セール・お得情報

ベッド専門店「ネルコ」 期間限定 ポイント最大10倍(11/22まで)

ダブルベッド

ベッドメーカーに勤めていた筆者が厳選!

この記事では二人で寝るのにぴったりなおすすめの格安ダブルベッドを特集します。

筆者はベッドメーカーで商品企画に7年間ほど携わっていました。

その経験をもとにダブルベッドの選び方とおすすめの格安ベッドをご紹介させていただきます。ご参考いただけると幸いです。

前半ではダブルベッドの特徴や選び方をお伝えし、後半でおすすめのベッドをご紹介しています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

さっそくおすすめのベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ 安いダブルベッドを探している

ダブルベッドを詳しく知りたい

ベッド選びを失敗したくない

目次

ダブルサイズとは?

二人で寝る

ダブルサイズは横幅約140cmのサイズです。

基本的に二人で寝ることを想定しているサイズ感です。

同居などの引越しを機に、ダブルサイズのベッドを買う方も多いです。

もちろん一人でゆったり寝るのにもおすすめのサイズです。

ダブルサイズのサイズ感
ダブルサイズのサイズ感

ちなみに参考までに他のサイズについては下記のとおりです。

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル90~100cm1人大人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

※メーカーによって多少差があります

シーツやカバーの種類が豊富

ベッドカバーやシーツ類は、基本的にダブルサイズまで品揃えが多いです。

ダブルより大きいクイーンサイズ以上になるとシーツ類は品揃えが少なくなり、選択肢の幅が狭くなります。

つまり、ダブルサイズは一般的なサイズ展開で最も大きいサイズと言えます。

よく「二人で寝るのにはダブルサイズでは小さい」と聞きますが、標準的な日本人体形であれば快適に眠ることはできるでしょう。

広々寝たい人は「クイーンサイズ」がおすすめ

クイーンサイズのサイズ感
クイーンサイズのサイズ感

クイーンサイズはダブルサイズより横幅が20cm程度大きいため、よりゆったり眠りたい人におすすめです。

ただし、価格が高くなること・選べる種類が減ること・部屋が狭くなることがデメリットです。

予算と部屋に余裕があればクイーンサイズ以上をご検討ください。

どうやって選べばいいの?

選ぶポイント

まずはマットレスの種類を決めよう

マットレス

睡眠の質はマットレスによってほぼ決まります。

それでは、どんなマットレスを選べばいいのでしょうか?

マットレスの選び方

コイルマットレス

スプリングコイルマットレスは大きく以下の3種類にわかれます。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

ボンネルコイル

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルはバネが連結していて、構造的には耐久性が高めです。コイルの量が少なく簡単に作れるため安価な商品に多いです。

デメリットはコイルが連結しているため振動が伝わりやすいく、二人で寝るのには不向きです。劣化するとコイル同士が擦れ、ギシギシ鳴ることも。

ボンネルコイルの特徴

耐久性が高め
比較的安価
振動が伝わりやすい
きしみやすい

ポケットコイル

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルはバネが独立している構造をしています。独立しているため振動が伝わりづらく、二人で寝るのに最もおすすめなマットレスです。

体の曲線に応じてコイルの深さが変化するので、体にフィットし体圧分散性も高いです。価格帯はボンネルコイルより高めです。

ポケットコイルの特徴

振動が伝わりづらい
体圧分散に優れている
部分的な耐久性に弱い
やや高価

高密度連続スプリング

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは1本の硬鋼線を列の端から端までひとつなぎで作る製法です。耐久性が非常に高いことが特徴で体格ががっしりとした人に圧倒的な人気があります。

なお、高密度連続スプリングは日本ではフランスベッドが製造ライセンスを独占しています。

高密度連続スプリングの特徴

耐久性が最も優れている
フィット感が高い
商品によってはとても硬い
高価

管理人管理人

マットレスの種類については『【マットレスの解説】クッション層の違いとは?』で詳しくご紹介しています。

二人で寝るには「ポケットコイル」がおすすめ

ポケットコイル
ポケットコイル

二人で寝ることを考えている人は、振動が伝わりづらいポケットコイルマットレスがおすすめです。

例えば夜中トイレに立ち上がったり、寝るタイミングが違った時など、相手を起こしてしまう心配をしたことはありませんか?

