フレンチカントリー調収納ベッド

「部屋が狭くてベッドが置けない」

そう悩んでいるあなたが小柄な体型の場合は「ショート丈ベッド」をご検討ください。

この記事ではベッドメーカーに7年勤めていた筆者が、ショート丈ベッドを徹底解説します。

前半ではショート丈ベッドの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめのベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 小さいベッドを探している

部屋が狭いけどベッドを置きたい

ベッド選びに失敗したくない

ショート丈ベッドとは?

通常丈とショート丈の比較
通常丈とショート丈の比較

ショート丈とは長さが180cmのベッド(マットレス)のことです。

通常のマットレスよりも15cmほど長さが短いサイズです。※通常のマットレスはおよそ195cm

ショート丈ベッドのメリット

メリット

狭い部屋に置きやすい

通常のベッドより15cmも短いため、狭い部屋にも置きやすいです。

梱包もコンパクトなので搬入経路が狭いマンション・アパートに住んでいる人にもおすすめです。

身長が160cm以下なら必要十分

自分の体に合ったベッドの丈とは「身長×1.05+15cm」と言われています。※参考:インテリアの人間工学 (GAIA BOOKS)

この式に当てはめるとショート丈ベッドはおよそ身長160cm以下であれば快適に睡眠できると言えます。

言い換えると身長160cm以下の人は普通のベッドでは長すぎるということですね。

ショート丈ベッドのデメリット

デメリット

身長160cm以上の人は窮屈に感じる

メリットの裏返しですが、身長が160cm以上の人はショート丈では窮屈です。

もし、あなたが小柄でなく、コンパクトなベッドを探している場合はヘッドボードレスのベッドを選ぶことをおすすめします。

横幅の大きいサイズがない

ショート丈ベッドは小柄な人向けのベッドなので、基本的にダブルサイズなどの横幅が大きいサイズはありません。

おおむねセミシングルかシングルサイズのどちらかです。

選べるベッドの種類が少ない

ショート丈ベッドは普通の長さのベッドに比べて、ベッドフレームやマットレスの選べる種類が少ないです。

有名マットレスメーカーではショート丈の取り扱いがほぼないので、「高級なベッド・マットレスが欲しい」という場合は探すのが難しいでしょう。

ちなみに老舗メーカーの「フランスベッド」はショート丈があります。

ショート丈ベッドの選び方

選ぶポイント

マットレスセットがおすすめ

ショート丈の幅はメーカーや商品によって若干異なるため、フレームとマットレスを単品で買うのではなく、セット商品を選ぶことがおすすめです。

セットだとフレームとマットレスの大きさがぴったり合います。

更にコンパクトさを求めるなら「セミシングル」

シングルサイズより横幅が狭いのが「セミシングルサイズ」です。

セミシングルの横幅はおよそ80cm。

シングルサイズの横幅が97cm前後なので、セミシングルサイズは約20cmも幅が狭いことになります。

セミシングル×ショート丈

上の図のとおり、セミシングルサイズは横幅がかなり狭いです。

寝返りに必要な幅は肩幅(平均40cm)の2~3倍と言われているので、セミシングルサイズはギリギリです。寝相が悪い人は落ちてしまうかもしれません。

詳しくは『セミシングルベッドの特徴を徹底解説!おすすめベッド&マットレスをご紹介』をご参考ください。

薄型ヘッドボードがおすすめ

スリムなヘッドボード
薄型ヘッドボードの例

狭い部屋に置くならヘッドボードが薄いタイプがおすすめ。

一般的なヘッドボードの奥行きは25cmほどありますが、薄型ヘッドボードは10cm未満です。

「だったらヘッドボードなんていらないんじゃない?」

と思うかもしれませんが、ベッドの周りにはスマホやメガネ、目覚まし時計など色々置きたくなるものです。

そんな時、棚とコンセントが付いてる薄型ヘッドボードが便利。

ヘッドボードがないと、サイドテーブルなどを置かなければならないため、かえってスペースを取ってしまうのです。

もちろん、「ベッド周りにものを置かない」「サイドテーブルを持っている」と言う人はヘッドボードがないベッドの方が省スペースに置けるので、わざわざヘッドボードが付いたベッドを選ぶ必要はないでしょう。

【厳選】おしゃれでおすすめのショート丈ベッド 10選

管理人管理人

コストパフォーマンスに優れたおすすめのおしゃれなショート丈ベッドをご紹介します。ご参考いただけますと幸いです。

1、北欧風すのこベッド「Banon」(イチオシ

北欧風すのこベッド「Banon」

安くても安定感がある

フレームに極太の板を補強し、強靭な耐久性があるベッドです。きしみや揺れの心配がなく、安心して眠ることができます。飽きの来ないデザインで1万円台から買えるコストパフォーマンスの良さも魅力。4段階の高さ調節もできるので荷物が多い人にもおすすめです。

