ポケットコイル

ポケットコイルマットレスの特徴、おすすめ商品をご紹介

この記事ではポケットコイルマットレスについてベッドメーカーに勤めていた筆者が徹底解説します。ご参考いただければ幸いです。

前半ではポケットコイルマットレスの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのマットレスをご紹介しています。

「早くおすすめのマットレスを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめのマットレスを見る
(このページ下にジャンプ)

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

目次

ポケットコイルマットレスとは?

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルマットレスとは、マットレスのクッション層にスプリングコイルを使用し、不織布にひとつひとつコイルが入っている構造のマットレスのことを言います。

ポケットコイルのメリット

メリット

体圧分散性が高い

ポケットコイル

ポケットコイルはで体を支える構造です。

体の荷重が重くかかる部分が深く沈み、荷重が軽い部分は浅く沈むため、体にかかる圧力を分散する性能(体圧分散性)が高いです。

体圧が適度に分散されないと、部分的に血液が滞ることで余計な寝返りが増え、睡眠の質が悪化します。

振動が伝わりづらい

シモンズのポケットコイル

二人でいっしょに眠る場合、お互いの振動が相手に伝わると眠りを妨げてしまう可能性がありますよね。

ポケットコイルマットレスはコイルがひとつひとつ独立した動きをするため、振動が伝わりづらいです。

特に二人で眠る人にはポケットコイルマットレスがおすすめです。

寝返りがスムーズ

ポケットコイルの仕組み

寝返りは姿勢を整えたり、血液を循環させる効果があり、ストレスなく寝返りができることは快眠のひとつの条件です。

ポケットコイルマットレスは体のラインに沿ってコイルの深さが変化します。

そのため、体の中心がまっすぐに保たれやすく、寝返りがしやすい傾向があります。

ポケットコイルのデメリット

デメリット

部分的な耐久性が低い

コイルがひとつひとつ独立しているポケットコイルは、荷重を点で支えるため、面で支えるボンネルコイルなどに比べて部分的な耐久性が低い傾向があります。

ポケットコイルマットレスは集中的な強い荷重に弱いので、トランポリンのようにマットレスの上で飛び跳ねないようにご注意ください。

また、特にコイルの数が少ないポケットコイルマットレスは耐久性が低いです。

過去、筆者が使用していたシングルサイズで300個くらいのコイル数のポケットコイルマットレスは1年くらいでヘタってしまいました。

耐久性を考えると、コイルの数はできるだけ多い方が良いでしょう。

管理人管理人

ちなみにポケットコイルのデメリットを「通気性が悪い」と紹介している販売サイトがありますが、実用上問題はありません(ポケットコイルだからカビが生えたという事例はほぼありません)。

ボンネルコイルとの違い

スプリングコイルマットレスの種類は大きく「ポケットコイル」「ボンネルコイル」に分かれます。

ボンネルコイルとは?

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルはコイルが連結している構造で、体を面で支えます。比較的耐久性が高いことがメリットです。

しかし、体圧分散性が低く、振動が伝わりやすいことがデメリット。

ボンネルコイルはバネ感が強く「バイーン」とした感触ですが、ポケットコイルは体にフィットする「しっとり」とした感触です。

欧米ではボンネルコイルが人気ですが、日本人はポケットコイルの静かな寝心地を好む傾向があります。

【失敗しにくい】ポケットコイルマットレスの選び方

選ぶポイント

ココがポイント
・コイルの密度が少なすぎるのは×
・コイルの配列方法の違いによって寝心地が変わる
・「少し硬め」の寝心地がおすすめ

コイルの数(密度)

コイルの数

マットレスはコイルの数が多ければ多いほど、荷重分散性や体圧分散性が高くなる傾向があります。

耐久面から考えてもコイルの数は多い方がおすすめ。

楽天などで売っているマットレスで売れ筋ランキング上位のポケットコイルマットレスのコイル数は、シングルサイズで450個くらいが多く、各社この数をアピールしています。

ちなみに、ポケットコイルマットレスの傑作と言われる日本ベッドの「シルキーポケット」のコイル数はシングルサイズで約1,300個。価格は16万円前後しますが、良い寝心地を長く持続させたいならとてもおすすめです。