振動が伝わりづらいマットレスを選ぶことで、大切なパートナーの眠りを妨げにくいです。

△ ポケットコイルの弱点

コイルが独立しているポケットコイルは部分的な耐久性は低い傾向があります。

ポケットコイルは一点にかかる荷重に弱い傾向があるので、トランポリンのようにマットレスの上で跳ねたりしないでください。

なお、マットレスはコイルよりコイルの上にある詰め物部分の方が早くヘタります。

マットレスは基本的に詰め物がヘタってきて10年くらいで買い換える人が多いです。

「高密度ウレタンマットレス」もおすすめ

高密度ウレタン素材

ウレタンマットレスとは、クッション材がスプリングではなく、ウレタンで出来たマットレスです。

テンピュール® などで有名な高密度の低反発素材を使用したマットレスは衝撃吸収性に優れ、振動が伝わりづらいです。

ただし、全面に低反発素材を使っているマットレスは体にフィットするため、暑苦しく感じる人もいます。

衝撃吸収性に優れた高密度低反発素材を使っている代表的なマットレス
テンピュール® 

コアラマットレス ※上面のクラウドセルのみに使用しているため、全体の寝心地としては高反発マットレスに近いです

格安で買いたいなら「セット購入」がおすすめ

フレームとマットレスのセット

最近はベッドフレームとセットで選べるマットレスの選択肢が豊富になってきています。

そして、高品質なマットレスもセットで選べるようになりました。

よほど好きなマットレスメーカーの商品から選びたい人は別ですが、コスパ良くベッドを買いたいならセット購入がおすすめです。

「お気に入りのベッドフレームを見つけて、セットで選べるマットレスに不満があったら単品購入」

という流れが最も無駄がない選び方だと思います。

ただし、セットで選べるマットレスは基本的にスプリングマットレスになります。

マットレス単品で探したい人は下記記事をご参考ください。

ベッドフレームは安価でもOK

ベッド

ベッドフレームは寝心地にはあまり影響しないので、低価格な商品でも大丈夫です。

ベッドフレームよりマットレスに投資した方が眠りの質に直結するため、予算が限られている場合はなるべくベッドフレームは安く済ませることがおすすめです。

ベッドフレームはあった方が良い

「ベッドフレームは必要ない」という人もいますが、マットレスを床に直接置くのは衛生面が良くない(カビの原因になってしまうリスクがある)ので、ベッドフレームは購入したほうが良いです。

また、床から30cm付近にホコリが滞留しやすいので、ホコリ・ハウスダストに敏感な人はある程度高さがあるベッドフレームを購入したほうが良いでしょう。

予算がたくさんある人は?

