コイル・ノンコイル

マットレスで使われているクッション材の違いを徹底解説

マットレスを探していると「ポケットコイルマットレス」や「ウレタンマットレス」といった名称を耳にすることが多いですよね。

ポケットコイルやウレタンとはマットレスのクッション素材のことです。

この記事ではマットレスのクッション層で使われるスプリングやフォーム素材の違いから、それぞれのマットレスの特徴をご説明します。

クッション層
スプリングマットレスのクッション層

クッション材は寝心地を決める重要な部分で、メーカー毎に特徴が色濃く出るところです。覚えておくとマットレス選びに役立つと思います。

この記事を書いた人

管理人当サイトの管理人。ベッドメーカーに7年ほど勤めた後、ベッド専門情報サイト(当サイト)を運営。国内・海外メーカーへの取材を重ね、レビューしたベッド&マットレスは100商品を超える。

> プロフィールはこちら

マットレスの種類について

マットレス

マットレス種類はクッション材の違いで、「スプリングタイプ」か「ノンスプリングタイプ」にわかれます。

※「コイル」「ノンコイル」とも言われます。

スプリングマットレス(コイルマットレス)とは?

スプリングタイプ

クッション材にバネ(硬鋼線等)を用いたマットレスのこと。

スプリングタイプは荷重分散性に優れていることが特徴。荷重分散とはマットレスにかかる体の重さを分散させることです。つまり、荷重分散性が高い=耐久性が高いと言えます。

スプリングマットレスの代表的な種類は

  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • 高密度連続スプリング

です。

以下より、3つのスプリングタイプをご説明します。

ボンネルコイル

ボンネルコイル
ボンネルコイル

バネ感があり安価商品に多い

コイル(バネ)が連結している構造。体を面で支えるため、布団のような寝心地が特徴です。最もバネ感が強いタイプで、「バイーンバイーン」と跳ねるような動きがあります。

比較的耐久性が高いのに、低価格で作れることがメリットです。日本では特に低価格なマットレスに採用されている傾向があります。

しかし、振動が伝わりやすく二人で寝るのには向いていません。

また、激安価格のボンネルコイルマットレスは劣化しギシギシと音が鳴ることもあり、寝心地はあまりよくありません。

ボンネルコイルの代表メーカーシーリー

ポケットコイル

ポケットコイル
ポケットコイル

静かな寝心地で日本人好み

コイルがひとつひとつ独立している構造。体を点で支えるため、包まれるようなフィット感があり、体圧分散性が高いです。

静かな寝心地で日本人好みの寝心地と言われます。振動が伝わりづらく二人で寝るのにおすすめです。

部分的な耐久性は低い傾向があり、特に激安のポケットコイルマットレス(コイル数が少ないタイプ)は早々にヘタる可能性が高いです。

ポケットコイルの代表メーカーシモンズサータ日本ベッド

高密度連続スプリング

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

圧倒的な耐久性

1本の硬鋼線を列の端から端までひと繋ぎで作る構造。すべてのマットレスの中で最も耐久性が高いタイプです。見た目はボンネルコイルと似ていますが、全く異なる作りです。

日本ではフランスベッドだけが販売できる権利があるため、高密度連続スプリングはフランスベッド商品に限られます。よって、基本的に低価格商品はありません。

寝心地としては硬めな傾向で、特に体格ががっしりとした男性に圧倒的な支持を得ています。※やわからめの寝心地の高密度連続スプリングマットレスもあります

高密度連続スプリングの代表メーカーフランスベッド

管理人管理人

\ここも注意/
数千円で買える激安スプリングマットレスは寝ている時にバネを強く感じることがあります。これを「バネ当たり」と言います。バネ当たりがあるマットレスは寝心地としては良くありません。

ノンスプリング(ノンコイル)マットレスとは?

ノンコイルマットレス

クッション材にウレタンウォームファイバー(樹脂)素材を用いたスプリングコイルを使わないマットレスのこと。

ウレタンフォーム

ウレタンマットレス
ウレタンマットレス

ウレタンフォームは石油を発砲させて作られた素材です。安価で軽量なため、手軽にマットレスを買いたい人におすすめです。※低反発タイプは重量が重めです

メーカーやモデルによってウレタンの品質は大きく異なります。安すぎる商品は、著しく耐久性が低い傾向があるので注意です。

ウレタンマットレスの密度は「D」(Density=密度)という単位で表されます。20~40Dの商品が多いのですが、それぞれの耐久性(寿命)の目安は以下の通りです。

密度耐久性(寿命)
20D~1年
25D3~5年
30D5~8年
40D8年以上

ファイバー(ポリエチレン/ポリエステル)

