親子ベッド

親子で寝るベッドってどれが良いんだろう?

そうお考えの方に、ベッドメーカーに勤めていた筆者が親子ベッドについてご紹介します。

一言で「親子ベッド」と言っても様々なタイプがあるのをご存知でしょうか?

この記事の前半では、親子ベッドの種類・選びのコツをお伝えし、後半でおすすめ商品をご紹介しています。

「早くおすすめ商品が知りたい」という人は、下のボタンを押すとその場所へジャンプします。

おすすめベッドを見る
(このページの下へジャンプ)

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

プロフィールはこちら

目次

親子ベッドとは

親子

親子ベッドとは、名前の通り「親子で使うことを想定して作られたベッドフレーム」のことを指します。

親子ベッドは大きく以下の3つのタイプに分かれます。

親子ベッドの3タイプ

      1. スライドタイプ
      2. 二段タイプ
      3. 連結タイプ

以下で、それぞれの特徴をご紹介します。

1. スライドタイプの親子ベッドの特徴

スライドタイプの親子ベッド
スライドタイプの親子ベッド

スライドタイプの親子ベッドは、上下段にベッドフレームがあり、下段を引き出して(スライドさせて)使います。

一般的に「親子ベッド」と言えばスライドタイプを指すことが多いです。

スライドタイプのメリット

狭い部屋でも置きやすい

スライドタイプの親子ベッドはコンパクトな二段ベッドのようなベッドフレームです。

「二段ベッドを置くと部屋が狭く見えて嫌だ」

と思っている人でも、スライドタイプの親子ベッドなら二段ベッドに比べて上の空間がひらくため、圧迫感なく置くことができます。

レイアウトが自由

下段はキャスターが付いているため、部屋の好きな位置に移動できます。

たとえば、下段フレームを日頃は収納用の引き出しとして使って、ゲストが来た時に簡易ベッドとして別部屋に移動して使うというアレンジも可能です。

スライドタイプのデメリット

下段がショートサイズのことが多い

上段フレームの下に入れる構造なので、下段は床面の縦幅が狭い「ショートサイズ」のことが多いです。

つまり、上段は通常丈(195cm)のマットレスが置けますが、下段では180cmのショート丈のマットレスを置くことになります。

ショートサイズのマットレスは小柄な人なら快適に眠ることができますが、身長160cm以上になると窮屈に感じます。

管理人管理人

ショートサイズのベッド&マットレスについては以下の記事で詳しくご紹介しています。

布団を入れたまま収納できない

上段と下段のすき間が短いため、下段では掛け布団やまくらを置いたまま収納できないことが多いです。

つまり、下段を収納する際に、上段や押し入れなどに掛け布団や枕を移動する必要があります。

しかし、商品によっては上段との空間が適度にひらいていて、掛け布団などを置いたまま収納できるベッドもあります。高さはよく調べましょう。

厚みがあるマットレスが置けない

上段と下段のすき間が狭く、下段は厚さがあるマットレスが置きにくいため、薄型マットレスを使うことが基本です。

一般的には、厚みがあるマットレスの方が底付きを感じにくく、クッション性も優れ、寝心地が良い傾向があります。

管理人管理人

薄型マットレスは商品数が少なく探すのにやや苦労しますが、この記事の下でおすすめ商品をピックアップしましたので、ご安心ください。

スライドタイプはこんな人におすすめ

  • 狭い部屋で親子で寝たい
  • 使わないときはコンパクトにしたい
  • 自由にレイアウトしたい

2. 二段ベッドタイプの親子ベッドの特徴

二段タイプの親子ベッド
二段タイプの親子ベッド

二段ベッドは主に兄弟・姉妹で使うことが多いですが、親子でも使えます。

二段ベッドにはいろいろな商品がありますが、この記事では特に親子で使うことを想定した「親子向けの二段ベッド」の特徴についてご紹介します。

親子向け二段ベッドのメリット

下段がセミダブル

親子向けの二段ベッドは下段がセミダブル、上段がシングルサイズで作られていることが多いです。

通常の二段ベッドは上下段ともシングルサイズですが、大人が寝るにはシングルサイズでは窮屈に感じやすいです。

そこで、下段のみシングルサイズよりも一回り大きいセミダブルサイズのベッドフレームを組み合わせ、上段で子供・下段で大人が寝やすい工夫をしています。

特に体格が大きい大人が使う場合におすすめです。

親子向け二段ベッドのデメリット

分割できない

通常の二段ベッドは分割できる商品が中心ですが、親子向け二段ベッドは上がシングル、下がセミダブルという特殊な構造をしているため、分割して使えないことがほとんどです。つまり、レイアウトの自由が低いとも言えます。

