折りたたみベッド

折りたたみベッドを徹底解説

この記事では折りたたみベッドをご紹介します。

ベッドメーカーにいた筆者が折りたたみベッドの特徴や種類、メリット・デメリット、選び方などを徹底解説しますので、ご参考いただけると幸いです。

この記事はこんな人におすすめ 折りたたみベッドの特徴を知りたい

注意点を知りたい

おすすめのベッドを知りたい

折りたたみベッドとは

折りたたんだ折りたたみベッド

折りたたみベッドとは文字通り「折りたためるベッド」です。

一人暮らしのワンルームや狭い部屋に住んでいる人に人気なベッドです。

折りたたみベッドの寝心地は?

結論から言います。

折りたたみベッドは寝心地の面ではあまりおすすめできません。

しかし、折りたたみベッドは「折りたたんだ時のコンパクトさ」というメリットがあります。

「部屋が狭くてベッドが置きづらい」

「来客用のベッドを探している」

「移動しやすいベッドを探している」

こういった人にこそ、折りたたみベッドはおすすめです。

逆に言えば、部屋に余裕があって快適に眠りたい人は折りたたみベッド以外のベッドフレームがおすすめです。

管理人管理人

ほかのベッドフレームの選び方は「【徹底解説】ベッドフレームおすすめ選び方ガイド」をご参考ください。

それでは、折りたたみベッドのメリットとデメリットをご紹介します。

折りたたみベッドの良いところ

・コンパクトになる

折りたたみベッドの最大のメリットは、まさに「折りたためること」です。
部屋が狭くてベッドが置きづらい人におすすめです。

商品によりますが、折りたたんだ時のベッドの長さが1/6程度になるので省スペースです。

・移動しやすい

多くの折りたたみベッドにはキャスターが付いているので、移動が楽ちんです。
ベッドの下にはホコリがたまりやすいので、移動が楽だと掃除もしやすく部屋が清潔に保てます。

・安い

折りたたみベッドは他のベッドフレームに比べて安いです。
1~3万円くらいで買えるので、お金を多くかけられない人にもおすすめです。

・組立が簡単

簡単なネジどめ程度で完成する商品が多く、組立が苦手な人におすすめです。
なお、木製の収納ベッドなどはパーツが数十~数百にも及ぶこともありますので、折りたたみベッドは比較的組立が簡単なベッドと言えます。

折りたたみベッドの良くないところ

折りたたみベッドはほかのベッドフレームに比べて寝心地が劣る傾向があります。

寝心地が悪い主な要因は以下の3点です。

・軋む(きしむ)

通常のベッドフレームに比べると作りが華奢なことが多く、特にスチール製の折りたたみベッドは寝ているとギシギシと軋む音が鳴ることが多いです。
軋むベッドは寝返り時に音が鳴るため、睡眠を妨害します。

・マットレスの質

折りたたみベッドにはマットレス一体型の商品がありますが、マットレスの質としてはあまり良くありません。
また、折りたたみベッドに合わせる「折りたためるマットレス」も通常のマットレスに比べると質が劣る傾向があります。

・大きさ

快適に眠りたいなら一人でもセミダブル以上のサイズがおすすめですが、折りたたみベッドは基本的に一人で寝ることを想定して作られているので、セミダブルやダブルサイズなどの大きいサイズは少ないです。

実際は折りたたまない人が多数

折りたためることがメリットの折りたたみベッドですが、「面倒くさい」「意外にたいへん」という声が多く、実際には折りたたむことなく使っている傾向があります。

購入する前に「本当に折りたたんで使うか?」という点を検討した方が良いでしょう。

折りたたまないなら他のベッドフレームがおすすめ

折りたたみベッドは軋みやすく、マットレスの質もあまり良くなく、寝心地の面ではどうしても劣ります。
折りたためることにメリットを感じなければ、他の普通のベッドフレームとグレードが高めなマットレスを選ぶと良いです。

