キングサイズのベッド(マットレス)

キングサイズベッドの特徴&おすすめ商品をご紹介

この記事ではベッドメーカーに約7年間勤めていた筆者がキングサイズのベッド&マットレスについてご紹介します。参考になれば幸いです。

前半ではキングサイズの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめのベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 大きいベッドを探している
キングサイズの特徴を知りたい
おすすめのベッド&マットレスを知りたい

目次

キングサイズとは?

キングサイズのサイズ感

キングサイズベッドはおよそ横幅180cm×縦幅195cmのマットレスが置けるサイズです。

シングルサイズのマットレスがおよそ横幅97cm×縦幅195cmのサイズなので、キングサイズは約シングルサイズ2つ分の広さがあります。

マットレスのサイズ一覧

サイズ一覧

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル97cm前後1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

キングサイズのメリット

二人で贅沢に眠れる

キングサイズは二人でゆったり眠れる

キングサイズのベッドはとても広く贅沢に眠れます。ホテルのダブルルームに置いてあることが多いですね。

ベッドは広ければ広いほど快適に眠ることができます。

睡眠時の寝返りの幅は肩幅の約3倍といわれていて、自分が思っている以上に動くスペースが必要です。

キングサイズなら二人で寝た場合でも、寝返りによってパートナーの睡眠を邪魔する心配は少ないでしょう。

子どもと一緒に眠れる

子どもと一緒に寝れる

キングサイズは幼児くらいまでなら親子3人で川の字で寝ることができるので、ファミリーで使いたい人にも人気です。

とはいえ子供が成長してくるとさすがのキングサイズもやや狭く感じてしまうので、よりゆったり眠りたい人はキングサイズ以上の広さが実現できる連結ベッドをご検討ください。

キングサイズのデメリット

基本的にはクイーンサイズの記事でお伝えした内容と似ていますが、以下ご紹介します。

フレームやシーツなどの選べる種類が減る

一般的なベッドの大きさはシングル~ダブルサイズまでが中心です。

そのためキングサイズ用のベッドフレームやシーツ、ベッドパッドなどの寝具の流通量が少なく、実店舗では販売していない場合が多いです。

その他キングサイズの注意点

マットレスが分割されていることがある

商品にもよりますが、キングサイズはマットレスが1枚でなく、2つに分割されているケースがあります。

キングサイズは横幅180cmなので、2つに分割されるとシングルサイズ(90cm)×2つということになります。これはデメリットともメリットとも言えます。

マットレスが二分割になっているデメリットとしてはベッドの真ん中部分の寝心地が悪くなるという点です。

すきま用のベッドパッドなども販売されているのでご検討いただくと良いと思います。

二分割になっているメリットとしては振動が伝わりづらくなるため、寝返りや起きるときの振動でパートナーを起こしてしまう心配が少なくなるという点です。

大きいので搬入できるか注意が必要

1枚もののキングサイズのマットレスは非常に大きいため、搬入路が確保できないと家に入れることもできません。

購入前に搬入経路をしっかりチェックしましょう。

最近ではロールタイプの圧縮マットレスも販売されていて、搬入路の心配がある人におすすめです。

コアラマットレス
ロールタイプのマットレス

失敗しないベッドの選び方

マットレスの種類を決めよう

マットレスの選び方

スプリングコイルマットレスは大きく以下の3種類があります。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

続いて、特徴をご紹介します。

ボンネルコイル

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルはバネが連結していて、構造的には耐久性が高めです。コイルの量が少なく簡単に作れるため安価な商品に多いです。

デメリットは連結しているがゆえに振動が伝わりやすいこと。要するにバインバインとした感触です。劣化するとコイル同士が擦れ、ギシギシ鳴ることも。

ボンネルコイルの特徴

耐久性が高め
比較的安価
振動が伝わりやすい
きしみやすい

ポケットコイル

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルはバネが独立している構造をしています。独立しているため振動が伝わりづらく、二人で寝るのに最もおすすめなマットレスです。

体の曲線に応じてコイルの深さが変化するので、体にフィットし体圧分散性も高いです。価格帯はボンネルコイルより高めです。

ポケットコイルの特徴

振動が伝わりづらい
体圧分散に優れている
部分的な耐久性が低い
やや高価

高密度連続スプリング

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは1本の硬鋼線を列の端から端までひと繋ぎで作る製法です。耐久性が非常に高いことが特徴で体格ががっしりとした人に圧倒的な人気があります。

なお、高密度連続スプリングは日本ではフランスベッドが製造ライセンスを独占しています。

高密度連続スプリングの特徴

耐久性が最も優れている
フィット感が高い
商品によってはとても硬い
高価

マットレスの種類については『マットレス徹底解説-種類の違い』で詳しく解説しているので気になった人はご参考ください。

ポケットコイルがおすすめ!

