ポケットコイル

ポケットコイルとボンネルコイルってどう違うの?

ベッドを購入するにあたり、一番不安に思うのはマットレスだと思います。

マットレス選びを失敗すると睡眠の質が低下し、健康にも悪影響がでるので注意したいところ。

ここではベッドメーカーに勤めていた筆者がマットレスの構造を徹底比較し、特徴をご紹介します。

この記事はこんな人におすすめ✔ ポケットコイルとボンネルコイルの違いを知りたい

✔ どのタイプのマットレスを買おうか悩んでいる

✔ 自分にあったマットレスを選びたい

そもそもマットレスって何?

マットレスとは布団の下やベッドに敷く、厚い弾力性の敷物のことです。

ちなみにマットレスのレスはless(ない)という意味ではありません。

よく「マットがないのにマットレス?」という質問がありますが、英語で書くと「mattress」です。

マットは敷物で、マットレスは寝るための敷物という意味合いです。

管理人管理人

シュガーレス(砂糖不使用)のレスとは違います。

まず、マットレスの構造を知ろう

スプリングコイルマットレスの構造
スプリングコイルマットレスの構造

マットレスは上記の通り、上面から側地(ガワジ)詰め物クッション層という構造になっています。

この記事ではポケットコイルやボンネルコイルなどのいわゆるスプリングコイルマットレスに絞って話を進めます。
※コイル系ではないウレタンマットレスなどであっても基本的にこの3層の構造になっています

結論から言うと、マットレスの中で最も大切なのはクッション層です。

つまり、スプリングコイルマットレスにおけるクッション層はコイルですので、コイルの種類や品質はマットレス選びの肝心カナメというわけです。

管理人管理人

コイルはマットレスの肝心カナメです!

コイルの種類を知ろう

コイル

スプリングコイルマットレスで使用している代表的なコイルは主に以下の3つです。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

市場全体では、ボンネルとポケットが中心です。

高密度連続スプリングコイルは日本においてはフランスベッドだけが製造販売のライセンスを持っているので、フランスベッドでしか作れません。

それぞれの特徴を順番に見ていきましょう。

ボンネルコイルの特徴

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルは、コイル同士が連結し、身体を面で支える構造です。布団に近い寝心地と言われます。

耐久性は高めですが、安価な製品だと経年劣化してくるとギシギシという音が聞こえてきます。

連結しているため、振動が伝わりやすく、二人で眠るのに適していません。

一般的にはポケットコイルより通気性が良いと紹介されることもありますが、ポケットコイルは蒸れやすいというわけではないので、実用上の差はありません。

良くも悪くもバネを感じるので、バイーンとした感じが苦手な人は避けた方が良いでしょう。特に安価なボンネルコイルマットレスはその傾向が強いです。

メリット(+)

  • 通気性が良い
  • 安価

デメリット(-)

  • 振動が伝わりやすい
  • ギシギシと音がすることも
  • バイーンとした感触

ボンネルコイルがおすすめの人

  • とにかく安く済ませたい
  • 筋肉質な男性

ポケットコイルの特徴

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルはコイルが独立している構造のため、身体を点で支えます。ふんわりと包まれる寝心地と言われます。

独立したコイル構造により荷重が分散され、適度な柔らかさを持ったポケットコイルはクッション層として優れています。

振動が伝わりづらいこともメリット。二人で寝る人は特にポケットコイルがおすすめです。

ポケットコイルは特に女性に好まれる寝心地だと言われます。逆に体重が重たい人は、柔らかすぎるポケットコイルだと必要以上に沈み込んでしまい、寝返りが打ちづらくなってしまいます。

メリット(+)

  • 寝姿勢が整いやすい
  • 振動が伝わりづらい
  • 寝返りがスムーズ

デメリット(-)

  • 部分的な耐久性が低め
  • やや高価

ポケットコイルがおすすめの人

  •  二人で眠る人
  • 女性や標準体型の男性

高密度連続スプリングコイルの特徴

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは1本のコイルで1列連続して作られます。パッと見たらボンネルコイルに似ていますが、まったく構造が異なります。

