セール・お得情報

ベッド専門店「ネルコ」 期間限定SALE 5%OFF (5/20まで)

すのこベッド

おすすめのすのこベッドを厳選してご紹介

すのこベッドって何?どんな特徴で、何を選べば良いの?という疑問に対して、ベッドメーカーで商品企画に携わっていた筆者がお答えします。参考にしていただければ幸いです。

前半ではすのこベッドの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめ すのこベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 漠然とすのこベッドで探している
低価格なベッドを探している
布団で寝ているけどベッドにしたい

目次

すのこベッドとは何か?

すのこベッドとは

ふとんやマットレスを置く場所がすのこ状(隙間がある木枠)になっているベッドがすのこベッドです。

もともとすのこは湿気予防に使われていました。すのこは寝ている時にかく汗や水蒸気を上手に発散する仕組みとしてベッドに適しています。

すのこベッドのメリット

1、抜群の通気性

すのこベッドは通気性がとても良く、マットレスの蒸れが解消されやすいのが特徴です。寝汗を多くかく人には特におすすめです。

2、シンプルで安価

引き出しなどの余計な機能がない分、低価格な商品が多く、デザインもシンプルなものが多いので、どんな部屋にも合わせやすいと思います。

3、組立がカンタン

シンプルなつくりのためパーツが少なく、他のベッドに比べ組立がとても簡単。組み立てな苦手な人にもおすすめです。

組立工程が少なければ少ないほど、引越しもしやすいです。

すのこベッドのデメリット

大きいサイズが少ない

構造上の問題か、クイーンサイズやキングサイズのすのこベッドはあまり見かけません。大きくてもダブルサイズくらいまでの展開がほとんどです。

こんな人にもおすすめ

床に布団を敷いて寝ている人

布団

すのこベッドは布団でも置くことができるため、マットレスより布団の方が良いという人に人気です。

床から30cmあたりはホコリの対流ゾーン

床に布団を敷いて寝ることのデメリットのひとつはホコリです。

ホコリは地面から 30cmあたりに溜まりやすく、布団やマットレスを直置きの人は、まさにこのエリアで呼吸をすることになります。

「布団派だけどホコリが気になる!」

という人は、床から高さがあるベッドを選ぶことをおすすめします。

布団はカビやすい

一般的に布団は通気性が良くありません。

特にに万年床(年中敷きっぱなし)の場合、高確率でカビが発生します。

「毎日布団をたたむのは面倒くさい」という人こそ、すのこベッドがおすすめです。

すのこベッドは他のベッドに比べて、通気性や発散性に優れているため、カビにくいベッドと言えます。

なお、マットレスの方が布団より通気性が優れているので、マットレスを使うならすのこベッド以外のベッドでも使えます。

しかし、どうしても布団で眠りたい人は、すのこベッドが唯一の選択肢となります。

手持ちの収納ケースを使いたい人

ベッドの下は何もないので、収納ケースなどを入れて使うことができます。

「だったら収納ベッドを買えばいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、収納ベッドはすのこ仕様でないことが多いですし、ややお値段も高め。

また、すのこベッドなら手持ちに収納ケースも使えたりするので収納スペースの自由度が高いことも魅力のひとつです。

ただし、あまりパンパンにベッド下に収納物を入れてしまうと、空気の流れが滞ってしまいますし、寝汗等の湿気で収納物にカビが発生してしまう恐れがあるので、注意が必要です。

選ぶポイント

ベッドフレームは見た目重視

あまり機能がない分、率直に見た目の好みで選んでいいと思います。

いろいろなテイストのすのこベッドがあるので、フィーリングで選んでいくのも楽しいと思いますよ。

部屋が狭い人はヘッドボードが薄いタイプかヘッドボードレス(ヘッドボードなし)タイプがおすすめです。

サイズは少し大きめ

寝るスペースが広いほど快眠できるので、部屋が許す限りできるだけ大きめのサイズを選ぶことがおすすめです。

一人暮らしならシングルサイズではなく、セミシングル。二人暮らしならセミダブルではなく、ダブルサイズ(できればクイーンサイズ)あればゆったり眠れます。

一般的なベッドのサイズは下記の通りです。

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル90~100cm1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

※ベッドによって多少差があり

マットレスか布団か

寝心地の面ではマットレスがおすすめです。

マットレスの方が通気性や耐久性が良く、寝返りも打ちやすい傾向があります。

ただし、マットレスの弱点は重たく移動が困難なことなので、「毎日布団を干したい」「たたんで押し入れにいれたい」という人は布団を選ぶと良いでしょう。

備考:ダニは天日干しでは死にません

ダニが死ぬには50度以上の熱が必要なので、天日干しではダニは死にません。
ダニなどのハウスダストを除去したいのであれば、マットレスの上にパッドを敷いて、殺ダニスプレーなどをし、ダニを死滅させた後に洗濯するか掃除機で吸い取ることがおすすめです。