ポケットコイル
ポケットコイルは揺れにくいのでおすすめ

ポケットコイルはコイルが独立しているため、最も振動が伝わりづらく、二人で寝ている時にお互いの動きを感じにくいです。

寝る時間が違った時や、夜中トイレに行く時など、ぐっすり眠っているパートナーを起こしたくないですよね。

二人で寝ることを想定した場合、ポケットコイルが最もおすすめです。

そして寝心地にこだわりたいなら、できるだけ高密度な(コイル数が多い)ポケットコイルを選びましょう。

低価格のマットレスはコイルの数が少なかったりバネの質が低い傾向があり、耐久性も寝心地も良くはありません。

1万円以下で買える激安のマットレスは避けたほうが無難です。

マットレスの硬さについて

マットレスを選ぶ上で注意したいのは硬さです。

自分が本当に安眠して眠れる硬さを知っている人は本当に稀です。

店舗で寝ころんで試し寝をしたところで実際の睡眠環境や時間帯が異なるため、あくまで参考程度と捉えた方が良いでしょう。

迷ったら「少し硬め」がおすすめ

硬さに迷ったときにおすすめなのが、少し硬めを選ぶことです。

何故なら、もし硬すぎた場合にあとからベッドパッドなどで柔らかく調整できるからです。

逆に初めから柔らかすぎるマットレスだとそれ以上硬くできません。

また、日本人は欧米人に比べやせ型で平たい体型をしているため、硬めの寝心地を好む傾向があります。

硬さの選び方については『マットレス徹底解説-良いマットレスの選び方』で詳しくご紹介しているので気になった人はご参考ください。

セットで選べるマットレスが安心

フレームとマットレスのセット

マットレスは単体で買えますが、ベッドフレームとセットで買える商品もあります。

セットで選べるマットレスはそのベッドフレームで適切に使用できるか確認済みですので安心です。

また、セット価格はコストパフォーマンスが良いです。

ベッドフレームの選び方は?

キングベッドで寝る場合、おそらくカップルで使うことが多いため、二人分の荷重をしっかり支えられるような構造のベッドフレームを選びましょう。

安定感を求めるなら高さが低い「ローベッド」がおすすめです。

ローベッド
ローベッド

収納ベッドが欲しい場合は引き出し部分が「BOX構造」になっている商品を選ぶと、頑丈なのできしみにくいです。

BOX構造の収納ベッド
BOX構造の収納ベッド

BOX構造は、引き出し自体が単体の収納家具として使える「タンスのような構造」をしているので、すごく頑丈です。さらに基本的に完成品のため組立も簡単です

【厳選】おすすめのキングベッド 9選

管理人管理人

キングサイズのおすすめベッドをご紹介します。

重さや振動に耐えやすいタイプを中心に厳選しました。ご参考いただけますと幸いです。

1. ウォールナット柄デザインローベッド「マスターピース」

ウォールナット柄デザインローベッド「マスターピース」

洗練されたデザイン

落ち着いたデザインのモダンなローベッド。頑丈なすのこ部分にマットレスを乗せるため安定感があります。フレームより小さいサイズのマットレスを選ぶと上の画像のようにステージベッドのようになります。キングサイズのマットレスを購入の際は「フレームはキングサイズでフルレイアウト」を選んでください。

このベッドを見てみる

2. ステージベッド「STACEY」

ステージベッド「STACEY」

コスパ抜群

天然木を使用したフレーム。ヘッドボードはちょっとした小物を置けたり、コンセントが付いているのでスマホなどを充電できる機能性もあります。キングサイズはシングルサイズ×2台を連結する形になりますが、フラットタイプのステージベッドなので隙間なくレイアウトできます。セットのマットレスは高密度タイプのポケットコイル。この組み合わせで5万円台は破格と言っていいほどコストパフォーマンスが良いです。

このベッドを見てみる

3. ヴィンテージデザインローベッド「Old Leather」

Old Leather

メンズライクな部屋にぴったり

ヴィンテージ感たっぷりのおしゃれなローベッド。置くだけで部屋がぐっと引き締まります。フェイクレザー使用のため、ヘッドボード部分のクッション性も高く、メンテナンスもしやすいです。眠っている時以外もベッドの上でくつろぎたい人におすすめ。

このベッドを見てみる

4. 連結・分割自在!モダンデザイン大型フロアベッド「LAUTUS」(フランスベッド社製マットレス付)