シルキーポケット
シルキーポケット

>>>シルキーポケットを見てみる

シルキーポケットは高価ですが一度体験するともう他のポケットコイルマットレスに戻れないです。

とろけるような寝心地でバネ当たりをほとんど感じさせません。有名ホテルへの納入実績も豊富で信頼がおけるマットレスです。

コイルの配列

コイルの配列の違い
コイルの配列の違い

マットレスの販売ページを見ると、コイルの配列もアピールしていることが多いです。

基本的な配列方法は「並行配列」か「交互配列」のどちらかです。

並行配列の特徴

ポケットコイル(並行配列)
並行配列

並行配列はコイルを並行に配置するのでコイル同士の隙間ができるため、比較的ソフトな寝心地になりやすいです。

バネ(コイル)のひとつひとつの動きが強くなるので、寝返りがしやすいと感じる人もいます。

また、販売ページで隙間のメリットとして「通気性が高い」とアピールしていりことがありますが、実用上、並行配列・交互配列でそこまで変わりません。

交互配列の特徴

ポケットコイル(交互配列)
交互配列

交互配列はコイルを隙間なく交互に配列するため、比較的ハード(硬めな)寝心地になりやすいです。

コイルの数が多く配列しやすいので、高密度なポケットコイルマットレスは交互配列を採用していることが多いです。

体への追従性が高く、品質が良いものだとバネ感を感じさせず良い寝心地が得られます。

【まとめ】配列の違い

並行配列交互配列
画像ポケットコイル(並行配列)ポケットコイル(交互配列)
硬さの傾向ソフトハード
跳ね感強い弱い
特徴寝返りがしやすい静かな寝心地
部分的な耐久性
価格安価に作りやすい高価になりやすい
主に採用している有名メーカーシモンズ日本ベッド

どっちがおすすめ?

寝心地についてはコイルは以外の詰め物などによって大きく変わるため、一概には言えませんが、寝心地としてなめらかなのは高密度の交互配列に多い傾向があります。

特に日本人はバネあたりが少なく、ややハードでなめらかなポケットコイルを好む傾向があります。

とはいえコイルの数と配列ですべて寝心地が決まるわけではなく、コイルの上にある詰め物などで感触も変わってきます。よく販売ページで確認しましょう。

コイルの品質だけを見てもあまり意味はない

マットレスはクッション層のコイル以外にも詰め物側地(表地)などで最終的な寝心地を調整します。

クッション層
スプリングマットレスの中身

よって、いくら高品質なバネを使っていたとしても、詰め物などが良くないとマットレスとしては早くダメになってしまいます。

以前はバネ(硬鋼線)の品質がマットレスのラベルに表示されていましたが、2017年に品質表示法の改正があり、バネの品質表示義務はなくなりました。

バネの品質表示(昔)
バネの品質表示例

つまり、バネの品質だけではマットレス全体の品質は正確に伝えられないということです。

高品質な鋼線を使用したバネは、確かに耐久性などは優れているかもしれませんが、あまりその情報に惑わされない方が良いでしょう。

男女による合うマットレスの傾向

一般的に、女性は柔らかめ、男性は硬めのマットレスが合う傾向があります。

なぜかというと女性の方が体のラインがはっきりしているため、柔らかめのマットレスが合いやすいからです。

逆に男性の体は平坦で筋肉質のため、硬めのマットレスが合いやすいです。

迷ったら「少し硬め」がおすすめ

あくまで一般論ですが、日本人の体型や感覚的にはソフトタイプよりハードタイプの方が好まれる傾向があります。

また、これが大事なのですが、硬めのマットレスはあとから敷パッドなどで柔らかく調整できます。

逆に柔らかすぎるとあとから硬く調整ができないため、迷ったら少し硬めのマットレスを選ぶと失敗は少ないでしょう。

やっぱり実際に寝転んで決めた方が良い?

実は、お店で試して決めたからといって、それが自分にとって寝心地が良いマットレスとは限りません。

自分の体圧分布はちょっとしたことで崩れますし、枕とのバランスなども睡眠の質に影響があるからです。

ちなみに、フランスベッドやシモンズのショールームに自分の寝姿勢に合ったマットレスの傾向を診断してくれる測定機があります。

フランスベッドの寝姿勢測定機
フランスベッドの寝姿勢測定機
シモンズの寝姿勢測定システム
シモンズの寝姿勢測定システム

自分に合った寝心地の傾向を知りたい人は参考になると思います。

>>>フランスベッドのショールーム情報

>>>シモンズのショールーム情報
※シモンズは東京・大阪など一部店舗のみ

【厳選】おすすめのポケットコイルマットレス 11選

マットレス

おすすめのポケットコイルマットレスをご紹介します。

格安商品や、折りたたみ・薄型、そして高級ホテル御用達の超有名モデルまで揃えました。予算に応じてご検討ください。

特におすすめの商品については【イチオシ】マークを付けているので、ご参考いただけますと幸いです。

1. neruco「バリューポケットコイルマットレス」【イチオシ

neruco「バリューポケットコイルマットレス」

格安で高品質ならコレ

ベッド専門店「neruco(ネルコ)」のオリジナルマットレス。シングルサイズでおよそ1万円で買える激安価格ですが、線径が太く高密度ポケットコイル仕様。高コストパフォーマンスの商品です。どちらかというとソフトな寝心地で特に女性におすすめですが、男性の筆者も心地よく感じた逸品。

このマットレスを見てみる

2. モダンデコ「DORMIRA(厚型)」

マットレス

分厚いけど格安

17,000円程で買えるのに、厚さが20cmもあるマットレス。このくらい価格帯は厚さが16cmくらいで作られていることが多いです。コイル数も496個と多めです。

このマットレスを見てみる

3. モダンデコ「DORMIRA(超高密度タイプ)」

コイル数1,300個の超高密度で、2万円台

1,300個の超高密度コイルで、しかも荷重のかかる所に太いコイルを配置するゾーニング。仕様だけでみると10万円は超えそうなマットレスですが2万円台というコスパが良い商品。