布団の上げ下げがたいへん

上段が高い位置にあるため、布団の上げ下げがたいへんです。

また、上段は子供が寝る場合が多いので、あまり高すぎる二段ベッドだと子どもの様子が見づらいでしょう。

親子向け二段ベッドはこんな人におすすめ

  • 狭い部屋に置きたい
  • 掛け布団などをいちいち移動したくない
  • 子どものプライバシーを考えたい
管理人管理人

通常の二段ベッドの選び方については以下の記事で詳しくご紹介しています。

3. 連結タイプの親子ベッド(連結ベッド)の特徴

連結タイプの親子ベッド
連結タイプの親子ベッド

連結ベッドとは、2台のベッドを並列にくっつけて、ひとつの大きいベッドとして使うベッドフレームです。

ベッド同士が金具やベルトなどの連結用パーツによって固定されているので、ズレにくくなっています。※商品によっては連結パーツで固定せずに、2台を隙間なく並べられるデザインをした連結ベッドもあります

連結ベッドのメリット

広々眠れる

連結ベッドはセミシングル~ダブルサイズの2台のベッドを組み合わせられるので、最大280cm(ダブル×2)の広大なベッドを選ぶことができます。

一般的な大人体型の場合、シングルサイズでは窮屈に感じやすく、快適に眠るためにはできれば一人あたりセミダブルサイズは欲しいところです。

小さいお子様と寝る場合は、大人がセミダブル、子供がセミシングルなどの組み合わせも良いでしょう。

分割できる

「子どものベッドはすぐ要らなくなったり、買い替えなければいけない」

という悩みをお持ちの方も多いと思います。

連結ベッドは分割して使えるので、将来子どもが一人で寝るようになっても使い続けられることが大きなメリットです。

厚いマットレスが置ける

二段ベッドやスライドタイプの親子ベッドと違って、マットレスの厚さの制約がありません。厚めのマットレスも置けるため、寝心地を追求したい人におすすめです。

連結ベッドのデメリット

狭い部屋には置きにくい

ベッドを並列につなげて使う連結ベッドは、広い設置スペースが必要です。サイズにもよりますが、6畳未満の部屋では置きにくいでしょう。

連結ベッドはこんな人におすすめ

  • 広々眠りたい
  • 子どもの隣で寝たい
  • 将来子ども部屋を作ることを考えている
管理人管理人

連結ベッドについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考ください。

おすすめのスライド式親子ベッド 5選

1. ネルコ「北欧天然木の親子ベッド Nest」

北欧天然木の親子ベッド Nest

転落しにくいサイドガード付き

北欧産のパイン材をふんだんに使った親子ベッド。可動式サイドガードが付いているので、転落リスクも少なく、マットレスのズレも防いでくれます。ヘッドボードは使いやすい仕切りがある棚とコンセント付き。シンプルなデザインなのでお子様が成長した時に一人でも使い続けやすいです。子ベッドには通常サイズのマットレスが置けます

このベッドを見てみる

1. ネルコ「ルシール」「ロセッタ」「ワンダ」

ルシール

ヘッドボード違いの親子ベッドシリーズ

ベッド専門店「ネルコ」のオリジナル親子ベッドシリーズ。ヘッドボードの違いによって3つの商品があります。シンプルタイプから機能性が豊富なタイプがあり、用途に応じて選べます。子ベッドには通常サイズのマットレスが置けます

ルシールロセッタワンダ
ルシールロセッタワンダ
パネルタイプ棚・コンセント・照明オープンラック・棚・コンセント(USB付き)
このベッドを見るこのベッドを見るこのベッドを見る

2. ネルコ「ラルーチェ」

ラ・ルーチェ 親子ベッド

厚めのマットレスが置ける

人気シリーズ【ラ・ルーチェ】の親子ベッド。カントリー調のデザインがかわいらしくお子様や女性の部屋にぴったりです。ヘッドボードには棚コンセント付きで使いやすく、すのこ仕様なので通気性も抜群。子ベッドは通常サイズのマットレスが置けます。さらに下段のスペースが広いため、厚めのマットレスを置けることがメリットです。