連結・分割自在!モダンデザイン大型フロアベッド「LAUTUS

子供といっしょに寝やすい

ロータイプの連結ベッド。最大横幅280cmまで選べます。将来分割して使えるので子供といっしょに寝ることを考えている人にぴったりです。ほかのベッドに比べてフレームは安価で、その分、フランスベッド社製のしっかりとしたマットレスが付けられます。寝心地にこだわりつつ、なるべく安く済ませたい人におすすめ。※さらに安く買いたい人は通常のマットレスシリーズもあります

このベッドを見てみる

5. 国産檜すのこローベッド キング

国産檜すのこローベッド キング

お子様に安心サイドガード付き

国産のひのき材を贅沢に使った連結タイプのファミリー向けローベッド。ひのきは耐久性が強く建築材としても人気な木材です。虫や菌にも強く、良い匂いを発するのでリラックス効果もあります。寝返りが多いお子様に安心のサイドガード付き(取り外し可能)も魅力。

このベッドを見てみる

6. アルダー材の収納付きベッド 「Hryme」

アルダー材の収納付きベッド 「Hryme」

大量の荷物が収納できる

2杯の引き出しと床板下の収納スペースを活用すればクローゼット1つ分くらいの容量を収納できるベッド。BOX構造なので頑丈&組立が簡単です。アルダー材を使っていたり、フルスライドレールの引出しなど、随所の仕様が高級なベッド。

このベッドを見てみる

7. ウォルナット材を使った収納ベッド「Fenrir」

ウォルナット材を使った収納ベッド「Fenrir」

スタイリッシュな高級感

高級木材ウォールナットを使用した本格派ベッド。薄型のヘッドボードがスタイリッシュです。引き出し部分はフルスライドレールを採用した高級仕様。価格は高めですが、高い満足感・使用感を得られます。

このベッドを見てみる

8. ハイバックヘッドボード付きローベッド「Merkur」

ハイバックヘッドボード付きローベッド「Merkur」

ハイバックソファのようなヘッドボード

ヘッドボードは頭までもたれられるハイバック仕様で極上のリラックス感を得られるローベッド。ヘッドボードは合皮素材、フレームは木目調&スチール脚で作られた異素材Mixがおしゃれでモダンな印象が素敵です。

このベッドを見てみる

9. ドリームベッド(サータ)「ニューヨーク552」

ドリームベッド(サータ)「ニューヨーク552」

超本格派!贅沢な寝心地

全米No1の超有名ブランド「Serta(サータ)」のキングサイズベッド。「SK(セミキング)」というサイズは横幅180cmなので、一般的なキングサイズと同じです。サータは日本では広島県にあるドリームベッドの工場で作られています。本革を使用した最高級の質感が魅力で、贅沢な空間を演出したい人におすすめです。

このベッドを見てみる

なお、合わせるマットレスは同じくサータの「i series ノーマルボックストップ」がおすすめ。

↓サータ「i series ノーマルボックストップ」
i series ノーマルボックストップ

このマットレスはサータを全米No1に押し上げたマットレスとして有名です。もちろん寝心地も優れています。価格が高めですが、間違いない品質を手に入れたい人にぜひおすすめします。サータの特徴は下記メーカー取材記事で詳しくご紹介しています。

【厳選】おすすめのキングサイズマットレス 4選

「ベッドフレームとセットで選べるマットレスに満足できない」

「単品のマットレスが欲しい」

そうお考えの方におすすめのキングサイズマットレスをご紹介します。

振動が伝わりづらい商品を厳選しました。

1. ネルコ「バリューポケットコイル」(Sサイズ×2)

ネルコ「バリューポケットコイル」

格安で買いたいならコレ

ベッド専門店「ネルコ」のオリジナルマットレス。高密度のポケットコイルを使用し、生地やクッション材にもこだわっています。1枚もののキングサイズはありませんが、シングル×2台でキングサイズとして使用できます。比較的柔らかめの寝心地ですが、寝返りもしやすいです。価格は税込19,980円(9,990円×2台)。詳しくはこちらでレビューしています。

このマットレスを見てみる

2. モダンデコ「DORMIRA」(ダブルポケットコイル)

モダンデコ「DORMIRA」(ダブルポケットコイル)

2層のポケットコイルが内蔵

ポケットコイルが上下に2層内臓されていて体圧分散性を高めたマットレス。さらに高密度にコイルが敷き詰められているのでフィット感があるしっかりした寝心地で、寝返りも打ちやすいです。10年間の品質保証があり安心して使えます。柔らかめの寝心地が好きな人におすすめです。

このマットレスを見てみる

3. 日本ベッド「シルキーポケット」

一流ホテルも認めた寝心地

日本ベッドは1926年創業のマットレスメーカーです。その日本ベッドの主力ブランドがシルキーポケットです。高品質なポケットコイルが超高密度に敷き詰められていて、バネ当たりを感じません。ちなみにシルキーポケットの「シルキー」とは「とろけるような寝心地」という意味に由来しています。星のや軽井沢や帝国ホテルなど名立たる高級ホテルへの納入実績があり、選んで間違いないマットレスです。

4. サータ「iSeries ノーマルBOXトップ」

全米No1に導いた超有名マットレス

サータは全米売上No1を誇る世界的な有名マットレスメーカーです。そのサータを全米No1に押し上げたと言われているのがこちらの「i series(アイシリーズ)」です。詰め物にジェルメモリーフォームという低反発素材を使っていて、優れた反発性・温度調節性が備わっています。またサータは「ファイヤーブロッカー」という燃えにくい素材を入れていることも特徴です。防災意識がある人にもおすすめです。

キングサイズは本当におすすめ?