このマットレスを見てみる

4. ビーナスベッド「オリジナル国産ポケットコイルマットレス」【イチオシ

オリジナル国産ポケットコイルマットレス

高品質な国産品、だけど低価格

広島県にあるベッドメーカー「ビーナスベッド」のオリジナルマットレス。スプリングは平行配列のポケットコイルで、適度な反発性があり、寝返りもしやすい構造です。コイルに使用しているバネは一般的な「硬鋼線」よりもハイグレードな「ピアノ線」を採用。側地は綿100%で通気性が良く、両面仕様なので表裏のローテーションも可能です。この仕様で3万円台から買えるのはコストパフォーマンスが優れています。口コミ評価や評判も良いです。

このマットレスを見てみる

5. エアリゾーム「HOLLOW」【イチオシ

エアリゾーム「HOLLOW」

ピロートップで2万円

ピロートップとはマットレスの上にクッションがついている仕様のことです。高級なホテルにもピロートップタイプのマットレスは採用されています。柔らかいのでどちらというと女性におすすめです。

このマットレスを見てみる

6. storage「三つ折りのポケットコイルマットレス」

折りたたんで収納したい人におすすめ

三つ折りなのに通常のマットレスと同じようなスペックを実現しています。三つ折りタイプのメリットはたためることができるので部屋が有効に使えます。ロールタイプのすのこベッドと合わせて使うことがおすすめです。

このマットレスを見てみる

7. Ease Space「薄型ポケットコイルマットレス」

ロフトベッドや二段ベッドにおすすめ

ロフトベッドや二段ベッド用としてお馴染みなのが薄いウレタンマットレスですが、安価なウレタンマットレスはすぐへたってしまう傾向があります。このマットレスは薄型でもちゃんとポケットコイル構造で、コイル数も465個あります。

このマットレスを見てみる

8. ニトリ「Nスリープ プレミアム」

Nスリープ P2-02CR VH

高級ホテル仕様をリーズナブルに

Nスリープはニトリのオリジナルブランドです。幅広いラインナップがありますが、おすすめはダブルスプリングモデル。ダブルスプリングとはコイルが2層になっている仕様のことで、体圧分散性が高く、ふっくらした寝心地になります。ダブルスプリングはシモンズなどの高級メーカーで有名ですが、この価格帯ではなかなか買えないと思います。

このマットレスを見てみる

9. 日本ベッド「シルキーポケット」【イチオシ

シルキーポケット

バネに直接寝れる高品質

高級ホテルの納入実績も多い、超有名マットレス。寝心地にこだわって色々試してみた結果、このシルキーポケットに行き着く人が多いです。コイルの品質が高く、仕立ての良さが特徴。予算が多く割けるのならイチオシのマットレスです。

このマットレスを見てみる

10. サータ「i series(アイシリーズ)」

i series(アイシリーズ)

全米No.1に押し上げた超有名マットレス

アメリカ全土で最も売れているのがサータです。その全米1位に押し上げたと言われるのが「アイシリーズ」です。サータのマットレスはファイヤーブロッカーという燃えにくい素材をマットレスの詰め物に使っているので、防災意識の高い人にもおすすめです。

このマットレスを見てみる

11. シモンズ「ゴールデンバリュー ピロートップ(Beautyrest Selection)」

シモンズ「ゴールデンバリュー ピロートップ(Beautyrest Selection)」

高級ホテルの寝心地

シモンズは世界で初めてポケットコイルマットレスの商業化に成功した老舗メーカーです。コイルに自信があるからこそ、詰め物部分は極力少なくしているとのこと。おすすめはこちらのシモンズのエントリークラス「Beautyrest Selection」のゴールデンバリューピロートップというマットレスです。高級ホテルなどに採用されているモデルに近く、シモンズの代表的な寝心地を得ることができます。

このマットレスを見てみる

【厳選】おすすめのベッド通販ショップ

ベッドはマットレスとフレームを単品で買うより、セットで買う方が安く変えることが多いです。セット価格が格安なおすすめのインテリアショップをご紹介します。

1. neruco(ネルコ)※当サイト経由売上No.1


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド専門の通販サイト。種類も豊富で価格も安いです。マットレスのブランドが幅広いのが特徴。サータやフランスベッド、ASLEEPなどこだわりのマットレスを選びたい人におすすめ。ベッドを探している人に一度はチェックしていただきたいショップです。

ネルコを見てみる

2. CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

おしゃれなベッドを探しているならココ

「CCmart7」はインターネット限定のインテリア総合ショップ。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

CCmart7を見てみる

いかがでしたでしょうか?

ポケットコイルマットレスの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

あなたにぴったりなマットレスがが見つかったのならうれしいです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。