チェストベッド

大容量収納「チェストベッド」を徹底解説

この記事では大容量収納ベッドの「チェストベッド」について、メリットやデメリット、おすすめ商品をご紹介します。

筆者はベッドメーカーで商品企画に約7年携わっていました。
その経験をもとにチェストベッドを徹底解説します。

前半ではセミダブルサイズの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

【厳選】おすすめのベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 大型の収納ベッドを探している
部屋が狭く荷物が多い
おすすめのチェストベッドが知りたい

チェストベッドとは

チェストベッドとは
チェストベッド=たんす(チェスト)+ベッド

「荷物が多くて、ベッドを置くスペースがない。。」

そんな人にぴったりなベッドがチェストベッドです。

チェストとは日本語では「タンス」という意味。

つまり、タンスとベッドが合体したベッドがチェストベッドです。

チェストベッドのメリット

1、タンス並みの収納力

チェストベッドはとにかく収納力がすごいです。
すべてのベッドの種類の中で最も収納力があります。

普通の収納ベッドは引き出しが2杯程度ですが、チェストベッドは側面だけで4~6杯の引き出しがついています。

床板下も収納できる!

チェストベッドは床板下も収納できます。

大きなものやラグなどの長物も収納できるので便利です。

2、分けて収納ができる

チェストベッドは引き出しの形によって、収納物を「用途別に分ける」ことができます。

例えば、

「よく使う小物や衣類は引き出しに、あまり使わないレジャー用品やスーツケースは床板下に収納する」

ということが可能です。

深型・浅型の引き出しがある

チェストベッドは浅型と深型の引き出しを搭載している商品が多いです。

例えば

「浅い引き出しにはすぐ取り出せる衣類系、深い引き出しには大きめの鞄を収納する」

といった具合にフレキシブルに収納できます。

引き出しのかたちは商品によっていろいろなパターンがあるので、ぜひあなたにぴったりな引き出しの形を見つけてください。

こんな荷物におすすめ
  • マンガやDVD
  • 靴下や下着などの衣類
  • ふとん(季節)
  • ラグ
  • スーツケース
  • 扇風機
  • 加湿器
  • キャンプ用品
  • スノーボード

チェストベッドのデメリット

▲ 高さがある

ベッド下の収納が大容量のため、ベッドの高さが高くなります。

チェストベッドの高さから落ちたらケガする心配があるので、寝相が悪い人はベッドガードなども検討した方がよいでしょう。

▲ スタイリッシュな見た目ではない

チェストベッドは収納機能を重視するがあまり、凝ったデザインは少ないです。

大きく存在感があるので、シンプルなデザインがおすすめです。

選ぶポイント

収納部分がBOXタイプがおすすめ

ボックス構造
BOXタイプ

安価なチェストベッドは完全組立商品の場合がありますが、引き出し部分がBOXタイプの商品がおすすめです。

BOXタイプは組立が簡単

引き出しをBOX構造にすることで、組立が簡単になります。(ネジ8本で組み立てられるチェストベッドもあります)

BOXタイプは頑丈

BOXタイプは組立がシンプルなため頑丈です。

基本的に複雑な組立が必要な商品ほど横揺れに弱く耐久性は低いです。ベッドを買う場合、組立がシンプルかどうかも確めましょう。

管理人管理人

BOX構造は組立が簡単で、強度がある。これはとても素晴らしいポイントです。

【厳選】おすすめチェストベッド 11選

【2019年5月2日更新】

ベッドメーカーに勤めていた筆者がおすすめのチェストベッドを厳選しました。よろしければご参考ください。

1、シンプルでおしゃれな日本製チェストベッド

シンプル&スマート!大容量収納チェストベッド「STE」

安心の日本製、使いやすい薄型のヘッドボード

圧迫感が少ない薄型のヘッドボードのチェストベッド。ヘッドボードには棚とコンセントが付いていて便利です。引き出しはBOXタイプで組立が簡単。安心の日本製ベッドです。全体的にすっきりとしておしゃれな印象です。

