高反発マットレス「モットン」「ソムレスタ」と断面を比較します。

    断面比較

    モットンソムレスタの高品質なウレタンフォームに比べてMyeFoamは特に角や側面の歪みが大きいことが分かると思います。

    断面比較

    モットンソムレスタの価格は3万円以上するため、これも低価格商品だから仕方のないことかもしれません。

    参考① 腰痛対策マットレス「モットン」

    モットン

    腰痛持ちのために作られたマットレス

    モットンは株式会社グリボーという日本のベンチャー企業が販売しているマットレス。体圧分散性と高い反発力で寝返りが打ちやすく「腰痛対策」として開発され、多くの腰痛もちの人から支持されています。90日間の無料お試し期間もあるので、腰痛で悩んでいる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

    サイズシングル~ダブル
    硬さふつう
    クッション材ウレタンフォーム
    価格39,800円
    その他両面仕様、高反発、無料お試し期間

    このマットレスを見てみる

    参考② リフレーションジャパン「ソムレスタ」

    ソムレスタマットレス

    三つ折りできて高衛生・高耐久

    寝具・インテリア業界に20年ほど精通したプロが満を持して立ち上げた高品質ウレタンマットレスブランド。高反発タイプなので、寝返りが打ちやすいです。高密度で作られているため耐久性が高いことも特長。1枚タイプにも関わらず三つ折りできるので、使わないときに畳んでおけます。

    従来の3倍(240,000回)の圧縮テストでも復元率99.6%を誇る抜群の耐久性も魅力です。カバーは抗菌活性値5.9の「制菌レベル(つまり高いレベル)」の抗菌性がある生地を使用。寝心地・衛生面とも優れた逸品です。

    サイズシングル~ワイドダブル
    硬さやや硬め
    クッション材ウレタンフォーム
    価格39,600円
    その他両面仕様、高反発、高密度、抗菌防臭・防ダニ、三つ折り

    このマットレスを見てみる

    4. MyeFoamの寝心地は?

    床に直接敷いた場合

    厚さ3cmの極薄マットレスなので床に直接置いた場合、底付きはかなり感じます。

    沈み込みが浅い「仰向き寝」でも荷重が集中する臀部(おしり)付近は床の存在を感じます。

    仰向き寝

    沈み込みが深い「横向き寝」の場合は肩に痛みがあるほどの底付きがあります。

    底付を感じる

    高反発タイプのウレタンフォームを使っているので、寝返りは打ちやすいです。

    寝返り

    しかし、支点となる肩や臀部、肘や膝などの関節部分は寝返り時に荷重がかかるため、床の存在を感じます。

    MyeFoamの端に立つと、下の画像の通り、完全に底付きます。

    角に立つ

    そもそもマットレスの端に立つことは少ないと思いますが、集中した荷重を分散できないという点はご理解いただけるのではないでしょうか。

    底付き

    トッパーとして使った場合

    トッパーとして使った場合

    トッパーとはマットレスや敷き布団の上に敷いて寝心地を調節するための寝具です。5cm以下のマットレスは、底付きを感じやすいので、基本的にトッパーと考えたほうが良いでしょう。

    上の画像の通り、MyeFoamだけでは沈み込みに対応できない(肩や臀部の沈み込みが、下のマットレス層まで到達している)ので、トッパーとして使うのが適当です。

    いくつか硬さの異なるマットレスに乗せて試しましたが、マットレスの硬さによって、MyeFoam自体の寝心地が変わるという印象を受けました。つまり硬いマットレスの上に敷くと硬く、やわらかいマットレスの上に敷くとやわらかい寝心地になります。

    なお、逆にMyFoamを下に敷いて(ベースマットレスとして)使うのはおすすめできません。クッションが非力のため、しっかりと荷重分散ができず、寝姿勢が崩れやすいためです。

    5. 折りたたみのしやすさ

    冒頭でご紹介したとおり、MyeFoamは折りたたみ可能なマットレスです。特に強い力は必要とせず、簡単にクルクルと巻くことができます。

    折りたたみ(ロール)

    専用の収納ケースが付いています。

    収納ケース

    ロール状に巻いて付属の収納ケースに入れることでコンパクトにできます。

    収納ケースに入れる

    取っ手が付いているので、持ち運びしやすいです。

    車中泊やキャンプなどに気軽に使える点はメリットです。

    実際に使ってみてよかったところ

    安さと軽さ

    正直、寝心地においては大きなメリットというか感動のようなものはありませんでした。

    強いて言えばと約6,000円で買える価格の安さは魅力のひとつでしょう。

    また、軽いので持ち運びしやすく、車中泊やキャンプなどに使いやすそうです。あくまでサブ的なマットレスとしては良い商品かと思います。

    実際に使ってみて気になったところ

    単品利用に向かない

    MyeFoamマットレスは厚さ3cm~5cmの極薄タイプのマットレスです。筆者は3cmタイプを購入しましたが、実際に寝てみると明らかに底付きを感じます。

    特に寝返りや横向き寝の時には、床の硬さが伝わり、体に痛みを感じるほどです。販売ページに「1枚だけでもご使用いただけます」とありますが、マットレスとしては合格ラインに到底及ばない寝心地です。