詳しくは「ベッドを長持ちさせる4つの方法」でまとめているのでご参考ください。

少し硬めのポケットコイルがおすすめ

マットレスの場合、様々な種類がありますが、振動が少なく体圧分散性が高いポケットコイルがおすすめです。

ポケットコイル
ポケットコイル

寝心地は好みが分かれますが、もし迷った場合は少し硬めのマットレスを選べば失敗することは少ないです。

硬めのマットレスはベッドパッドなどを敷いて柔らかく調整することができます。
逆に柔らかすぎるマットレスを選んでしまうと、後で硬くすることはできません。

また、日本人は少し硬めな寝心地が好きで、且つ、ボンネルコイルよりポケットコイルの方が好きな傾向があると言われます。

【厳選】おすすめ すのこベッド

【2019年5月2日更新】

管理人管理人

ベッドメーカーに勤めていた筆者が厳選したすのこベッドをまとめます。参考になれば幸いです。

1、島根県産天然ひのきベッド

島根県産天然ひのきベッド

長く快適に使えるひのきベッド

国産のひのきを贅沢に使用したすのこベッド。ひのきは刈られてから200~300年かけて強さがゆっくりと増してくる特徴があります。奈良の法隆寺がひのきで作られていることも有名ですね。ひのきは独特の良い香りしリラックス効果があり、防虫・防腐性も備えています。毎日快適な睡眠をしたい人におすすめのベッドです。

このベッドを見てみる


2、タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

圧迫感なく低価格、一人暮らしにおすすめ

ヘッドボードをなくすことによって狭い部屋でもすっきりと置くことができるすのこベッド。1万円前半で買える格安価格です。高さが3段階調節できるので、手持ちの収納ケースの高さに合わせやすいです。タモ材という天然木素材を使っていて、価格のわりに高級感があります。

このベッドを見てみる


3、角の丸みをもたせた高さ調整式すのこベッド

角の丸みをもたせた高さ調整式すのこベッド

小さいお子様にも安心

ベッドフレームの角に丸みがあるすのこベッド。ぶつかって怪我をするリスクが少なく小さいお子様がいるご家庭にもおすすめです。高さ調節機能がついているので荷物が多くなったらこの画像のようにベッド下に収納スペースを作ることができます、

このベッドを見てみる


4、7千台で買える超格安ベッド

税込7千円台の超格安ベッド

すごいコストパフォーマンス

なんと税込7,000円台で買える抜群の格安さを誇るすのこベッドです。脚の取り外しができので、耐久性に不安があるようでしたら脚を取ってロータイプのベッドとして使うこともできます。引越しなどはいろいろお金がかかりますよね。金欠状態の人のお財布にも優しいベッドです。

このベッドを見てみる


5、布団が干せるシングルベッドフレーム(ニトリ)

布団が干せるシングルベッドフレーム

布団派の人におすすめ

すのこ部分が折れて布団が干せるようになるすのこベッド。布団を物干しに干さずとも換気ができるので手軽に清潔な環境がキープできます。ヘッドボードには棚とコンセントが付いていて機能的。価格は2万円前後です。

このベッドを見てみる


6、10分で組み立てられるタモ材のすのこベッド

10分で組み立てられるタモ材のすのこベッド

組立が超簡単、脚がおしゃれなベッド

10分で組立ができてしまうベッドです。パーツが少なく組立がとても簡単です。ヘッドボードがないのでその分全長が短くなります。このベッドの全長は197cmなので小さ目の部屋でも圧迫感なく置けます。

このベッドを見てみる


7、TARVA (タルヴァ) ベッドフレーム(IKEA)

TARVA (タルヴァ) ベッドフレーム(IKEA)

IKEA(イケア)のシンプルすのこベッド

北欧家具メーカーIKEA(イケア)のパインの無垢材を使用したすのこベッド。シンプルながらおしゃれなデザインです。1万円を切る格安価格ですが、IKEAはすのこパーツが別売りになります。すのこパーツは安いもので5,000円ほどなので、トータル2万円弱でベッドが買えます。

このベッドを見てみる


8、バーチ材の背もたれ付きベッド

バーチ材の背もたれ付きベッド

ドラマのワンシーンに出てきそう

個人的ですがデザインがとても好きです。雰囲気いいですよね。格子状の背もたれに抜け感があってベッドの圧迫感を感じさせず、この写真のように部屋の中心にも置けます。映画やドラマのワンシーンに出てきそうな素敵なベッドです。

