シングルベッド

シングルベッドを徹底解説

ベッド・マットレスを買うにあたって「シングルサイズ」を検討しているあなたにシングルベッドのメリット・デメリット、おすすめ商品をご紹介いたします。

筆者はベッドメーカーに約7年勤めていましたので、その経験をもとにお話しさせていただきます。ご参考になれば幸いです。

前半ではシングルサイズの特徴、失敗しない選び方をご紹介し、後半でおすすめのシングルベッド&マットレスをまとめています。

「早くおすすめのベッドを知りたい」という方は下記ボタンを押せばその場所にスクロールします。

おすすめのベッドを見る

この記事はこんな人におすすめ シングルベッドの特徴を知りたい
失敗しない選び方を知りたい
おすすめの格安ベッドを知りたい

目次

シングルサイズとは?

シングルサイズのサイズ感

シングルサイズとは97cmくらいの幅のサイズです。商品によって横幅は多少異なります。ちなみに縦幅はおよそ195cmです。

備考:ベッドのサイズ一覧

サイズ一覧

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル90~100cm1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

コンパクトなベッドが欲しければセミシングルかシングルでも良いですが、部屋の広さに余裕があればセミダブルサイズをがおすすめです。

シングルとセミダブルでは睡眠における快適さがまるで違います。

シングルサイズのメリット

狭い部屋に置きやすい

シングルサイズは狭い部屋や初めてのひとり暮らしに人気のサイズです。特に大学生や新社会人で新生活を迎える人は予算の関係であまり広くない部屋に住むことが多いと思います(私もその一人でした)

大きすぎるベッドを部屋に置いてしまうと、窮屈に感じます。なるべくコンパクトなシングルサイズを置いた方が部屋のインテリアも損ないにくいでしょう。

価格が安い

価格が安い

シングルサイズは流通量が最も多いサイズのため価格が安いです。商品によりますが、セミダブルとの価格差は1~2万円くらいあります。できる限り予算を抑えたい人はシングルサイズがおすすめです。

種類が豊富

種類が豊富

ベッドのサイズ展開はシングルサイズ~ダブルサイズが多いです。商品によってシングルサイズのみの取り扱いしかないベッドも多く、逆にシングルサイズがないベッドは稀です。最も幅広いラインナップから選べるのはシングルサイズのメリットのひとつです。

シングルサイズのデメリット

やや窮屈

快適にゆったり眠りたい人はシングルサイズではやや窮屈です。人は寝ている時に寝返りを打ちますが、寝返りを打つスペースは肩幅の2~3倍の幅と言われています。男性の肩幅の平均が約40cmなので、快適に眠るにはベッドの横幅は120cm必要です。横幅120cmはサイズでいうとセミダブルにあたります。快適に寝たい人はセミダブルサイズ以上がおすすめです。

二人で眠りにくい

シングルサイズは横幅90-100cmのため、大人二人で寝ると肩と肩を密着させないと眠ることができません。その点、セミダブルも、やや窮屈でありますが、眠れなくもない広さです。とはいえセミダブルでもまだ二人で寝たときに寝心地としてはあまり良くないでしょう。本来、二人で寝るのにはダブルサイズ以上がおすすめです。

シングルベッドはどう選べば良い?

マットレスの種類を決めよう

マットレス

睡眠の質はマットレスによってほとんど決まります。

それではどんなマットレスを選べばよいでしょうか?

マットレスの種類

コイルマットレス

スプリングコイルマットレスは大きく以下の3種類にわかります。

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

なお、低価格のマットレスはコイルの数が少なかったりバネの質が低い傾向があり、耐久性も寝心地も良くはありません。1万円以下で買える激安のコイルマットレスは避けたほうが良いでしょう。

以下で「ボンネルコイル」「ポケットコイル」「高密度連続スプリング」の特徴を解説します。

ボンネルコイル

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルはバネが連結していて、構造的には耐久性が高めです。コイルの量が少なく簡単に作れるため安価な商品に多いです。

デメリットはコイルが連結しているため振動に弱く揺れやすいこと。要するにバインバインとした感触です。劣化するとコイル同士が擦れ、ギシギシ鳴ることも。

ボンネルコイルの特徴

耐久性が高め
比較的安価
振動が伝わりやすい
軋みやすい

ポケットコイル

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルはバネが独立している構造をしています。独立しているため振動が伝わりづらく、二人で寝るのにおすすめなマットレスです。

体の曲線に応じてコイルの深さが変化するので、体にフィットし体圧分散性も高いです。価格帯はボンネルコイルより高めです。

ポケットコイルの特徴

振動が伝わりづらい
体圧分散に優れている
部分的な耐久性に弱い
やや高価

高密度連続スプリング

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

高密度連続スプリングは1本の硬鋼線を列の端から端までひと繋ぎで作る製法です。耐久性が非常に高いことが特徴で体格ががっしりとした人に圧倒的な人気があります。

なお、高密度連続スプリングは日本ではフランスベッドが製造ライセンスを独占しています。

高密度連続スプリングの特徴

耐久性が最も優れている
フィット感が高い
商品によってはとても硬い
高価

マットレスの種類については「マットレス徹底解説-種類の違い」で詳しく解説しているので気になった方はご参考ください。

マットレスの硬さを選ぶポイントは?