睡眠は毎日の生活においてとても大切ですので、質の高いベッドとマットレスで眠ることをおすすめします。

折りたたみベッドの選び方

折りたたみベッドは商品によっていろいろと特徴があります。
種類や機能の違いをご紹介します。

・フレームの種類

キャスター付き

キャスタータイプの折りたたみベッド

脚にキャスターが付いたタイプ。
折りたたみやすく、移動もしやすいです。

ロータイプ

ロータイプの折りたたみベッド

床に直接置くタイプ。

高さが低いので小さいお子様にも安心です。
価格が安い傾向にありますが、やや折りたたみづらく、移動しにくいです。

・床部分の種類

すのこタイプ

すのこタイプの折りたたみベッド

空気が通る隙間があるすのこタイプはカビが発生しにくく衛生的です。
清潔にベッドを保ちたい人におすすめ。

パイプタイプ

パイプタイプの折りたたみベッド

スチール製の床板。軽量のわりに耐久性が高いです。
ただし部分的な負荷に弱いため、敷布団は使えません。

マットレス一体型タイプ

マットレス一体型タイプの折りたたみベッド

マットレスがフレームと一体になったタイプ。

マットレスや敷布団を別購入しなくて良いので安価です。
ただしマットレスの品質はそこまで高くない傾向があり、寝心地にこだわりたい人にはおすすめできません。

畳タイプ

畳タイプの折りたたみベッド

畳は湿度を調節する機能があるので、カビやダニ、シロアリなどが発生する原因を減らします。
い草の香りはリラックス効果もあります。

布団でも使えるので、布団派の人におすすめです。

・その他の機能

リクライニング機能

リクライニングイメージ

背もたれや脚部分にリクライニング機能があるタイプ。
ベッドの上で本を読んだり読書をしたりするのに便利です。

布団干し機能

布団干し機能

折りたたんだ時にそのまま布団が干せるタイプ。
布団を干すと換気できるため、カビが発生しづらくなります。

電動タイプ

電動タイプ

リクライニングや昇降機能が電動で調節できるタイプ。
介護を目的に買われる人もいます。価格はやや高めです。

ハイタイプ

ハイタイプ

床からの高さが高いタイプ。
立ちすわりが楽で、足腰が悪い人におすすめです。

ソファタイプ

ソファタイプ

折りたたむとソファに変形するタイプ。
一人暮らしのワンルームや狭い部屋に住んでいる人におすすめです。

・サイズの選び方

サイズ一覧

ベッド選びにおいてサイズは大切な要素です。

一人で寝るならできればセミダブルがおすすめです。
二人で寝るなら最低ダブルサイズは欲しいところ。

折りたたみベッドは基本的に狭めの部屋で使うことを想定しているので、シングルサイズが中心です。

シングルサイズは一般的な体系の人が一人で寝るのにギリギリセーフといった感じです。

以下、サイズについて詳細を解説します。

セミシングル

セミシングルのサイズ感

横幅80cmの一人用のサイズ。
小柄な人におすすめです。
逆に標準的な体型の人には窮屈です。

シングル

シングルサイズのサイズ感

横幅が97cm前後の一人用のサイズ。
折りたたみベッドで最も多いサイズです。

標準的な体型の人が快適に寝るのに最低必要な幅です。
狭い部屋に住んでいる人におすすめですが、快適に眠りたいならより大きいサイズが良いです。

セミダブル

セミダブルのサイズ感(一人で寝た場合)

横幅が120cmの一人用サイズ。

睡眠時の寝返りを考えると肩幅の2~3倍は必要になるため、一人でゆったり眠るにはセミダブルサイズがおすすめです。
なお、セミダブルは二人で寝るのには窮屈です。

ダブル

ダブルサイズのサイズ感

横幅が140cmの二人用サイズ

一人の人間が眠れる最低幅が70cmと言われていて、70cm×2の140cmがダブルサイズです。
よって、二人の人が眠れる最低限のサイズとお考えください。

二人で快適に眠りたいならより大きいサイズが良いです。

クイーン以上

クイーンサイズのサイズ感

横幅160cm以上の二人用サイズ。

二人でゆったり眠りたいならクイーンサイズがおすすめです

しかし、クイーンサイズ以上のサイズは商品数が少なく、シーツや布団などの選べる種類も少なくなります。

・縦幅の選び方

快適に眠れる縦幅は身長の5%を加えて、更に15cmを加えるといわれています。※参照:インテリアの人間工学 (GAIA BOOKS)

つまり、日本人男性の平均身長171cmの場合、マットレスの縦幅は194.55cm以上が適切ということになります。

マットレスの縦幅には大きく以下の3つの種類があります。

レギュラー丈

レギュラー丈

縦幅およそ195cmの一般的なマットレスの長さです。

適正な身長は172cm位までですが、身長180cm程度までなら快適に眠れます。

ショート丈

ショート丈

縦幅およそ180cmの短いサイズ。

身長が160cm以下なら快適に眠れます。
狭い部屋にも置きやすいです。

ロング丈

ロング丈

縦幅およそ210cmの長いサイズ。

身長180cm以上の人におすすめですが、商品数は少ないです。

おすすめの折りたたみベッド7選

管理人管理人

おすすめの折りたたみベッドを厳選しました!

