セール・お得情報

ベッド専門店「ネルコ」 期間限定セール 5%OFF (7/22まで)

一人暮らしにおすすめのベッドをご紹介

一人暮らしで住む部屋はワンルームや1Kといった狭めの間取りのことが多く、たくさんの家具が置けないですよね。

特にベッドは広いスペースを取る家具なので、選び方には注意したいところ。

この記事ではベッドメーカーに勤めていた筆者が一人暮らしにぴったりなベッドを選ぶポイントやおすすめベッドをご紹介します。

おすすめベッドはこちらから

この記事はこんな人におすすめ 一人暮らしでベッドを探している

ベッドを選ぶポイントを知りたい

なるべく安くベッドを買いたい

目次

一人暮らしにおすすめのサイズは?

ベッド選びはサイズが最も重要です。

ベッドは家具の中で最も広い面積を占めるので、サイズは慎重に考えた方が良いでしょう。

サイズ一覧

参考までに一般的なサイズは下記の通りです。

サイズ横幅人数シーン
セミシングル80cm1人小柄な人
シングル97cm前後1人1人でジャスト
セミダブル120cm1~2人1人で余裕
ダブル140cm2人2人でジャスト
クイーン160cm2人2人で余裕
キング180cm2人以上夫婦+子ども

サイズが小さければ部屋は広くなりますがゆったり眠れません。しかし必要以上に大きすぎても無駄が生まれます。

では、どんなサイズがおすすめでしょうか?

「セミダブル」がおすすめ

ベッドのサイズ(シングル・セミダブル・ダブル)

筆者の経験上、一人暮らしでシングル・セミダブル・ダブルサイズを試したことがありますが、6畳くらいの部屋に置く場合、セミダブル(横幅120cm)が最もおすすめです。

シングルサイズはコンパクトですがゆったり眠るには小さく、ダブルサイズは一人で寝るのにはやや広すぎます。

寝返りを考えるとセミダブル

人は眠っているときに寝返りを打ちますよね。

寝返りを打つ幅は肩幅の約2.5~3.0倍と言われています。

そして大人の肩幅の平均は約40cmのため、ベッドの横幅は120cm(セミダブル)あれば快適に眠れるということになります。

つまり、セミダブルが一人で快適に眠るのに最適というわけです。

セミダブルは狭い部屋でも置きやすく、ゆったり眠れるサイズといえるでしょう。

セミダブルは二人でも眠れる

セミダブルは二人でも眠れる大きさなのでライフスタイルが変わった時でも使い続けられます。(シングルサイズで二人で寝るのはかなり苦しいです)

ただし二人で眠るのには、やや窮屈に感じることもあるので、そうなった時に、より大きいサイズを選べば良いでしょう。

小柄な人は「セミシングル×ショート丈」

セミシングル×ショート丈
セミシングル×ショート丈

「部屋が狭くてベッドが置けない」

そう考えている人はセミシングル×ショート丈をご検討ください。

セミシングル(SS)は横幅が約80cm、ショート丈は縦幅が約180cmです。

部屋が狭くて小柄な人にぴったりなサイズです。

ただし、寝返りが打ちづらいので快適に眠りたいならより大きいサイズを選ぶことがおすすめです。

ちなみにショート丈のベッドで快適に眠れる目安は身長160cm以下とお考えください。

ショート丈については『小柄な人にぴったり!コンパクトなショート丈ベッドおすすめ【最新版】』で詳しく解説しています。

どんなマットレスを選べばいいの?

マットレスの選び方

マットレスの種類を大きく2つに分けると、バネを使ったコイルマットレス(スプリングマットレス)と、バネを使わずウレタンなどを主に使用したノンコイルマットレス(ノンスプリングマットレス)があります。

ポケットコイルが無難

ポケットコイル
ポケットコイル(高密度)