    底付を感じる

    MyeFoamはあくまでマットレストッパーとして使用することがおすすめです。

    ウレタンの品質が低い

    格安商品なので仕方ないところかもしれませんが、クッション材のウレタンフォームの品質が良くないです。

    上でもご紹介しましたがのMyeFoamのウレタンフォームは側面や角の形成が雑で、歪んでいます。

    ウレタンフォーム

    所々で厚さが異なり、最も厚いところで3cm、そうでないところで2.5cmの厚さが見つかりました。0.5cmの厚みの差は大したことではないように感じますが、3cmにおける2.5cmはおよそ20%も歪んでいることになります。

    通常の厚さ凹んでいる場所
    3cm2.5cm

    ある程度の品質があるウレタンマットレスなら、こうした歪みはほとんどありません。

    断面比較

    また、MyeFoamマットレスは端だけでなく、面全体に歪みがあり、薄いところは特に底付きを感じます。

    復元に時間がかかる

    MyeFoamマットレスはロール状に圧縮された状態で届きます。袋を開けて圧縮されたマットレスが復元されるのですが、説明書によると「2~3日放置してください」と書かれています。

    圧縮タイプのマットレスはいろいろな商品がありますが、復元に2~3日かかるのはかなり遅いです。

    さらに、2~3日経過しても歪みはおさまらず、1週間ほどしてようやく大きな歪みが落ち着きましたが、それでもマットレスの端などは歪んだままです(個体差はあるかもしれません)。

    なお、多くの圧縮タイプのマットレスは1日程度でほとんどもとの状態に戻ります。

    結論、MyeFoamはおすすめ?

    マットレスに求めるものが「寝心地の良さ」であるなら、MyeFoamはあまりおすすめできません。上記で何回も申し上げているように、単体利用した場合に底付きを感じるからです。

    マットレスにおいて底付き感は致命的な欠点です。なぜなら「荷重分散・体圧分散・寝姿勢保持」というマットレスの基本的な機能が十分に発揮できないからです。

    トッパーとして利用する分には、底付き感というデメリットは解消されますが、下に敷くマットレスの寝心地にかなり左右されます。マットレスのクッションを補強するという意味では、「今寝ている寝具が硬すぎる」という人にとって、寝心地が多少ソフトになるので、快適さが高まるかもしれません。

    およそ6,000円で買えるという低価格は魅力ですが、もう少し予算を出せばもっと寝心地が良いマットレスを選ぶことができます。

    予算別に本当におすすめできるマットレスは以下の記事でご紹介しているので、ご参考いただけますと幸いです。

    【最後に】MyeFoamマットレスの口コミ・評判は?

    MyeFoamは以下の通り、Amazonの口コミ・評判が高い商品です。※2020年8月時点

    • 口コミ件数:約2,400件
    • 評価:★★★★☆(4.1/5)

    口コミの内容を眺めてみると、以下のような意見が多かったです。

    良い口コミ悪い口コミ
    • 腰痛・肩こりが良くなった
    • 体が痛くならない
    • コンパクトにできて収納が楽
    • 底付きがある
    • 高反発と思えない
    • 柔らかすぎる

      マットレスの口コミは判断が難しい

      マットレスは体に合う合わないが顕著に表れやすく、人によって感じ方がバラバラです。

      実際に筆者が体験したところ、MyeFoamの寝心地はあまり良いものではないと思いましたが、極端に言えば「底付きがある方が寝心地が良く感じる」という人もいたりします。

      また、腰痛や肩こりの原因および改善効果も人によって異なるので、あくまで個人的な体験談として見ておいたほうが良いでしょう。

      この記事では、できるだけ客観的にお伝えするために、具体的な底付きの様子や、ウレタンフォームの歪みなどをご紹介しました。

      あなたのマットレス選びの参考になったのなら幸いです。

      最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

      MyeFoam マットレス 高反発 シングル 敷布団 ベットマットレス 「超ぐっすりで首、肩や腰の悩みから解放」 防ダニ 抗菌防臭 厚さ3cm カバー洗える

      MyeFoamを見る(Amazon)