1、耐久性抜群の樹脂製すのこ折りたたみベッド

耐久性抜群の樹脂製すのこ折りたたみベッド

耐荷重204kgの頑丈設計でコスパ抜群

樹脂製のすのこなので耐久性が高く、抗菌・防カビ加工を施し安心・清潔に使える折りたたみベッド。ヘッドボードにはコンセントが付いているのでスマホの充電など出来て便利です。セミダブルサイズやハイタイプも選べます。

このベッドを見てみる


2、電動リクライニングの折りたたみベッド

電動リクライニングの折りたたみベッド

便利な電動式リクライニング

リクライニング機能は珍しくありませんが、電動で出来るところがこの商品の素晴らしいところです。何気なくテレビを見たり読書をしたりというときに電動は快適です。安心の国産、布団干し機能もあります。リクライニングを使いたい人は合わせる敷布団やマットレスが曲がることができるかご確認ください。(敷布団がおすすめです)

このベッドを見てみる


3、背が高い人におすすめ!ロング折りたたみベッド

身長が大きい人におすすめのロング折りたたみベッド

ロング丈ならこれ一択

楽天で人気のロング丈折りたたみベッド。耐荷重が500kgもあるので、身長が高くて大柄な人におすすめです。ロング丈で良い商品といったらこのベッドのみと言っても過言ではありません。価格も2万円台で買えるのでコストパフォーマンスが高いです。

このベッドを見てみる


4、ダブルサイズのおすすめ折りたたみベッド

珍しいダブルサイズ!

折りたたみベッドのダブルサイズは非常に珍しく、ほぼこちらの商品しかありません。広島県で作られていて、すのこにひのき無垢材を使用。品質が高い国産ベッドです。立ちすわりがしやすいハイタイプ、圧迫感が少ないミドルタイプから高さが選べます。

このベッドを見てみる


5、高反発マットレスの折りたたみベッド

高反発マットレスの折りたたみベッド

寝返りが打ちやすい

最近人気の高反発タイプのマットレスが一体になった折りたたみベッド。寝返りがしやすく腰痛持ちの人にもおすすめです。さらにハイタイプなので立ちすわりがしやすいです。

このベッドを見てみる


6、ショート丈の折りたたみベッド

ショート丈の折りたたみベッド

小柄な人におすすめ!

狭めの部屋にも置きやすいセミシングルサイズのショート丈ベッドです。一体になっているマットレスは高反発ウレタン製なので寝返りも楽に打てます。コンパクトなので来客用やオフィスの休憩用など幅広い用途に使えます。

このベッドを見てみる


7、折りたたみベッド「ビアンコ」

折りたたみベッド「ビアンコ」

31枚の贅沢すのこ仕様、でも格安

桐の無垢材を贅沢に31枚も使用し、価格は約1万円で買えるハイコストパフォーマンスを誇る折りたたみベッド。カラーがホワイト、オリーブ、モカブラウンかの3色展開しているので、部屋の雰囲気に合わせて選べます。

このベッドを見てみる

 

マットレスの選び方

マットレス

マットレスマットレスとは布団の下やベッドに敷く、厚い弾力性の敷物のことです。寝心地を左右するのはマットレスの性能に大きく関係します。

ちなみにマットレスのレスはless(ない)という意味ではありません。
よく「マットがないのに(レスなのに)マットレス?」という質問を聞きますが、英語でマットレスを書くとmattressです。

マットは敷物で、マットレスは寝るための敷物という意味合いです。

マットレスの種類

低反発マットレス

ノンコイルタイプ

別名「メモリーフォーム」とよばれ衝撃が吸収され、反発力が低い素材です。
体にぴたっと吸い付くような感覚で、体圧分散性が最も高いタイプ。

やわらかい感触で一時期人気でしたが、寝心地が打ちづらく寝姿勢が崩れやすいので体を痛める人も多く今では寝具としてあまり人気はありません。

高反発マットレス

ウレタンマットレス

高い反発性を持ったウレタンやポリエチレンなどのファイバーを用いたマットレス。
低反発マットレスに比べて硬めの寝心地で寝返りが打ちやすいことが特徴。

最近はいろいろなメーカーから高反発マットレスが出ていて人気です。
某スケート選手を用いたCMで一気に有名になったエアウィーヴはポリエチレンファイバーの高反発マットレスです。

