koara01

コアラマットレスの徹底解説

この記事ではコアラマットレスの社員の方から聞いた話や、実際にコアラマットレスを使ってみた体験をご紹介します。

筆者は過去ベッドメーカーに勤めていました。ベッドの専門家の視点からコアラマットレスのメリットやデメリットを徹底解説するので、ご参考頂けますと幸いです。

管理人管理人

最新情報】2020年2月にコアラマットレスはリニューアルしました。この記事ではリニューアル後のコアラマットレスを改めてレビューしています。

この記事を書いた人

管理人(株)悠デザイン代表。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、当サイトを運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。ベッドの専門家としてgooランキング(NTTレゾナント様)などの記事監修・情報提供も行う。

> プロフィールはこちら

目次

【まず結論】コアラマットレスの評価は?

コアラマットレスの評価

当記事では以下のような項目をチェックし、商品を評価しております。

  • 寝姿勢による寝心地は?(仰向き・横向き)
  • 寝返りのしやすさは?
  • 通気性が良いか?(ムレを感じないか)
  • クッション材の品質はどうか?
  • 詰め物の質感・ボリュームはどうか?
  • バネあたりや底付きがないか?
  • 価格相応の寝心地と言えるか?(総合評価)

始めに結論からお伝えすると、体験を通じ本商品を以下のように評価させていただきました。

▼ コアラマットレスの評価
総合評価3.31
仰向き寝4.0
横向き寝4.0
端の沈み込み3.0
通気性3.5
寝返り3.0
底付きのなさ4.0
素材の品質3.0
耐久性3.0
衛生面3.0
取り扱いやすさ4.0
価格2.56

※目安は「3.50」以上が高評価です。

>>>点数の付け方について

寝心地は抜群!でもコスパとしては微妙

当サイトでは様々なマットレスを体験・レビューさせていただいておりますが、コアラマットレスはその中でも寝心地面は特に良いと感じています。

振動が伝わりづらい静かな寝心地で、硬すぎず・柔らかすぎずの絶妙なバランスがあり、仰向き・横向きの両方の寝姿勢でもストレスを感じさせないのは素晴らしいです。

ただし、価格がネックです。

コアラマットレスはシングルサイズで72,000円。正直、このくらいのお金を出せば同等クラスの寝心地のマットレスが2~3台買えると思います。

コアラマットレスの評判の良さは、SNSやメディアでも話題なので、そうした点に安心感や価値を感じたり、多少高価でも寝心地にこだわりたい人にはおすすめです。

なお、当サイトで検証したうえで、特にコストパフォーマンスが優れていると感じた「本当におすすめのマットレス」は以下の記事でご紹介しています。

それでは以下より、コアラマットレスの特徴をご紹介します。

コアラマットレスって何?

コアラマットレスは2015年にオーストラリアで創業した「コアラスリープ」という寝具メーカーのマットレスです。

販売開始後あっという間にオーストラリアのマットレス市場において最高評価を得るまでに成長し、2017年10月に日本市場へ参入しました。今ではジワジワと人気が高まってきています。

創業者の2名はオーストラリア人の元ラグビープレイヤーとのこと。

激しいラグビー漬けの日々を送る中、体を回復させる睡眠の質が大切だと感じて「手頃に買える良いマットレスがないから自分たちで作ってしまおう!」と始まったビジネスだそうです。

Amazonで見る

コアラマットレスの理念

高品質なマットレスを低価格で作る

コアラマットレス

コアラスリープは「高品質なマットレスをできるだけ低価格で提供したい!」という理念を掲げていて、ショールームや実店舗を構えないことで、コストをできるだけカットしています。

不定期で都内を中心に体験会を開いていますが、基本的に購入前に寝心地を確かめることが難しいでしょう。

購入前に体験できないのは不安と感じるかもしれませんが、コアラマットレスは120日間の無料お試し期間を設けているのでご安心ください。(詳しくは後述)