「ベッドフレームに10万円以上の予算をかけても良い!」という人は有名ベッドメーカーもおすすめです。

やはり有名メーカー製のフレームは贅沢な仕様で、作りも非常に丁寧です。

5万円台以下なら通販がおすすめ

コストパフォーマンスを重要視する人はネット通販で買うことをおすすめします。

ネット通販は実店舗に比べ種類が豊富で、価格が安い傾向があるからです。

最近のネット通販は品質も良いです。

私は通販業界で勤めていましたが、ちゃんと品質検査をするのは当たり前で、安くても問題なく使えます。

あと、意外にベッドって買い替えることが多いです。

ライフスタイルが変わることによって、ベッドを買い替えないといけなくなることが多いからです。

「子どもが生まれたからダブルサイズじゃなくてキングサイズにしたい」

「単身赴任で引っ越すことになったからセミダブルにしたい」

など、色々な生活の変化によって必要なベッドのサイズが変わってきます。

「せっかく数十万かけてベッドを買ったのにもったいない。。」

という思いをするなら、通販で品質が高いマットレスと安めのベッドフレームを買った方が心置きなく使えるでしょう。

【厳選】5万円台以下のおすすめ格安ダブルベッド 14選

【2019年10月4日更新】

管理人管理人

低価格にベッドを買いたい人のために、5万円台以下で買えるおすすめのダブルベッドを厳選しました。

1. 収納ベッド「ティーナ」※マットレス付き

最安値レベルの収納ベッド

薄型ヘッドボードで狭い部屋にも置きやすい収納ベッド。ダブルサイズの収納ベッドとしては最安値ラインの格安商品。薄型のヘッドボードには2口コンセントが2つ付いて機能的です。価格はマットレス付きで税込45,800円

このベッドを見てみる

2. モダンライト付き収納ベッド「LESTER」(イチオシ

モダンライト付き収納ベッド「LESTER」

耐久性が高いBOXタイプ

BOXタイプの引き出し収納ベッド。BOXタイプは組立が簡単で耐久性も高く理想的な引き出し構造です。BOXタイプの収納ベッドは高価な商品が多いですが、このベッドは税込42,900円で買えます。

このベッドを見てみる

3. シンプルデザインフロアベッド「W:coRe」

シンプルデザインフロアベッド「W:coRe」

モダンでかっこいい

ウォールナットの美しい木目柄のローベッド。天然木を使用してないため比較的低価格です。強化樹脂仕上げと呼ばれる製法で仕上げていて、硬質で傷つきづらいことがメリット。価格は税込37,560。マットレスセットでも5万円台から買えます。

このベッドを見てみる

4. 北欧風シンプルすのこベッド「Banon」

北欧風シンプルすのこベッド「Banon」(イチオシ!)

二人でも安心の頑丈設計

ベッド専門ショップ「ネルコ」のオリジナルすのこベッド。シンプルな定番デザインですが、フレームに極太の板を補強し、強靭な耐久性があるベッドです。二人で眠るには重さに強いことが大切。このベッドはきしみや揺れに強く、安心して眠ることができます。コストパフォーマンスに優れたおすすめの逸品。価格は税込20,900円(ポケットコイル付きでも3万円台)

このベッドを見てみる

5. ステージベッド「STACEY」

ステージベッド「STACEY」

オール天然木なのに3万円台

天然木を贅沢に使用した3万円台で買えるステージタイプのローベッド。ローベッドは高さが低く、天井までの空間が広がるため開放感があります。狭い部屋にもおすすめです。価格はダブルサイズで税込34,900

このベッドを見てみる

6. すのこベッド「cuenca」

すのこベッド【cuenca】

とにかく安いベッドならコレ

ダブルサイズ最安値レベルのすのこベッド。ヘッドボードレスなので、部屋が狭い人にもおすすめです。耐荷重の表記がなく、価格的に心配ではありますが高さ調節が可能なので、もしきしみや揺れを感じたらロータイプして使えば良いでしょう。価格は税込14,777円

このベッドを見てみる

7. 宮付きすのこベッド「cuenca」

ヘッドボード付きで格安

上で紹介したベッド【cuenca】のヘッドボード付きタイプ。こちらも非常に低価格で2万円台から買えます。ヘッドボードにはスマホスタンドと便利な2口コンセント(USB付)が搭載。低価格で使い勝手が良いダブルベッドが欲しいという人におすすめです。価格は税込21,790円

このベッドを見てみる

8. ローベッド「BASSOL」

ローベッド「BASSOL」

1万円台で買えるローベッド

梱包サイズを小さくすることで圧倒的な低価格を実現したローベッド。ヘッドボードにはコンセントと棚があり、機能性も備えています。ただし、床板はすのこ仕様ではなく通気性にやや不安があるので、「バリューマットレス」のセットがおすすめ。バリューマットレスは側面が全周メッシュ構造なので、マットレス側面から通気できます。価格はフレームのみで税込19,900円