このベッドを見てみる

2、フレンチカントリー調収納ベッド「RN」

フレンチカントリー調収納ベッド

おしゃれで機能的

アンティークっぽい雰囲気がかわいいショート丈ベッド。引き出しの取っ手部分が真鍮のような色合いでおしゃれです。ヘッドボードは便利な棚・コンセント付き。

このベッドを見てみる

3、ショートサイズ・チェストベッド「WDB」

ショートサイズ・チェストベッド

荷物が多い人におすすめ

ショートサイズの大容量収納チェストベッド。荷物が多くて部屋が狭い人におすすめです。ヘッドボードも薄型タイプ。更にコンセントも付いているのでスマホの充電などもできる機能的なベッドです。

このベッドを見てみる

4、ガス圧式横開きヘッドレス跳ね上げ式ベッド「VGL」

ガス圧式横開きヘッドレス跳ね上げ収納ベッド「VGL」

大きい荷物が収納できる

ヘッドレスタイプの跳ね上げ式ベッド。ヘッドボードがないため、省スペースで狭い部屋にも置きやすいです。床板を上げると大容量の収納スペースがあり、大きい荷物を収納したい人におすすめです。

このベッドを見てみる

5、ガールズルームにぴったり!ホワイトカラー収納ベッド「FLR」

ホワイトカラーの収納ベッド

人気の定番デザイン

ホワイトカラーでシンプルな収納ベッド。引き出しが2つ付いているので荷物が多い人にもおすすめです。ヘッドボードにはコンセントがついています。飽きのこない定番デザインで人気が高い商品。

このベッドを見てみる

6、ショート丈の跳ね上げベッド「AVR」

ショート丈の跳ね上げベッド

スリムなヘッドボード付き

すっきりとした印象の跳ね上げ式のショート丈ベッド。薄型のヘッドボードは、狭い部屋にも置きやすいです。機能性が高くコンパクトです。

このベッドを見てみる

7、ショートサイズローベッド「ALY」

ショートサイズローベッド【ALY】

開放感を得たいならコレ

ナチュラルな雰囲気のローベッド。ローベッドとは高さが低いベッドのことです。天井までの空間が空くため開放感が得られ、部屋が広く感じます。ベッドに収納スペースがないので、荷物が少ない人におすすめです。

このベッドを見てみる

8、国産フレームの収納ベッド

国産フレームの収納ベッド

安心の国産ベッド

羽目板風のヘッドボードがおしゃれな収納ベッド。国産品ですが価格が2万円台から買えるコストパフォーマンスの良さが魅力です。カラーはブラウン・ホワイト・ナチュラルの3色から選べます。

このベッドを見てみる

9、フランスベッド「棚付きベッド ピスコ21C」

フランスベッド「棚付きベッド ピスコ21C」

移動しやすいキャスター付きベッド

フランスベッド製のショート丈ベッド。ヘッドボードの下に大型のキャスターが付いていることが特徴。動かしやすいので狭めの部屋でもレイアウトを微調整が簡単です。安心の日本製です。

このベッドを見てみる

10、ショート丈マットレスベッド

ショート丈マットレスベッド

最小スペース

シンプルな脚付きマットレスベッド。ベッドフレームがなくヘッドボードもないため、間取りに制約があるような部屋にも置きやすいサイズです。分割されているので部屋までの搬入経路が狭い人におすすめです。また、来客時に分割して簡易ソファとしても使えたりします。

このベッドを見てみる

小柄な人におすすめのマットレスの選び方&おすすめ商品

マットレス

「寝心地はマットレスで決まる」といっても過言ではありません。

続いて、小柄な人におすすめのマットレスの選び方をご紹介します。

「ポケットコイルマットレス」がおすすめ

ポケットコイル
ポケットコイル

結論から言います。

小柄で体重が平均的な人は、ポケットコイルマットレスがおすすめです。

ポケットコイルはバネが独立している構造をしています。振動が伝わりづらく、静かな寝心地です。

体の曲線に応じてコイルの深さが変化するので、体にフィットし体圧分散性も高いです。

ポケットコイルの特徴

振動が伝わりづらい
体圧分散に優れている
部分的な耐久性に弱い
やや高価

ポケットコイルは女性に合いやすい

ショート丈ベッドを選ぶ人は女性の方が多いので、ここでは主に女性に向けてご説明します。

ポケットコイルはバネが独立している構造のため、「荷重のかかるところが深くへこみ、そうでないところは浅くへこむ」という特徴があります。つまり、体のラインにフィットしやすいです。