マットレスはデジタル時代の家具

コアラスリープは「マットレスはデジタル時代の家具」(ネット通販商品ということ)というスローガンを掲げています。イマドキっぽい考えですよね、個人的には好きです。

マットレス・ベッド業界は旧態依然としている所があり、中間マージンや多額の販管費が商品価格に転嫁される傾向があります。

特に、伝統的なマットレスメーカーの商品には、ショールームの家賃や人件費などが本体価格に含まれてしまうためコストパフォーマンスが良いとは言いにくいでしょう。

コアラマットレスはそうした余計なコストをあえて省いているため、「高品質だけど低価格」なのです。

日本市場におけるコアラマットレス

コアラマットレスは2017年10月に日本市場へ参入しました。

オーストラリア(本国)のマットレスをそのまま販売するのではなく、日本人に合った硬さや寝心地・日本独特の高温多湿環境に適した仕様を徹底的につきつめ、日本仕様のマットレスの開発に成功したとのことです。

寝心地のアンケート
↑日本におけるアンケート結果(旧モデル)

コアラマットレスの特徴

コアラマットレス

コアラマットレスはいわゆる「ウレタンマットレス」の分類に入ります。

他メーカーのウレタンマットレスでは、トゥルースリーパーやマニフレックス、テンピュール® などが有名ですね。

ウレタンマットレスとよく比較されるのは硬鋼線で作られている「スプリングマットレス」です。シモンズやサータ、日本ベッドなど伝統あるメーカーは基本的にスプリングマットレスを採用しています。

ウレタンスプリング
画像コアラマットレスボンネルコイル
素材ポリウレタンなど鋼(はがね)
代表的なメーカー・ブランド・テンピュール®
・AiR(西川)
・マニフレックス
コアラマットレス
・シモンズ
・サータ
・日本ベッド
・フランスベッド

「ウレタンマットレス」と聞くとあまり良くない印象を持つ人もいるのではないでしょうか(私もその一人)。

一般的なウレタンマットレスに対する主なマイナスイメージは下記の通りだと思います。

ウレタンマットレスのマイナスイメージ

  • 通気性が悪い
  • 寝返りが打ちづらい(低反発)
  • ヘタりやすく耐久性がない

    では、コアラマットレスはその点どうなのでしょうか?

    1. 通気性は?

    コアラマットレスで使われているウレタンフォームは特別開発したクラウドセル(上層)と、衝撃吸収層(中間)、高反発層(下層)の3層の構造になっています。

    下部の高反発層に空洞があり、ここから湿気を逃す通気性が良い設計です。

    通気

    独自のゾーニング

    下層部(高反発層)の通気孔は、マットレスの硬さ・やわらかさを調節する目的もあります。このように硬さを部分的に変えることを「ゾーニング」と言います。

    ゾーニング
    コアラマットレスのゾーニング

    コアラマットレスのゾーニング製法では、荷重がかかる臀部付近を硬めに、そのほかをやわらかめに作っていて、上の画像の通り、深い沈み込みが必要な横向き寝でも寝姿勢が整いやすいです。

    2. 寝返りの打ちやすさは?

    コアラマットレスは上層・中間層がやわらかい素材、下層が硬めの高反発素材で構成されています。

    体を預けるとやわらかい層で一定まで沈み、高反発層に支えられます。そのため体が持ち上げられるので、寝返りは打ちやすいです。

    エアウィーヴなどの高反発だけの素材に比べ、やわらかい層(クラウドセルや中間層)による沈んだ反動のせいか、より寝返りがしやすいと感じました。

    3. 耐久性は?

    クラウドセルは低反発と高反発素材をミックスさせた素材です。

    従来の低反発素材のようなヘタりがなく、通気性が優れた丈夫なフォームで、他のウレタンに比べ耐久性が高いと言われています。

    もちろん耐久試験※にはクリアしていて、そう簡単にヘタることはないそうです。

    ※大きなローラーで潰してへこまないかのテストを1台につき1万回行っていて、このテストにより10年間はヘタりなく使えることを定期的に確認しているそうです

    もしヘタってしまったら?

    使っていくうちに万が一ヘタってしまった場合、2.5cm以上のヘタりが確認できたら10年以内なら交換できるサービスがあります。

    ウレタンという素材は形成された時点から加水分解などによって劣化が始まる宿命にあります。特に就寝時のような高温多湿環境だと劣化が加速されるので、この点はスプリング系のマットレスに分があるでしょう。

    とはいえ、10年間の交換保証がついているので、ヘタってきたら交換すれば良いのです。

    コアラマットレスはこちら

    コアラマットレスの優れているところ

    振動が伝わりづらい

    筆者がコアラマットレスに寝てみて一番感動したのが「振動の伝わりづらさ」でした。

    「ゼロ・ディスターバンス技術」と言うのですが、とにかく下記の動画を見てみてください。

    ・・・これ、すごくないですか?