このベッドを見てみる


2、低価格で買えるチェストベッド

低価格で買えるチェストベッド

iconBOXタイプで2万円台

シンプルなデザインのチェストベッド。価格が29,900円とBOXタイプでは珍しい格安価格。サイズがシングルサイズのみで、特に女性の一人暮らしにおすすめです。

このベッドを見てみる


3、かわいいショート丈チェストベッド

狭い部屋におすすめのショート丈

長さが短いショート丈のベッド。通常のマットレス丈が約195cmですが、このベッドのマットレスは180cmです。引き出しもBOXタイプ。ヘッドボードが薄いので部屋が狭く荷物が多い人におすすめ。

このベッドを見てみる


4、敷き布団が使える!チェストすのこベッド【SVT】

敷き布団が使える!チェストすのこベッド【SVT】

布団派の人にも嬉しい

チェストベッドにしては珍しいすのこ仕様で、通気性が良く清潔な睡眠環境を得たい人におすすめのチェストベッド。すのこなので敷き布団でも使えます。フレームは安心の国産、収納部分は組立簡単・強度が高いBOXタイプです。

このベッドを見てみる


5、一人暮らしにおすすめ多機能チェストベッド

収納力を究極に追求したかたち

ヘッドボードの中にも収納スペースがある、これでもか!と言わんばかりの収納力を追求したチェストベッド。ガジェッド好きにも嬉しいUSBポート付き。機能性を追求する人におすすめのチェストベッドです。

このベッドを見てみる


6、引き出しが特大サイズのチェストベッド

大収納チェストベッド

引き出し部分の収納量がすごい

通常のチェストベッドは引き出しの逆側は長物収納スペースになっていて、床板やすのこを上げないと取り出せないスペースになっていますが、このベッドは広大な引き出しが奥まである収納タイプなので、大容量を手軽に開け閉めができて便利です。長物を収納したいという人には不向きです。

このベッドを見てみる


7、ダブルサイズまで選べるヘッドレスチェストベッド

ダブルサイズまで選べるチェストベッド

部屋が狭い人におすすめ

ヘッドレスなので最小スペースでベッドが置けます。部屋の狭い人でも起きやすいベッドです。セミシングルサイズからダブルサイズまで選べるので自分の部屋にぴったり合うサイズが見つかるでしょう。安心の国産で、組立も簡単で頑丈なBOX構造です。

このベッドを見てみる


8、足元に引き出しがあるチェストベッド

布団がしまえるチェストベッド

布団がしまえる大きな引き出し

布団が収納できるように計算して作られた足元の引き出しが特徴のチェストベッド。衣替えで必ずと言っていいほど替えるのは布団です。押入れに布団を収納している人も多いですがかなりスペースをとります。押入れが狭い人におすすめです。

このベッドを見てみる


9、畳のチェストベッド

畳のチェストベッド

い草の香りに癒される

床板が畳のチェストベッド。畳は湿気をコントロールしたり、断熱性・通気性が優れているという性質があります。湿気に強いので布団も敷けます。い草の香りは人をリラックスさせる効果もあます。

このベッドを見てみる


10、荷物がたくさん収納できるクイーンサイズのチェストベッド

荷物がたくさん収納できるクイーンサイズのチェストベッド

夫婦の寝室にぴったり

おしゃれな間接照明付きのモダンデザインのチェストベッド。横幅160cmのクイーンサイズのマットレスが置けるので、二人でゆったり眠れます。チェストベッドはサイズが大きくなればなるほど床板下の収納スペースが広くなるので、荷物がたくさんあるカップルにもおすすめです。

このベッドを見てみる


11、本棚付き大容量収納チェストベッド【EVI】

本棚付き大容量収納チェストベッド【EVI】

コミック好き、必見

ヘッドボードの本棚がついたチェストベッド。寝るときに漫画を読む習慣がある人に人気のベッドです。宮棚も幅が広いので「普段読んでいる漫画は宮棚に、そうでない漫画は本棚に」という使い方ができます。

このベッドを見てみる

 

おすすめのベッド通販サイト 3選

管理人管理人

チェストベッドを豊富に取り扱っているおすすめサイトをご紹介します。

1、 CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

マットレスとベッドフレームのセットがお得

「CCmart7」はインターネット限定のインテリア総合ショップです。注目すべきは圧倒的な低価格と品揃えの量。ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。ここまで品揃えがあるショップは珍しいと思います。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