このベッドを見てみる

CCmart7「省スペース・スライド親子ベッド BAC」

省スペース・スライド親子ベッド BAC

布団を置いたまま収納できる

シンプルデザインの親子ベッド。ヘッドレスタイプなので圧迫感がなく狭い部屋にも置きやすいです。下段の子ベッドはショートサイズですが、専用のマットレスが選べる点が良いところです。専用マットレスは薄型タイプなので、使わないときに布団を置いたまま収納できる点も魅力。

このベッドを見てみる

わくわくランド「With」

With

マットレスがズレにくい

おしゃれな木目調のデザインが素敵な親子ベッド。上段・下段ともドロップマットタイプのフレームが特徴です。ドロップマットとはベッドフレームの中にマットレスを落とし込む構造のことで、マットレスがズレにくいことがメリットです。ドロップマット構造のため、下段はマットレスを置かないときに大容量の引き出し収納としても使いやすいです。なお、下段の子ベッドはショートサイズです。

このベッドを見てみる

おすすめの二段タイプの親子ベッド 3選

LOWYA「下段がセミダブルの二段ベッド」

LOWYA「下段がセミダブルの二段ベッド」

ロータイプで子供の寝顔が見やすい

スマートなデザインの二段親子ベッド。高さが143cmのため、上段で寝ているお子様の寝顔が見やすく、布団の上げ下ろしもしやすいです。グレーやホワイトなどのカラーバリエーションがおしゃれです。

このベッドを見てみる

2. わくわくランド「Quam」

Quam

丸みがあるやさしいデザイン

天然木パイン材を贅沢につかった二段親子ベッド。カントリー調の部屋にぴったりです。面取り(角を丸くする)加工を施しているので、小さいお子様でも安心して使えます。

このベッドを見てみる

CCmart7「3段ベッド Triperro」

Triperro

最大3人で眠れる

二段ベッドと子ベッドが合体した三段親子ベッド。下段は大容量の引き出し収納としても使えます。3人でも使えますし、「今は子供がひとりだけど、二人目も考えている」というご家庭にもおすすめです。さらに分割できるので将来別々の子供部屋でも使えます。

このベッドを見てみる

おすすめの連結タイプの親子ベッド 3選

1. 連結・分割自在!モダンデザイン大型フロアベッド「LAUTUS」

連結・分割自在!モダンデザイン大型フロアベッド「LAUTUS」

おしゃれで分割しても使いやすい

最大幅が280cmまで選べる最大級の連結ベッド。高さが低いローベッドタイプのため子どもが転落して怪我をする心配が少ないです。シンプルで高級感がある見た目のため、将来分割して使いやすいデザインも魅力。

このベッドを見てみる

2. ワイドサイズ!連結式レザーローベッド「SFN」

SFN

オールレザーで子どもに安心

フェイクレザー(合皮)を使用した連結ベッド。クッション性がある合皮のヘッドボードに加え、フットボードやサイドフレームも合皮でできているため、小さいお子様に安心です。高さが低いので落下時のケガの心配も少ないです。

このベッドを見てみる

3. 国産檜すのこローベッド キング(シングル×2)

国産檜すのこローベッド キング

お子様に安心のサイドガード付き

国産のひのき材を贅沢に使った連結ベッド。ひのきは耐久性が高く、建築材としても人気な木材です。虫や菌にも強く、良い匂いを発するのでリラックス効果もあります。寝返りが多いお子様に安心のサイドガード付き(取り外し可能)です。

このベッドを見てみる

【スライド・二段タイプ向け】おすすめの薄型マットレス 4選(ショートサイズあり)

スライド・二段親子ベッドは薄型マットレスを推奨していることが多いので、以下でおすすめの薄型マットレスをご紹介します。

1. ネルコ「オリジナル薄型ポケットコイルマットレス」

ネルコ「オリジナル薄型ポケットコイルマットレス」

ショートサイズも選べる

線径1.9mmのバネを使用した、しなやかな弾力性を持つ薄型ポケットコイルマットレス。全周メッシュ構造なので通気性に優れています。お届け時にはロール状の圧縮梱包で配送されるので、通路が狭い家でも安心です。ショートサイズも選べるので子ベッド用にもおすすめです。