    この動画を見たとき、「本当かい」と半信半疑でした。しかし、実際に寝てみると本当に振動は伝わりづらく、驚きました。

    振動が伝わりづらいマットレスと言えばポケットコイルマットレスですが、コアラマットレスはポケットコイルで定評がある日本ベッドさんの傑作マットレス「シルキーポケット」で寝た時と似た感覚を受けました。

    ちなみに筆者も自宅にコアラマットレスが届いたとき、緊張しつつこのワインチャレンジをしてみました。(以下動画※音声無し)

    多少おっかなびっくりで弱腰ですが、ワインは見事倒れませんでした。

    二人で寝る人におすすめ

    振動が伝わりづらいコアラマットレスは二人で寝るのに最適です。

    二人で寝ていると、寝返りや起き上がりの振動でパートナーの眠りを妨げてしまうこともあります。二人で寝る人にとって振動の伝わりづらさは重要なポイントなのです。

    実際、コアラマットレスはダブルサイズが一番売れています。新婚や同居を始めるタイミングでコアラマットレスを選ぶお客さんが多いそうです。

    無料お試し期間が長い(120日間)

    コアラマットレスは購入してから120日間の無料お試し期間があります。

    無料お試し期間を設けていることはそこまで珍しくありませんが、120日間という期間はかなり長いです。

    120日間は約4か月ですよね。例えば4月に買ったら7月まで返品できます。つまり、季節をまたいで無料で試せるということです。

    季節によって求める寝心地も変わったりするので、このくらい長い期間試し寝ができるのは大きなメリットです。通販(オンライン)で買うことに抵抗がある人にもおすすめできます。

    余談ですが、ショールームでしっかり寝心地を確かめて買ったのに「やっぱり違った」という失敗、結構多いです。

    実はショールームと家では睡眠環境が異なるので、短時間の試し寝はあまり参考になりません。

    また、人間の体圧分布というのは簡単に変わってしまうので買った時点でベストだと思っても、実際寝たら「なんか違うな。。」ということも十分にあり得る話です。

    よって、無料で試せる期間が長いというのは本当におすすめです。

    ※返品に関して:現在、東京・大阪にお住いの人は返送費無料ですが、それ以外の地域にお住まいの人は返品手数料が7,500円がかかります

    到着まで早い(最短翌日配達)

    注文したらすぐ使いたいですよね。コアラマットレスは配達がかなり早いです。

    現在、東京・名古屋・大阪に住んでいる方なら注文した翌日に配達が完了し、その他の地域についても多少タイムラグはありますが、かなり早く到着します。しかも送料も無料です。

    ※注文の時間帯によって出荷タイミングが変わるので、ご注意ください。

    圧縮して届けられる

    コアラマットレスの梱包

    コアラマットレスはロール状に圧縮されて届きます。圧縮することで配送コストが下げられるのため、低価格で販売できます。

    コンパクトに配送できるため、搬入経路が狭い家に住んでいる人でもほとんど問題なく搬入ができます。

    なお、ロール状の圧縮状態で保管できる期間は「最長30日間」です。未開封状態が長く続くとマットレスのダメージの原因になるので、届いたらなるべく早く開封しましょう。

    コアラマットレスの気になるところ

    硬さが1種類しかない

    現在コアラマットレスでは硬さが1種類からしか選べません。

    筆者が寝た感じだとちょうどいい硬さだと思いましたが、私はどちらかというとやわらかいマットレスが合うタイプの人間です(フランスベッドの寝姿勢測定機でもそう診断されました)

    「日本人の好みの硬さを実現した」とのことですが、寝心地の好みはバラバラなので、もっとハード(硬め)な寝心地が好きな人もいるでしょう。

    口コミでも少数ですが、「やわらかすぎる」という意見もありました。

    表裏のローテーションができない

    ローテーションとはマットレスのヘタリをならすため、上下・表裏を定期的に回転させて使うことです。

    コアラマットレスの層構造は、裏面が寝ることに適していないため、表裏のローテーションができません。

    上下は可能なので、1か月に1度程度ローテーションすると良い寝心地が長持ちするでしょう。

    値段が高い

    シングルサイズで72,000円からなので、ウレタン系マットレスとしては高価な位置づけです。

    クラウドセルやゼロ・ディスターバンス技術に価値を感じられるならこの価格でも納得できますが、気軽に買おうという価格帯ではないです。

    とはいえ、高い品質であることを加味すると、コストパフォーマンスは決して悪いわけではないですが、同等の寝心地を得られるマットレスで、もう少し安い商品はいくつもあると思います。