結論から言うと、ポケットコイルマットレスがおすすめ。

ポケットコイルマットレスは振動が伝わりづらく、日本人に好まれる寝心地と言われます。

ただし、コイルの密度が少ないスカスカのマットレスは耐久性が心配なので、高密度のポケットコイルマットレスをおすすめします。

なお、楽天などで販売している売れ筋のポケットコイルマットレスの密度はシングルサイズでコイル数が450個ほどです。

大雑把ではありますが、シングルサイズで450個以上のコイル数のポケットマットレスを選ぶと失敗は少ないでしょう。

詳しくは『【超厳選】おすすめのポケットコイルマットレス特集』で解説しています。

安価なマットレスは避けよう

マットレスの構造は商品によって千差万別なので一概には言えませんが、安価なマットレスを選ぶのは寝心地としておすすめできません。

特に安価なマットレスはコイルの数が少なく、ヘタリや底付き感を感じることもあります。

またノンコイルマットレスに使用することが多いウレタンという物質は、形成後すぐに劣化する性質を持っているので、特に安価なウレタンマットレスには注意が必要です。

マットレスの種類の違いについては『スプリング・ノンスプリングの違いについて』でご紹介しています。

まずはフレームとセットで選べるマットレスを検討しよう!

最近はベッドフレームとセットで買えるマットレスの種類が豊富で、性能が高いマットレスも選べるようになりました。

まずはセットで選べるマットレスを検討したうえで、本当に寝心地にこだわりたい場合は有名メーカー製のマットレスを見てみましょう。

有名メーカーについては『【ベッド徹底比較】主要マットレスメーカー9社・ショップ3社』でご紹介しているのでよければご参考ください。

管理人管理人

若い頃の一人暮らしはライフスタイルが変わりやすいので、せっかく高価なマットレスを買っても、サイズが合わなくなり使えなくなることも。

まずはセットで選べるマットレスを検討しましょう!

どんなベッドフレームを選べばいいの?