他のコイルに比べて最も耐久性が強く、特に体重が重い人に圧倒的な人気があります。

また、コイルが色々な方向に動きやすいため体の動きへの追従性が高く、荷重分散性が高いというメリットもあります。

ちなみに日本ではフランスベッドだけが製造と販売のライセンスを持っているため、フランスベッドでしか高密度連続スプリングコイルは作れません。

メリット(+)

  • 耐久性が最も高い
  • 荷重分散性が高い
  • 寝返りがスムーズ

デメリット(-)

  • フランスベッドしか取り扱いがない
  • やや高価

高密度連続スプリングがおすすめの人

  • 体格が大きく重たい人
  • 筋肉質な人
  • 耐久性を求める人

おすすめはポケットコイル

ポケットコイル

筆者のおすすめはポケットコイルです。

もっと詳しく言えば、「コイルの密度がある程度高いポケットコイルマットレス」がおすすめです。

コイルの密度が低いとへたりやすいので、シングルサイズで450個以上のくらいのコイル数があると良いです。

有名メーカー「サータ」の裏話

サータといえば全米No1の超有名マットレスメーカーですね。

「日本人はボンネルコイルよりポケットコイルの方が好きな傾向がある」とサータを販売しているドリームベッドの従業員の方から話を聞いたことがあります。

そのため、サータは日本ではポケットコイルに絞って商品を展開しているとのことです。

管理人管理人

ボンネルコイルは布団に似た寝心地なので日本人には好まれそうですが、意外と寝てみたらポケットコイルの方が人気だったようですね。これは興味深い結果です。

高密度連続スプリングも良い

しっかりした寝心地が好みなら高密度連続スプリングがおすすめです。

特に体格が良くガッチリした男性からの支持は圧倒的です。

ちなみにフランスベッドのマットレスはいろいろなところで買えます。格安の通販サイトでもベッドフレームとセットで選べたりします。

高密度連続スプリングについて詳しく知りたい人は下記の取材記事もご参考ください。

失敗しないマットレスの選び方

筆者としてはマットレスを買うならポケットコイルをおすすめします。

では、具体的にどのようにマットレスを選んでいけば失敗しづらいかをご紹介します。

硬さを決める

まず、自分にあった硬さを決めます。その際に考えた方がいいのは

  1. 寝姿勢
  2. 体型
  3. 性別

です。

1,寝姿勢を考える

自分の寝姿勢が仰向き寝か横向き寝か考えてみてください。

睡眠時には寝返りするので、結局両方の姿勢をしますが、まず自然と眠るときに取るのが仰向き寝か横向き寝のどちらかお考えください。

結論からいうと横向き寝の場合ソフトタイプ、仰向き寝の場合はハードタイプがおすすめです。

横向き寝の場合、肩や腰がきちんと沈み込むことで、身体の中心線がまっすぐになりやすいためです。

逆に仰向き寝は横向き寝に比べると平たんな姿勢となり、さほど沈み込む必要がないためハードめが合います。

仰向き寝でマットレスが柔らかすぎると寝返りが打ちづらかったり、マットレスが身体に密着するため、寝苦しく感じます。

ちなみに入睡時の姿勢は睡眠時間全体の60%の時間を占めるというフランスベッドで行った実験データがあります。

寝姿勢のポイント

  • 仰向き寝  ハードタイプ
  • 横向き寝  ソフトタイプ

2,体型を考える

結論からいうと、体型ががっしりした人はハードタイプ、体重が軽くふわっとした人はソフトタイプがおすすめです。

体重が重い人がソフトタイプに寝ると沈み込みすぎてしまいますし、体重が軽い人がハードタイプに寝ると十分に沈み込まず体圧分散が損なわれるためです。

体型による傾向

  • がっしり重い人  ハードタイプ
  • ふんわり軽い人  ソフトタイプ

3,性別による傾向

女性、男性の体のつくりによっても、合う硬さの傾向があります。

女性は柔らかめのマットレスがおすすめです。理由は女性の方が身体のラインがはっきりしているからです。

逆に男性は女性に比べて平たんで硬い身体つきをしているのでハードタイプがおすすめです。

性別による傾向

  • 男性  ハードタイプ
  • 女性  ソフトタイプ

コイルの仕様を読み解く