    やや重い

    他のウレタン系のマットレスに比べるとやや重量が重いです。

    シングルサイズが18.1kg、ダブルサイズが26.1kgなので、簡単に持ち運びができるような重さではありません。スプリング系のマットレスと同じくらいの重さです。

    重さの原因はマットレスが分厚いためです。

    コアラマットレスの厚さは23cm。一般的なスプリングマットレスは20cmにも満たない商品も多いです。

    しかし、厚いマットレスは底付きを感じにくいです。寝心地を重視する人にとっては逆にメリットと言えるでしょう。

    「コアラマットレスは重い」という口コミも散見されますが、筆者としては重いこと(厚いこと)はデメリットではないと考えています。

    しかし、あまりに耐荷重の弱いベッドフレームと組み合わせる場合は注意が必要です(そもそもそんなベッドフレームは買わない方が良いと思いますが…)。

    コアラマットレスを見る

    サイズと価格

    コアラマットレスのサイズ展開と価格は下記の通りです。

    サイズ横幅価格(税込)シーン
    シングル97cm72,000円1人でぴったり
    セミダブル120cm82,000円1人でゆったり
    ダブル140cm92,000円2人でぴったり
    クイーン160cm102,000円2人でゆったり

    コアラマットレスは二人で眠る目的で購入されることが多いため、ダブルサイズが人気ですが、筆者としては二人で寝るならクイーンサイズをおすすめします。

    1人の人間が熟睡できる最低幅が70cmと言われていて、ダブルサイズとは「最低幅×2人分=140cm」から由来しているサイズ名称です。

    しかし、睡眠中は寝返りを打ったり姿勢も変化していくため、二人で眠るにはダブルサイズでは窮屈に感じる場合もあります。

    部屋と予算に余裕があるようでしたらクイーンサイズがおすすめです。

    【2020年3月更新】リニューアル情報

    2020年2月より、コアラマットレスがリニューアルしました。

    変更点は以下の5点です。

    新モデルの変更点

    1. 「中間層」の追加(これがメイン)
    2. クイーンサイズが160cmになった
    3. 中国製になった
    4. カバー裏に突起物がついた
    5. テンセルの比率が少し増えた

    実物をメーカーさんから取り寄せて検証してみると、マイナーチェンジにしては寝心地がかなり変わったという印象を受けました。

    コアラマットレス公式サイトには多くの口コミが掲載されてますが、過去の口コミはそこまで参考にならないと思った方が良いかもしれません。以下、ご参考いただけますと幸いです。

    1. 「中間層」の追加(これがメイン)

    新コアラマットレスの断面

    マットレスの構造が2層→3層にリニューアル。この記事の上の方でも少し触れましたが、中間層を追加しました。

    中間層は、衝撃をバランスよく吸収するクッションの役割です。

    中間層によって急な沈み込みを減少

    今までのコアラマットレスは横向きで寝た際など、下層部(硬めの高反発フォーム)を感じやすく、それが寝苦しさにつながる可能性を残していました。※筆者としてはそこまで感じませんでしたが

    今回、中間層を追加することによって、2層モデルのやわらかい層からサポート層の急な沈み込みを減少させる狙いです。

    前モデル
    (Ver.1)
    新モデル
    (Ver.2)
    前モデルのコアラマットレス新モデルのコアラマットレス
    2層構造3層構造

    人は寝返りを打つので、睡眠中は仰向き~横向きの姿勢を繰り返すことが普通です。中間層の追加によって、仰向きでも横向きでも、より快適に眠れるようになるでしょう。

    寝心地はどうかわったか?