一人暮らしの狭めな部屋におすすめのべッドタイプを4つご紹介します。

おすすめフレーム① チェストベッド

チェストベッド
チェストベッド

荷物が多い人におすすめ

一人暮らしの部屋は収納スペースが少ない傾向があり、荷物が多い人は収納付きのベッドがおすすめです。

特に大容量の収納ベッド「チェストベッド」は一人暮らしに人気のベッドです。

豊富な引き出しとマットレスの下にも収納できるスペースもあるため、押入れ一個分以上の収納力があります。収納ベッドの中でも最も収納力が高いベッドです。

整理整頓しやすい

側面にある4~6杯の引き出しによって、細かい仕分けができるため、収納ベッドの中でも特に一人暮らしに向いています。

詳しくは『大容量収納チェストベッドおすすめ&失敗しない選び方【最新版】』をご参考ください。

おすすめフレーム② ローベッド

ローベッド
ローベッド

部屋が広く見える

荷物が少なく、部屋をすっきり見せたい人にはローベッドがおすすめです。

ローベッドは高さが低いため、天井までの空間が広くとれ、部屋に解放感が生まれます。

ローベッドは低価格

ローベッドのメリットのひとつは低価格なことです。

低価格の理由は、引き出しなどがなくパーツが少ないからです。

最安のローベッドはマットレス付きで1万円台から購入できます。

引越しはお金がかかるので、低価格で揃えたいという人にもローベッドはおすすめです。

詳しくは『おすすめのローベッド(フロアベッド)&失敗しない選び方【最新版】』をご参考ください。

おすすめフレーム③ すのこベッド

すのこベッド
すのこベッド

清潔に保ちたい人におすすめ

すのこベッドは通気性がよく、湿気やカビ対策に有効とされています。

ナチュラルなテイストが多いため、特に女性に人気なベッドです。

ベッド下に収納ボックスなどを置けるスペースもあるので、ある程度の収納力も得られます。

すのこベッドは低価格

すのこベッドはローベッドと肩を並べるくらい低価格な商品が多いです。

理由はローベッドと同様に使用するパーツが少ないためです。

ローベッドと異なる点は、すのこベッドは天然木素材を使用している商品が多いということ。

天然木が醸し出す温かみがあり、ナチュラルなインテリアテイストにしたい人におすすめです。

詳しくは『おすすめのすのこベッド&失敗しない選び方【最新版】』をご参考ください。

おすすめフレーム④ 脚付きマットレスベッド

脚付きマットレスベッド
脚付きマットレスベッド

手軽で狭い部屋にも置きやすい

脚付きマットレスベッドは名前の通り、マットレスに脚が付いただけのシンプルなベッド。

フレームがないため、省スペースで置くことができるので狭い部屋にも置きやすいです。

価格も安く、一人暮らしを始めるにあたってあまり予算をかけられない人に特におすすめです。

寝心地にこだわる人は物足りないかも

デメリットとしてはマットレスのグレードの選択肢が少ないことです。

寝心地に本当にこだわりたい人なら物足りなく感じるでしょう。

とはいえ最近では高密度のポケットコイルを搭載した商品や有名メーカー製の商品があったり、いろいろ選べるようになってきたので、ぜひ探しててみてください。

詳しくは『おすすめの脚付きマットレスベッド&失敗しない選び方【最新版】』をご参考ください。

【厳選】一人暮らしにおすすめのおしゃれなベッド13選

【2019年7月2日 更新】

管理人管理人

コストパフォーマンスに優れた一人暮らしにおすすめのベッドをご紹介します。

狭い部屋に置きやすい「薄型のヘッドボード」「ヘッドボードレス」のベッドを中心にラインアップしました。

ご参考いただけますと幸いです。

1、すのこベッド「cuenca」

すのこベッド【cuenca】

7,000円台で買える衝撃プライス

税込7,000円台で買える抜群の格安さを誇るすのこベッドです。脚の取り外しができるので、耐久性に不安があるようでしたら脚を取ってロータイプのベッドとして使うことも可能。ひとり暮らしの時っていろいろお金がかかりますよね。金欠状態の人のお財布にも優しいベッドです。

このベッドを見てみる

2、北欧風シンプルすのこベッド「Banon」(おすすめ

安くても安定感がある

ベッド専門ショップ「ネルコ」のオリジナルすのこベッド。フレームに極太の板を補強し、強靭な耐久性があるベッドです。きしみや揺れの心配がなく、安心して眠ることができます。ひとつ上の格安商品とデザインは似ていますが、こちらの商品の方が安定感が優れています。コストパフォーマンスに優れたおすすめの逸品です。

このベッドを見てみる

3、薄型ヘッドボード・省スペースフロアベッド「LLN」

おすすめのローベッド

モダンでシンプル

無駄なものをそぎ落とした究極のシンプルデザイン。ヘッドボードがとても薄いので、狭い部屋にも置きやすいです。直線的なデザインはモダンな部屋にもぴったりです。

このベッドを見てみる

4、レザーフロアベッド「SFL」

ローベッド「ソフレ」

フカフカのヘッドボード

メンテナンスが簡単な合皮を使用したローベッド。クッション性が高いヘッドボードが特徴。ソファのようなくつろぎをベッドで味わいたい人におすすめ。

このベッドを見てみる

5、ウォールナットデザイン・ローベッド「EGO」

シングルとセミダブルが置ける

高級感がある木目調のデザインにスチール脚との組み合わせがおしゃれなローベッド。このベッドの良いところはマットレスがシングルサイズとセミダブルサイズの両方を置けることです。まずはシングルサイズを買って、将来セミダブルに変えるということも可能なので、長く使えるベッドです。

このベッドを見てみる

6、日本製のヘッドレスチェストベッド

チェストベッド

大容量収納だけどコンパクト

安心の日本製チェストベッド。ヘッドボードがないヘッドレスタイプなので狭い部屋にも置きやすいです。収納部分が耐久性が高いBOX構造。安定感抜群のチェストベッドが欲しい人におすすめです。

このベッドを見てみる

7、シンプル&スマート!大容量収納チェストベッド

使いやすい薄型のヘッドボード

ヘッドボードが欲しい人におすすめの大容量チェストベッド。薄型のヘッドボードには棚とコンセントが付いていて使い勝手が良いです。引き出しはBOX構造で組立簡単な頑丈設計。安心の日本製ベッドです。