CCmart7 を見る


2、 neruco(ネルコ)


neruco
参照:neruco

マットレスの取り扱いが豊富

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。種類も豊富でWebサイトも見やすいです。マットレスのブランドの取り扱いが幅広いです。サータやフランスベッド、ASLEEPなどこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる


3、 ベルメゾン


bellemaison
参照:BELLE MAISON

大手で安心、一人暮らしに特におすすめ

icon「ベルメゾン(BELLE MAISON)」は大手総合通販会社の千趣会が運営する通販サイトです。大手ならではのサポートの厚さと安心感があります。特にすのこベッドの種類が豊富なので一人暮らしの人は必見です。プライベートブランドの「BELLE MAISON DAYS」は低価格なのにデザイン性も優れています。フレームだけ安く買いたい人にもおすすめなショップです。

BELLE MAISON を見る

サイズの選び方

サイズ一覧

ベッドはサイズが大切です。

結論から言うと一人ならセミダブル二人ならダブルサイズ以上がおすすめです。

各サイズの特徴については『【買う前に知っておきたい】ベッドのサイズの選び方』で詳しくご紹介しているのでぜひご参考ください。

マットレスの選び方

マットレス

寝心地はマットレスの質で大きく左右されます。

体型や寝心地の好みは千差万別なので「このマットレスがおすすめ!」と断言できないのですが、すごくシンプルに言うと少し硬めのポケットコイルマットレスを選ぶことが最も失敗が少ないでしょう。

詳しいマットレスの選び方については『【もう迷わない!】シーン・価格で選ぶマットレスおすすめ』でご紹介しているので興味がありましたらご参考ください。

ポケットコイルマットレスの特徴

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルマットレスはコイルがひとつひとつ独立した作りで、体を点で支えます。

体にかかる圧力を分散しやすく(体圧分散性が高く)、コイルが独立しているため振動が伝わりづらいことが良いところです。

振動が伝わりづらいので二人で眠る場合にも最適です。

デメリットとしては安価なポケットコイルマットレスは部分的な耐久性が低いことがあり、できるだけ高密度で寝心地がしっかりしたもの(やや硬め)を選ぶことをおすすめします。

ポケットコイルの良いところ

体圧分散性が優れている
振動が伝わりづらい

イマイチなところ

安価商品は耐久性が低い
他のマットレスに比べてやや高価

「少し硬め」がおすすめの理由

ポケットコイル

自分が好きな寝心地がハッキリしている人は別ですが、よくわからなかったり迷っている場合「少し硬め」の寝心地を選ぶと失敗が少ないです。

硬いマットレスは後でパッドやトッパーなどで寝心地を柔らかくできます。

逆に柔らかいマットレスをあとから硬く調整することは困難です。

よって、後から微調整できるという点で硬めの寝心地を選ぶ方が無難なのです。

日本人はポケットコイルが好き

世界的に有名マットレスメーカーの「Serta」は、日本市場向けの主軸マットレスをポケットコイルで作っています。

過去、サータは欧米で人気のボンネルコイルと、ポケットコイルを日本で販売していました。
しかし、圧倒的にポケットコイルを選ぶ人が多数だったのです。

その結果を受けて日本市場ではポケットコイルマットレスをメインに販売することを決めたそうです。

種類ポケットコイルボンネルコイル
画像ポケットコイルボンネルコイル
寝心地包まれるような寝心地布団のような寝心地
メリット・振動が少なく、二人で寝るのおすすめ
・体圧分散性が高い
・寝返りが打ちやすい
比較的安価
デメリット・部分的な耐久性が低い・振動が伝わりやすい
・バネ感が強い
・ギシギシ鳴ることも

おすすめのマットレスについては『【超厳選】おすすめのポケットコイルマットレス特集』でご紹介しているので、よければご参考くださいね。

 

管理人管理人

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

お気に入りのチェストベッドが見つかったならうれしいです。

大容量の収納ベッドで探しているなら跳ね上げ式ベッドもぜひご検討ください。
大きい荷物が多い人に跳ね上げ式ベッドはおすすめです。

当サイトはベッド選びの専門サイトです。
あなたにぴったりのベッドが見つかるよう、ご協力できたら幸いです。