このベッドを見てみる

9. 高さ調節可能!天然木すのこベッド「Fit-in」

高さ調節可能!天然木すのこベッド「Fit-in」

収納ケースが使える

高さが調節できるカントリー調のすのこベッド。ベッドの下が広い収納スペースになっているので荷物が多い人におすすめです。収納ケースを使うと整理整頓がしやすいです。収納上手の人なら活用できる幅が広いベッドでしょう。価格は税込40,870

このベッドを見てみる

10. 木目が美しいステージベッド

木目が美しいステージベッド

高級リゾートホテル風

落ち着きがあり、美しい木目が魅力のローベッド。ステージタイプなので優雅なリゾート風の部屋にしたい人にもおすすめです。床板がすのこ仕様なので通気性が良く衛生的です。価格は税込48,180

このベッドを見てみる

11. 国産すのこベッド

国産すのこベッド

安心の国産ベッド

国内で作られているすのこベッド。やはり国産の方が作りが丁寧な傾向があるので、安心して使えます。耐荷重も180kgあるので、二人で寝ても問題ありません。脚の高さが2段階調節できます。カラーはナチュラルとブラウン。価格は税込51,990円

このベッドを見てみる

12. 桐三つ折れ式すのこベッド

桐三つ折れ式すのこベッド

小さい子どもにも安心

マットレスや布団を置くためのすのこフレーム。小さい子どもと一緒に寝る人におすすめです。一般的なベッドフレームは硬く角が尖っているものも多いので、子どもが誤って落ちたり転んだりした時にケガをする恐れもあります。すのこだけのタイプならそのような心配はありません。価格は税込21,287

このベッドを見てみる

13. すのこベッド「マリッカ」

コンセント本棚付きタモ材ベッド

ヘッドボードの機能性が高い

ヘッドボードが充実したすのこベッド。コンセントが両脇についていて合計4つ口あるので便利です。ヘッドボード裏にも収納スペースがあり、凝ったデザインをしています。カラーは3色あるので自分の部屋に合わせて選びやすいです。価格は税込37,900円

このベッドを見てみる

14. カビないスチールダブルベッド「REGLS」※マットレス付き(NEW

カビないスチールダブルベッド「REGLS」※マットレス付き

スチールだからカビない

シンプルデザインのスチールベッド。線が細くて華奢そうですが、静止耐荷重は150kgあります。すのこ構造なので通気性も良好。品質が高い高密度ポケットコイルマットレス付きで価格が税込29,800円。

このベッドを見てみる

快適な寝心地!ダブルサイズのおすすめ単品マットレス 5選

マットレス

「セットのマットレスに満足できない」

「単品のマットレスが欲しい」

そうお考えの方におすすめのダブルサイズのマットレスをご紹介します。

二人で快適に眠るために『振動が伝わりにくいマットレス』を厳選しました。

1万円台のコスパ追及モデルから、数十万円する有名メーカー製のおすすめモデルをご紹介します。寝心地にこだわりたい人はご参考ください。

1. neruco「バリューポケットコイル」

neruco「バリューポケットコイル」

格安で高品質ならコレ

ベッド専門店「neruco(ネルコ)」のオリジナルマットレス。ダブルサイズでも1万円台で買える格安価格ですが、線径が太く高密度ポケットコイル仕様。高コストパフォーマンスの商品です。どちらかというとソフトな寝心地で特に女性におすすめですが、男性の筆者も心地よく感じた逸品。(詳しくは取材・体験記事でご紹介しています)

こんな人におすすめ
・低価格でなるべく良い寝心地を得たい人

このマットレスを見てみる

2. neruco「イタリア製 高反発マットレス VA’LORE」

イタリア製 高反発マットレス VA'LORE

左右で硬さが変えられる画期的マットレス

硬さが異なる3層のウレタンフォームで作られているマットレス。使われているウレタン素材は世界的に名が知られている超有名ブランド製(イタリアの高反発マットレスブランド)と同等ですが、ブランドの冠がない分、低価格に販売することができました。ダブルサイズのみ左右別々の硬さ調節ができるので、二人で寝るときにそれぞれお好みの硬さにすることができます。