このベッドを見てみる

8、棚付きシンプルすのこベッド

棚付きシンプルすのこベッド

圧迫感なく置ける

ベルメゾンのすのこベッド。抜け感があるヘッドボードを採用し、圧迫感を感じさせないので狭い部屋にもおすすめ。ちょっとした小物を置けて使い勝手も良好です。

このベッドを見てみる

9、10分で組み立てられるすのこベッド

10分で組み立てられるすのこベッド

組立が苦手な人にはコレ

ヘッドレスタイプのすのこベッド。1万円台で買えますが、タモも無垢材を使っていたり、脚のかたちが凝っていたり、低価格のわりにこだわりがあるデザインです。10分で簡単に組み立てられるので組立が苦手な人にもおすすめ。

このベッドを見てみる

10、ミドルロフトベッド

超格安ロフトベッド

口コミが良い格安ロフトベッド

2万円台で買える格安ロフトベッド。「家具をたくさん置きたいけど部屋が狭い」という人におすすめです。通常のロフトベッドより高さが抑えられているので、狭めの部屋でも圧迫感なく置くことができます。

このベッドを見てみる

11、タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

タモ材の高さ調整ヘッドレスベッド

高さが変えられる

高さが3段階調節できるすのこベッド。手持ちの収納ケースの高さに合わせやすいです。1万円前半で買える格安価格ですが、天然木素材を使っていて高級感があります。

 このベッドを見てみる

12、ロースタイル総檜すのこベッド

本格的なひのきベッド

国産のヒノキを贅沢に使用したロータイプすのこベッド。ヒノキは刈られてから200~300年かけて強さがゆっくりと増してくる特徴があります。独特の良い香りはリラックス効果があり、防虫・防腐性も備えています。角が丸く面取りされているのでぶつかっても安心です。

このベッドを見てみる

13、ポケットコイルの脚付きマットレスベッド「COCOA」

ポケットコイルの脚付きマットレスベッド「COCOA」

ポケットコイルなのに格安

楽天で販売している人気の脚付きマットレスベッド。ポケットコイルを使用しているのに価格が1万円台から買える高いコストパフォーマンスが魅力。手ごろなベッドを探している人におすすめです。

このベッドを見てみる

【厳選】一人暮らしにおすすめのベッド通販サイト

管理人管理人

最後に一人暮らしにぴったりのベッドが売っているおすすめサイトをご紹介します。

1、neruco (ネルコ)


neruco
参照:neruco

豊富な種類・抜群のコスパ

株式会社インテリアオフィスワンが運営するベッド通販サイト。
圧倒的な種類の豊富さが人気の理由。取り扱っているマットレスのブランドが幅広く、サータやフランスベッドなどこだわりのこだわりのマットレスを選びたい人におすすめです。

セールやキャンペーンも頻繁に行っているので、お得に買いたい人は必見です。

ネルコを見てみる

2、CCmart7


ccmart7
参照:CCmart7

おしゃれなベッドを探しているならココ

メディア・スタジオが運営するインターネット限定のインテリア総合ショップ。
デザインがおしゃれでコストパフォーマンスが高いです。

マットレスとベッドフレームとのセット価格がコスパが良いので、両方揃えたい人に特におすすめです。

CCmart7を見てみる

3、BELLE MAISON(ベルメゾン)


bellemaison
参照:BELLE MAISON

 安心の大手サイト、ナチュラルな雰囲気

1万円台くらいから買えるシングルサイズのベッドの取り扱いが多いBELLE MAISONはカタログ通販大手の千趣会が運営していて、大手ならではの安心感があるので通販初心者にもおすすめです。

ナチュラルなテイストが多い印象で女性に特におすすめ。他のカタログ通販サイトに比べてデザイン性が高く、安くてもおしゃれなベッドが買えると思います。管理人イチオシの通販サイトです。

BELL MAISONを見てみる

いかがでしたでしょうか?

一人暮らしにおすすめのベッドの選び方やおすすめ商品をご紹介させていただきました。

あなたにぴったりなベッドが見つかったのならうれしいです。

当サイトはベッドの専門サイトです。

「もっとベッドやマットレスの選び方を知りたい」

と思った方はぜひ当サイトのトップページ『専門家がおすすめのベッド選びをご提案!』をご参考いただけますと幸いです。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。