セミダブルベッドイメージ

セミシングルベッドの解説&おすすめ商品をご紹介

この記事ではベッドメーカーに勤めていた管理人が、セミシングルのベッドの特徴やおすすめのベッドフレームとマットレスをご紹介します。ご参考いただけると幸いです。

前半ではセミシングルサイズの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめの商品(ベッドフレーム&マットレス)をご紹介しています。

「早くおすすめの商品を知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめのベッド&マットレスを見る

目次

セミシングルサイズとは?

セミシングルのサイズ感

セミシングルとは横幅が約80cmで、一般的なベッドのサイズの中では最もコンパクトなサイズです。

ちなみに、ひとつ大きいシングルサイズが横幅97cm前後なので、20cmほど差があります。

(参考)ベッドサイズ一覧

サイズ一覧

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル97cm前後1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

セミシングルベッドのメリット

メリット

狭い部屋に置きやすい

セミシングルベッドを部屋に置いたイメージ

最もコンパクトなサイズのため、狭い部屋にも置きやすいです。

上の画像のとおり、6畳部屋にセミシングルベッドを置いた場合、部屋の形にもよりますが、2Pソファとテレビ台、ローテブルなどさまざまな家具を置くことができます。

熟睡できる最小幅

人が熟睡するのには最低70cm必要という実験結果があり、セミシングルサイズはぎりぎり熟睡できる幅と言えます。

なお、余談ですがこの実験結果をもとに、寝台列車のベッド幅を決めたと言われています。

セミシングルベッドのデメリット

デメリット

かなり窮屈

小柄な人なら良いですが、標準体型の男性・女性ではセミシングルベッドはかなり窮屈に感じます。

人は眠っているときに寝返りを打ちますが、寝返りに必要な幅は肩幅の2~3倍と言われます。

平均的な肩幅は40cm位なので、寝返りを考えるとセミシングルでは収まらない可能性もあります。

寝相が悪い人、ゆったり眠りたい人はセミシングルサイズは避けた方が良いでしょう。

さらにコンパクトさにこだわる人には「ショート丈」がおすすめ

通常丈とショート丈の比較

セミシングルやシングルというサイズは横幅のことですが、縦幅が短いベッドがあります。それがショート丈ベッドです。

ショート丈ベッドは縦幅が約180cmのベッドのこと。

通常のベッドの縦幅が195cmほどなので約15cmも短いことになります。

身長は160cm未満におすすめ

ショート丈は丈が短いので、当然身長が高い人には向きません。

ベッドにおける適切な縦幅の考え方として「身長×1.05+15cm」という計算方法があるのですが、この式に当てはめるとショート丈はおよそ身長160cm未満であれば快適に使うことができると言えます。

セミシングルベッドはどんな人におすすめ?

「狭い部屋に住んでいて小柄な人」におすすめ

ベッドのサイズは、余裕がある大きさがあるほうが快適に眠れ、睡眠の質が高まります。

よって、いくら小柄な人だとしても部屋に余裕があればシングルかセミダブルサイズをおすすめします。

しかし、狭い部屋にベッドを置きたいという人にはセミシングルサイズはおすすめです。

ベッドは大きい家具ですので、部屋のスペースを広く取ってしまいます。

「ベッドも置きたいけどソファも置きたい」

「勉強や作業をするスペースも欲しい」

という人にセミシングルサイズはぴったりです。

マットレスはどう選べば良い?

マットレス

ココがポイント
・安価なボンネルコイルは△
・ポケットコイルが無難
・体重が重い人は高密度連続スプリングがおすすめ

睡眠の質はマットレスによってほとんど決まります。

それではどんなマットレスを選べばよいでしょうか?