    2層→3層構造に変更することによって、寝心地は変わりました。

    従来の旧コアラマットレス(Ver.1)の方がより高反発で硬めの寝心地でしたが、新コアラマットレス(Ver.2)は反発性は抑えられ、より衝撃吸収性が高まったと思います。

    ココがポイント

    • 旧モデル→高反発・硬め
    • 新モデル→衝撃吸収性やわらかさアップ
    反発性の比較動画(左:旧モデル、右:新モデル)※音声なし

    旧モデルは物(スマホ)を押して離すと多少浮き上がるほどの反発性があり、新モデルはピタッと吸着されているように押し返されています。

    衝撃吸収性の比較動画(左:旧モデル、右:新モデル)※音声なし

    同じくらいの高さから卵を落とす実験。旧モデルに比べ新モデルの方がバウンドの高さが低く、衝撃が吸収されています。

    2. クイーンサイズが160cmになった

    旧モデルのクイーンサイズは横幅170cmでしたが、新モデルでは横幅160cmに変わりました。

    日本の一般的なクイーンサイズの規格が横幅160cmのため、その標準規格に合わせたのだと思います。

    旧クイーンサイズでは対応するベッドフレームやカバーなどの寝装品が少なく、選ぶのに苦労をしましたが、日本の一般的な規格になったことで、ベッドフレームや寝装品を豊富な種類から選べるようになりました。

    3. 中国製になった

    前モデル(Ver1)はオーストラリア製だったのですが、新モデル(Ver2)から中国製に変更されました。

    旧モデル(箱に「AUSTRARIAN MADE」)
    旧モデル(箱に「AUSTRARIAN MADE」)
    新モデル(「AUSTRARIAN MADE」がなくなっている)
    新モデル(「AUSTRARIAN MADE」がなくなっている)

    中国製になったからと言って、工場のマネジメントがしっかりしていれば品質面には影響がないので、マイナス点ではありません。

    ただ、「コアラマットレス=オーストラリア」というイメージをもっていた人にとっては少し残念な変更に感じるかもしれません。

    4. カバー裏面に突起物を搭載

    旧モデルと新モデルの裏面
    左:旧モデル、右:新モデル

    旧モデルの裏面はただの生地ですが、新モデルは細かい突起物がついてます。

    旧モデルの裏面
    旧モデルの裏面
    新モデルの裏面
    新モデルの裏面

    ベッドフレームに置いた時にズレを抑えることや、突起によって床面との空間が少し空くことによる通気性の改善などの効果があるかもしれません。

    5. テンセルの比率が少し増えた

    コアラマットレスの表生地

    表の生地で使われている素材はポリエステルとテンセル(ユーカリ由来の再生繊維)ですが、旧モデルがポリエステル68%:テンセル32%だったところ、新モデルではポリエステル65%:テンセル35%と、3%ほどテンセルの比率が高まっています。

    前モデル新モデル
    • ポリエステル68%
    • テンセル32%
    • ポリエステル65%
    • テンセル35%

    とはいえ、触れた感じは差がほとんどわかりません。

    コアラマットレスはこちら

    【ご紹介】コアラマットレスにおすすめのベッドフレーム

    コアラマットレスの公式ベッドフレームが2020年6月17日から販売開始されました。

    その名は「コアラベッドフレーム」。

    コアラベッドフレーム
    コアラベッドフレーム
    サイズセミダブル(SD)
    ダブル(D)
    クイーン(Q)
    総耐荷重300kg
    素材表面:レッドオーク(アメリカ産)
    芯部:合板
    価格
    (税込)
    SD:65,000円
    D:75,000円
    Q:85,000円

    コアラベッドフレームは上記の1種類のみです。

    コアラベッドフレームの価格帯やデザインが合わない

    とお考えの方は、別のメーカー製のベッドフレームをご検討いただければと思います。以下の記事でコアラマットレスにおすすめのベッドフレームをご紹介しています。

    その他のコアラ商品

    コアラマットレスのほかにコアラスリープが販売している商品は以下の通りです。

    その他コアラ商品

    1. コアラベッドフレーム
    2. コアラファブリックベッドフレーム
    3. コアラピロー(枕)
    4. コアラ掛け布団
    5. ウルトラライト掛け布団
    6. オールシーズンユーカリベッドリネン
    7. ベッドサイドテーブル
    8. コアラソファー
    9. コアラソファーベッド
    10. コアラダイニングテーブル・チェア
    11. リラックスチェア(&フットレスト)
    12. コーヒーテーブル
    13. コアラワークチェア&デスク