このマットレスを見てみる

2. Ease Space「薄型ポケットコイルマットレス」

Ease Space「薄型ポケットコイルマットレス」

折りたたみできる

折りたたみもできる薄型ポケットコイルマットレス。上げ下げしやすいので便利です。厚さが10cm以下なので、スライド親子ベッドの子ベッド用にも置きやすいです。価格も安く口コミ評価が高い人気商品。

 このマットレスを見てみる

3. フランスベッド「FOLD AIR™」

フランスベッド「FOLD AIR™」

耐久性が抜群

老舗のマットレスメーカー「フランスベッド」の折りたたみマットレス。フランスベッドの特徴である「高密度連続スプリング」を使用していて、耐久性に優れ、しっかりした寝心地が好きな人におすすめの逸品です。仰向き寝の人に合いやすいです。スプリングコイルマットレスなのに三つ折り可能なので、上げ下げもしやすく便利です。

このマットレスを見てみる

4. ネルコ「プレミアムパームマットレス」

ネルコ「プレミアムパームマットレス」

薄くて軽くて丈夫な天然素材

天然のココナッツ&ゴムの木から作られたパームマットレス。パームとは「植物のヤシ」という意味です。厚さが5cmで最も薄いタイプです。通気性が良く硬めの寝心地が特徴。反発性があるので寝返りが打ちやすく、寝汗を多くかく方にもおすすめです。

このマットレスを見てみる

【連結タイプ向け】通常サイズのおすすめマットレス 4選

厚みがあるマットレスが置ける連結親子ベッド向けにおすすめのマットレスをご紹介します。

1. neruco「バリューポケットコイルマットレス」

neruco「バリューポケットコイルマットレス」

格安で高品質ならコレ

ベッド専門店「ネルコ」の人気オリジナルマットレス。シングルサイズでおよそ1万円で買える格安価格ですが、線径が太く高密度ポケットコイル仕様。高コストパフォーマンスの商品です。どちらかというとソフトな寝心地で特に女性におすすめですが、男性の筆者も心地よく感じた逸品。(詳しくは取材・体験記事でご紹介しています)

このマットレスを見てみる

2. ビーナスベッド「オリジナル国産ポケットコイルマットレス」

オリジナル国産ポケットコイルマットレス

高品質な国産品、だけど低価格

広島県にあるベッドメーカー「ビーナスベッド」のオリジナルマットレス。スプリングは平行配列のポケットコイルで、適度な反発性があり、寝返りもしやすい構造です。コイルに使用しているバネは一般的な「硬鋼線」よりもハイグレードな「ピアノ線」を採用。側地は綿100%で通気性が良く、両面仕様なので表裏のローテーションも可能です。

このマットレスを見てみる

3. フランスベッド×neruco「フランスベッド 超硬め」

ネルコ「フランスベッド 超硬め」

硬めの寝心地が好きな人に!

フランスベッドとベッド専門店ネルコが「普通の硬さじゃ満足できない人」に向けて共同開発した超硬めマットレス。筆者も実際に試し寝してみましたが、単に硬いだけでなく、適度な体圧分散性と、寝返りをサポートしてくれる反発性があるため多くの人に受け入れられやすい寝心地なのではないかと思います。フランスベッドの高密度連続スプリングだから実現できた逸品です。

このマットレスを見てみる

4. 日本ベッド「シルキーポケット レギュラー」

シルキーポケット

バネに直接寝れる高品質

日本ベッドはコイルの仕立ての良さに評判があります。このシルキーポケットは日本ベッドの基幹ブランド。とろけるような寝心地で「バネに直接眠れるマットレス」というコンセプトで生まれました。日本のもの作りの精神が具現化されたマットレスで、有名ホテルへの納入実績も豊富。睡眠の質にこだわりたい人には間違いなくおすすめの逸品です。

このマットレスを見てみる

いかがでしたでしょうか。

親子ベッドの種類・選び方・おすすめ商品をご紹介させていただきました。

日本の住環境は寝室が狭いことが多いですよね。限られた部屋の広さを有効に使ためにも、ベッド選びを慎重にしたいところ。

この記事があなた(そしてお子様)にとって、最適なベッド選びに少しでもヒントになったのならうれしいです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。