続いて、マットレスの選び方をご紹介します。

マットレスの種類

コイルマットレス

スプリングコイルマットレスは大きく以下の3種類にわかれます。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

ボンネルコイル

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルはバネが連結していて、部分的な耐久性が高めです。コイルの量が少なく簡単に作れるため安価な商品に多いです。

デメリットはコイルが連結しているため振動が伝わりやすいこと。要するにバインバインとした感触です。劣化するとコイル同士が擦れ、ギシギシ鳴ることも。

ボンネルコイルの特徴

耐久性が高め
比較的安価
振動が伝わりやすい
きしみやすい

ポケットコイル

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルはバネが独立している構造をしています。振動が伝わりづらく、静かな寝心地で、どちらかというと女性に合いやすいマットレスです。

体の曲線に応じてコイルの深さが変化するので、体にフィットし体圧分散性も高いです。価格帯はボンネルコイルより高めです。

ポケットコイルの特徴

振動が伝わりづらい
体圧分散に優れている
部分的な耐久性が低い
やや高価

高密度連続スプリング

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは1本の硬鋼線を列の端から端までひと繋ぎで作る製法です。

耐久性が非常に高いことが特徴で体格ががっしりとした人に圧倒的な人気があります。

なお、高密度連続スプリングは日本ではフランスベッドが製造ライセンスを独占しています。

高密度連続スプリングの特徴

耐久性が最も優れている
フィット感が高い
商品によってはとても硬い
高価

マットレスの種類については『マットレスの徹底解説-クッション層の違い』で詳しく解説しているので気になった方はご参考ください。

マットレスの硬さを選ぶポイントは?

マットレスは硬さの選び方が大切。

雲のようなやわらかい寝心地から畳のような硬い寝心地まで幅広くありますが、どのように硬さ・柔らかさを選べば失敗は少ないでしょうか?

あくまで一般論ですが、

  • 硬いマットレス⇒「仰向き寝・男性」
  • 柔らかいマットレス⇒「横向き寝・女性」

が合いやすい組み合わせです。

その理由については『マットレス徹底解説-良いマットレスの選び方』で詳しくご紹介しています。

迷ったら「少し硬め」のマットレスがおすすめです。

日本人は仰向き寝が多く、硬めの寝心地を好む傾向があります。また硬い場合、あとから柔らかく調整できます。

硬めの寝心地が合いやすい人

  • 寝姿勢が仰向き寝
  • 体が平坦な男性
  • 平均的な日本人体型

柔らかめの寝心地が合いやすい人

  • 寝姿勢が横向き寝
  • 体のラインがハッキリしてる女性
  • ボリューム感がある欧米体型

フレームとマットレスのセットがお得

フレームとマットレスのセット

マットレスは単体で買えますが、ベッドフレームとセットで買える商品もあります。

セットで選べるマットレスはそのベッドフレームで適切に使用できるか確認済みですので安心です。

また、セット価格はコストパフォーマンスが良いです。

ベッドフレームはどう選べば良い?

ベッドフレームおすすめ

ココがポイント
・荷物が多い人は「チェストベッド」
・部屋が狭い人は「跳ね上げ式」
・薄型ヘッドボードは使い勝手が良い

荷物が多い人は収納ベッドがおすすめです。

特に大容量の収納ベッドは部屋の限られたスペースを有効活用できます。

おすすめのベッドタイプ

①チェストベッド

ショート丈チェストベッド
チェストベッド

狭い部屋の場合、クローゼットなどの収納スペースが少ないことも多いです。

さらに部屋にベッドを置くとなると、たんすなどの収納家具が置きにくくなってしまいます。

そんな時におすすめなのが大容量収納ベッドの「チェストベッド」。チェストとは「たんす」という意味。

まさにたんすとベッドが合体したような収納ベッドです。

チェストベッドは引き出しがたくさんついているので、普段よく使う洋服やリネン、カバンなどを収納することに便利。

さらに引き出しの裏側(床板の下)のスペースも収納庫として活用することができ、普段使わない季節ものやラグなどの長物収納としても活用できます。

②跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッド
跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドは床板の下の広大な収納スペースを活用できるベッド。