    1. コアラベッドフレーム

    コアラマットレスの公式ベッドフレーム「コアラベッドフレーム」についてご紹介します。

    シンプルな見た目

    ベッドフレーム

    シンプルな見た目と色合いでどんな部屋にも合わせやすいデザインです。

    本国オートラリアではグッドデザイン賞を受賞したとのことです。

    ネジ不要の組立簡単

    このベッドフレームの最大の特徴は「組立の簡単さ」です。

    ネジを使っていないのでバラしても強度が弱まりにくいです。

    移動や引っ越しもOKなので長期間の使用に耐えられます。

    通気性が良い

    ベッドフレームすのこ部分

    マットレスを乗せる部分は通気口があるため、空気が流れます。

    睡眠中は大量に汗をかくので、通気口があるベッドフレームの方がマットレスがカビにくく清潔に保てます。

    2. コアラファブリックベッドフレーム

    上の木製フレームに加えて新しくファブリックタイプのフレームもできました。ヘッドボードはクッション性が高いのでベッド上でリラックスしたい人にもおすすめです。

    3. コアラピロー(枕)

    ピロー

    ピロー(枕)もあります。その名も「コアラ・ピロー」。

    2018年12月に数量限定で販売しましたが、あっという間に完売してしまいました。
    現在は仕様を再検討して販売再開を計画しているとのことです。

    2019年12月4日より、再販売が開始されました。

    中身がジェル系の低反発素材でできた枕です。

    モチっとした感触で頭の形にフィットしやすくしつつ、ジェル素材に空洞が開いているため通気性も確保できる機能性があります。

    ゾーニング仕様

    ネックサポート

    この画像のとおり淵部分が硬めになっているので、首をしっかりサポートできます。頭のポジションも安定しそうです。

    表と裏で硬さが違う

    コアラ・ピロー

    オーストラリア本国のコアラ・ピローは表裏で硬さが違います。

    硬さが違うことで頭の沈み方が変わり、仰向き寝や横向き寝などの寝姿勢の違いに対応できるのです。

    過去の体験会レポートでも詳しく取り上げているので、興味があったらご確認ください。

    追加情報(2020年3月)

    日本向けの製品では表と裏の硬さは同じ仕様になっています。再販売するにあたり、モニター調査を行った結果、裏表の硬さがそこまで重要な商品ポイントでない事と、新モデルの硬さの方が丁度良いという評価を受けたそうです。従って現在販売しているピローは「日本人の好みの硬さに更新した」と言えます。

    4. コアラ掛け布団

    クラスターフロスト®という独自技術で作られたポリエスエル製の詰め物を使用。ダウンやフェザーなどの動物由来の素材を使わずに雲のようなふわふわな感触が楽しめます。

    5. ウルトラライト掛け布団

    夏などの暑い季節用の掛け布団。こちらもクラスターフロスト®の詰め物が使われています。家庭洗濯も可能です。

    6. オールシーズンユーカリベッドリネン

    ユーカリ由来の肌触りがやさしい「テンセル™リヨセル繊維」を使用。カラーバリエーションも4色から選べる点も魅力です。布団カバーセット(掛け布団カバー+ピローカバー)と、ボックスシーツ単品、ピローカバー2枚セットから選べます。

    7. ベッドサイドテーブル

    ケーブルボックスのような機能性があり、散らかりやすい配線まわりをきれいさっぱりと整頓しやすいサイドテーブルです。完成品で届くので組立不要な点もメリット。

    8. コアラソファー

    コアラマットレス同様、クッション材はウレタンフォームを使用しています(マットレスとソファーのウレタンの仕様は異なります)。

    サイズは2.5人用のみで、オットマン(スツール)も選べます。

    価格(税込)は以下の通りです。

    • ソファー(2.5人用):90,000円
    • オットマン:25,000円

    2.5人用のウレタンソファーにしては価格は高めですが、こちらも120日の無料お試し期間がついてるので、気になった方はぜひお試しください。

    9. コアラソファーベッド

    折りたたまれた座面を伸ばしてベッドにするタイプ。

    ソファーとしては3名掛けの大きさです。

    ベッドとしては横幅が154cmなので、ワイドダブル(ダブルとクイーンの間)サイズです。縦幅はおよそ193cmなので、ほぼほぼ日本規格のマットレスの縦幅と同じ長さです。

