ベッドがおすすめ

ダブルサイズの特徴をご紹介

ベッド(マットレス)を買うにあたって「ダブルサイズ」を検討しているあなたにダブルサイズのメリット・デメリットと、おすすめの買い方についてご紹介いたします。

筆者はベッドメーカーに約7年勤めていましたので、その経験をもとにお話しさせていただきます。ご参考になれば幸いです。

この記事はこんな人におすすめ 漠然とダブルサイズで探している

ダブルサイズの特徴を知りたい

おすすめのベッドを知りたい

出来るだけ安くベッドを買いたい

ダブルサイズとは?

ダブルサイズのサイズ感

ダブルサイズは横幅がおよそ140cmの大きさです。ちなみに他のサイズは下記のとおりです。

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル90~100cm1人大人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

※ベッドによって多少差があり

ダブルサイズのメリット

メリット

二人で眠れる

二人で眠る画像

ダブルサイズは横幅140cmの大きさで、二人で眠るのに人気なサイズです。

平均的な体格の人であれば、ダブルサイズは二人で使うのにぴったりですが、体格が大きいカップルには窮屈に感じるでしょう。

「ダブル」の由来

快適に眠れる最低幅が横幅70cmと言われていて、70cm×2=140cmの大きさを「ダブルサイズ」と呼ぶようになりました。

一人でゆったり眠れる

ベッド画像

体格が大きい男性などにとって、ダブルサイズは一人でゆったり眠るのにちょうど良いサイズです。

標準的な体格の人はひとつ小さいセミダブルサイズ(横幅120cm)もあれば快適に眠れます。

ベッドフレームや付属品の選択肢が多い

種類が豊富

世の中のマットレスのサイズはシングルサイズからダブルサイズまでが基本です。

そのためベッドフレームや、マットレスの付属品であるシーツやカバーなどの選択肢がダブルサイズまで多いことがメリット。

一方、クイーンサイズ以上になってくると付属品の品ぞろえが極端に少なくなります。

ダブルサイズのデメリット

デメリット

体格の大きいカップルには窮屈

大きい体格のカップルにとって、ダブルサイズは窮屈に感じることもあります。その場合はクイーンサイズ以上がおすすめです。

【厳選】二人で眠るのにおすすめのダブルベッド 5選

二人で眠るのにおすすめのダブルサイズのベッドをご紹介します。

二人で使うとなると重さや振動に耐えやすいタイプを選んだ方がよいです。

下記では重さや振動に強いベッドタイプからおすすめのフレームをご紹介します。

1. シンプルデザインフロアベッド「W.coRe」

美しい木目柄のローベッド「W.coRe」

低価格でかっこいい

ウォールナット柄のとてもスマートなデザインが印象的なローベッド。ローベッドは高さが低いため、空間に解放感が得られます。床にすのこを置いてマットレスを乗せるため安定感があります。低価格で買えることもメリットです。

このベッドを見てみる

2. ウォールナット柄デザインローベッド「マスターピース」

ウォールナット柄デザインローベッド「マスターピース」

ダブル・クイーン・キングのマットレスが置ける

落ち着いたデザインのモダンなローベッド。頑丈なすのこ部分にマットレスを乗せるため安定感があります。

フレームはクイーン・キングサイズですが、ダブルのマットレスを乗せてフレームの余白をサイドテーブルとして使うのがおしゃれです。また、今後クイーンサイズ以上のマットレスを買った場合でも、流用して使えるので経済的です。

購入の際はダブルサイズのマットレスを希望の場合、フレームはクイーンサイズで「ナローストレージレイアウト」を選んでください。

このベッドを見てみる

3. ローベッド「TOOK」

ローベッド トゥック

海外リゾート風

落ち着きがあり、海外リゾート風のおしゃれなローベッド。落ち着いた木目で大人の余裕を感じさせます。オプションで選べるマットレスの幅が広く、超高密度でゾーニング仕様の高品質なマットレスも選べます。寝心地にこだわりたい人におすすめのベッド。