ほとんどの商品はガス圧で床板を跳ね上げる仕様のため、女性の力でもラクラク持ち上がります。

ただし、引き出し収納に比べると気軽に荷物の出し入れができないので、普段あまり使わない大きなものを収納したい人におすすめです。

なお、跳ね上げベッドは組立が非常に難しいので、組立設置サービスのオプションを強くおすすめします。

薄型ヘッドボードは使い勝手が良い

薄型のヘッドボード
薄型のヘッドボード

コンパクトさを求めるなら薄型ヘッドボードがおすすめ。

一般的なヘッドボードは奥行き25cm位ありますが、薄型だと10cm未満です。

「だったらヘッドボードなんていらないんじゃない?」

と思うかもしれませんが、ベッド周りにはスマホや眼鏡、目覚まし時計など、色々置きたくなるものです。

そんな時に便利なのが棚とコンセントが付いてるヘッドボードです。

ヘッドボードがないと、サイドテーブルなどを置かなければならないため、かえってスペースを取ってしまいます。

【厳選】おすすめのセミシングルベッド 9選

管理人管理人

セミシングルベッドを選ぶうえでポイントと考える以下の点を満たした厳選されたおすすめのベッドをご紹介します。

おすすめの選ぶポイント
・収納力がある
・ヘッドボードが薄い
・省スペースに置ける

1. ショート丈チェストベッド

ショート丈チェストベッド

機能性◎ 荷物が多い人におすすめ

大容量の収納ができるショート丈チェストベッド。荷物が多くて部屋が狭い人におすすめです。薄型のヘッドボードにはコンセントも付いているのでスマホの充電などもできる、機能性が高いベッドです。

このベッドを見てみる

2. 敷き布団が使える!すのこチェストベッド「Salvato」

敷き布団が使える!すのこチェストベッド「Salvato」

すのこで通気性◎布団も使える

床板がすのこ仕様のチェストベッド。日本は湿気が多くカビが生えやすい環境で、人は寝ているときに大量の汗をかきます。すのこタイプのベッドなら通気性が良くカビが生えるリスクも少ないため、清潔な睡眠環境を実現できます。

このベッドを見てみる

3. 格安の日本製跳ね上げ式ベッド「FLAPPER」

6万円台で買える跳ね上げ式ベッド「FLAPPER」

奥の荷物が取りやすい

大きな荷物が収納できる横開きの跳ね上げ式ベッド。横開きは奥の荷物が取りやすいです。狭い部屋の場合、横開きの方がレイアウトしやすい傾向があります。国産なのに低価格でフレームのみで6万円台から買えることも魅力。

このベッドを見てみる

4. 国産跳ね上げ式ベッド「Grand-L」

安心して使える国産フレーム

体を預けるには安心できるベッドの方が良いですよね。このベッドは国内(群馬県)の工場で細部までこだわって作られています。少し高価ですが安心してベッドを使いたい人におすすめの跳ね上げベッド。

このベッドを見てみる

5. 収納部分が深いショート丈の跳ね上げベッド「amable」

収納部分が深いショート丈の跳ね上げベッド「amable」

スリムなヘッドボード&大容量の収納スペース

すっきりとした印象の跳ね上げ式のショート丈ベッド。薄型のヘッドボードは、狭い部屋にも置きやすいです。収納部分が通常の跳ね上げ式ベッドより深く(ラージ・グランドサイズの展開)、大量の荷物を収納することができます。

このベッドを見てみる

6. フレンチカントリー調収納ベッド

フレンチカントリー調収納ベッド

かわいい女の子部屋にぴったり

カントリー調の収納ベッド。ヘッドボード・フットボードや引き出しのデザインがおしゃれで、かわいらしい部屋にぴったりです。ショート丈なので小柄な人におすすめ。

このベッドを見てみる

7. ガールズルームにぴったり!ホワイトカラー収納ベッド「フルール」

ガールズルームにぴったり!ホワイトカラー収納ベッド「フルール」

人気の定番デザイン

ホワイトカラーでシンプルな収納ベッド。飽きのこない定番デザインで人気が高い商品。どんな部屋にも合わせやすく、狭い部屋でも圧迫感がなく置きやすいです。

このベッドを見てみる

8. 北欧シンプルすのこベッド「Banon」

北欧シンプルすのこベッド「Banon」

安定感とコスパが抜群

ベッド専門店「ネルコ」のオリジナルすのこベッド。同タイプの商品よりも、太い補強板を追加し頑丈な構造をしているので安心して眠ることができます。高さ調節機能もついているので、衣装ケースなどをベッドの下に入れて収納スペースを作りやすいこともメリット。