こんな人におすすめ
・体重差があるカップル

このマットレスを見てみる

1. コアラマットレス

コアラマットレス

優れた振動吸収性

コアラマットレスはオーストラリア製のマットレス。2017年に日本に上陸してじわじわと人気が高まっています。20-30歳代の新婚さんに特に人気。特徴は振動が伝わりにくい「ゼロ・ディスターバンス技術」を採用し、飛び乗っても上に乗せたワイングラスが倒れないワインチャレンジで注目を浴びました。ネット限定ですが120日の無料お試し期間があり、もしも気に入らなかったら返品できるので安心です。

こんな人におすすめ
・静かな寝心地が好きな人
・振動でパートナーを起こしたくない人

このマットレスを見てみる

2. 日本ベッド「シルキーポケット」

日本ベッド「シルキーポケット」

とろけるような寝心地

日本ベッドは1926年創業の老舗の国内ベッドメーカーです。仕立ての良さが評判で帝国ホテルや星のや軽井沢などの一流ホテル・旅館への納入実績も豊富。日本ベッドの中核的ブランドが「シルキーポケット」です。シルキーポケットのコイルはバネに直接寝れるレベルで作られているという品質の高さが特徴。そんな高品質のポケットコイルをダブルサイズのマットレスには1,760個も使用しています。筆者は何度も寝たことがありますが、他のポケットコイルマットレスとは一線を画す寝心地です。

こんな人におすすめ
・耐久性、寝心地ともこだわりたい人

このマットレスを見てみる

3. テンピュール® 「ハイブリットリュクス30」

ハイブリットリュクス30

NASAが認めた衝撃吸収性

テンピュール® マットレスのハイランクシリーズ。クッション層にピアノ線でできた高品質のポケットコイルを採用し、表層のテンピュール® の柔らかさで沈んだ体をしっかりサポートしてくれます。さらに最上位の「リュクス」仕様のため、ベッドカバーに余分な熱を吸収する”クールタッチテクノロジー”を搭載。暑いと言われているテンピュールを快適に使うことができます。柔らかいマットレスが好きな人におすすめ。

こんな人におすすめ
・横向き寝や、体のラインがはっきりした人

このマットレスを見てみる

【厳選】格安ダブルベッドが買えるおすすめベッド通販サイト

管理人管理人

最後に格安のダブルベッドが買えるおすすめのベッド通販サイトをご紹介します。

1. neruco(ネルコ)※当サイト経由売上No.1


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド専門の通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる

2. Kagu Shoei


ショウエイ参照:Kagu Shoei

おしゃれなベッドを探しているならココ

「Kagu Shoei(ショウエイ)」はインターネット限定のインテリア総合ショップ。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。ここまで品揃えがあるショップは珍しいと思います。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

Kagu Shoeiを見てみる

3. ベルメゾン


bellemaison
参照:BELLE MAISON

大手iconで通販初心者にも安心

ベルメゾンは大手カタログ通販会社の千趣会が運営している通販サイトです。おしゃれなインテリアショップと間違えるくらいデザイン性やインテリア性が高く、低価格でもおしゃれな家具が買えます。魅力的なファブリック類も豊富にあるので、ベッドと一緒にカバーも揃えてみてはいかがでしょうか。

ベルメゾンを見てみる

いかがでしたでしょうか?

格安ダブルベッドの特徴やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

ダブルベッドは一人でゆったり寝たい人や、夫婦やカップルなど、二人で寝るのにおすすめなサイズです。

あなたにぴったりなベッドが見つかったのならうれしいです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

※掲載している価格・仕様は変更されている可能性もあるので、必ず販売ページをご確認ください。