硬さは快眠にとって大切なポイントです。

マットレスは雲のようなやわらかい寝心地から畳のような硬い寝心地まで幅広く選べます。

それでは硬さはどのように選べば失敗は少ないでしょうか?

結論を言うと硬いマットレスは寝姿勢が仰向き寝の人、性別でいうと男性が合いやすいです。

一方、柔らかいマットレスは横向き寝の人、性別で言えば女性が合いやすいです。

迷ったら「少し硬め」のマットレスがおすすめです。

日本人は仰向き寝が多く、硬めの寝心地を好む傾向があります。また硬い分にはあとから柔らかく調整することもできます。

硬いマットレスが合いやすい人

寝姿勢が仰向き寝
体が平坦な男性
平均的な日本人体型の人

柔らかいマットレスが合いやすい人

寝姿勢が横向き寝
体のラインがハッキリしている女性
ボリューム感がある欧米人体型の人

硬さの選び方については「マットレス徹底解説-良いマットレスの選び方」で詳しくご紹介しているので気になった人はご参考ください。

フレームとマットレスのセットがお得

お得

既にベッドフレームを持っている人はマットレス単品を購入すれば良いですが、フレームとマットレスのセット価格はコストパフォーマンスが抜群です。

最近はインテリア性が高いベッドフレームも多く販売されていますし、フレームは消耗品だったりするので、マットレスといっしょに買い替えることをおすすめです。

身長が低い人は「ショート丈」もおすすめ

身長が低い人

身長が低めの人は「ショート丈サイズ」という選択肢もあります。ショート丈は、通常のベッドの長さより約15~20cmくらい短いので、約180cmほどの長さのベッドです。

最適なベッドの長さというのは「身長×1.05+15cm」といわれているので身長160cm以下の人であればショート丈の長さ180cmで快適に眠ることができます。部屋が狭く小柄な人にはおすすめです。

ショート丈ベッド特集を見てみる

【3万円台以下で買える】おしゃれでおすすめのシングルベッド 11選

管理人管理人

一人暮らしや狭い部屋に置くのにおすすめのベッドフレームをご紹介します。形によって特徴があるので、理解するとベッド選びは失敗しづらいです。

1、超格安!7千円台で買えるすのこベッド

税込7千円台の超格安ベッド

すごいコストパフォーマンス

抜群の格安さを誇るすのこベッド。脚の取り外しができので、耐久性に不安があるようでしたら脚を取ってロータイプのベッドとして使うこともできます。フレーム単品で税込7,777円

 このベッドを見てみる


2、薄型ヘッドボード・省スペースフロアベッド「LLN」

シンプルデザインローベッド

究極のシンプルデザインで1万円台から

無駄なものをそぎ落とした究極のシンプルデザイン。カラーもウォールナット柄がおしゃれです。ヘッドボードにコンセントなどが付いていないので、機能性はほとんどありません。パーツがかなり少ないので組立も簡単。マットレス付きで税込19,764円~。

 このベッドを見てみる


3、西海岸風パレットベッド

西海岸風パレットベッド

DIY好きにもおすすめ

倉庫等でよく積載のために使われている「パレット」をベッドにした商品です。実はパレットをベッドにする発想はDIY好きの間では割とポピュラーでしたが、ベッドとして売っているのは珍しいです。フレームのみで税込11,800~。

 このベッドを見てみる


4、シンプルデザインフロアベッド「WCR」

ローベッド

ウォールナット柄がすごくおしゃれ

ウォールナット柄の木目と、直線的なデザインがとてもスマートでかっこいいベッドです。ヘッドボードにも棚とコンセントがついていて、スマホの充電や、ちょっとした小物を置くことができるので使い勝手が良いです。木目が豊かに表現されています。ただし天然木ではありません。強化樹脂で仕上げた特別な木目シートでこのベッドは作られています。強化樹脂仕上げの特長は耐久性に優れ、傷がつきにくいというメリットがあります。価格はマットレス付きで税込22,140円

 このベッドを見てみる


5、北欧風すのこベッド「テイラー」

北欧風すのこベッド「テイラー」

安心の静止耐荷重350kg

天然の北欧パイン材で作られたシンプルなすのこベッド。荷重にも強く、安定感があります。薄型のヘッドボードの上にはスマホや眼鏡などの小物も置けて便利です。価格はフレームのみで税込14,800

このベッドを見てみる


6、宮棚ヘッドボード&コンセント付き収納ベッド「EVR」

宮棚ヘッドボード&コンセント付き収納ベッド【EVR】

定番人気デザインの収納ベッド

あシンプルなヘッドボードには棚とコンセントが付き、サイド面には2杯の引き出しが付いている使い勝手が良い収納ベッド。このくらいの高さは立ち座りがしやすいです。価格はフレームのみで税込28,512円