女性は男性に比べて、胸部やお尻が出やすく、体のラインに沿ってしっかりサポートできるポケットコイルが合いやすいのです。

硬さは「ふつう~ソフト」がおすすめ

女性の人は体のラインがハッキリしているため、ある程度沈み込んだ方が、体の中心線がまっすぐになりやすいです。

体の中心線がまっすぐにならないと、寝返りを打ちづらく、無理な寝姿勢になってしまいます。

ある程度の沈み込みが必要な場合は、マットレスの硬さは「ふつう~ソフト」がおすすめ。

また、仰向きか横向きかによっても合う硬さが変わります。あくまで目安ですが、

  • 仰向き寝の人は「ふつう」
  • 横向き寝の人は「ソフト」

の寝心地が合いやすいでしょう。

横向き寝の方が肩やお尻が出っ張る体制になるため、より深く沈み込む必要があります。

しかし、日本人は仰向き寝が多いですし、横向き寝で入眠した人も睡眠時間全体の中では、仰向き姿勢になっている時間が多いので、よっぽど「横向きじゃないと眠れない!」という人以外はふつう程度の硬さのマットレスを選べば良いと思います。

おすすめのポケットコイルマットレス

neruco「バリューポケットコイルマットレス」

neruco「バリューポケットコイルマットレス」

ベッド専門店「neruco(ネルコ)」のオリジナルマットレス。シングルサイズでおよそ1万円で買える格安価格ですが、線径が太く高密度ポケットコイル仕様。高コストパフォーマンスの商品です。体へのあたりはソフトですが、しっかりサポートをしてくれる寝心地は特に女性におすすめ。価格は税込9,800円

このマットレスを見る

体重が重い人や男性は「高密度連続スプリング」がおすすめ

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは1本の硬鋼線を列の端から端までひとつなぎで作る製法。比較的硬めの寝心地になりやすいです。

特に、筋肉質で体重が重めの人ならポケットコイルでなく「高密度連続スプリング」がおすすめ。

耐久性が非常に高く、体格ががっしりとした人に圧倒的な人気があります。

なお、高密度連続スプリングは日本ではフランスベッドが製造ライセンスを独占しています。

高密度連続スプリングの特徴

耐久性が最も優れている
フィット感が高い
商品によってはとても硬い
高価

硬さは「やや硬め~硬め」がおすすめ

体のラインが平坦な男性や、全体的に荷重がかかりやすい体重が重い人は、やや硬め~硬めの寝心地のマットレスがおすすめです。

おすすめの高密度連続スプリングマットレス

フランスベッド「ゼルトスプリングマットレス」

フランスベッド「ゼルトスプリングマットレス」

日本の老舗メーカー「フランスベッド」製のマットレス。確かなサポート力としなやかな弾力性が特徴です。やや高価格ではありますが、しっかりとした寝心地を得られます。横幅が90cmと少し大きめのフランスベッド規格のセミシングルサイズなので、フランスベッド製のベッドフレームを選ぶことがおすすめです。税込51,000円

このマットレスを見る

格安で買いたい人は「ボンネルコイル」

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルはバネが連結していて、部分的な耐久性が高めです。コイルの量が少なく簡単に作れるため安価な商品に多いです。

デメリットはコイルが連結しているため振動が伝わりやすいこと。要するにバインバインとした感触です。劣化するとコイル同士が擦れ、ギシギシ鳴ることも。

格安で買えることが最大のメリットではありますが、振動やきしみを感じやすいので、人によって苦手に感じやすいです。

管理人管理人

ボンネルコイルは欧米人に好まれる寝心地ですが、日本人にはポケットコイルマットレスの静かな寝心地の方が好まれる傾向があります。

ボンネルコイルの特徴

耐久性が高め
比較的安価
振動が伝わりやすい
きしみやすい

マットレス選びを本気で語るとなると、かなりの情報量になってしまうため、ここではわかりやすさを重視し、あえて単純にご紹介させていただきました。

「もっと詳しくマットレスの選び方を知りたい」という人は下記の記事をご参考ください。

いかがでしたでしょうか?

小柄な人におすすめのショート丈ベッドの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

お気に入りのベッドが見つかったのならうれしいです。

「もっとベッドやマットレス選びのことを知りたい!」

と思った人は当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』ご参考いただければと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。