このベッドを見てみる


9、すのこベッド「SOLID(ソリッド)」

すのこベッド「SOLID(ソリッド)」

スタイリッシュなのに頑丈

通常よりすのこの本数を多くして、頑丈に作られたベッド。直線的なデザインがスタイリッシュさを際立たせます。ナチュラルすぎない部屋にしたい人におすすめです。

このベッドを見てみる


10、折りたたみひのきベッド

折りたたみひのきベッド

折りたためるから部屋を有効活用できる

ベッドフレームごと折りたためるすのこベッドです。キャスター付きなので移動も簡単。使っていないときは別の部屋に持っていったりできるので狭い部屋にも有効活用できます。専用のマットレスを合わせて使うことをおすすめします。

このベッドを見てみる

 


セミダブル・ダブルサイズが選べる!おすすめすのこベッド

管理人管理人

少し大きめのセミダブル・ダブルサイズが選べるおすすめのすのこベッドを厳選しました。

セミダブル・ダブルサイズとは?

ベッドのサイズ(シングル・セミダブル・ダブル)

セミダブルサイズは横幅120cmで、一人でゆったり眠りたい人におすすめです。

ダブルサイズは横幅140cmで、一人でもっとゆったり眠りたい人、あるいは二人で眠りたい人におすすめのサイズです。

1、北欧風シンプルすのこベッド【セミシングル~ダブル】

北欧風シンプルすのこベッド

安心の頑丈設計(おすすめ)

ベッド専門ショップ「ネルコ」のオリジナル商品。シンプルな定番デザインですが、フレームに極太の板を補強し、強靭な耐久性があるベッドです。きしみや揺れの心配がなく、安心して眠ることができます。コストパフォーマンスに優れたおすすめの逸品です。

このベッドを見てみる


2、オーク材の高さ調整すのこベッド【シングル、セミダブル】

オーク材の高さ調整すのこベッド

天然木オーク材を使用した高級感

通常のすのこベッドはパイン材で作られていることが多いですが、このベッドは高級家具でも使われているオーク材を使用。しかも価格が2万円台と、かなり低価格に抑えられています。ヘッドボードのデザインもシンプルで使いやすいです。

このベッドを見てみる


3、ベッド下の高さ調節可能!天然木すのこベッド【シングル・~ダブル】

ベッド下の高さ調節可能!天然木すのこベッド

荷物が多い人におすすめ

ベッド下に大容量の収納スペースがあるすのこベッド。収納ケースを上手に活用すればとても便利に使えます。カントリー調のデザインで、色も3色から選べるので女性や子ども部屋にもぴったりです。

このベッドを見てみる


4、ヴィンテージ風ザインすのこベッド【シングル・セミダブル・ダブル】

ヴィンテージ風ザインすのこベッド

北欧やヴィンテージテイストが好きなら

ウォールナット柄がおしゃれな北欧ヴィンテージテイストのベッド。男女問わず使いやすいデザインです。ヘッドボードは棚とコンセントが付いているので機能性もあります。

このベッドを見てみる


5、スタイリッシュデザインすのこベッド【シングル・セミダブル・ダブル】

スタイリッシュデザインすのこベッド

モダンな部屋におすすめ

すのこベッドはモダンで都会的な雰囲気な部屋にしたい人にはしっくりこないことが多いですが、このベッドならモダンな部屋との相性が抜群です。カラーは彩度が低いナチュラルとブラウンがあります。ダブルサイズまで選べるので大きいサイズが欲しい人にもぴったりです。

このベッドを見てみる

 

クイーンサイズ・キングサイズが選べる!おすすめのすのこベッド

管理人管理人

もっと広々眠りたい人に向けて、最大級のサイズであるクイーンサイズ、キングサイズのおすすめのすのこベッドを厳選しました。

クイーンサイズ・キングサイズとは

クイーンとキングのサイズ比較

クイーンサイズは横幅160cmで、二人でゆったり眠りたい人におすすめです。

キングサイズは横幅140cmで、二人でもっとゆったり眠りたい人、あるいはお子様と川の字で眠りたい人におすすめのサイズです。

1、Re:CENOオリジナルベッド「NOANA」

Re:CENOオリジナルベッド「NOANA」

完成度が高い、飽きの来ない上質デザイン

インテリア通販のRe:CENO(リセノ)が手掛けるオリジナルベッド。北欧やナチュラルテイストが好きな人におすすめです。すのこ部分はM字に折りたたみ固定できるため、布団を干すこともできる完成度の高いすのこベッドです。

このベッドを見てみる


2、ラグジュアリーデザインすのこベッド「FTN」

ラグジュアリーデザインすのこベッド【FTN】

モダンな部屋にぴったり

流線形のフォルムが美しく、部屋に置いただけで高級ホテルのような雰囲気になるラグジュアリーすのこベッド。素材はAPUというスーパーソフトレザー(合皮)を使用し、見た目・メンテナンス性ともに優れています。体圧分散性にすぐれたウッドスプリングのすのこを使っているハイグレードなベッドです。