ホテルのキングサイズベッドで眠ると翌日の目覚めが良いように感じますよね。

普段眠っているベッドより広いため、睡眠時間が快適に過ごせた結果だと思います。

キングサイズは大人でも思いっきり大の字で眠れる広さなので、超贅沢に一人で使うのも良いかもしれません。

部屋と予算とは相談ですが、ベッドは広い方が快適に眠れるので、キングサイズのベッドを置ける人をぜひ購入されると良いでしょう。

連結ベッドのご紹介

2台のシングルベッドをくっつけてキングサイズにするのもアリ

キングサイズは横幅がおよそ180cmの大きさです。つまり、ほぼシングルサイズ(横幅90~97cm)×2台分ということになります。

お気づきのとおり、「キングベッド」として販売されている商品の中には、単純にシングルサイズを2台つなげただけのベッドもあったります。

考え方によっては、2台のシングルサイズで構成されたキングベッドの方が分割して使えるため、メリットを感じる人も多いかもしれませんね。

連結・分割できる「連結(ファミリー)ベッド」とは?

連結説明

例えば、「今は子供といっしょに寝ているけど、将来子ども部屋を作って寝室をわけたい」と思っているご家庭も多いのではないでしょうか。

この考え方をうまく商品に反映させたのが「連結(ファミリー)ベッド」です。(この記事の上でも少しご紹介させていただきました)

連結ベッドはシングルサイズ以上の大きさを連結できるので、キングサイズ以上の大きさを実現できることもメリットのひとつです。

連結ベッドは以下のような特徴があります。

連結ベッドの特徴

  • 連結しやすいようなフラットデザイン
  • 連結してずれないように固定させるパーツ(金具など)が付いている

    固定するパーツは商品によってついていなかったりします。(基本的にはついてる商品が多いです)

    なので、繋げて使いやすそうなデザインのベッドフレームであれば連結ベッドでなくても、くっつけて「ひとつの大きなベッド」として使うこともできるのです。

    ただし、固定させるパーツがないと、衝撃を受けたときにベッドフレームがズレやすく、事故の原因にもなるので、小さいお子様がいる場合などは連結ベッドとして売られている商品の中から選ぶ方が無難でしょう。

    連結(ファミリー)ベッドを詳しく見る

    なお、連結ベッドは基本的にマットレスも分割されているので、「一人でキングサイズを贅沢に使いたい」という人には向いていません。

    【厳選】おすすめのベッド通販サイト

    管理人管理人

    最後にキングサイズのベッドが買えるおすすめの通販サイトをご紹介します。

    ベッドを買うならネットショップがおすすめです。

    ベッドは大きな家具のため実店舗では品ぞろえが少なく、ネットショップの方が圧倒的に品ぞろえが豊富。

    特にキングサイズは大きいサイズのため、実店舗での取り扱いは少ないです。

    しかもネットショップであれば店舗家賃などがかからないため、商品価格がその分安くなります。

    コストパフォーマンス良くベッドを買いたい人はぜひ参考ください。

    1. Kagu Shoei


    ショウエイ参照:Kagu Shoei

    おしゃれなベッドを探しているならココ

    「Kagu Shoei(ショウエイ)」はインターネット限定のインテリア総合ショップ。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。

    マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめです。

    ベッドの種類は本当に豊富で、ほかのショップで扱いが少ない「跳ね上げ式ベッド」や「連結(ファミリー)ベッド」などもたくさん取り扱っています。

    Kagu Shoeiを見てみる

    2. neruco (ネルコ)


    neruco
    参照:neruco

    豊富な種類・抜群のコスパ

    株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです

    セールやキャンペーンも頻繁に行っているので、お得に買いたい人は必見です。

    ネルコを見てみる

    いかがでしたでしょうか?

    キングサイズの特徴や選び方、おすすめ商品をご紹介させていただきました。

    お気に入りのベッドが見つかったのならうれしいです。

    もっとベッドやマットレスの選び方を知りたい

    と思った方は当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をご参考いただけると幸いです。

    最後までお読みいただき誠にありがとうございました。