ベッドイメージ

クイーンベッドとキングベッドの特徴を徹底解説

この記事では大きいサイズであるクイーンサイズのベッドとキングサイズのベッドについてご紹介します。

「クイーンとキングの違いって?」

「どんなことに注意して選んだらよい?」

「おすすめのベッドは?」

こういった疑問に、ベッドメーカーに勤めていた筆者がお答えします。ご参考いただけると幸いです。

クイーンサイズ、キングサイズとは?

クイーンとキングのサイズ比較

クイーンよりキングサイズの方が大きいです。

マットレスによって多少差異はありますが、多くは下記の通りの大きさとなります。

  • クイーン:横幅160cm×縦幅195cm
  • キング :横幅180cm×縦幅195cm

シングルサイズが横幅約90cmなので、キングサイズはシングルサイズの2倍もの大きさがあります。

どんな人におすすめ?

クイーンサイズとキングサイズ、それぞれにおすすめのシチュエーションをご紹介します。

クイーンサイズがおすすめな人

二人で寝る

クイーンサイズは、夫婦やカップルでゆったり眠るのに最適です。

ひとつ小さいダブルサイズ(横幅140cm)でも、二人で眠ることはできますが、よりゆったり眠りたい人や体格が大きい人なら、断然クイーンサイズがおすすめです。

キングサイズがおすすめな人

家族

キングサイズは、贅沢にゆったり眠りたい人、または家族いっしょに寝たい人におすすめです。

体格が大きいカップルでもクイーンサイズくらいの大きさで足りますが、寝返りも気にせず、ゆったり贅沢に眠りたい人たちにおすすめなのがキングサイズです。

また、家族3人で川の字に寝るという使い方もできます

子どもを産む前提でベッドを探している人にも選択肢の一つとして候補に入れてもよいでしょう。

クイーン・キングサイズのメリットは?

(+)ゆったり眠れる

当然ですが面積が大きいため、ゆったり眠ることができます。

寝返りを気にせず打てるので、パートナーを起こすこともなく、優雅に快適な眠りができることが大きいサイズのメリットです。

睡眠は人生の1/3とも言いますし、出来るだけ広いベッドの方がストレスがなく改定に眠れます。

二人で寝るとしたらできればクイーンサイズ以上を選ぶことをおすすめします。

(+)家族でも寝られる

家族いっしょに寝たい人はキングサイズ以上がおすすめです。

子どもが小さいうちには3人で川の字で眠れるくらいの広さはあります。

キングサイズ以上の大きいサイズを探している人は、「連結ベッド」がおすすめ。連結ベッドは分割することもできるので、将来、分割して子ども部屋に置くこともできます。

デメリットは?

