ショート丈ベッドは狭い部屋におすすめ

ショート丈ベッドを徹底解説

この記事では「ショート丈ベッド」の特徴やメリット・デメリット、おすすめ商品についてご紹介します。

筆者はベッドメーカーに勤めていて、主にベッドの企画関連の仕事に携わっていました。そのあたりの経験も含めてお伝えしますので、ぜひご参考ください。

この記事はこんな人におすすめ✔ 小さいベッドを探している

✔ 部屋が狭いけどベッドを置きたい

✔ ベッド選びに失敗したくない

ショート丈ベッドとは

通常丈とショート丈の比較
通常丈とショート丈の比較

ショート丈とは長さが180cmのベッド(マットレス)のことです。

通常のベッドが195cmなので、15cmも長さが短いです。

ショート丈ベッドのメリット

狭い部屋に置きやすい

通常のベッドより15cmも短いため、狭い部屋にも置きやすいです。

狭い部屋でベッドを置くことを諦めていた人は必見です。

梱包もコンパクトなので搬入経路が狭いマンションやアパートに住んでいる人にもおすすめです。

身長が157cm以下なら必要十分

体に合ったベッドの丈とは「伸長×1.05+15cm」と言われています。※参考:インテリアの人間工学 (GAIA BOOKS)

この式に当てはめると身長157cm以下であれば快適に睡眠をすることができます。

言い換えると身長157cm以下の人にとって普通のベッドは長すぎるということですね。

ショート丈ベッドのデメリット

身長157cm以上の人は窮屈に感じる

メリットの裏返しですが、身長が157cm以上ある人にとっては窮屈に感じます。

ベッドは寝る場所ですから、できるだけゆったりした方が良いです。

大きいサイズがない

ショート丈ベッドは小柄な人向けのベッドなので、基本的にダブルサイズなどの横幅が大きいサイズはありません。

だいたいセミシングルかシングルサイズのどちらかです。

選べるベッドの種類が少ない

ショート丈ベッドは普通の長さのベッドに比べて、ベッドフレームやマットレスの選べる種類が少ないです。

有名マットレスメーカーではショート丈の取り扱いがほぼないので、高級マットレスが欲しいという場合は探すのが難しいです。

ちなみにフランスベッドはショート丈があります。

ショート丈ベッドの選び方

マットレスセットがおすすめ

フレームとマットレスを単品で買うのではなく、セット商品を選ぶことをおすすめします。

ショート丈の幅もメーカーや商品によって若干異なっているからです。

セットだとフレームとマットレスの大きさがぴったり合います。

更にコンパクトさを求めるなら「セミシングルサイズ」

横幅の話ですが、シングルサイズより横幅が狭いのが「セミシングルサイズ」です。

シングルサイズは97cm前後なので、セミシングルサイズは約20cmも幅が狭いことになります。

セミシングル×ショート丈

この図の通り横幅がかなり狭いです。

人が寝返りに必要な幅は肩幅(平均40cm)の2~3倍と言われているので、ギリギリです。寝相が悪い人は落ちてしまうかもしれません。

「狭い部屋でベッド以外の家具を置きたい!」

という人にはおすすめですが、寝心地を多少犠牲にしてしまうのは覚悟してください。

薄型のヘッドボード(棚、コンセント付き)がおすすめ

スリムなヘッドボード
スリムなヘッドボード

狭い部屋に置くならヘッドボードが薄いタイプがおすすめ。

一般的なヘッドボードは奥行き25cm位ありますが、薄型だと10cm未満です。

「だったらヘッドボードなんていらないんじゃない?」

と思うかもしれませんが、ベッド周りってスマホだったり眼鏡だったり目覚まし時計だったり色々置きたくなるものです。

そんな時に便利なのが薄型で棚とコンセントが付いてるヘッドボードです。

ヘッドボードがないと、サイドテーブルなどを置かなければならないため、かえってスペースを取ってしまうのです。

【厳選】おすすめのショート丈ベッド 9選

管理人管理人

筆者おすすめのショート丈ベッドをご紹介します。

1、ショート丈マットレスベッド

ショート丈ベッドの定番

ベッドフレームがなく、当然ヘッドボードもないため、圧迫感なく部屋に置けます。上の画像のような間取りに制約があるような部屋にも置きやすいサイズです。

このベッドを見てみる


2、フレンチカントリー調収納ベッド

フレンチカントリー調収納ベッド

アンティーク好き必見!

アンティークっぽい雰囲気で女性向けのベッド。引き出しの取っ手部分も真鍮のような色合いで雰囲気が良いです。ショート丈で収納が欲しい人におすすめ。

このベッドを見てみる


3、ショートサイズ・チェストベッド

ショートサイズ・チェストベッド

機能性◎ 荷物が多い人におすすめ

ショートサイズながら、大容量の収納部分があるベッド。荷物が多くて部屋が狭い人に特におすすめです。ヘッドボードも薄型タイプ。更にコンセントも付いているのでスマホの充電などもできる機能的なベッドです。

余談ですがチェストベッドはシングルサイズ(小さいサイズ)が特に売れるようです。

このベッドを見てみる


4、ヘッドレスチェストベッド

スペース最小でも、収納最大

ヘッドボードもいらないから、とにかくコンパクトに、でもたくさん収納したい!という欲張りな人にはこのベッドがおすすめ。大容量の収納力を確保しつつ、コンパクトに仕上がっています。

このベッドを見てみる


5、ガールズルームにぴったり!ホワイトカラー収納ベッド

ホワイトカラーの収納ベッド

コーディネイト次第で印象が変わる

ホワイトカラーでシンプルな収納ベッドです。2つ引き出しが付いているので荷物が多い人にもおすすめ。ヘッドボードにはコンセントがついています。飽きのこないデザインでとても人気があるベッド。

このベッドを見てみる


6、ショート丈の跳ね上げベッド

ショート丈の跳ね上げベッド

珍しいショート丈の跳ね上げベッド

コンパクトながらベッド下に大容量の収納スペースがあり、大きい荷物を収納したい人におすすめです。ヘッドボードもすっきりしていて、狭い部屋にも置きやすいです。ショート丈の跳ね上げベッドはなかなか貴重だと思います。

このベッドを見てみる


7、分割式マットレスベッド

分割式マットレスベッド

搬入が不安な人におすすめ

マットレスが分割しているので搬入に不安がある人におすすめです。分割しているので例えば来客時に分割して簡易ソファとしても使えたりします。

このベッドを見てみる


8、ショート丈のローベッド

ショート丈のローベッド

ローベッドは空間に解放感が生まれる

ローベッドとは高さが低いベッドのことです。天井までの空間が広く空くため、狭い部屋でも解放感が得られ、部屋が広く感じます。ベッドに収納スペースがないので、荷物が少ない人におすすめです。

このベッドを見てみる


9、国産フレームの収納ベッド

国産フレームの収納ベッド

羽目板風のヘッドボードがおしゃれな雰囲気を醸し出す収納ベッド。安心の国産品ですが価格が2万円台から買えるのでコストパフォーマンスが良いです。カラーはブラウン・ホワイト・ナチュラルの3色から選べます。女性部屋ならホワイトがおすすめです。

このベッドを見てみる

管理人管理人

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

お気に入りのベッドが見つかったのならうれしいです。

「もっとベッドやマットレス選びのことを知りたい!」

と思った人はぜひ当サイトのTOPページをご参考くださいね。