このベッドを見てみる


3、おしゃれなウォールナット柄デザインローベッド「MPC」

おしゃれなウォールナット柄デザインローベッド【MPC】

まるでデザイナーズ家具のようなすのこ風ベッド

美しい木目とシンプルで高級感があるデザインが特徴のすのこ風ベッド。床板は普通のすのこではなく、隙間を開けて配置して換気性を保っている仕様です。フラットタイプなので、クイーンサイズからキングサイズまで置けます。

このベッドを見てみる

【厳選】すのこベッド おすすめショップ

管理人管理人

すのこベッドと取り扱いが豊富あって、魅力的な商品が売っているショップをご紹介します。

1、neruco (ネルコ)


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる


2、 ベルメゾン


bellemaison
参照:BELLE MAISON

大手で安心、一人暮らしに特におすすめ

icon「ベルメゾン(BELLE MAISON)」は大手総合通販会社の千趣会が運営する通販サイトです。大手ならではのサポートの厚さと安心感があります。特にすのこベッドの種類が豊富なので一人暮らしの人は必見です。プライベートブランドの「BELLE MAISON DAYS」は低価格なのにデザイン性も優れています。フレームだけ安く買いたい人にもおすすめなショップです。

ベルメゾンを見てみる


3、 CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

マットレスとベッドフレームのセットがお得

「CCmart7」はインターネット限定のインテリア総合ショップです。注目すべきは圧倒的な低価格と品揃えの量。ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。ここまで品揃えがあるショップは珍しいと思います。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

CCmart7を見てみる


おすすめサイトランキングを見る

コラム

管理人管理人

すのこベッドに関連した情報を以下にまとめます。興味があれば読んで頂ければと思います。

1、すのこベッドとカビ

カビ

日本の気候は高温多湿で、じめじめしているため、カビが生えやすく、不衛生になりやすい環境でもあります。

寝具やベッドは人間が長時間寝るものなので、水分や温度を発散させてあげないと高確率でカビが発生します。

カビの原因とは?

では、カビの原因とはなんでしょうか?

カビが発生する条件は「温度」「空気」「湿度」「栄養分」の4つです。 この4つの条件が揃わないとカビは発生しないと言われています。

カビが生える条件
  • 温度0~45℃
  • 空気
  • 湿度70%以上
  • 栄養分

このうち、一つでも環境を良くすればカビの発生は抑えられると言われます。

とはいえ、実際にコントロールできるのは「湿度」くらいです。(空気を無くすことはできないですよね)

人間は寝ている時にコップ1杯の汗をかきます。この汗がうまく発散されないと、ベッドはかなりの確率でカビてしまうでしょう。

カビを発生させないためには

こまめに換気をしたり、布団を干したりすることは必要です。朝起きたら掛布団を外しておくだけでも湿気は発散されます。

また、マットレスを使っている人は、たまに立てかけて湿度を発散させてあげるのも効果的です。

2、すのこベッドの材質について

木材

すのこベッドは構造がシンプルで作るにあたり加工が少なく済むため、天然木で作られていることが多いです。以下、天然木の材質について補足します。

桐(きり)

日本国内では最も軽い木材。熱伝導率が低いので夏は熱くなりづらく、冬は冷たくなりづらい材質です。湿度を調節する機能も優れているので、カビも生えづらいです。

桧(ひのき)※最も高価

耐久性が強く、建築材としてはお寺などを作るのに昔から用いられています。伐採してから200年間は強度が強くなり、その後1,000年くらいかけて伐採時の強度に戻ると言われています。虫や菌の耐性にも強い。良い匂いを発するので気分を落ち着かせる効果や消臭や防ダニ効果も期待できます。

やや柔らかく安価な木材です。調湿性と耐久性が強いため、カビや虫にも強いといわれています。柔らかい素材のためキズが付きやすいことがデメリット。

パイン

節が多く、いわゆる”木”っぽい見た目です。温かみがありカントリー調の家具には良く使われています。年月が経つと色味が白色から艶っぽい黄色に変化していきます。懸念点はパイン材はシロアリの好物らしく、シロアリ被害にあわれた方もいるということです。

どの木材がおすすめ?

予算に余裕があるなら、軽い桐か頑丈なヒノキがおすすめです。

ただし、すのこベッドは一般的にパイン材で作られていることが多いです。

パイン材は安価で、おしゃれなベッドフレームのベッドも豊富にあります。

筆者はパイン材のベッドを持っていましたが、特にシロアリの被害もなく、快適でしたよ。予算とこだわりに応じて決めるとよいと思います。