このベッドを見てみる

9. 省スペース収納ベッド「TIINA2」※マットレス付

省スペース収納ベッド「TIINA2」

収納ベッドで最安値レベル

シンプルな2杯の引き出しがついた収納ベッド。日本の住環境を考えて薄型のヘッドボードを採用し、狭い部屋にも置きやすい省スペースタイプです。収納ベッドとしては最安値レベルで高品質なポケットコイルマットレス付きで2万円台で買えます。コスパ抜群のおすすめの逸品です。

このベッドを見てみる

【厳選】おすすめのセミシングルマットレス 4選

管理人管理人

単品のマットレスが欲しい」という人にセミシングルサイズのおすすめマットレスをご紹介します。

1. neruco「バリューポケットコイルマットレス」

neruco「バリューポケットコイルマットレス」

格安で高品質ならコレ

ベッド専門店「neruco(ネルコ)」のオリジナルマットレス。シングルサイズでおよそ1万円で買える激安価格ですが、線径が太い高密度ポケットコイル仕様している高コストパフォーマンスの商品です。どちらかというとソフトな寝心地で特に女性におすすめですが、男性の筆者も心地よく感じた逸品。

 このマットレスを見てみる

2. neruco「薄型ポケットコイルマットレス」

neruco「薄型ポケットコイルマットレス」

ロフトベッド、二段ベッドにおすすめ

厚さ11cmの薄型のポケットコイルマットレス。通常のマットレスが置けないロフトベッドや二段ベッドで使用するのにおすすめです。高さが抑えられるので、普通のベッドフレームで使用する場合でも腰掛けやすくなり、圧迫感も抑えられるメリットもあります。

 このマットレスを見てみる

3. フランスベッド「ZT-020」

フランスベッド「ZT-020」

硬めの寝心地、耐久性抜群

フランスベッド製のマットレス。クッション層にはZELTスプリングという高密度連続スプリングを使用しています。耐久性が高く、安定感が抜群。日本製なので品質も安心です。しっかりした寝心地が好きな人におすすめ。価格は3万円前後。

このマットレスを見てみる

4. 日本ベッド「シルキーポケット」

日本ベッド「シルキーポケット」

高価だけど間違いない寝心地

国産老舗マットレスメーカー「日本ベッド」の基幹ブランド「シルキーポケット」。超高密度で配置されたポケットコイルはバネに直接眠れる品質で作られています。名立たる高級ホテルや迎賓館にも採用される日本を代表するポケットコイルマットレス。価格は高いですが、寝心地にこだわりたい人におすすめの逸品です。

このマットレスを見てみる

管理人管理人

セミシングルサイズのマットレスはあまり種類が多くありません。

また、幅(cm)も商品によって異なるので、できればベッドフレームとセットで買えるマットレスを選んだ方が安心でしょう。

【厳選】おすすめのベッド通販サイト

最後にセミシングルサイズのベッドが買えるおすすめの通販サイトをご紹介します。

ベッドを買うならネットショップがおすすめです。

ベッドは大きな家具のため実店舗では品ぞろえが少なく、ネットショップの方が圧倒的に品ぞろえが豊富。

特にセミシングルやショート丈は実店舗での取り扱いが少ないです。

しかもネットショップであれば店舗家賃などがかからないため、商品価格がその分安くなります。

コストパフォーマンス良くベッドを買いたい人はぜひ参考くださいね。

1. Kagu Shoei


ショウエイ参照:Kagu Shoei

おしゃれなベッドを探しているならココ

「Kagu Shoei(ショウエイ)」はインターネット限定のインテリア総合ショップ。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。

マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

ベッドの種類は本当に豊富で、ほかのショップで扱いが少ない「跳ね上げ式ベッド」や「連結(ファミリー)ベッド」などもたくさん取り扱っています。

Kagu Shoeiを見てみる

2. neruco (ネルコ)


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由

取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

セールやキャンペーンも頻繁に行っているので、お得に買いたい人は必見です。

ネルコを見てみる

いかがでしたでしょうか?

セミシングルサイズの特徴や、おすすめのベッド・マットレスをご紹介させていただきました。

お気に入りのベッドが見つかったのならうれしいです。

もっとベッドやマットレスの選び方を知りたい

と思った方は当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をご参考いただけると幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。