ファイバー
ファイバー

ポリエチレンやポリエステルを網目状に固めた素材です。様々な方向に反発力が働くため、寝返りがしやすいことが特徴。

空洞が多い素材なので通気性が圧倒的に良く、蒸れにくいことが特長。商品によっては洗えるというメリットもあります。

ポリエチレンでできたファイバーは熱に弱いので、電気毛布などの使用や、天日干しはおすすめできません。耐久性も低めです。

低反発と高反発の違い

主にノンスプリングマットレスに多いですが、反発性(押して跳ね返る力)の違いによって、「低反発タイプ」「高反発タイプ」があります。

管理人管理人

なお、低反発でも高反発でもない「中間的な」反発性を持つマットレスもあります。

また、スプリングコイルマットレスにも「低反発」「高反発」はあります。 

低反発マットレス

低反発マットレス
低反発マットレス(ウレタン素材)

押すとゆっくりと元に戻るタイプ。低反発の正式名称は「メモリーフォーム(衝撃吸収素材)」と言います。

荷重された形状(体のライン)にぴったり沿うため、体圧分散性が最も高いです。

寝心地としては比較的やわらかく感じやすく、体へのフィット感が高いため、入眠時に最も気持ちよく感じられるマットレスのタイプです。

しかし、フィット感が強いがあまり、寝て続けているうちに蒸れやすく寝返りが打ちづらいことがデメリット。

左:低反発フォーム、右:中反発フォーム

しっかり沈み込むので、ボリューミーな体型の人や、横向き寝の人におすすめです。

低反発マットレスの代表シリーズテンピュールトゥルースリーパー

高反発マットレス

高反発マットレス
高反発マットレス(ファイバー素材)

押すと勢いよく元に戻るタイプ。高い反発力で寝返りがしやすいことが特長です。

低反発マットレスのデメリットを改善するかたちで登場した比較的新しいタイプのクッション素材で、スケート選手の浅田真央さんのCMで話題になったエアウィーヴもこの位置づけです。

比較的硬めの寝心地で、体の動きによって反発性が働くため、良くも悪くも動きやすいです。

モットンの高反発フォーム(170N)

一般的な日本人体型の人や、仰向き寝が中心の人に合いやすいです。

しかし近年、様々なメーカーが参入し、安価な商品が大量に出てきましたが、激安すぎる(低品質な)商品は底付きを感じ満足いく寝心地でないものも多くあるので選び方に注意が必要です。

低反発マットレスの代表シリーズマニフレックスエアウィーヴモットン など

スプリングとノンスプリング、どっちがおすすめ?

ホテルイメージ

失敗したくない人は、スプリングタイプが無難です。

予算が許すなら大手マットレスメーカーのポケットコイルや高密度連続スプリングのマットレスを選ぶと失敗は少ないと思います。

その理由の一つは、ホテルへの納入実績です。

高級ホテルの多くは有名マットレスメーカーを採用

ホテルや旅館などの宿泊施設にとって、寝心地は顧客満足度につながる重要なポイントなので、マットレス選びにとても神経を使います。高級ホテルならなおさらです。

そして、ホテルへの納入実績はやはり有名ベッドメーカー(シモンズやサータ、日本ベッド、フランスベッドなど)が多いですが、それらのマットレスで使われているクッション材の種類はほとんどがスプリングタイプです。

逆にノンコイルタイプのマットレスを導入している高級ホテルはあまり耳にしません。

ウレタンフォームやポリエチレン等で出来たファイバー素材は、比較的劣化が早い(ヘタりやすい)傾向があるので、安定的に良い寝心地をキープしたい高級ホテルにとってはやや物足りないのではないでしょうか。

管理人管理人

ホテルへの納入実績は、耐久性や寝心地の面ではスプリングタイプの方が優れているという客観的な事例だと思います。

迷ったら「ポケットコイル」か「高密度連続スプリング」がおすすめ

ポケットコイルと高密度連続スプリング

スプリングタイプの中でも「ポケットコイル」と「高密度連続スプリング」が特におすすめです。

有名マットレスブランドのサータは、日本人にはポケットコイルが圧倒的な人気(寝心地が好まれる傾向)があったため、今では日本市場向けの商品はほとんどポケットコイルにしています。

高密度連続スプリングは、最も耐久性が高いタイプなので、頑丈なマットレスが欲しい人には特におすすめです。「硬い」という評価を聞くことがありますが、最終的な寝心地は詰め物などで調整するため、高密度連続スプリング=硬いというわけではなく、やわらかい寝心地のモデルもあります。(もちろん硬いモデルもあります)

ポケットコイルがおすすめの人は?

女性

ポケットコイルマットレスは標準体型で、特に女性におすすめです。

女性は男性に比べて体のラインがはっきりしている傾向があり、ポケットコイルによって正しい寝姿勢をキープしやすいからです。

ポケットコイルはコイルが独立しているため、振動が伝わりづらく、二人で寝るのにも適しています。

高密度連続スプリングがおすすめの人は?