ただし、ウレタンもポリエチレンも熱に弱く劣化が進みやすいのでヘタりやすい傾向があります。

スプリングコイルマットレス

マットレスの選び方

硬鋼線(バネ)を用いたマットレス。

スプリングコイルマットレスは大きく「ボンネルコイル」「ポケットコイル」「高密度連続スプリング」の3種類があります。

ボンネルコイル
ボンネルコイル
ボンネルコイル

コイルを連結させた作りで、体を面で支えます。
布団で寝ているような感覚に近いです。

振動が伝わりやすいので二人で寝るのには不向きです。
日本では廉価なマットレスに採用されている傾向があります。

ポケットコイル
ポケットコイル
ポケットコイル

コイルがひとつひとつ独立した作りで、体を点で支えます。

体へのフィット感があり、体圧分散性が高いです。バネなので反発力もあるため、低反発と高反発の良いとこどりの寝心地です。

ボンネルコイルに比べると部分的な耐久性が弱い傾向にありますがグレードが高いポケットコイルマットレスなら30~50年使える商品もあります。

高密度連続スプリング
高密度連続スプリング
高密度連続スプリング

コイルが一列連続して繋がっている作りで、最も耐久性が高いです。
がっしりとした体格の人から圧倒的な人気があります。

日本ではフランスベッドのみ販売と製造のライセンスを持っているので、高密度連続スプリング=フランスベッド商品です。

少し硬めを選ぶと失敗しない

少し硬めの寝心地を選ぶと失敗は少ないです。

もし硬すぎると思ったらパッドやトッパーを足して、あとで柔らかく調節できるからです。(柔らかいマットレスを硬く調整することは困難です)

おすすめは高反発系のマットレスか、ポケットコイル高密度連続スプリングです。

高密度連続スプリングは有名老舗メーカーのフランスベッドでしか製造・販売できないので、予算を多めにかけられる人にはおすすめです。

イチオシのおすすめマットレス 3選

管理人管理人

折りたたみにベッドに合うマットレスを厳選しました!

1、すのこベッド用高通気マットレス

すのこベッド用高通気マットレス

折りたたみベッドに合ったマットレス

マットレスに折り目が付いているので、上の画像のように折りたたんだ時に干すことができます。素材はウレタンフォームで硬さが150ニュートンなので、高反発の部類に入ります。口コミ評価も高いです。

このマットレスを見てみる


2、薄型ポケットコイルマットレス

折りたためるポケットコイルマットレス

ロフトベッド用に人気の薄型ポケットコイルマットレス。折りたため軽量なので移動も楽ちんです。リクライニングに使えるかどうかはベッドのとの相性次第です。

このマットレスを見てみる


3、フランスベッドの折りたたみマットレス

フランスベッドの折りたたみマットレス

折りたためる高密度連続スプリング

耐久性がずば抜けて良いフランスベッドの高密度連続スプリングマットレス。この商品は折りたためるので折りたたみベッドに最適です。寝心地にこだわりたい人、体重が重たい人などにおすすめの逸品。価格も安く、2万円台から買えます。

このマットレスを見てみる

 

布団の選び方

icon

敷布団は厚めのボリュームタイプが人気です。

普通の布団はどうしても底付き感がありますが、ボリュームタイプなら底付き感がなく快適に眠れます。

防ダニや抗菌・制菌などの機能性が高い敷き布団を選びましょう。

なお、抗菌と制菌では制菌の方が優れています。

抗菌とは「菌を不快な臭いが発生しない程度に抑えること」です。
それに対して制菌は「菌をそれ以上増やすことないレベルで制御」します。

制菌は医療用の白衣や帽子などにも採用されるほど効果が高いのです。

できれば制菌タイプの敷き布団を選ぶことがおすすめです。

イチオシのおすすめ敷布団 3選

管理人管理人

折りたたみベッドに合う敷布団を厳選しました!

1、制菌ボリューム敷き布団

制菌ボリューム敷き布団

制菌・抗菌・防臭・速乾・清潔

菌を増やさない制菌加工の敷布団。睡眠環境を清潔に保ちたい人におすすめです。ボリュームタイプでしっかりとした寝心地です。

この敷布団を見る


2、持ち運びしやすい敷布団

持ち運びしやすい敷布団

重量5kg、女性でも持ち運びやすい

頻繁にベッドを折りたたむ場合、毎回布団を上げ下げするのが大変なので、でるだけ軽量の敷布団がおすすめです。この商品はしっかりした寝心地にもかからわらず軽量に作られています。

この敷布団を見る


3、洗える清潔布団

洗える清潔布団

コインランドリーで丸洗いOK

なんと言っても丸洗いできることが魅力。ダニの死骸などのハウスダストを流し落とせます。ただし重量と充填物の関係から家庭用洗濯機では選択できませんのでご注意ください。近くにコインランドリーがある人におすすめです。

この敷布団を見る


 

管理人管理人

最後までお読みいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

「もっとベッドやマットレス選びのことを知りたい!」

と思った人は、ぜひ当サイトのTOPページ【専門家がおすすめのベッド選びをご提案】をご参考いただければと思います。