このベッドを見てみる


7、タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

圧迫感なく低価格、一人暮らしにおすすめ

ヘッドボードをなくすことによって狭い部屋でもすっきりと置くことができるすのこベッド。1万円前半で買える格安価格です。高さが3段階調節できるので、手持ちの収納ケースの高さに合わせやすいです。タモ材という天然木素材を使っていて高級感があります。価格はフレームのみで税込12,960円 

 このベッドを見てみる


8、布団が干せるシングルベッドフレーム(ニトリ)

布団が干せるシングルベッドフレーム

布団派の人におすすめ

すのこ部分が折れて布団が干せるようになるすのこベッド。布団を物干しに干さずとも換気ができるので手軽に清潔な環境がキープできます。ヘッドボードには棚とコンセントが付いていて機能的。価格はフレームのみで税込20,469円

 このベッドを見てみる


9、機能性が高いパイプベッド

機能性が高いパイプベッド

1万円台のベッドの中では抜群の機能性

ヘッドボードには棚と2口コンセントが付き、高さが2段階調節できるパイプベッド。メッシュ構造で通気性が良く、脚は太めに設計されていて耐久性もあります。見た目はシンプルなのでどんな部屋にも合わせやすいです。価格はフレームのみで税込17,990円

このベッドを見てみる


10、宮付きすのこベッド「cuenca」

コスパ抜群の優秀ヘッドボード付きベッド

ヘッドボード付きベッドの中で抜群のコストパフォーマンスを誇るベッド。ヘッドボードにはスマホスタンドと便利な2口コンセント(USB付)が搭載。低価格で使い勝手が良いベッドが欲しいという人に間違いなくおすすめの逸品です。価格はフレームのみ税込12,990円

このベッドを見てみる


11、脚付きポケットコイルマットレスベッド(一体型)

ポケットコイルなのに格安

体圧分散に優れたポケットコイルを使った脚付きマットレスベッド。価格が安く、シングルサイズで450個のポケットコイルが敷き詰められています。ポケットコイルでここまで安くできるのはすごいと思います。価格は税込11,490円

 このベッドを見てみる

 

【3万円台以下で買える】シングルサイズのおすすめマットレス

ベッドフレーム単品でしか選べない場合、別にマットレスを購入する必要があります。

しかし、あまりに激安なマットレスを選んでしまうと寝心地として悪くなり、快適な睡眠ができなくなります。

ここでは3万円台以下で買えて性能が良くコストパフォーマンスが優れた単品マットレスをご紹介します。

1、モダンデコ「DORMIRA」(ポケットコイル超高密度タイプ)

コイル数1,300個の超高密度で、2万円台

1,300個の超高密度コイルで、しかも荷重のかかる所に太いコイルを配置するゾーニング。仕様だけでみると10万円は超えそうなマットレスですが、価格は税込24,990円

 このマットレスを見てみる


2、フランスベッド「J-rest」(超高密度連続スプリング)

フランスベッド

ひとり暮らしの男性におすすめ

フランスベッドの低価格ライン。低価格ですが日本製です。高密度連続スプリングを使用し耐久性が高い。振動にも強く、低価格でもしっかり使えます。メーカー保証が2年もついていて品質への自信を感じられます。硬めの寝心地が好きな人におすすめのマットレス。男性のはじめての一人暮らしにぴったりです。価格は税込34,990円

このマットレスを見てみる


3、エアリゾーム「HOLLOW」(ポケットコイル・ピロートップ)

とくに女性におすすめ

ピロートップとはマットレスの上にクッションがついている仕様のことです。マットレスの体圧分散性を向上させます。高級なホテルにもピロートップタイプのマットレスはよく採用されています。柔らかいのでどちらというと女性におすすめです。価格は税込19,980円~。ピロートップとしては格安です。

このマットレスを見てみる

 

【厳選】おすすめのベッド通販サイト

管理人管理人

シングルベッドが買えるおすすめのベッド通販サイトをご紹介します。

ベッドを買うならネットショップがおすすめ。

ベッドは大きな家具のため実店舗では品ぞろえが少なく、ネットショップの方が圧倒的に品ぞろえが豊富。しかもネットショップであれば店舗家賃などがかからないため、商品価格がその分安くなります。

コストパフォーマンス良くベッドを買いたい人はぜひ参考ください。

1、neruco(ネルコ)


neruco
参照:neruco

マットレスの取り扱いが豊富

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる


2、CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

マットレスとフレームのセットがお得

「CCmart7」はインターネット限定のインテリア総合ショップです。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめです。1万円台からベッドが買える激安ベッド特集は必見です。

CCmart7 を見てみる


3、ベルメゾン


bellemaison
参照:BELLE MAISON

大手で安心、一人暮らしに特におすすめ

icon「ベルメゾン(BELLE MAISON)」は大手総合通販会社の千趣会が運営する通販サイトです。大手ならではのサポートの厚さと安心感があります。特にすのこベッドの種類が豊富なので一人暮らしの人は必見です。プライベートブランドの「BELLE MAISON DAYS」は低価格なのにデザイン性も優れています。フレームを安く買いたい人にもおすすめなショップです。

ベルメゾンを見てみる