    10. コアラダイニングテーブル・チェア

    天然木アッシュ材を主に使用した温かみがあるテーブルと、背もたれが高めのハイバックデザインのチェア。

    全体的に角に丸みを持たせたデザインでお子様がいるご家庭でも安心して使えるでしょう。

    11. リラックスチェア(&フットレスト)

    リビングなどでゆったりとした時間が過ごせる一人用のリラックスチェア。脚を乗せることができるフットレスト(オットマン)を付けることもできます。

    こちらも120日の無料お試し期間がついています。

    12. コーヒーテーブル

    天然木オーク材を使用したナチュラルな雰囲気のコーヒーテーブル。棚付きなのでちょっとした物が置けて便利です。

    13. コアラワークチェア&デスク

    組立が簡単なので、コンパクトなワークスペースが簡単に実現できるデスク&チェア。リモートワークなどにもおすすめです。

    実体験レビュー

    コアラマットレスが我が家にやってきた

    ついに我が家にもコアラマットレスが届きました。

    しばらく使ってみた感想としても、寝心地は良いです。

    コアラマットレス(完成)

    ソフトながらしっかり支えてくれるので、寝すぎたときに感じやすい体の痛みもありません。

    カバーは脱着でき、家庭洗濯可能です。メンテナンス性も優れています。

    カバーを取ったコアラマットレス

    詳しくは以下の記事でご紹介しているので、ご興味ある人はぜひご参考ください。

    どこで買うのがおすすめ?

    コアラマットレスは公式サイトAmazonで購入可能です。

    どちらも価格は同じで、120日間の無料お試し期間はあります。

    体験会レポート&最新の体験会情報

    コアラマットレスの体験会

    コアラマットレスは定期的にイベントを開催しています。

    今のところ今後の開催予定は未定ですが、一カ月に一度くらい体験会を開催しているので、タイミングが合えばぜひ行ってみると良いと思います。

    今まで筆者がお伺いした体験会のレポートを下記にまとめていますのでよければご参考ください。

    コアラマットレスのぬいぐるみ

    コアラマットレスが日本に上陸して間もない頃には、マットレスを買うとコアラのぬいぐるみがついてきました。

    現在ではぬいぐるみは付いてきませんので、ご注意ください。

    なお、余談ですがオーストラリア本国のコアラスリープはソファーも販売していて、ソファーを買うとウミガメのぬいぐるみがついてくるそうです。

    コアラソファー(オーストラリア仕様)
    コアラソファー(オーストラリア仕様)
    ノベルティのウミガメ
    ノベルティのウミガメ

    コアラマットレスを買うとコアラが救われる

    コアラマットレスはWWF(世界自然保護基金)とパートナーシップを結んでいて、売り上げの一部はコアラの保護にあてられています。コアラマットレスを購入すると、コアラが一匹救われるのです。

    購入後「コアラサポーター認定書」がメールで送られてきます。

    コアラサポーター認定書(表)
    コアラサポーター認定書(表)

    今やコアラは絶滅危惧種に認定されてしまっています。マットレスの購入がそうした状況の改善に役立つというのは素晴らしいことだと思います。

    このことを、コアラマットレスでは「コアラの養子縁組」と呼んでいます。

    まとめ

    koara03

    「コアラマットレス、どうなんだろう。。」と悩んでいる方、

    筆者としては、

    寝心地面は、かなりおすすめ!

    です。

    衝撃吸収性が高く、振動が伝わりづらいので、特に二人で寝る人におすすめです。

    当サイトでは、いろいろなマットレスを体験し、レビューしたりするのですが、20万円を超える商品と比べても寝心地としては遜色ありません。むしろ個人的にはコアラマットレスの寝心地の方が好きだったりします。

    とはいえ、寝心地の好みは人それぞれでしょう。

    そこで嬉しいのが120日間の無料お試し期間

    マットレスほど長い時間をかけて試したほうが良い商品はないでしょう。できれば他のメーカーも見習って同様のサービスを実施してもらいたいものです。

    ちなみに今までの返品率は1%程度とのことで、皆さん気に入って使い続けているみたいですね。

    コアラマットレスの口コミ・評判は公式サイトに載っているので気になった人は見てみてください。

    最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

    コアラマットレスはこちら