体格ががっしりした男性

高密度連続スプリングマットレスはがっしりとした体格の男性に人気があります。スプリングのタイプの中では最も耐久性に優れていてヘタりにくいです。

マットレスの支持面(体に当たる面)が自由に作れ、いろいろな方向に動くので荷重分散性に優れています。

【厳選】クッション材別のおすすめマットレス 7選

各クッション材別の代表的なマットレスをご紹介します。

スプリングマットレス 3選

おすすめの高密度連続スプリングマットレス

フランスベッド「ライフトリートメント LT750CN AS」

LT_750CN_AS

フランスベッドの基幹的ブランド。選びやすいラインナップでフランスベッドでマットレスを探している場合、まず見てほしいのがこのシリーズ。このモデルはライフトリートメントシリーズの中で最も売れ筋で、防ダニや抗菌防臭、端が落ち込みづらいプロウォール仕様など、フランスベッドの良いところを詰め込んだ仕様が魅力です。

おすすめのポケットコイルマットレス

日本ベッド「シルキーポケット レギュラー」

シルキーポケット レギュラー

日本ベッドの基幹マットレスシリーズ。とろけるような寝心地で「バネに直接眠れるマットレス」というコンセプトで生まれました。日本のもの作りの精神が具現化されたマットレスで、有名ホテルへの納入実績も豊富。睡眠の質にこだわりたい人には間違いなくおすすめの逸品です。ポケットコイルが高密度に敷き詰められていて、やや硬めの寝心地。レギュラータイプがおすすめです。

このマットレスを見る

おすすめのボンネルコイルマットレス

レスポンス エッセンシャルPT(ピロートップ)

エッセンシャルPT

シーリーのスタンダードシリーズ。体圧に合わせて反発力が変化するポスチャーテックコイルと厚みがある詰め物(ピロートップ)を採用した程よい硬さと柔らかさを実現したモデルです。

このマットレスを見る

ノンスプリングマットレス 4選

おすすめのウレタンマットレス

コアラマットレス

コアラマットレス

コアラマットレスは2015年にオーストラリアで創業・販売開始し、あっという間に最高評価を得るまでに成長し、2017年10月に日本市場へ参入しました。今ではじわじわと認知度が高まってきています。「ゼロ・ディスターバンス」という振動が伝わりにくい技術を採用。ウレタンマットレスですが耐久性・通気性も高い工夫をしています。120日間の無料お試し期間があるので、ぜひ寝心地を体験してみてほしいです。

このマットレスを見てみる

おすすめのファイバーマットレス

エアウィーブ「ベッドマットレス S01」

エアウィーヴ S01

有名アスリートから厚い支持があるエアウィーヴ。エアウィーヴのベッドマットレスは価格が高めですが、2018年10月に低価格で買えるモデルをラインアップに追加しました。それがこの「S01」です。硬めの寝心地で、軽い力で寝返りを打てることが特徴。エアウィーヴの芯材であるエアファイバーは洗える素材なので、いつでも清潔に保てます。

このマットレスを見てみる

おすすめの高反発マットレス

モットン

モットン

「腰痛対策マットレス」として作られた商品。体重によって硬さが3種類から選べます。厚さが薄いですが底付き感はなく、しっかりとした寝心地です。90日間の返金保証があるので、気軽に試せることがうれしいポイント。

モットン公式はこちら

おすすめの低反発マットレス

テンピュール「オリジナル エリート25」

テンピュール® マットレスオリジナル
テンピュール®の原点とも呼べるスタンダードモデル。NASAが認めた衝撃吸収素材(メモリーフォーム)であるテンピュール®素材の特徴が最も表現されていて、まるで宙に浮いたような寝心地です。

テンピュール®層と高耐久ベースの厚みがあり、体をしっかりサポートしてくれます。テンピュール®の中では価格とのバランスが良く、最もコストパフォーマンスが優れていると思います。寝心地としては柔らかめなので、横向き寝や体のラインがはっきりしている人に特に合うでしょう。

最後に

マットレスの硬さの選び方

マットレスを選ぶ上で注意したいのは硬さです。

自分の好きな硬さがわかっていればその硬さで良いと思いますが、自分が本当に快眠できる硬さを知っている人はかなり稀です。

店舗で試し寝をしたところで、実際の睡眠環境や時間が異なるため寝心地の体験はあくまで参考程度と捉えた方が良いでしょう。

硬さは「ふつう~少し硬め」がおすすめ

硬さに迷ったときにおすすめなのが、「ふつう~少し硬め」を選ぶことです。

何故なら、もし硬すぎた場合にベッドパッドなどでやわらかく調整できるからです。

逆に初めからやわらかすぎるマットレスは、それ以上硬い寝心地には調節できません。

また、日本人は体格的にも欧米人に比べて、やせ型で平たい体型をしているため、硬めの方が好まれる傾向があります。

いかがでしたでしょうか。

マットレスの構造の違い(スプリング・ノンスプリング)についてご紹介させていただきました。

もっとベッドやマットレスの選び方を知りたい

と思った方は当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をご参考いただけると幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。