コイル側の話だけすれば以下の4つの仕様の差で大よそ寝心地の方向性が決まってきます。

  1. 配列
  2. 高さ
  3. 線径

※詰め物については仕様が多岐にわたるので仕様だけで読み解くのが困難です

やはりマットレスはコイル部分が大切なので、仕様による特性を理解し、最適なマットレス選びの参考にしていただければと思います。

1,コイルの量

ポケットコイル

コイルの数が多いほど荷重分散性が期待でき、体への負担が少なくなります。通販で人気のポケットコイルマットレスはシングルサイズで約450個のコイル数です。シングルサイズで450個というのがひとつの目安になると思います。

2,コイルの配列

ポケットコイルの「並行配列」と「交互配列」の2つの配列パターンがあります。

「並行配列」は隙間があるため、より跳ね感が強く、寝心地としては柔らかくなる傾向があります。また跳ね感があるため寝返りが打ちやすいと言われます。

「交互配列」はコイルが密集して作られるので、しっかりとした寝心地で身体のラインになめらかに沿うという特徴があります。バネ感が苦手な人にもおすすめです。

3,コイルの高さ

コイルの高さ

コイルは高ければ高い方がクッション性があり、柔らかく感じます。

4,コイルの線径

コイルの線径

線径とはコイルの針金の太さです。線径が太ければ太い方がしっかりとした寝心地になります。

以上の4つの要素が絡み合ってマットレスの硬さが決まってきます。なので、例えば単純に交互配列だからといって硬いマットレスというわけではありません。

例えば交互配列で、コイル高を高くして、線径を細くして「体のラインにぴったり沿う、柔らかいけどしっかりした寝心地」を実現するマットレスなどもあります。

上記4つのポイントはマットレスのセールスポイントを読み解く参考にしていただけばと思います。

マットレスの質はまず「コイルの量」を確認する

ちなみにマットレスの質に関して参考になるのは「1,コイルの量」です。

コイルの量が少ないとコイルがへたり易くなりバネ当たりも強くなってくるので、あまり良くない寝心地になるかと思います。

繰り返しますが、目安としてはシングルサイズで450個以上のマットレスを選んだ方が良いでしょう。

迷ったら硬めのマットレスがおすすめ

マットレス選びに迷ったら少し硬めのタイプをおすすめします。

日本人の体形に合いやすいですし、もし硬すぎると思ったらベッドパッドなどであとから調節ができるからです。

逆に柔らかいマットレスはそれ以上硬くできません。

おすすめのマットレスは?

管理人管理人

筆者が思うおすすめのマットレスをご紹介します。ざっくり予算別にピックアップしたのご参考ください。

15万円くらい

おすすめベッド 日本ベッド シルキーポケット

コイルに直接眠れる品質にこだわった日本ベッドの自信作。高密度の交互配列によるポケットコイルはとろけるような寝心地としっかりした安定感を見事に両立しています。多くの高級ホテルへの納入実績もある日本を代表するマットレスです。

10万円くらい

おすすめベッド フランスベッド ライフトリートメントマットレス

フランスベッドの基幹シリーズのスタンダードモデル。高密度連続スプリングコイルで耐久性も高く、安定感のある寝心地。

5万円くらい

おすすめベッド フランスベッド ゼルトスプリングマットレス

フランスベッドのエントリーモデル。硬めな寝心地が好きな人におすすめです。両面使えるので、定期的に上下表裏をローテーションさせてあげると長持ちします。

 

まとめ

マットレスのコイルについてご紹介させていただきました。

  • ボンネルコイル→安くベッドを揃えたい人におすすめ
  • ポケットコイル→二人で寝たい人に特におすすめ
  • 連結スプリングコイル→耐久性を求める人におすすめ

コイルの特性も理解し、ぜひ自分にぴったりなマットレスを選んでみてください。

ベッドフレームは絶対買うべきですが、マットレスほど予算を掛けなくても良いので、比較的安く買える通販サイトが最もコストパフォーマンスが良いと思います。

マットレスに予算を掛け、ベッドフレームを簡易的な通販サイトの商品で買うというのが究極のベッドの購入方法だと思います。

よければ当サイトおすすめの通販サイトランキングをご参考ください!