ベッドのサイズの選び方をご紹介

ベッドを選ぶ上で、最も重要なのはサイズです。

サイズ選びを間違えると寝心地はもちろん、部屋での過ごし方などに影響があるため、ベッド選びにおいて優先順位が高い要素です。

この記事ではベッドメーカーに勤めていた筆者がベッドのサイズの特徴と選び方をご紹介します。

ご参考いただけますと幸いです。

サイズ一覧

まず、ベッドの一般的なサイズ展開をご紹介します。

サイズ一覧

一人用として一番小さいサイズから、

  • セミシングル⇒シングル⇒セミダブル

二人用として一番小さいサイズから、

  • ダブル⇒クイーン⇒キング

となります。

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル97cm前後1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

※ベッドによって多少差があり

各サイズ(横幅)の特徴

続いて各サイズの特徴をご紹介します。

セミシングル(SS)

セミシングルのサイズ感

横幅がおよそ80cm前後の最もコンパクトなサイズ。

小柄な女性や、お子様におすすめで、狭い部屋にも置きやすいです。

ただし、コンパクトすぎて寝返りが打ちづらく、窮屈に感じます。

メリット
  • コンパクトなため、狭い部屋でも置ける
デメリット
  • 狭くて寝返りが打てない

シングル(S)

シングルサイズのサイズ感

横幅が約97cm前後で、狭い部屋にも置きやすいサイズ。大人一人でぴったりな大きさです。

小柄な女性ならゆったり眠ることもできますが、体格が大きい男性は窮屈に感じるサイズです。

メリット
  • 小柄な女性ならゆったり眠れる
  • 狭い部屋に置きやすい
デメリット
  • 男性にはやや窮屈

セミダブル(SD)

セミダブルのサイズ感(一人で寝た場合)

セミダブル横幅が約120cmの大きさで、一人でゆったり眠れるサイズ。二人でも眠れますがかなり窮屈です。

一人暮らしを始めるならこのサイズがおすすめ。

パートナーが出来ても、当面ベッドを買い替える必要はないサイズです。

メリット
  • 一人でゆったり眠れ、二人でギリギリ眠れる
デメリット
  • 二人ではやや窮屈

ダブル(D)

ダブルサイズのサイズ感

横幅が約140cmの大きさで、二人眠ることを想定したサイズ。

よく「二人寝るならクイーンがおすすめ」と聞きますが、ダブルでも結構ゆったり眠れます。

日本人の一般的な体型ならダブルでも問題ないでしょう。

クイーンサイズ以上になるとベッドシーツなどの種類も極端に減るので、シーツやカバーの選択肢が多いことも魅力。

メリット
  • 二人で眠れる
  • ベッドシーツの種類が豊富
デメリット
  • 体格が大きい人だと、二人で寝るのはやや窮屈

クイーン(Q)

クイーンサイズのサイズ感

横幅が約160cmの大きさで、二人でゆったり眠ることができるサイズ。

ダブルでも二人で眠れると書きましたが、二人でゆったり眠りたいならやはりクイーンサイズは魅力的です。

ただ、上記でも書いたように、ベッドシーツなどの品ぞろえがクイーンサイズ以上になると一気に減ります。

また、商品によってはマットレスが2台分割されているクイーンベッドもあり、注意が必要です。(セミシングル×2台)

分割されていると、中央の分割されている部分にコイルがないため、ベッドの真ん中の寝心地が悪くなります。

メリット
  • 二人でゆったり眠れる
デメリット
  • シーツなどの品ぞろえが少ない
  • マットレスが分割している場合がある

キング(K)

キングサイズのサイズ感

横幅が約180cmの大きさでとても広大なサイズ。

二人でも贅沢に使うのでも良いですし、子どもと一緒に眠ることもできます。

クイーンサイズと同様、マットレスが分割されているパターンがあります。

キングサイズの場合は多くはシングルサイズ×2台となるので、分割しても使いやすいと思います。

メリット
  • 二人で贅沢に眠れる
  • 子どもと一緒に眠れる
デメリット
  • シーツなどの品ぞろえが少ない
  • 大きいので部屋のスペースが必要

連結ベッド(キングサイズ以上)

連結・分割自在!モダンデザイン大型フロアベッド「blissa」
連結ファミリーベッド

二つのベッドを連結する連結ベッドはキングサイズ以上の大きさを実現することが可能です。

確認できている最大の連結ベッドは幅280cm(ダブルサイズ×2台)です。

これだけ広大だと、家族も4人位で眠ることができます。

ベッドフレームが分割できる点もメリット。

子どもが成長したときに連結ベッドを分割すれば一つのベッドとして使うことができます。

メリット
  • 家族で眠れる特大サイズ
  • 分割できる
デメリット
  • 広大な設置スペースが必要

選ぶポイント

選ぶポイント

ひとつ大きいサイズを選択する

迷った場合、自分が考えているひとつ大きいサイズを選択することがおすすめです。

ベッドは可能な限り大きいほうが快適な睡眠が実現できます。

ただしキングサイズなどの特大サイズは、掛布団やベッドパッドなどもアクセサリー類も高価格なので注意は必要です。

多くのみなさんが悩まれているのは、シングルサイズからダブルサイズだと思います。

一般的な体格の人の目安としては、

  • 一人で寝るならセミダブル
  • 二人で寝るならダブル

がおすすめ。

その上で、体の大きさによってプラスマイナスを考えるのがベターです。

部屋の大きさによる制約

サイズを考える上で考慮に入れなければならないは部屋の大きさです。

どうしてもベッドのスペースをコンパクトにしたいということなら、ジャストサイズで良いと思います。

むしろ、体の小さいひとなら、セミシングルやシングルサイズといった選択肢もありですが、ベッドの大きさを優先した方が良いと思います。

睡眠は人生の3分の1と言いますし、広いベッドのほうが快適な眠りが実現できます。

縦幅(丈)の違い

身長差

身長は人によってバラバラですよね。

平均的な人もいれば、背が低い人・高い人もいます。

そうした身長の違いを解決すべく、ベッドのサイズには縦幅(丈)の長さが異なる商品もあります。

ベッドの長さ違い

通常の縦幅(丈)は195cm前後ですが、それよりも短いベッドを「ショート丈」と、長いベッドを「ロング丈」と言います。

管理人管理人

通常丈に比べてショート丈やロング丈のベッドの品ぞろえはかなり少ないです。

ショート丈

通常丈とショート丈の比較

ショート丈とは長さが180cm程度の短い丈のベッドのことです。

通常のベッドと比べて、およそ15cm短いです。

狭い部屋に置きやすいサイズですが、身長が160cm以上ある人はあまりおすすめできません。

部屋が狭くて、小柄な人は検討しても良いでしょう。

メリット
  • 狭い部屋でも置ける
デメリット
  • 身長が170cm以上の人は窮屈

ロング丈

ロングサイズと通常サイズの比較

ロングサイズのマットレスは長さがおよそ205~215cmです。

通常のベッドと比べて、およそ10~25cm長いです。

身長が185cm以上になると、通常丈のベッドでは窮屈に感じやすいので、ロング丈を選ぶ目安として覚えておきましょう。

メリット
  • 高身長の人でもゆったり眠れる
デメリット
  • 種類が少ない
  • 価格が高い
  • メーカーによって長さがバラバラ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ベッドのサイズの種類や特徴をご紹介させていただきました。

快適な睡眠にはゆったりとしたサイズが必要です。

部屋と予算に余裕がある人は、なるべく大きいサイズを選ぶことがおすすめです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。