このベッドを見てみる

4. スーパーソフトレザー・ラグジュアリーデザイン流線型ベッド「Fortuna」

ラグジュアリーデザインすのこベッド「Fortuna」

ヘッドボードで優雅にくつろげる

流線型のデザインがモダンな部屋にぴったりのラグジュアリーなベッドです。フェイクレザー使用のため、ヘッドボード部分のクッション性も高く、メンテナンスもしやすいです。眠っている時以外もベッドの上でくつろぎたい人におすすめの至極の逸品です。

このベッドを見てみる

5. 北欧ヴィンテージ風すのこベッド「Haagen」

おしゃれなすのこベッド

北欧ヴィンテージ風のどこか懐かしくもおしゃれなデザインです。ヘッドボードには棚とコンセントも付いていて使い勝手が良く、部屋に置いても馴染みやすいのでインテリア初心者にもおすすめです。

このベッドを見てみる

マットレスはどう選べば良い?

セットで選べるマットレスが安心

マットレスは単体で買っても良いですが、マットレスをセットで買えるベッドも多いです。

セットで選べるマットレスはそのベッドフレームで適切に使用できるかどうかは確認済みですので、安心して買えます。

スプリングタイプかノンスプリングタイプか

マットレスの種類は大きく分けてスプリングタイプかノンスプリングタイプにわかれます。

スプリングタイプとは

スプリングタイプ

クッション材に鋼硬線(バネ)を用いたマットレスのこと。スプリングタイプは荷重分散性に優れています。

代表的な種類は「ボンネルコイル」「ポケットコイル」「高密度連続スプリング」があります。

ノンスプリングタイプとは

ウレタンマットレス

クッション材にウレタンウォーム(石油を発泡させた素材)やポリエチレン等を用いたマットレスのこと。

スプリングタイプに比べて軽量で安価な商品が多いです。

ポケットコイルがおすすめ!

ポケットコイル

二人で寝ることを想定した場合、ポケットコイルが最もおすすめです。

ポケットコイルはコイルが独立しているため、振動が伝わりづらく、二人で寝ている時にお互いの揺れを感じにくいです。

寝る時間が違った時や、夜トイレに起きた時など、ぐっすり眠っているパートナーを起こしたくないですよね。

硬さは「少し硬め」がおすすめ

マットレスを選ぶ上で注意したいのは「硬さ」です。

自分の好きな硬さがわかっていればその硬さで良いですが、自分が本当に快適に眠れる硬さを知っている人は稀です。

そして、店舗で寝ころんでみたところで、実際の睡眠環境や時間が異なるため、あくまで参考程度と捉えた方が良いでしょう。

硬さに迷ったときには少し硬めを選ぶことがおすすめです。

何故なら、もし硬すぎた場合にあとからベッドパッドなどで柔らかく調整できるからです。

逆に初めから柔らかすぎるマットレスだとそれ以上硬くできません。

また、日本人には硬めの寝心地の方が好まれる傾向があります。

【厳選】おすすめのベッド通販サイト

管理人管理人

ベッドの取り扱いが豊富あって、魅力的な商品が売っているショップをご紹介します。

1. neruco (ネルコ)


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる

2. Kagu Shoei


ショウエイ参照:Kagu Shoei

おしゃれなベッドを探しているならココ

「Kagu Shoei(ショウエイ)」はインターネット限定のインテリア総合ショップ。デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。

ベッドだけでも種類がかなり幅広く扱っています。ここまで品揃えがあるショップは珍しいと思います。マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめのショップです。

Kagu Shoeiを見てみる

おすすめ通販サイトランキングを見る

いかがでしたでしょうか?

ダブルサイズのメリット・デメリットなどの特徴とおすすめ商品をご紹介させていただきました。

「コストパフォーマンスに優れたダブルベッドが買いたい」

という方は『5万円台以下!おすすめの格安ダブルベッド特集』をご参考いただければと思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。