(-)存在感がすごい

狭い部屋にクイーンやキングサイズのベッドを置くと部屋がベッドで占拠されます。

部屋いっぱいにギュウギュウに置いてしまっては大きいサイズのメリットである解放感が台無しに。

眠れればなんでも良いという人は別ですが、クイーンサイズやキングサイズのベッドは最低6畳以上ある寝室に置くことをおすすめします。

その他注意点

(±)マットレスが分割されていることもある

広大なサイズのため、マットレスが2分割されているベッドもあります。

分割されているデメリットとしては、中央の分割されているベッドの真ん中の寝心地が悪くなります。

二人で眠るなら中央部分に体を預けることは少ないかと思いますが、家族3で川の字で寝る場合などは注意が必要です。

ちなみに分割されいたとしても下記のようなベッドパッドを敷けば寝心地は改善できます。

分割タイプのメリット

分割タイプのメリットのひとつは将来的にマットレスを2つに分けて使用できることです。

クイーンサイズはセミシングル(横幅80cm)×2枚、キングサイズはシングルサイズ(横幅90cm)×2枚の仕様となります。

分割タイプならキングサイズの方がシングルサイズに分けることができるので、将来使い勝手が良さそうです。

また、マットレスが分かれている分、振動が伝わりづらいことも大きなメリットです。

ベッドフレームを選ぶポイント

クイーンサイズやキングサイズの大きいサイズのベッドは他のサイズに比べて種類が豊富とは言えません。

そして、サイズが非常に大きいため、部屋に置くとかなり圧迫感を感じやすいので、ベッドフレーム選びは重要です。

1、圧迫感を少なくしたいなら「ローベッド」

ローベッド

空間に解放感が生まれる

ローベッドとは高さが低いベッドのことです。ローベッドのメリットは何と言っても解放感。

大きいローベッドを置くと部屋の重心が全体的に低くなり、天井が高く感じやすいです。

2、荷物が多い人は「跳ね上げベッド」

跳ね上げベッド

部屋が狭くても置ける

跳ね上げベッドは床板を跳ね上げることで収納するタイプのベッドです。引き出しを引くスペースが必要なく、狭い部屋でも置ける大容量ベッドとしておすすめです。

ただし、キングサイズやクリーンサイズはほとんどなく、ベッドを2つ繋げて一つの大きなベッドとして使っている人が多いです。

跳ね上げベッドは夫婦の寝室でも人気があります。

3、子どもと一緒に寝るなら「すのこベッド」

すのこベッド

家族で、川の字で寝たい人におすすめ

フレーム部分がなく、すのこの上にマットレスを置くだけのベッドです。特に小さい子どもと寝る場合は、高さがあるベッドだと落下して怪我をしてしまうリスクがあるので、子どもと一緒に寝る場合は、床に近いベッドの方が安全です。

床に直接マットレスを置くの変わらないと思うかもしれませんが、床から多少でもマットレスを離すことによって通気性が高まり、衛生的です。

マットレスを選ぶポイント

マットレス

マットレスで使っているコイルの種類は、ぜひ覚えておいた方が良いポイントです。

代表的な「ポケットコイル」「ボンネルコイル」の特徴をまとめます。

ポケットコイルとボンネルコイルの違いとは?

ポケットコイルとボンネルコイルの違いをまとめると以下の通りです。

ポケットコイル

ポケットコイル
ポケットコイル

ポケットコイルは不織布等のポケットにコイルがひとつひとつ入っている構造です。点で体を支えるため、ふんわり包み込まれるような寝心地です。

荷重がかかる所に応じてマットレスの形状が変化がするため体圧分散性が高く、体に負荷がかかりづらいです。

振動が伝わりづらいため、二人以上でいっしょに眠る人におすすめです。

ボンネルコイル

ボンネルコイル
ボンネルコイル

ボンネルコイルは別名「連結コイル」と呼ばれていて、コイル通しが連結した構造です。面で体を支えるため、布団に似た寝心地です。

耐久性が高めですが劣化によりギシギシという音がしやすいです。バイーンバイーンとしたバネ感を感じます。

連結しているため振動が伝わりやすく、二人以上で眠るのには不向きです。

価格が安く、手軽に買えることがメリットです。

ポケットコイルがおすすめ

ポケットコイル
ポケットコイル

なぜ、ポケットコイルがおすすめか

ポケットコイルはコイルひとつひとつが独立している作りのため、体圧分散性が高く、振動が伝わりづらい構造となっています。

二人以上、複数人で寝ることを想定しているクイーンサイズ、キングサイズのベッドは、振動が伝わりやすいと自分が起き上がる振動で、隣で眠るパートナーや子どもを起こしてしまう恐れがあります。

特選:おすすめのベッドフレーム

おすすめベッド 5万円台で買えるステージベッド

5万円台で買えるステージベッド

マットレス付きで5万円台

天然木を使用したフレーム。ヘッドボードはちょっとした小物を置けたり、コンセントが付いているのでスマホなどを充電できる機能性もあります。キングサイズはシングルサイズ×2台を連結する形になりますが、フラットタイプのステージベッドなので隙間なくレイアウトできます。セットのマットレスは高密度タイプのポケットコイル。この組み合わせで5万円台は破格と言っていいほどコストパフォーマンスが良いです。

このベッドを見てみる

 

管理人管理人

他のクイーンサイズとキングサイズのおすすめベッドは下記の記事でご紹介しているので、ぜひご参考ください。

おすすめベッド通販サイト

管理人管理人

大きなサイズのベッドが豊富に取り扱っているコストパフォーマンスに優れたベッド通販サイトをご紹介します。

おすすめベッド neruco(ネルコ)


neruco
参照:neruco

マットレスの取り扱いが豊富

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。種類も豊富でWebサイトも見やすいです。クイーンサイズとキングサイズの取り扱いがNo1!(当サイト調べ)。マットレスのブランドが幅広いのが特徴。サータやフランスベッド、ASLEEPなどこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

ネルコを見てみる